« 6/3 大代峠 | トップページ | 6/5 麦は赤く苗は蒼く たていしまで »

2020.06.04

dynabook アップグレードwin10のDVDを認識させる

win10が自動更新されて、win7で動いていたソフトが、使えなくなったと騒いだ事が有った。
私のdynabookは、T453/33kw。
OSは、win8.1。
その後に、自分の意志でwin10に更新。
いつからか、DVDが消えていた。
デバイスマネージャーからも消えた。
検索すると、レジストリをいじると回復すると、有ったが改善せず。
たまにDVDが必要な時は、外付けで対応していた。

先日、DVDレコーダーでの録画DVDを、win7に戻したPCでDVD再生ソフトで見る事にした。
しかしwin10でも、dynabookでは、TOSHIBA VIDEO PLAYER をアップデートすれば見れる。
https://dynabook.com/assistpc/download/modify/soft/tvpw10/index_j.htm

これで外付けDVDから、レコーダー録画のDVDが見れた。

そこで、dynabookのDVDドライブを交換する事に。
9.5mmのスリムタイプ。
2700円のバルク品。
しかし、交換してもデバイスマネージャーで認識せず。

肩を落とすが、ドライブでは無いと、すみ分けが出来た。
検索ワードに、dynabookを追加して、検索したら。
同じ人が居た。
http://fanblogs.jp/pontaoyaji/archive/669/0

備忘録
windows管理ツール→サービス→TOSHIBA Optical Disc Drive Service(ダブルクリック)

全般タグ サービスの状態を停止
スタートアップの種類 自動を無効
適用からOKとする

デバイスマネージャーを見たが、DVDは表示されなかった。
再起動してから、デバイスマネージャーを見たら、DVD/CDドライブが表示された。
バルク品が付いているが、ドライバーも催促されずに、DVDが自動再生された。

|

« 6/3 大代峠 | トップページ | 6/5 麦は赤く苗は蒼く たていしまで »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 6/3 大代峠 | トップページ | 6/5 麦は赤く苗は蒼く たていしまで »