2018.09.21

〔備忘録〕 DynaBook EX55のCPUファン掃除

雨が続いているので、細かい事をやる。
こんな事もしないと、勘が鈍る。

備忘録
FM放送の番組を、録音しているサーバー化のDynaBookEX55。
中古で仕入れたので、少し前から異音が聞こえる事が有る。
HDDでは無くて、CPUファンのようだ。
常時起動なので、少し心配。
ばらし方は、検索すれば載っている。

Dscn0754Dscn0755
ファンの上を這っている、ケーブルのコネクタを外す。
CPUファンは3個のネジを外す。
ファンコネクタを外す。
ホコリが付いているので、外作業がお勧め。
ファンをひっくり返すと、小さいネジが4個で、金属カバーが付けられている。
これを外すと、ファンも外す事が出来る。
磁力が効いているが、羽を外せる。
ファンの掃除とファンシャフトに、グリスを塗っておいた。
その後に、起動させているが、静かだ。

| | コメント (0)

2018.08.27

遅く感じたPCをサクサク動かす魔法

win8.1で購入したPC。
win10にアップさせて使っている。
たぶんほとんどの人が、これだろう。
起動は、win10の方が速い。

起動させるとHDDの音が聞こえる。
ウィルスチェックをしている。
ブラウザIE11を起動。
homeは、msn.com。
上段と右横に、CMが入る。
この時に、フリーズ時間が有る。
ニュースで、ウィルスが流れている時は、MSのwin updateがDLされている可能性が有る。
起動時に、長い時間フリーズ状態が起きる。
win updateは、途中で失敗していると、次回起動時もupdateが、再開される。

タスクマネージャーを動かしてから。
負荷状態を調べて、常駐ソフトを調べる。
不要と思うものは、無効化する。
updateの時は、HDDが100%。
さらに、ウィルスチェックしているので、CPU稼働率も高い。

更新が最新の状態で
最近のHPやブログは、アフィリエイトの広告、動画やヤフオクで閲覧した品物が表示される。
すべてが表示されるまでが、フリーズ状態になる。
更新が最新の時に、フリーズ時間が長い時は、CPU稼働率が高い。
タブを、多く開いていると問題。
homeを、軽いHPにすれば、起動時には楽と思う。

ここから本題
タスクマネージャーを開いていると、ブラウザIE11の閲覧に、かなりストレスを感じない。
フリーズする時間が、かなり短縮した。
これをネット検索すると、類似項目がヒットするが。
ただし、答えが載っていない。
とりあえず、タスクマネージャーを動かしたままにして、シャットダウン時も終わらせない。
次回の起動時も、タスクマネージャーが立ち上がる。

魔法とは、
タスクマネージャーを動かしたままにする事

しばらくは、この環境で動かす。
ただしPC環境によっては、効果が出ないかも知れない。
自己責任で。

PC環境
DynaBook T453/33kw
win8.1→win10 HOME
celeron 1.80GHz
RAM 4.00GB(3.88GB使用可能)
NTT西 ネクスト光
セキュリティソフト NTT西セキュリティ対策ソフトVer11

| | コメント (0)

2018.04.25

遠くのFM okinawaを聞く

聞けない地域のラジオを聞きたい
アンプを通してスピーカーで鳴らす。

今現在、室内アンテナで聞けるのは。
在京局Tokyo FM、bayFM、FMyokohama、inter-FM。
J-waveはノイズ大だが、rajio-fで夜と土日に再送信している。
地元局 K-mix。
コミュニティ局 radio-f(富士)、VOICE-cue(三島、函南)

聞けないと聞きたくなるのが、人間の性。
基本、VPN gate。
これは、以前やったが、却下。
スマホでは、fakeGPSでの位置偽装。
タブレットで、偽装してからラジコを動かす。
それをPCに入れて、アンプに繋げる。

Dscn2123
始めは、こんなケーブル。
3.5mmイヤホン端子→RCA端子。
RCAをUSB-DACのINに繋げた。
タブレットで、USBオーディオが無いので、音声出力が小さい。
音がこもる。

次にしたのが、Bluetooth 接続で音をPCに飛ばす。
これは、正解。
EX55KWHは、音が良いので、弾んで聞こえる。
nuxus7で偽装(fakeGPS)してラジコを動かして、nuxus7をubuntuPCとBluetooth 接続させる。
これで、audacityで留守録音できる。
さらに、USB-DACでアンプと繋げれば、スピーカーから聞ける。
fakeGPSでのメリットは、地域をどこでも指定できる。

Dscn2124
Dscn2126
沖縄辺りのDJの声は、地方色が出ていて面白い。
CMも地元色が良い。


FM okinawa

仕様
タブレットnuxus7(2013) 5.0.1 20000円(税込)
Dynabook EX55KWH + Bluetooth 中古16200円(税込)
OSはubuntu 14.04 LTS
USB-DAC SE-U55 もらい物
アンプとスピーカー  30年以上前に買った

audacityは、windowsよりubuntuの方が音が綺麗。
windowsは、こもって聞こえる。

続きは、ubuntuでのBluetooth設定。

続きを読む "遠くのFM okinawaを聞く"

| | コメント (0)

2018.04.15

ubuntu14.04でラジコを cronでタイマー録音

備忘録
すでにネットには、先人たちの記事が有るので、私の備忘録。
linux ubuntuでラジコ録音 では、コマンドを打ち込んで録音できた。
これを、cronコマンドで、タイマー録音する。
基本、linuxPCは、常時起動させて、cronを動かすようだ。

端末で。
$ crontab -e

初めての時は、editerを選択する画面。
defaultで、nanoが指定されいる。
先人達は、Vimを勧めているが、nanoで行った。
(Vimは、メニューが表示されていないので、調べるのが面倒なので却下)
*印へ↓


editを変えるには、
$ select-editor

参考 Vimのインストール
$ sudo apt-get install vim vim-comon

*ここから
nanoエディターが立ち上がり、ずらずらと英文が並ぶ。
よくよく見れば、理解できる専門用語の羅列。
カーソルを最位置に移動させて、コマンドを打ち込む。
例)日曜午後2時からの山下達郎サンデーソングブックを、K-MIXから55分間録音する

00 14 * * 0 ./sansinoh/bin/rec_radiko.sh K-MIX 55 ./radiko サンデーソングブック
ctrl+oで、保存する。
ファイル名が出てくるが、素直にエンター。
ctrl+xで、nanoを終了。

cronを動かす。
$ service crond start  ←これで実行
contd: unrecognized service ←表示

CRONの状態が確認する。
$ sudo service cron status
cron start/running,proses 952 と表示されていればOK。(私の場合)

上記のプログラムの記述は、14時00分 日 月 日曜(0でも日曜) /home/user/bin/rec_radiko.sh K-MIX 55分 /home/radikoにファイルが保存される。
何行も録音設定しても、うまく出来るのを確認した。
ネット配信の受信は、時刻より遅れるので注意。
時刻前のCMが数秒入る。

NHKラジオを録音する
NHKのラジオを聞くには、らじるらじるで聞ける。
最近、ラジコでも聞けるようになった。
ラジコを開くと、上の方の番組表と書かれている欄に、地域の放送局が見える。
放送局の上にカーソルを乗せると、下に局の認識IDが現れる。

NHK-FM放送局  JOAK-FM
NHK第一名古屋  JOCK 静岡県域
NHK第二      JOAB

エリア外受信は、windowsでVPN gateを使うしかないか。
後は、FMエアチェックとね。

追記 2018/7/13〕
失敗する時。
crontab で、録音ファイルを保存するディレクトリを、あらかじめ作成してから、service crond start を実行させる。
後から、ディレクトリを作成しても保存されない。

局ID 録音時間の後に記述する、ディレクトリの前の、スペースは半角
 

| | コメント (0)

2018.04.12

〔備忘録〕 linux ubuntu 14.04でラジコ録音

老後の時間を潰す為に、linux で、頭の勉強。
今回は、ubuntu 14.04 を使い、ラジコの録音まで。

ここから本題。
再インストール時の備忘録
HDD入れ換え時は、windowsのupdateが有るので、数日経ってからの方が良い。
win7のservice pack1 sp1 を入れてから、IE11にアップする。

win7PCに、linux ubuntu14.04を入れた。
電源ONで、TOSHIBAのロゴが出た所で、F12を押す。
起動ドライブを、DVDにする。
ubuntuDVDを入れる。
起動後は、DVDの指示で入る。
パーテーションで、HDDの容量を決める。
320GBのHDDだったので、linuxは80GBにした。
使うのは、FM放送のエアチェックと、radikoolでのラジコの録音。
FM放送は、ラジコ圏外でのエアチェック用。

端末を使うには
ctrl+alt+Tを押す。
左側のLauncherに、端末アイコンが出るので、右クリックでLauncherに登録。

PC起動でubuntuが優先で起動される。
これを、windowsを優先に変える。
端末で
$ grep menuentry /boot/grub/grub.cfg
menuentry “Windows 7 (loader) (on /dev/sda1)”の部分を探して、それをコピーする。

$ sudo gedit /etc/default/grub
パスワードを入力後に、別ウィンドウが開く。
GRUB_DEFAULT=0になっている所を、
GRUB_DEFAULT=”Windows 7 (loader) (on /dev/sda1)”と先ほどコピーしたのを貼り付ける。
保存。

$ sudo update-grub
grubが書き換えられる。
再起動すると、画面の反転されている所が“Windows 7 (loader) (on /dev/sda1)” と、なっている。
これで優先に、windowsが立ち上がる。


ラジコを聞くには
Adobe Flashプレーヤープラグインが必要。
Firefoxdeで、 Flashを見るには、を参照。
  「システム設定」から「ソフトウェアとアップデート」を開き、「Ubuntuのソフトウェア」タブをクリック。
「multiverse」リポジトリーにチェックが入っているか確認。

「Ubuntu ソフウェアセンター」を起動しflashplugin-installerで検索。
インストールする。
Firefoxを起動して、ラジコを開く。
ラジコが聞ければ大丈夫。


ラジコを録音するには
ubuntu 14.04より、ffmpegが公式リポジトリより外されたので、リポジトリを新たに追加する。
swfextact は、swftools の中に入っている。

$ sudo add-apt-repository ppa:mc3man/trusty-media

$ sudo apt-get update

$ sudo apt-get install rtmpdump swftools libxml2-utils ffmpeg libavcodec-extra-54

windowsパソコンで、rec_radiko.shをダウンロード。(検索すれば、ヒットする)
zipファイルを展開させて出来た、rec_radiko.sh を、ubuntuのパソコンの、home/sansinoh ディレクトリに入れた。
home/sansinoh/ に、置けば、コマンドする時に、タイプを打つ回数が減る。
置いた。

.shコマンドのシェルを関係付ける。
$ chmod 755 ./sansinoh/rec_radiko.sh

静岡放送SBSを、1分録音する。
局名は大文字指定。
$ ./sansinoh/rec_radiko.sh SBS 1

上手く動いていれば、カウントが表示されている。
これだと、homeディレクトリに、次々と保存されてしまう。
そこで、radiko ディレトリを、ファイルマネージャーで作っておく。

$ ./sansinoh/rec_radiko.sh SBS 1 ./sansinoh/radiko
1分間のSBSファイルが、./sansinoh/radiko ディレクトリに保存される。

rec_radiko.shの仕様
rec_radiko.sh 局名 録音時間(分) 保存先ディレクトリ  ファイル名

ちょっと勉強。
./は、homeの事。 

下記に訂正
. /  が、ホーム。
. と / の間に、スペース。
昔の人が知っているdosでは、¥ ルートと呼ぶ。(←円マークが出なかった)
スペースの無い ./ は、カレントディレクトリ。

. /home/hoge と記述される事が有る。
hoge は、あなたが任意に決める、ディレトリ名。

静岡県で録音出来る放送局
静岡放送           SBS
静岡エフエム         K-MIX
NHK-FM放送         JOAK-FM
NHK第一放送(名古屋局) JOCK
NHK第二放送         JOAB

放送局一覧

| | コメント (0)

2017.12.05

〔備忘録〕 ガラケーP-01Eに音楽ファイルを転送する方

備忘録
一度やっただけなので、メモ程度。

百均 セリアでusb充電転送ケーブルを買った。KM-12-A

USB接続で見るためには、設定が必要。
MENU→本体設定→外部接続→USBモード設定→microSDモード


PCに接続して音楽ファイルを、P-01Eに転送するには。
ドコモHPからWin8.1のドライバーをDLしておいた。
解凍後に、ドライバーをインストールしたが、エラーが出た。

検索したら、
P-01Eを、MENU→本体設定→外部接続→USBモード設定→MTPモード
に、する。
microSDモードでも、ストレージデバイスとして認識している。


PCにあるWindows Media Player を立ち上げる。
PCの音楽フォルダーに、携帯に取り込みたい音楽データのWMAファイルを選択し、コピペする。
左端のP-01Eの音楽を開く。
右側の同期を開いてから、同期リストにPCの音楽ファイルから、転送したいファイルをドラックする。
上に有る同期の開始をクリック。
転送される。

取扱説明書の詳細版の253ページ目と337ページ目に記載されている。

イヤホンを繋げようと思ったら、前の携帯のプラグは平型。
fomaなのに型が違った。

Dscn1776
百均や電気店を、あちこち探したが、エーデンに有った。
foma端子→イヤホン変換端子。
税込み496円。
ガラケイでも、Mプレーヤで聴くので音が良い。
イヤホンはパナ製。

P-01Eは、ワンセグも見れるので、使い道が有る。

| | コメント (0)

2017.11.10

デジタル社会の落とし穴へ

先日に、NTT光をフレッツからネクストへ変更。
ネットに繋がっているが、NTTのセキュリティソフトから、ネットに繋げて更新保護を最新にするようにメッセージが出る。
無線LANが他社製の時は、モデムのホストを開いて、 IPv6を使うにチェックをせよ。

コマンドプロンプト( windows power shell)で、ipconfig と入力。
IPv6アドレス、一時IPv6アドレス、リンクローカルIPv6アドレスの3点を確認する。
IPv6アドレスの3点が表示されないと、無線LANでは更新がされないようだ。

先日は、2000円がもったいないので、自分で接続の変更をやった。
NTTに頼んだら、 IPv6を使うにチェックを確認するのか。
ネットには繋がっているので、異常に気がつきにくかった。
NTTの対策サポートを探して原因が分かった。
月100円出せば、NTTの無線モデムを使えるので、こんな心配は無い。
私は、月100円のレンタル代が、もったいないので、頭を使えた。

検索ワードの無効化。
アクセス解析の検索ワードを調べると。
キーワードの「not provided」は、検索結果ページにSSLが適用されていたため、検索キーワードを取得できなかった場合に表示されます。
GoogleやYahooのなどでは、検索サイトから飛んで来ても、検索ワードは分からないようになった。

携帯700Mhzでテレビの電波障害が始まる。
ポストに、〇月〇日からテレビが映らなくなるかも知れません。
ブロックノイズが出る事も有ります。
いきなりなんだ。
最近、家の近くに、携帯電話のアンテナが立っていた。
地デジ化で、UHF帯の700Mhz以上を携帯電話に解放。
良く見れば、アナログ時のブースターを使っていると、トラブルが出るようだ。
ブースターを使っていなければ、支障無い筈。
家は、アナログ時から、UHFアンテナ1本。
ブースターは使わず。
FM帯を、室内でブースターで増幅しているが、VHF帯には影響しないのね。
地デジに影響有れば、無料で対策するようだ。
ブースターの入口に、フィルターを付けるだけのようだ。
屋根に登って作業。
見れなくなると、作業が来るまで、BSしか見れない事になるのか。
テレビで騒いでいないのは、影響する家が少ないのか。

| | コメント (0)

2017.09.17

nexus7のcamera importerでデジカメ画像見る with Nikon P340

タイトルが意味不明だが。
タブレットでデジカメを、無線と有線で繋げて画像を見る。

無線の部
デジカメ NikonP340、nexus7 (Android5.0.1)
nikonサイトから WirelessMobileUtility をDL。
これは、Android4.4.4 までは、繋がっていたが、Ver5.0.1 にしたら繋がらないと不評だった。
繋がる方法は、WirelessMobileUtilityを起動。
P340のwifiをスマートデバイスと接続。
タブレットの設定のwifi画面に、nikon******の ssidが見えていれば、手動で接続ができる。
WirelessMobileUtilityが正常に動くはず。

有線の部
nexus7のマイクロUSBコネクタを使うには、Nexus Media Importer アプリを購入しなければいけない。
私は、IOdetaのUSBメモリを使っているので、Nexus Media Importerを必要しないで、メモリにアクセスできる。

nuxus7とP340を繋げるのにも、Nexus Media Importer が必要なサイトがあったが。
以下は、Nexus Media Importer が無くても動く。
nuxus7で、USB-DAC を繋げた時に買った、OTGケーブルを使う。

Dscn0372
接続は、こんな感じ。(片側にデジカメ)
108円のOTGケーブルに、デジカメ付属のUSBケーブルで繋げる。
始めは、真ん中の標準USB端子を外しておく。
タブレット起動しておく。
P340は起動してから、再生画面にしておく。
真ん中の標準USBを繋げる。
P340のレンズが引っ込み、充電LEDが点滅する。(通信しているようだ)
nuxus7のcamera importer が自動で起動する。

Googleストアにも、同じ名前の camera importer がある。
無料なので、DLしたが、前述の自動で起動する方が、使いやすい。
いきなり常時使うに、クリックしない方が良かろう。


P9170004
デジカメ内の一覧が画像が出て来る。
画像をクリックして、右上のアイコン(+)をクリックすると、大きい画面に変わる。
アイコン(+)が、・が6個に変わっている。
ここをクリックすれば、画像一覧に変わる。

MTP端末が接続されていません。
この時は、USB端子を外してから、デジカメを再生モードにしてから、USB端子を繋げる。
一眼カメラには、液晶画面に表示されるので、そこでMTPを選択すれば繋がる。

何に使えるかといえば、外でデジカメ画像を大きい画面で確認できる。
タブレットなら、持ち運びも苦にならない。

情報求む
先日に、windows10が更新されたら、ブラウザのIE11の右上に、Bingの検索窓が追加されてしまった。
ネット検索すると削除方法が載っているが、情報が古くて使えない。
2017年9月頃に更新されてからの人で、Bingの窓を削除出来た方は情報をください。

| | コメント (0)

2017.08.31

光フレッツからネクストへの変更時のNTT西セキュリティーの備忘録

光回線のプレミアムが、来年早々に終わり、インターネットに繋がらなくなるようだ。
だいぶ前から承知していたが、NTT西からの電話があり、ネクストへ変更工事をする事に。
電話でのやり取りで、派遣工事は2000円掛かると言う。
機器の入れ替えとPCの設定だけで。
それなら自分でする事にする。

NTTのパスが書かれた書類が届いてから、一昨日機器が送られてきた。
ざっと目を通して、入れ替えとネットの接続は、簡単接続CDを使えば大丈夫。
プロバイダーのIDとパスも必要。
送り返す機器の初期化が必要だった

注意〕 2017年10月21日
後日に再インストールをする羽目になったが。
無線でやっていたら、ネットに繋がらない。
有線で繋げないと、ダウンロードができない。
更新も有線でないと、アップロードできないようだ。

下記の追記を参照。
無線LANの設定変更が必要だった。

ちょうど1時間で済んだので、時給2160円(税込み)。
掃除に手間取ったので、40分くらい。
2160円儲けたのではなく、財布から出さなく済んだだけ。
機器は、郵便局へ持って行き送り返した。

ADSLモデムの方が面倒だった記憶がある。
ホストに接続していろいろとやっていた。
モデムを出荷状態にしてしまい、電話で遠隔操作で直して貰った事があった。
すっかり忘れたが。

アプリのアンインストールでフレッツのセキュリティソフトを削除する。
NTT西のHPから、ネクストのソフトをインストール。
再インストールする時は、追加にしない事。

追記 2017年11月2日〕
NTT西のセキュリティーを使っているが、更新保護が最新で無いと出る。
さらにネット繋げろと出る。
検索したら、無線LANが他社製の時は、モデムのホストを開いて、 IPv6を使うにチェックをする事。
コマンドプロンプト( windows power shell)で、ipconfig と入力。
IPv6アドレス、一時IPv6アドレス、リンクローカルIPv6アドレスの3点が表示される。
IPv6アドレスの3点が表示されないと、無線LANでは更新がされないようだ。

| | コメント (0)

2017.08.23

〔備忘録〕 Audacity でFMエアチェック

備忘録〕メモ書きなので、自分だけ分かれば良し。
ただしLinuxPCで、ここまで可能。

遠い昔には、FM放送を録音する事をエアチェックと読んでいた。
最近FM放送を聴く環境を整備していた。
首都圏内の放送を聴く為に、室内アンテナながら受信できる。
これを録音するには、カセットデッキだった。(昔は)
生録用カセットデッキは有るが、これを使うには如何か。
LenuxBean でUSB-DACが動く、ノートDynaPCが有る。
これで、FMエアチェックをしよう。

仕様
FMチューナー → AVアンプ → USB-DAC(SE-U55 AVアンプのTape1に繋げて有る) → Linux PC
Lenux Bean には、録音ソフトのAudacity と、音声ドライブの Pulus Audio が、 標準仕様。
Pulus Audioの内部オーディオをオフにして、Audio DeviceはSE-U55に設定。
AVアンプのRec Out は、FMチューナーのInput と同じ。
再生時は、RecOutからずらさないと、放送音と再生音が重なるので、Rec Out をoffする。

Dscn0104
Audacityの起動画面で、右上の赤いレベルメーターは録音レベル。
メーター部をクリックすると、レベルの振れが見れる。
緑は再生レベル。

ファイル保存は、ファイル→書き出し、ファイル名で保存すると、WAVで保存される。
WAVファイルはサイズが大きいので、mp3ファイルで保存したい。
そのままでは、mp3の指定が出来ないので、次を実行。

端末を開く。
″sudo apt-get install lame " と入力。
パスを聞かれるのでパスを入力。
Audacity を起動して録音後に、ファイル→書き込み→右下の横長の窓にファイル選択ができる。
mp3を指定して、ファイル名を入力して保存。

タイマー機能も出来る。
ただしPCを、起動しておかないといけない。

いじっていたら、レベルメーターが振れなくなってしまった。
Pulus Audio の録音タブの、デバイス名の右横の消音ボタンがクリックされていた。

| | コメント (0)