2019.02.19

TEAC PC10 シャットダウン回路の改善

先日から悩んでいた、TEAC PC-10 オートシャットダウン機能。
パーツ屋から周辺の部品を買って来て、載せ替えをした。
同じ現象が続く。
目視していると、弱いながらもプランジャーを曳いている。
なにより、動こうとするが、最後までソレノイドが引っ張り切れない。

Dscn2219
ソレノイドを取り出してから、DC12Vを掛けたら引っ張れた。
とうぜんソレノイド間には、ダイオードを入れてから試験をした。

Dscn2265
ソレノイドでは無いと確信したので、回路を追っかける。
ドライブのTrの#Bだが、瞬間1V以上に上がる。
電解コン47μと82kでタイミングを決めていると思う。
これで、サイリスタの#Gをトリガー出来る筈だが。
なにか足りない。
試行錯誤。
これが解決しないと、何もする気にならない。(確定申告とか)
Trの#Cには、8Vが掛かる。
これを#Bにバイアスさせて、#Bを上げたら。
こんな時は、10kとか12kΩ。
手持ちの10kΩ。

Dscn2263
裏付で簡単に。
ミスる事無く、オートシャットダウンのソレノイドに引っ張られる。
オープンデッキを思い出させる、心地よい音。
ソレノイドの両端にも、ダイオードを追加してある。

ダイソーでカセットテープを仕入れてきた。
マイクロフォンが使えたら、浜の波の音でも録りに行きますか。

| | コメント (0)

2019.02.11

TEAC PC10を直したら山下達郎のテープが出てきた

カテゴリは備忘録
その後に、気が付いた事は、加筆してゆく。

オートシャットダウンの対応はこちら

真空管ラジオの遊びが終わったので、次はカセットデッキの出番。
TEAC PC10。
生録カセットデッキ。
重い。
SONYのデンスケの方が、取り回しが良いと思ったが、ダイレクトキャプスタン方式に釣られて,これを買った記憶が有る。
とうぜん、コンデンサーマイクも買う。
ずいぶん前に、どれどれと思い動かそうと思ったら、ベルトが切れている。
埃を払い、輪ゴムベルトで再生は復活。
巻き戻し早送りが、動かない。
その時は、これで止め。

PC10の検索は、たいして無い。
ヤフオクに出ている物は、早戻し送りが出来ない。
この症状が出やすいようだ。
検索しても、早戻しが出来ない相談とか。

数日前から、ばらし始める。
再生は動くし、録音も可。
リールモーターは動くが、リール台が回らない。

Dscn2189
手で回すと、回るがすぐに止まる。
右ルール側に、リードSWが見える。
ベルトが掛かったプーリーの下に、丸いマグネットが有るので、そのプーリーが回らないと安全装置が働く。
テープの絡み防止だね。
プレート下の黒いグリスを取ってから、デュラ(自転車)のグリスを付けた。
早、戻しは、プランジャーが動いていないのが、気になっていた。

Dscn2191
FET(1R3B)に繋がっていて、ドライブにC828が見える。

2月13日
FETは間違い。
シルクを見たら、G、A、Cと印刷が有った。
サイリスタが正解。
1R3B。
ここまで追記

C828の#Bの電圧が、早送りにすると上がってくる。
とりあえず、手持ちのC1815に交換。
その所為かは判らないが、プランジャーの音が聞こえた。
プランジャーの効果は、分からず。
症状も変わらず。
立てていたので、水平にして早送り。
手でリールを回したら、回りだす。
擦っている音が、聞こえる。
ここで止める。

昨日、eチョーに行ったのは、ベルトを探しに。

Dscn2174
Oリングが多数有ったが、とりあえずゴム板と(1mm厚)とカッターコンパス。
これで、切込みを入れて、ベルトっぽいのを作った。

Dscn2169
内径38mm
やり方は、検索すれば出ている。
動かすが、無負荷だとベルトが、よれて見える。
早戻しをすると、今日は案外うまく回る。
機械ものは、定期的に動かさないといけない。
長めのカセットテープを探す。
外径は、内径+1㎜ちょいぐらいが良し。

2月13日
Oリングに替えてみた。
Oリングは、太さが2㎜しかないので、ローラーからはみ出る。
ただし回転は滑らか。
内径37.5、38.5、39.5で試した。
37.5はテンションが有りすぎで、回らず。
39.5は大きい。
見た目に大きいが、38.5を付けた。
太さが1.5mmが有れば良いと思うが、しばらく馴染ませる。
カウンター側は、長くないといけないが、ゴム輪がちょうど良い。
回転ムラも関係無いし。

PC10は、キャプスタンがダイレクトなので、リール台からカウンターまでの2本のベルトは、よれていてもワウフラは、影響しない。
ので、張りが強いOリングより、ゴム板で作ったベルトの方が見た目に良し。
ゴム板のベルトに戻した。
ここまで追記

Dscn2172
10本ほどの中に、山下達郎の文字。
デッキで再生すれば、達朗+鈴木英人のコラボのLDから、カセットに落とした物だった。
ナレーションは、比留間清貴。
46分テープでAB面ちょうど。

Dscn2175
通しで、聞いてしまった。

とりあず完璧では無いが、家で録音再生が出来るので、良し。
linuxPCで、web録音しているので、使う事が有るか。
FM放送での、エアーチェックをして見よう。

2月12日追記
再生の動作
キャプスタンMでピンチローラを回して、ローラーを一枚挟んで、右リール台を回す。
右リール台と、さらに右のリールにベルトを張る。
このローラーの下に、磁石が付けられていて、回るとリードSW
がONする。
こことカウンターにも、ベルトが張られる。
ベルトは、テンションが有ると、回らない。
緩めでも回る。
リールMは、再生時は使わない。

早送り、戻し送り
キャプスタンMは、使わない。
リールMで、早送りと戻しを正逆を行う。
テープ端まで来ると、数秒おいてリールMが止まる。

不具合現象
録再生の終わりで、止まらない。
録再生で、テープ端まで送られると、数秒経ってからプランジャーが入る。
その時に、プランジャーに引かかっているレバーが、往復して再生レバーが戻ると思う。
プランジャーが入り、レバーが往復するが、再生レバーが戻らない。
プランジャーが弱いのか?
電気回路は問題無く、コイルの片側が35Vから電圧が下がる。
プランジャ(ソレノイド)不良のようだ。

| | コメント (2)

2019.02.04

真空管ラジオAM-390 とりあえず完成

今日は、よりみちへ行き、パーツを買ってきた。
抵抗560kΩ 1/2WとスナップSW。
これは、マジックアイを長持ちさせる為。
ソケットの中の抵抗560kΩは、700kΩになっていた。
抵抗値が大きくなるようだ。
今の1/2Wは、サイズが小さくなっている。
桃色が、1/2W。

Dscn2137Dscn2138
チューブに入れてある。
スナップSWは、マジックアイのプレート電圧を切る為。
使う時だけONにして、通常はOFFにしておけば、寿命が延びるとの事。
赤線がプレート電圧用。

Dscn2139Dscn2144Dscn2146
後の端子ソケットから、RCA端子を繋げて見た。
つなぎのメス端子は、百均で仕入れて来よう。
手持ちの、太いリード線で配線した。
パイロットランプは、3.8V 0.3Aを使う。
自転車屋で見つけた。
パイロットランプは、距離が有る所為か、さらに暗い。

ハム音やノイズが大きいが、それが真空管ラジオ。

| | コメント (0)

2019.01.28

真空管ラジオAM-390その後2 PLランプ代用

この記事は、確定では無いので、後日追記もされる

ナショナル製真空管ラジオAM-390。
1959年製造発売。
マジックアイを付ける為に、整流管を19A3を使う。
パイロットランプの電源を、19A3のヒーターから取っている。
ここまでは、検索すればヒットする。
実家から持ち帰ったラジオだが。
昭和30年ごろに家に有った。
その後に、テレビが入る。
ラジオは、私の音楽番組と親父が夜になると、ナイター中継を聞く耳となった。
その後に私が、SONYのICF-5500を、実家に置いてきた。
AM-390は、部屋の片隅に置かれていた。
それを、実家の建てかえ前の、25年ほど前に持ち帰った。
埃を簡単に取ろうと思ったが、糸から針を外さないと、シャーシーが出ないので諦めた。
家でも、書庫の本の裏側に置かれていた。
保管条件には、恵まれていたはず。

先日に、ブロックコンとペーパーコンを交換後に、電源を入れた。
しばらくすると、ノイズが出てから、チューニングすると受信した。
この時の不具合は、パイロットランプが光らない。
音量が小さくならない。
パイロットランプが切れると、19A3のヒーターが切れる事も有るようだ。
さいわいヒーターは、切れていなかった。

検索すると、19A3に繋げるパイロットランプは、19A3共に絶滅危惧部品。
そもそも、豆電球がお店から消えた。
今日は、ハムのお店へ。

Dscn2126
(正)3.2V,0.16Aだが、6.3V,0.15Aが有ったのでこれを、代用として付ける。
検索すると、代用での実績が有るから。←未確認
これを付けて、電源を入れる。
始めは暗いが、しばらくして明るくなった。
+Bは、91V。
40Ω抵抗を、PL(6.3V,0.15A)に、パラに入れるのは、有りか?

Dscn2118
明るさは、こんな感じ。
これで様子見。

追記2019年1月29日
(6.3V,0.15A)のPLを2個パラに繋げた。
これで、20Ωとなっている。
ただし、ずいぶん暗くなった。
+Bは、88V。
この状態で、次の対策を考えようと思う。

1月31日
あちこちで搔き集めた、豆電球の種類。
6.3V0.15A 42Ω
2.2V0.25A 8.8Ω
3.6V0.3A  12Ω
正規品は、3.2V0.16A 20Ω
19A3のヒーターに、過電流を流さないようにするには、20Ωより小さな抵抗値の方が安全だ。
抵抗や電球を、直列や並列にして抵抗値を揃えると、電球が暗くなる。
現在試してるのは、3.6V0.3A。
+B電圧は89V。


音量が変わらずは、250pが悪さするようなので、片側を外した。
ボリュームを、何度か回す。
変化するようになる。
250pを付け直す。
半田コテの熱で、中のゴミが溶けたか。
NHKが、ハム音が大きい。

Dscn2122
NHKを受信時のマジックアイ。

Dscn2125
もう少しエージングしてから箱に入れる。

| | コメント (0)

2019.01.25

真空管ラジオAM-390その後 ラジオの音は出た

天気が良いと、外に出かけてしまうが。
今日は曇り空。
真空管ラジオの、その後を続ける。
カバーの埃を取り除く。
水洗いすると、良く無いので、ブラシで払ってから、濡れティッシュで埃を取る。
メモリカバーは、後ろ針金を外して、洗剤で洗った。
ペーパーコンデンサーを交換するが、部品は秋月の通販で購入。
耐圧に注意。
ブロックコンデンサーは、電解コン50μは47μで、30μは22μ+10μで作る。
一つ一つ交換するのが、間違いなく出来る。
電源コード、SPコード、、電源ランプへのリード線を交換。
その他は、おかしかったら対応しよう。

Dscn2078Dscn2079
ブロックコンデンサーは、-極性を一つにして、プラス極性A、B、Cの位置が合うようにまとめる。
ビニルテープでまとめた。

Dscn2099_2
これを、ブロックコンデンサーの穴に入れて、タイラップで止める。

Dscn2101
ペーパーコンデンサーは、今だとフィルムコンデンサーが同等品。
ごちゃごちゃしているが、元々のレイアウトがこれだから。

全部の真空管を外して、電源を入れて見る。
臭いやヒューズが切れなければ、次に。
電解コンには、電気が残っているので、注意。

Dscn2103_4
真空管を挿して、電源を入れる。
変な音や、臭いが無ければ、我慢して待つ。

Dscn2107Dscn2108_2
真空管のヒーターが赤くなる。
SPからノイズが出て来る。
バリコンを回して、チューニングする。
うまく行けば、すんなり地元局が聞こえて来る。

Dscn2111
マジックアイは、うまく閉じなかった。
短波のラジオNIKKEIでは、マジックアイは閉じた。
室内電灯が点いていると、はっきりと見えない。
実家で使っていた時は、家の中は暗かったので、こんな物か。

不具合の結果
電源ランプが点かない。
音が大きい。
音量が変化しないが、高低は変化している。
音質のボリュウームだったか。

ボリュームが売っていたら、交換して見よう。
ランプは無いと思うので、LED化にするかな。
PLは点かないと、整流管を痛めるようだ。
再度確認しよう。
とりあえず、ラジオが聞けるので、このままでも良いが。

| | コメント (0)

2019.01.12

ナショナル真空管ラジオ AM-390

ナショナル製真空管ラジオ AM-390。

Dscn2053Dscn2049
昭和34年に販売されたようだ。
実家には、35年ごろに有った記憶が有る。
小学校から家に帰ったら、机に置かれたラジオに、耳を傾けていた母の顔を思い出す。
その後に、テレビが鎮座して、ラジオは家の隅に追い払われた。
私は、当時の音楽番組や、短波から聞こえて来るアマ無線を聞き入っていた。
FENも聞いていた。
JJY(標準時)も、よく聞いていた。

実家が建て替えられる前に(20年ほど前)、埃だまりに有った、このラジオを持ち帰った。
その後も我が家では、書棚の奥に置かれたままだった。
暇だったので、外に出して埃を払った。

Dscn2055Dscn2062
シャーシーを引き出すには、針を糸から外さないといけない。
埃は溜まっていたが、思ったより綺麗。

Dscn2067_2
ついでに、ペーパーコンデンサーの値を確認する。
次回の暇な時に、よりみちへ部品を探しに行こう。
掃除をしてから、再び書棚の奥にしまった。

書棚で見つけた本。

Dscn2074
93年12月号。
Windows95が出る2年前。
すでにマウス操作。
ファイルマネージャー。

| | コメント (0)

2018.06.07

SIMMメモリが出てきたので、PCの思い出話

押入れの奥を、なにげなく覗いたら。
スーパー袋。
以前に、だいぶ捨てたが、奥にまだ有った。
開けたら、DOSV機のメモリ。

Dscn2636Dscn2638
SIMM。(画は32M)
全部で、12枚。

初めてのDOSV機は、メーカー製。
BREZZA5133DA。(298000円)
Pen133Mで、メモリが、8Mが2枚で16M。
Win95は、メモリが足りないとHDDに、仮想メモリを作るので、ガリガリ音が止まらない。
32Mは必要だった。
お金が出来てから、ジャンバラで残りスロットに足した。

Dscn2639
ゲーム用の純正パッド。

その後に、ボードを貰う。

Dscn2631Dscn2632
これに、AMDのK6を射して、クロックアップをして使っていた。
Win98SEを入れる。
メモリは、32Mを4枚挿して、128Mのクラウン仕様。
HDDが、何度と壊れた。
ディスクトップは、夏は危険だった。

この後は、ノートPCへ。
XPとなる。

| | コメント (0)

2018.05.28

VHS-C ダビング 録音アイテム

タイトルが意味不明だが。
VHS-Cビデオを、HDDレコーダーにダビングする。
映像プラグはそのまま挿せるが、音声はカメラからはモノラルの為に1本。
レコーダーの音声端子は、白赤の2ヵ所。
どちらかに挿せば、十分に音が録音されている。
以前は、モノラル→白赤端子のコードを持っていたが。
捨ててしまったので、百均で変換コネクタを探したが、無し。
次は、Hオフで探す。
ジャンク箱を探すが、ピンポイントで見つかる筈無し。

Dscn2543
ゲーム関係のジャンク箱で、こんなのを見つける。
これを改造する。
216円。

Dscn2545Dscn2550
テスターでピンアサインを調べて、半田付け。
とりあえず、音声もモノラルだが、左右に録音される。

Dscn2546
カメラは、Victor GR-C7のOEM。
TOSHIBAのマーク。
定価25万円ほどで23万ぐらいだったか。
保存場所が良かったのか、問題無く動いている。
ファインダーとマイクが、ぶつけて壊れている。
毎日2本ぐらいづつ、ダビングしよう。

今では考えられないけど、撮影した思い出は、プライスレス。
30年前の思い出が、テレビの中で動いている。

| | コメント (0)

2018.05.26

5/25 βテープ処分 /26 大代峠

25日、曇り空。
風が吹いていた。
午後遅くなり、日が出たら暑い。

βデッキ(SL-HF66)とテープの断捨離。
デッキは、画が出ず。
βテープは、サイズが小さいので、25L袋にいっぱいにして処分。
デッキは物置に入れて、次回の埋め立てゴミの日に出す。

Cカセは、カメラが動いたので、2本(1本20分)を録画。
30本以上有るので、ぼちぼちダビングだね。
テープは、当時1本(Pro仕様)で、2千円。
安くなっても、1600円ぐらい。

26日、今朝も曇り空。
陽射しが無い方が、暑くならず良いか。
自転車に乗ろうと思う。
朝9時ちょうど発。
海岸線へ。
富士川河口から東へと思ったが、堤防は翌日に腰に良く無い。
堤防からの振動と思うが。
それに休日は、スーパーカー見たいな自転車が、疾走するから止めよう。
新富士川橋を西へ渡る。
由比から大代峠へ。
ぼちぼち登れば、何とか行ける大代峠。
市境で一方に、パスされたが。

Dscn2524
大代峠。
車も少なかったし、下って来たのも一台。
帰路は、由比へと戻り海岸線を走り帰還。

Dscn2529
英君の白壁。

Dscn2532
蒲原の小学校では運動会。
午前11時15分着、40㎞。

| | コメント (0)

2018.05.24

VHSテープの断捨離 山口百恵 激写は保存

ビデオテープの断捨離をしようと思う。
とりあえず、ビデオデッキが稼働可を調べる。

Dscn2516
SONYのSLV-FT11。
VHS HiFiデッキ。
BSは無し。
テープは、ほとんど映画の録画。
処分する。

山口百恵のアーカイブで放映されたテープ。

Dscn2515
篠山紀信の激写。
初放映は、NHKで1979年(昭和54年)。
この頃は、ビデオを持っていなかったので、番組をライブで見た。
平成13年12月に、NHKアーカイブで再放映。
この時期は、HDDレコーダーは無かった。
うまくダビング出来たが、別テープを確認してたら、画が出なくなった。
トラッキングでは無い。
ヘッドをクリーニングしたが、ヘッドが飛んだかも。
山口百恵の後ろに、宇多田ヒカルが流れてきた。

25L袋に八分目に入れて、3袋。
次回は、βのテープ。
デッキが動くか。

Cカセも有るが、こちらは子供や電車の映像が、簡単には捨てられない。

| | コメント (0)