2017.09.17

nexus7のcamera importerでデジカメ画像見る with Nikon P340

タイトルが意味不明だが。
タブレットでデジカメを、無線と有線で繋げて画像を見る。

無線の部
デジカメ NikonP340、nexus7 (Android5.0.1)
nikonサイトから WirelessMobileUtility をDL。
これは、Android4.4.4 までは、繋がっていたが、Ver5.0.1 にしたら繋がらないと不評だった。
繋がる方法は、WirelessMobileUtilityを起動。
P340のwifiをスマートデバイスと接続。
タブレットの設定のwifi画面に、nikon******の ssidが見えていれば、手動で接続ができる。
WirelessMobileUtilityが正常に動くはず。

有線の部
nexus7のマイクロUSBコネクタを使うには、Nexus Media Importer アプリを購入しなければいけない。
私は、IOdetaのUSBメモリを使っているので、Nexus Media Importerを必要しないで、メモリにアクセスできる。

nuxus7とP340を繋げるのにも、Nexus Media Importer が必要なサイトがあったが。
以下は、Nexus Media Importer が無くても動く。
nuxus7で、USB-DAC を繋げた時に買った、OTGケーブルを使う。

Dscn0372
接続は、こんな感じ。(片側にデジカメ)
108円のOTGケーブルに、デジカメ付属のUSBケーブルで繋げる。
始めは、真ん中の標準USB端子を外しておく。
タブレット起動しておく。
P340は起動してから、再生画面にしておく。
真ん中の標準USBを繋げる。
P340のレンズが引っ込み、充電LEDが点滅する。(通信しているようだ)
nuxus7のcamera importer が自動で起動する。

Googleストアにも、同じ名前の camera importer がある。
無料なので、DLしたが、前述の自動で起動する方が、使いやすい。
いきなり常時使うに、クリックしない方が良かろう。


P9170004
デジカメ内の一覧が画像が出て来る。
画像をクリックして、右上のアイコン(+)をクリックすると、大きい画面に変わる。
アイコン(+)が、・が6個に変わっている。
ここをクリックすれば、画像一覧に変わる。

MTP端末が接続されていません。
この時は、USB端子を外してから、デジカメを再生モードにしてから、USB端子を繋げる。
一眼カメラには、液晶画面に表示されるので、そこでMTPを選択すれば繋がる。

何に使えるかといえば、外でデジカメ画像を大きい画面で確認できる。
タブレットなら、持ち運びも苦にならない。

情報求む
先日に、windows10が更新されたら、ブラウザのIE11の右上に、Bingの検索窓が追加されてしまった。
ネット検索すると削除方法が載っているが、情報が古くて使えない。
2017年9月頃に更新されてからの人で、Bingの窓を削除出来た方は情報をください。

| | コメント (0)

2017.08.31

時給2000円(税別)の仕事

光回線のプレミアムが、来年早々に終わり、インターネットに繋がらなくなるようだ。
だいぶ前から承知していたが、NTT西からの電話があり、ネクストへ変更工事をする事に。
電話でのやり取りで、派遣工事は2000円掛かると言う。
機器の入れ替えとPCの設定だけで。
それなら自分でする事にする。

NTTのパスが書かれた書類が届いてから、一昨日機器が送られてきた。
ざっと目を通して、入れ替えとネットの接続は、簡単接続CDを使えば大丈夫。
プロバイダーのIDとパスも必要。
送り返す機器の初期化が必要だった

注意〕 2017年10月21日
後日に再インストールをする羽目になったが。
無線でやっていたら、ネットに繋がらない。
有線で繋げないと、ダウンロードができない。
更新も有線でないと、アップロードできないようだ。

ちょうど1時間で済んだので、時給2160円(税込み)。
掃除に手間取ったので、40分くらい。
2160円儲けたのではなく、財布から出さなく済んだだけ。
機器は、郵便局へ持って行き送り返した。

ADSLモデムの方が面倒だった記憶がある。
ホストに接続していろいろとやっていた。
モデムを出荷状態にしてしまい、電話で遠隔操作で直して貰った事があった。
すっかり忘れたが。

| | コメント (0)

2017.08.23

〔備忘録〕 Audacity でFMエアチェック

備忘録〕メモ書きなので、自分だけ分かれば良し。
ただしLinuxPCで、ここまで可能。

遠い昔には、FM放送を録音する事をエアチェックと読んでいた。
最近FM放送を聴く環境を整備していた。
首都圏内の放送を聴く為に、室内アンテナながら受信できる。
これを録音するには、カセットデッキだった。(昔は)
生録用カセットデッキは有るが、これを使うには如何か。
LenuxBean でUSB-DACが動く、ノートDynaPCが有る。
これで、FMエアチェックをしよう。

仕様
FMチューナー → AVアンプ → USB-DAC(SE-U55 AVアンプのTape1に繋げて有る) → Linux PC
Lenux Bean には、録音ソフトのAudacity と、音声ドライブの Pulus Audio が、 標準仕様。
Pulus Audioの内部オーディオをオフにして、Audio DeviceはSE-U55に設定。
AVアンプのRec Out は、FMチューナーのInput と同じ。
再生時は、RecOutからずらさないと、放送音と再生音が重なるので、Rec Out をoffする。

Dscn0104
Audacityの起動画面で、右上の赤いレベルメーターは録音レベル。
メーター部をクリックすると、レベルの振れが見れる。
緑は再生レベル。

ファイル保存は、ファイル→書き出し、ファイル名で保存すると、WAVで保存される。
WAVファイルはサイズが大きいので、mp3ファイルで保存したい。
そのままでは、mp3の指定が出来ないので、次を実行。

端末を開く。
″sudo apt-get install lame " と入力。
パスを聞かれるのでパスを入力。
Audacity を起動して録音後に、ファイル→書き込み→右下の横長の窓にファイル選択ができる。
mp3を指定して、ファイル名を入力して保存。

タイマー機能も出来る。
ただしPCを、起動しておかないといけない。

いじっていたら、レベルメーターが振れなくなってしまった。
Pulus Audio の録音タブの、デバイス名の右横の消音ボタンがクリックされていた。

| | コメント (0)

2017.04.14

OneDrive 削除 〔備忘録〕

備忘録
マイクロソフトIDでログインすると、Win10のPCが遅くなる。
古いPCで使っていなければ、ほとんどPCは、ドライブのパフォーマンスが落ちている。
タスクマネージャーを開けば、100%を使っている。

どこかで、聞いていた筈だったが。
自分のPCが、昨年末頃から遅くなって来た。
文字変換でさえ、待たされる。
検索すれば、いろいろ出て来るが、Win10にもれなく付いて来る、OneDriveの所為。
クラウドだね。
データーを、PCに入れないで、クラウドに置けば共用出来るとか。
勝手に組み込んでおいて、問題点を公表しない・・・。
私は、OneDrive使わない。

OneDriveを停止しようと検索すれば、いろんなサイトがヒットする。
私は、「onedrive削除」で検索。
カスタム研究所のサイトを実行した。
リンクを張らないのは、自己責任で行動して欲しいから。

コマンドプロンプト画面を開いて、そこにコマンドをコピペして行く。
検索サイトを見て、理解出来ない人は使わない事。
レジストリもいじっているから。(コピペだからキー入力間違いは無い)

起動後に、タスクマネージャーを開けば負荷が掛かっているのでパフォーマンスが大きい。
そのうちに、安定してくれば下がって来る。

CPUがハイパフォーマンスで、メモリもたっぷり、SSDを搭載。
こんな環境なら OneDrive を使い倒せば良し。(必要か)

| | コメント (0)

2016.12.05

nuxus7とUSB-DACの音をHF-PlayerでUSBから出力

nuxus7(2013)とUSB-DACの音を、USB端子から出力させるには。
出来るだけお金を掛けないで。

nuxus7を Android5.0以上にアップさせておく。
現在 5.1にしてある。
Nexus Media Importer が、インストールして有る場合は、offしておくようだ。
私は、インストールしてないので、検証しようが無い。
USB-DACは、15年前にマイコンオタクの同僚から貰った、ONKYOのSE-U55。

Dscn0293
MicroUSBコード(OTG仕様)。
セリアで108円で購入。
充電専用では無くてデーターを転送できる物。

これで、nuxus7の音声をUSB-DAC経由で、アンプに繋げて音を出すと小さい。
アンプのボリュームを上げれば大きくなるが、切り換えた時に爆音を出す事になる。
心臓にもスピーカーにも良く無い。
USB端子から音を出力させるには、ボリュームアプリが必要。
専用アプリは、USB Audio Player PROがお勧めのようだ。
playストアーから、975円でインストールできる。
始めに書いたけど、お金を掛けない事。

ONKYOのHF-Playerなる無料アプリを使ってみる。
これでUSB端子から音を出力出来る。

Dscn0296Dscn0294
システム画像。
nuxus7からマイクロUSBコードが出ている。
横の箱が、SE-U55。
RCA出力ピンから、AVアンプに繋がり、スピーカー出力している。
nuxus7の下の青いPCは、OSがlinuxBeanのノート。
ノートPCのUSB出力からも、U55に繋げてCDが聴ける。
聴いているのは、Radikoolで録音したお気に入り番組。

備忘録
インストール後に起動させると、ヘッドフォンの指定が出る。
とりあえず非ハイレゾのE-600Mを指定
ONKYO USBDriverの有効にチェック
オーディオ出力の切り替え USBオーディオ
バックグラウンドでボリューム変更を有効にチェック後にOK
古い機種の所為か、機能が使えないとかメッセージが出るが無視。

イコライザー機能が評価されている。
プリセットされている物を指定できる。
さらに、自分の指で、イコライジング出来る。
これは経験しないと説明しずらい。
素晴らしいの一言。

ますますお金を掛けずに、オーディオに目覚めそう。
ちなみに掛かった費用は、OTGコードの108円と、自遊人の遊び心をくすぐった時間は、プライスレス。

次の宿題は、聞きながら充電できるようにする事。
電源カーネルを入れ替えるといけるようだ。

| | コメント (0)

2016.10.03

Linux BeanとSE-U55でUSB_DAC

家のガラクタ箱に、2000年発売のONKYOのDAC、SE-U55が転がっているのを思い出した。
これは、会社の同僚から「使うか」と、頂いた物。(2001年頃)
同僚はマイコン関係に長けていたが。
音楽LDからPCへの取り込みにでも、活用しようと思っていた。
そろそろ捨てようかと思っていた。

それから処分しようかと思っていた。 
Dynabook Satellite CW1 (Celeron M410 1.46MHz)

Dynabook+SE-U55でUSB_DACシステムを作ろう。
DynaのOS_XPのリカバリーCDは、とうに処分。
Linux mintを入れてあった。
しかし使わずに埃まみれ。
XPインストールの、初めの頃のノートPCは、遅い。
VistaPCからDVD-Rドライブを移植して有る。(当初はDVDロムオンリー)
使えそうなLinuxを試用する事に。
BIOSでUSB起動できないので、DVDに焼いてインストール。

Linux mint(2年前の話)
CDを入れたがインストールが終わらなかった。
力不足という事。
VistaのPCにHDDを、載せ換えてインストール。
その後に載せ換えて見たが、たまにフリーズする。

Ubuntu
DVDに焼いてインストールしたが、途中からDVDドライバーが鳴り始めて終わらない。
諦める。
それに入ってもフリーズする情報が有る。

Vine Linux
DVDに焼いてインストール。
何故か日本語でインストールできず。
インストール後も英語表示。
起動後も遅いし、これから快適にするには、時間が惜しい。
ビデオカードのチップの所為も有るようだ。
パワー不足。

調べ直して、Linux Bean。
インストールが速い。
それに黒画面に、コマンドが表示されて行く。
仕事でもそうだが、センスの有る人が作ると、こうなる。
Windowsが起動したような画面が出る。
これから、HDDインストールのアイコンをクリックする。
それでもパワー不足なPCでも、ストレスを感じさせないでインストールされる。

Img_0004
Linux Beanは、お勧め。
遅いPCには、32ビット版。
右の縦箱が、SE-U55.

さて、これから本題。
SE-U55をUSBに刺す。
何にも起きない。
USBメモリなら、ファイルが見れたりするが。
変化なし。
音楽ファイルをクリックすれば、再生アプリが立ち上がって、アナログ再生する。
SE-U55のPHONES端子からは、DAC後の音が出ることになっている。
聞こえない。
かなり色んなことをやった。
linuxBean 設定ウィザードから、[高度な音声設定]をインストールする。
PulseAudio音量調整のアイコンが出来る。

ネットラジオを起動させて、×で終わったが、音が出ている。
Pulus Audio 音量調整が起動している。
これで■を押して止めた。

Img_0002
内部オーディオと下にSE-U55が見える。
内部オーディオのプロファイルをオフにしたら、PHONESのイヤーフォンから音が出て来た。

Dscn0086
追記
しばらくしてから再起動したら、SE-U55のメニューが増えていた。
デジタルステレオ出力とか。
映像画面は、ネットで拾ったTATSURO&EiJiN
アナログ出力と切り替えると音が違う。
透き通っている。

まる二日ぐらい、インストールからPHONESから音を出すのに時間を掛けた。
後側のLINE端子にアンプとSPを繋げればDACサウンドが聞ける。
今は、PHONES端子に、ディスクトップPCの添付SPに繋いでいる。
どうか?
これではわからない。
とりあえず新しい事にチャレンジして動いたのでヨシ。
しかし15年前から、家でごろごろしていた、SE-U55も日の目を見た。

注意
ラジコを聞くには、linux用のFlash Playerが必要。
linuxBean 設定ウィザードから、高度な音声設定をインストールする時に、一緒に、flashプラグインにチェックをするとラジコが聞ける。
この時にチェックが無い所は、すべて削除されてしまうので注意。
チェックを入れた所は外さないようにする。


顛末記
いろんなLinuxをインストールしていたら、初期化するをしなかった時が有ったようだ。
容量が足りないとコメントが出た。
昨夜は、DBANをDVDに焼いて、寝ている間に削除してくれた。
4時間20分ぐらいかかった。

| | コメント (0)

2016.09.06

ノートPCにはDVDドライブは必要無いか

ここ数年前からのノートPCには、DVDドライブが付かない物が有る。
モバイルタイプは無し。
HDDの乗せ換えでリカバリする時には、外付けドライブでUSB接続でする。
これは、起動時にメニューで、USBを選択出来るので可能だ。

その昔の話。
CDドライブが付いていないので、リカバリをする時に、LANでCD付きのPCに繋げて、CDドライブを認識させていた。
これには、LAN Manager をネットから拾って来て、DOSでLAN Manager を起動させて、CDドライブ付きのPCに自宅ネットに繋げた。
その時には、DOSのドライバーが有るLANカードか、内臓LANがDOSで動く事が必要。
私は、DOSドライバーが有ったLANカードをPCカードスロットに刺した。
LANカードは先日廃棄。
LAN Manager のフロッピーも、先日処分したばかり。

今、気づいたが、PCカードスロットは削除されている。
DOS時代からは、FDドライブ、232Cコネクタ、PS/2コネクタ、PCカードスロット。
任意だが、DVD(CD)ドライブ。

先日、DVDドライブが動かないので、廃脚したノートPCから取り置きしたDVDを付けようとしたら。
コネクタが違う。
IDEからSATAに変わっている。
薄型DVDはSATAのようだ。
10年前に買った有ったDVD-Rドライブ(未使用)とHDDの救済用に買ったおいた IDE to  USB ケーブルが有ったので、それに繋げてUSBへ。

Img_0002
なんなりと動いてリカバリが出来た。(当たり前だが)

もうノートPCには、外付けドライブで十分か。

| | コメント (0)

2015.10.23

Win10の感想

行動備忘録
休養日とする。
日中は晴れて暑かったが、朝夕は曇り。
ホームセンターで、LED照明器具を仕入れて来て、2か所交換。
交換した器具を引き取って貰いながら、もう1台買って来た。
次回の休養日に交換予定。

Win8.1からWin10に、アップしてからの感想。
ロースペックの、DynaBook T453 Celeron(R) 1.80GHz 2コア、Win8.1。
ずいぶん前から、起動時にWin10へのアップを催促されていた。
2週間前にアップする。
3時間ちょっと掛かった。

Winボタンが使いやすい。
Outlookのメール受信が、格段に早くなった。
今までのは、何か障害がある様にノロマだった。
ブラウザは、edgeが標準のようだが、使い方が分からないし、通常の閲覧しか利用しないので、以前からのIE11を使う。
Program Filesの Internet Expolreを タスクバーにピン止めする
edgeだと、IEのお気に入りの引継ぎが、面倒くさそう。

アップする前までは、時間が経つと重くなって来た。
更新ファイルが多すぎるとかが、原因と思うが。
どちらにせよ、Win10へのアップはお勧めできる。
もちろん自己責任で
人生にもう一度、PCを更新すると思う。
その時のOSは何だろう。

| | コメント (2)

2015.08.01

nexus7で FAKE GPSでラジコを聞く

nexus7でFAKE GPSを使いラジコのエリア外の放送を聞く。

退職して時間が出来ると、アウトドアも良いが雨の日とか夜遅くにラジオを聞きたくなる。
その昔は、富士から5素子のアンテナを立てて、東京FMを受信していた。
信号レベルは、3ちょっと。(max5)
サァーというノイズが出るが、ダイナミックレンジの大きい音楽を聞く分には支障なかった。
現在は、家ではアンテナは立てていない。
東京タワーからスカイツリーに送信が移動して、受信環境が良くなったので、試したい気持ちはある。
PCでも、VPN Gateで東京圏が聞ける。(これも経験済み)

ここからが本題。
nexus7のアンドロイドでは、FAKE GPSで位置情報を偽装してラジコを開くと、どこのエリアも簡単に聞ける。
私は、FAKE  GPSをインストールした時に、地図が表示されなかった。
検索で東京駅とタイプしてSETしたら、位置が偽装が出来ていた。
しばらくしてからnexus7の起動時に、アプリが自動アップされて地図表示が出きるようになった。
位置情報をSETする前に、地図を拡大してからSETすると時間制限が掛からないで、長時間偽装できる。
FAKE  GPSの使い方は検索して。
(事前に開発者向けオプションを、表示出来るようにしておく事。)

イヤホンジャックに、PC用の外部スピーカーを接続している。
Bluetoothで鳴らすのも有りかな。
音楽垂れ流し。

| | コメント (0)

2015.01.18

Nexus7でmytracksでのログ撮り

Nexus7(2013)でのmytracksでのログ撮りの活用方法。
事前にUSBメモリを使えるようにしておく。
私はI-O DATA の、U3-DBL32GBを使ったので、I-Oエクスプローラー(無料)でファイルの移動が出来るようにしてある。
Nexus Media Importer(有料)を使う方法もある。

Nexus7を選んだ理由は。
外に持ちだすにはサイズの大き目のタブレットは面倒。
スマホでは、画面が小さくて老眼にはツライ。
行き着いた所が、Nexus7の7インチ画面。
これでも見にくいが外に持ちだすには限度以内だろう。
それより2万円以内でGPSログ撮りやwifi環境では現在位置も分かる。
そのほか、いろんな使い道がある。
マニア仕様が一番の理由かな。

備忘録
Nexus7でmytrackを起動。
左の赤い〇をタッチ。
停止時。
右の〇をタッチ保存画面で名前、活動タイプ、説明を入力後に保存をタッチ。

起動すると保存ファイル名が出る。
希望ファイルをタッチすると地図に赤くトレースが出る。
右上の「・・・」をタッチすると削除が出来る。

起動した時にファイル名の選択時に、「すべてエクスポート」をタッチすれば、KMLやGPX等のファイルで保存する。
mytracksを閉じて、USBメモリを刺す。
I-Oエクスプローラーで、mytracksのフォルダが出来るので、さらにGPXフォルダを見ると希望ファイルが選択。(タッチしてレ点する)
移動でUSBストレージに保存する。
外部ストレージとしてPCに移動保存できる。

轍の活用
USBメモリから、¥mg950¥data¥フォルダ¥ に移動コピー。
轍を起動させてトラックに、GPXファイルをドラッグする。
トラック編集で始点終点を編集削除する。
ファイルからHTMLファイルで、エクスポートさせる。
mytracksでの海岸線 のコース。

| | コメント (2)