« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »

2020.04.29

4/29 富士川河口

晴れ空。
風は弱い。
気温は前日より低い。
ファンヒーターのタンクに、残された灯油を減らそう。
歩くのが仕事。
自転車は、気分が乗った時に。
休日だから、いつもより歩く人が多いだろう。
富士川河口へ。
住宅地を、道の駅富士へ。
ここまで、人は少なかった。
道の駅下り線の店は、11時からだった。

Dscn6366
国一号新富士川橋。
河川敷の車も、Sディスタンス。
5月休日明けから、下り線の歩道が工事閉鎖。
上り線を使えと。

Dscn6367Dscn6371
堤防の端まで。
自転車乗りは、そこそこ。
歩く人も密ならず。
帰路へ。
国一号の橋の下を、一往復。
風が強くなるが、暑くなった。
歩数 13200、10㎞。

| | コメント (0)

2020.04.28

4/28 岩本山の茶畑

薄曇り。
少し肌寒い風が吹く。
岩本山の茶畑へ行く。
半年以上動かしていない、バイクのエンジンを回す。
問題無く掛かった。
実相寺までは、バイク。
階段を登る。
下りて来る人が多い。
高齢者と若者。
子供連れは居ない。

Dscn6339Dscn6340Dscn6344
公園内は、歩く人が居るが、そんなに多くは無い。
花も終わってしまったし。
梅雨になれば、アジサイが咲くが。
芝生広場で、家族連れがボール遊びをするのが、これからの遊び方。
ただし自粛中では、シートを敷いて弁当は広げられない。
茶畑へ。

Dscn6350Dscn6357Dscn6363Dscn6365
芽が伸びて色づいた。
目に優しい。
すぐに茶娘が摘んでしまう。
そんな筈無く、機械が刈り取るが本当。
久しぶりに、羽淵製茶まで行き、折り返す。
風が強い。
岩本園で下りて実相寺へ。
歩数 10200、7㎞。

| | コメント (0)

2020.04.27

4/27 富士川河口

曇りがちだが、晴れ空。
風が吹く。
歩くのが、仕事の高齢者は歩く。
富士川河口へ。
東風なので冷たい。
住宅地を歩く。
道の駅富士。
観光の道の駅では無いので、上り線はお店がやっている。
下り線は、トイレのみ。

Dscn6332Dscn6334Dscn6335Dscn6336Dscn6337
堤防の端まで。
毎回、競輪選手が練習をしている。
開催レースが、減っている所為か。
堤防を歩く人は、高齢者に戻った。
帰路は、国一号の橋を一往復。
歩数 13600、10㎞。

| | コメント (0)

2020.04.26

4/26 風が強いし、自粛だし、疲れているので、富士駅界隈まで

11時過ぎに眠りについて、3時ごろ目が覚めた。
次に起きたのは、朝8時半。
自転車の疲れが満載。
簡単に朝を済ませて、歩く。
暖かい晴れ空だが、風が強い。
住宅地を歩く。
富士駅まで歩くが、もう少し歩いて帰る。
遠回りするが、風が強い。
家々の駐車場には、ほとんど車が停めてある。

Dscn6323Dscn6324Dscn6325Dscn6328Dscn6330
富士駅構内。
パチンコ店は休業。
開いていた店は、個人経営の店などとコンビニ。
歩数 9900、7㎞。

| | コメント (0)

2020.04.25

4/25 stay 近場で田貫湖

24日、晴れ空。
風が吹く。
陽ざしが有るが、風が当たると肌寒い。
午後も風が強い。
所用が有り休む。

25日、4月は花も咲いて、自転車に乗るのに、気持ち良いはず。
今月は、田貫湖へ行ってない。
今日は、久しぶりに行こう。
朝9時20分発。
富士川楽座は、休館閉鎖。
トイレは、使えるようだ。
芝川駅でトイレ。
駅からは、登り坂。
いつもより車が少ない。

Dscn6251Dscn6253
柚鳥富士コース。
柚野の田んぼへ寄る。

Dscn6263
代かきが始まり、来週には田植えへ。
雌橋から半野へ。

Dscn6270Dscn6278Dscn6280Dscn6289
半野の桜。
田んぼも、水が入り代かき中。
田貫湖の登りで、路線バスが下って来た。
11時半ごろ。

Dscn6291Dscn6299Dscn6300
田貫湖は北岸へ。
駐車場は閉鎖。
人が立って規制していた。
釣り人は、路駐。
自転車と歩行者は、脇を抜けられる。
狸の展望台へ。

Dscn6303Dscn6312Dscn6314Dscn6316_20200425145901
後は、遊歩道へ。
歩く人は、数名。
自転車乗りは、二人組。
テントサイトは、皆無。
南岸の駐車場もロックアウト。
ワイヤーチェーンを、潜るのに難儀した。
帰路へ。
たていしの自販機で給水。
雌橋へ下りて、下条、西山、芝川駅経由で帰還。
たていしから、ずっと強い向かい風。
寄ったのは、芝川駅のトイレとたていしの自販機だけ。
家の外水道で手を洗う。
地方の家では、外水道が完備。
午後1時30分着、62㎞。

Senkyo  
Sディスタンス。
4名出ている筈なのに、2名だけ。
どうせなら、1番と8番にもっと離せば良いのに。

| | コメント (0)

2020.04.24

良い話をしたいが 布マスク

昨夜は、地区の会合。
集金作業が有ったので、自粛する訳には行かない。
今朝は、金融機関へ預けに行く。
先月は、行員もマスクだけだったが、今日はカウンターに、ビニル幕が貼って有った。
私も入口で、マスクをしてから入った。
昨夜の議題では、一年の大仕事の祭りが中止との報告が有った。
その他の行事も止めとなるだろう。
その分、仕事が半減されて、役員は楽だが。
しかし、会合すら安全では無い。

Dscn6247Dscn6246
夕方に、実家から兄嫁さん作成の布マスクが届いた。
これで、人目を気にしなくて済む。
ありがとう。

| | コメント (0)

2020.04.23

4/23 ドクターヘリ 中央公園

雲が多いが晴れ空。
風は冷たい。
中央公園へ歩く。

Dscn6229
いつも人が少ない富士駅前だが、さらに少ない。
ジムは休業。
駅のキヨスクも閉まっていた。
河川敷より、人が少なく歩きやすい。
ロゼの交差点を渡り、中央公園へ。
上空からヘリの爆音。

Dscn6234Dscn6236Dscn6239
自衛隊機かと思ったら、着陸していた。
救急。
ドクターヘリ。
しばらく遠目に観察。
回りも大勢の人。

Dscn6241Dscn6242Dscn6243
飛び立つ。
南へ向かった。
歩数 13800、10㎞。

| | コメント (0)

2020.04.22

4/22 吉津展望台

朝は曇り空。
新聞の予報では、大晴れマーク。
風は弱い。
とりあえず、庭の草取り。
腰が痛くなるので、途中で止め。
空も明るくなったし。
歩く。
富士山が見えるので、富士川橋を渡り旧富士川町へ。

Dscn6198Dscn6201
水量が多いが、濁流。
楽座へと登って行き、左折して狭い道を登る。

Dscn6203
明見山の灯篭が見える。
この先の明見神社への、旧道だね。
東名富士川SAには、最短で来れる。

Dscn6206
スタバは、イスを片づけてあるが、カウンターはやっているようだ。

Dscn6210
階段を下りて、楽座側へ。
吉津へと登り。

Dscn6212
明見神社。
もう少し登り、吉津の展望台。

Dscn6228Dscn6213Dscn6223Dscn6221
雲が多いが、良し。
帰りは、風が強くなった。
歩数 9200、7㎞。

| | コメント (0)

2020.04.21

4/21 富士川河口

20日、朝から雨。
昼までは、かなりの雨量。
昼過ぎに、小降りとなった。

21日、明るい曇り空。
風は弱い。
歩くが、なるべく人とすれ違わないコース。
富士川河口とする。
住宅地の裏道で、道の駅富士へ。
住宅地は、高齢者の散歩が多い。

Dscn6186Dscn6187
道の駅富士は、上り線は営業。
下り線の食堂は、閉まっていた。
改装された下り線のトイレには、いつもの所でツバメの巣作り。

Dscn6189Dscn6195
堤防の端まで。
堤防上は、かなりの歩く人。
自転車は少なめ。

Dscn6197
帰路は、河川敷の道で帰還。
歩数 13100、10㎞。

| | コメント (0)

2020.04.19

4/19 岩本山公園

前日の大雨も止み、行楽日和の陽ざし。
風も弱いし。
富士山も綺麗だ。
昨今の情勢から、無難な歩きへ。
自転車のチーム走りは見ない。
単独で、走っているのは見るが。
歩きは、岩本山公園。
かりがねは、歩く人、走る人、家族でボール遊び。
それでも、Sディスタンスは守られている。
実相寺から登りへ。
登る人は、多い。
下りて来る人も、多い。
岩本山公園は、歩く人。

P1000931P1000927P1000940P1000926
P1000941P1000947P1000949
それでも、桜の花が散ったので、だいぶ少ない。
帰路は、茶畑へ。

P1000952P1000955P1000961P1000965
新芽が、だいぶ伸びた。
まもなく、茶刈正雄が活躍する。
帰りは、風が強くなった。
歩数 15500、11㎞。

| | コメント (0)

2020.04.17

4/17 中央公園 こころ旅で撮りたかったショット

今日のこころ旅は、旧芝川町。
いつも走る、自転車のコースだった。
3月26日。
この日は、私も寺の前を過ぎて、田貫湖へ行っていた。
お手紙は、芝川駅伝での話。

曇り空。
風は吹く。
前日の夕方からは雨。
遅くまで、雨音が聞こえていた。
本屋に寄りたいので、中央公園へ歩く。
東風が冷たい。
本町を横切るが、いつもと同じく人出が少ない。
ロゼの交差点を渡る。
信号待ちの車が少ない。
トラックも車も。
ロゼの駐車場も、半分も埋まっていない。
子供連れ。
保育園児は居ない。
スマホ族も、ほとんど見えない。

Dscn6177Dscn6179
中央公園は、芝生広場も空いている。
帰路へ。
本屋に寄り、帰ろう。
すれ違った人は、往復で20名程度。
歩数 13400、10㎞。

Dscn6181
買って来た本。
pen、井上陽水が聴きたくて。

Dscn0329
こころ旅で撮りたかった、ショット。(2015年1月)

| | コメント (0)

2020.04.16

4/16 富士川河口

16日、晴れ空。
霞んでいる。
風が強い。
午後には、雷雨の予報。
富士川河口へ歩く。
風が強いので、住宅地の細い道を、道の駅富士へ。
東風。
道の駅は、仕事の車が多い。
6割がた、車が停まっている。
新富士川橋へ向かう。

Dscn6173Dscn6174
風が強いので、堤防の端までは止めて、橋の下を一往復。
帰路は、追い風。
年金生活者だけで無く、在宅勤務者や休校の子供達が外で活動。
歩いて来ても、我が家近傍では、濃厚接触はしない。
歩数 10900、8㎞。

| | コメント (0)

2020.04.15

4/15 大渕笹場、今宮、浮島のレンゲ

飛行機雲が表れるが、晴れ空。
風が吹く。
富士山が見えるので、本日は茶畑へ。
岩本山は、芽が出だしたが。
朝9時25分発。
入山瀬駅から登り。
ぼちらぼちら。
eバイクが欲しい。

P1000878
八王子、次郎長。
笹場までは、あと少し。
笹場の駐車場は、トイレ回りを工事中。
何台か停まっている。

P1000879P1000884P1000887P1000891P1000897
桃色は、ヒカンサクラかな。
茶の芽は、まだ早い。
北斎も見たかった大渕笹場。

P1000905
今宮の茶畑。
誰も居ない。
茶の芽が、出ていないから。
鵜無ヶ淵から下界へ下りる。
車が少ないので、安心して下れる。

P1000909
岳電富士岡駅。
カメラを持ち挙げて。

P1000919P1000913
浮島のレンゲ畑へ。
あちこちに、陣を取るカメラマンが見える。
帰路は、田子の浦港から堤防に上がり帰還。
向かい風。
午後0時25分着、45㎞。

| | コメント (0)

2020.04.14

4/14 真白き富士 明星山

13日、朝から雨。
昼ごろには、かなりの風雨。

10日前に、(歯)が欠けてしまった。
先週に予約を入れて、型を取った。
今日は、無事に嵌めて終わった。
(歯)医院も、コロナ対策が施されていた。
予約は、必要最小限。
待合室も、一人二人。
本や子供の遊び道具は、片づけられていた。
治療室も、二人まで。
先生は、フェースガードを付けていた。
医療用エプロンもしていた。

14日、前日の道路情報では、富士五湖方面は滑り止めが必要と流していた。
今朝は、富士山は純白。
西の毛無山方面も真白い。
こんな劇的変化の時は、明星山へ。
朝9時20分発。
風が強い。
住宅地に沿って実相寺。
車道を登り、万野、貫戸、星稜高前。
星稜高からは、生徒の声が聞こえず。
三叉路から地道。
荒れているので、ほとんど押し。
明星山の駐車場には2台。
一台は、車キャンプをやったようだ。

P1000816P1000822P1000801P1000803P1000805P1000813
山頂広場。
桜は、すっかり散った。
ツツジが咲いている。

P1000823P1000821P1000819P1000825
毛無山、雨ヶ岳の頂きの雪が白い。
帰路は、貫戸へ下りて、高原の団地、岩本山公園へ。

P1000860P1000862P1000865
八重桜が咲いている。
公園内は、人出は少なめ。
在宅勤務家族。

P1000869P1000871
茶畑へ戻り、岩本園から帰還。
午前11時50分着、24㎞。

| | コメント (0)

2020.04.12

4/12 富士川河口

曇り空。
風が吹く。
平年並みの気温。
遅く起きたので、近場の富士川河口まで歩く。
明日は雨予報。
河川敷は、自転車の家族連れ。
歩く人も多い。
グラウンドは、野球の練習をしている。
部活の練習。

Dscn6170Dscn6172
先日の、八重桜の所まで行き、帰る。
冷たい風。
歩数 10300、7㎞。

| | コメント (0)

2020.04.11

4/11 中央公園

富士市では、続けて感染者2名。
学校は、休校。
児童クラブも閉鎖。
保育園、子供園も休園。
保育園は登園自粛
出来る事は、朝と夜の検温。
マメな手洗い。

雲がおおいが、晴れ空。
風は弱い。
少し肌寒い。
歩くのが仕事。
なので、中央公園へ。
交流センターへ、トイレに寄る。
張り紙が。
図書室は閉鎖。
知らずに入って、図書室の前で立ち止まっている人。
返却かな。
民間の保育園児が遊んでいる、小さな公園は無人。
ちょっと不気味さを感じた。
ロゼの交差点を渡る。

Dscn6159Dscn6160Dscn6163Dscn6166Dscn6165 
中央公園内は、子供連れや歩く人。
休日にしては、少なめ。
人と接触せずに、離れる。
ロゼの交差点を渡り帰還。
帰りは、無人の公園で家族連れが遊んでいた。
ちょっと安心感。
空いてそうな、百均に寄る。
歩数 13600、10㎞。

歩くのも、人目を気にするようになったら、自転車で山に行くか。

| | コメント (0)

2020.04.10

4/10 半野の桜

晴れ空。
風が吹く。
午後から曇りの予報。
田貫湖へと、自転車で走る。
朝9時30分発。
ペダルが楽だと思ったら、追い風基調だった。
芝川駅からの登りでは、汗ばんで来た。

Dscn6125Dscn6132Dscn6137Dscn6134Dscn6139
黒門へ寄る。
すでに、散り始めていた。
黒門は改修が終わり、黒光りしている。

Dscn6142
柚野から、狩宿の下馬桜へ。
日陰った。
下馬桜は、イベントは中止だが、出店はしている。
人出が少なければ、富士宮市辺りでは支障ないと思うが。
赤い橋を登り、半野へ。
陽ざしが出て来た。

Dscn6150Dscn6149
半野の桜。
容姿が良い。
まもなく日陰った。
田貫湖は、止め。
たていしの自販機には、クレーンが入っていた。
村山へと向かう。
多くの大型車とすれ違う。
篠坂で宮へ下りて、鷹岡経由で帰還。

Dscn6157
坂を登るヤギのcafe。
向かい風が強い。
午後1時10分着、56㎞。

| | コメント (0)

2020.04.09

4/9 岩本山公園

晴れ空。
風が吹く。
初夏の陽気。
岩本山公園へ、歩く。
風が強い。
実相寺から登りへ。
歩いて登る人が多い。
下りて来る人も多い。
公園内は、歩く人。

Dscn6094Dscn6095Dscn6104Dscn6100
桜の花が残るし、富士山も見える。
緑色が濃くなる。

Dscn6105
赤いツツジも目立つようになる。
帰路は、茶畑へ出る。

Dscn6121 
茶畑もキミドリ色。
岩本園から帰還。
風が強くなる。

Dscn6112
公園内に有ったイベントの看板。
2月末の小中学校の休業騒ぎから、全て中止。
ライトアップだけ行なわれた。
思えば、梅祭りの人出が嘘みたい。(2月23日)
歩数 14800、11㎞。

| | コメント (0)

2020.04.08

4/8 富士川楽座

晴れ空。
風は弱い。
朝は肌寒い。
旧富士川町へ。
富士川楽座と吉津の展望台へ。
富士川橋を渡る。
富士山は春かすみ。

Dscn6057Dscn6058 
晴れが続いているが、水量が多い。
桜の花に釣られて、清源院。

Dscn6060
思った景色に、ならなかった。

Dscn6066Dscn6072
富士川SA下り線。
富士川楽座の坂を登り、吉津の坂へ。

Dscn6077Dscn6083Dscn6082
明見神社を過ぎて、車道から吉津の展望台。

Dscn6088
楽座に下りて、帰還。
歩数 10200、8㎞。

| | コメント (0)

2020.04.07

2020年4月7日の満月

今夜の月は、今年一番の大きさになるようだ。
テレビでは、戦後以来の呼びかけがされている。

Dscn6055Dscn6056
車の灯りが桜の花に当たった。

| | コメント (0)

4/7 岩本山公園

雲が多いが、晴れ。
風は弱い。
少し肌寒い。
人が少ないコース。
今日は、岩本山公園。

Dscn6020Dscn6022
かりがねの桜。
風で寒さを感じる。
実相寺から階段を登れば、体も温まる。

Dscn6029Dscn6025Dscn6036Dscn6040 Dscn6043
岩本山公園。
梅の実が付いている。
公園内は、歩く人。
桜は、持ちこたえている。
会話をしないのが、基本。
さびしいね。
店が出ているが、人出は少ない。
広い芝生で、お昼をする人も少ない。

Dscn6045
帰路は、茶畑へ出て岩本園から帰還。
中学の正門前では、入学式を終えた子供が写真を撮っている。

Dscn6047
小学校では、午後から式が行われる。
歩数 14300、11㎞。

| | コメント (0)

2020.04.06

4/6 富士川河口

晴れ空。
風は弱い。
肌寒いが、平年並みだろう。
富士川河口へ、歩く。
始めは、寒さを感じたが、歩けば温まる。
途中の公園の桜が綺麗だった。
一人ベンチに座る高齢者に。
一人で見るには、もったいないですね。
笑う。
ラジオを聞きながら、歩く。

Dscn6006Dscn6008Dscn6009Dscn6010 
堤防の端まで。
陽ざしが、季節が春から先へ変わって行く。
霞んでいる。
帰路へ。
グラウンドを見ると、あちこちに桜の花が見える。

Dscn6013Dscn6016Dscn6017
その中で、一番の桜の木へ。
タンポポが咲く。
八重桜だった。
歩数 12600、9㎞。

| | コメント (0)

2020.04.05

4/5 龍巌淵

暖かい。
晴れ空。
風が吹く。
自転車の疲れが残る。
歩く。
外に出ると風が強い。
中央公園と思ったが、風で心がなえて来た。

Dscn5970Dscn5973Dscn5975
富士駅周辺。
もともと人出が少ないが、さらに少ない。
本町を歩きながら、北へ。
潤井川へ。

Dscn5978
潤井川沿いの桜を見に、歩く人が多い。
このまま龍巌淵へ行く。

Dscn5984Dscn5988
遠くに橋が見えると、人が多い。
先日と同じ日の記事が、地元新聞に出ていた。
NHKとか地元新聞に載ると、そこは観光地。



Dscn5993Dscn5996Dscn5997
車通行の注意を、呼び掛けるボランティア。
川の中に入って撮る人。
めずらしく外国語も、飛び交っていた。
早々に立ち去ろう。
早川沿いで帰還。
さらに、風が強くなる。
歩数 14400、11㎞。

| | コメント (0)

2020.04.04

4/4 興津川の立花橋

暖かい。
晴れ空。
風は弱い。
自転車で近場の桜。
興津川の立花橋。
枝垂れ桜とソメイが同居している。
すでに、時期的に遅いかも知れないが、おもしろい場所。
朝9時10分発。
新富士川橋を西へ。
その前に、自転車乗りと情報交換。
蒲原の海岸線から由比駅。

Dscn5892
トイレに寄ると、外にeバイク。
退職金で32万を、払ったと言う。

Dscn5894
由比から海岸線で、興津川を渡る。
久しぶりに来たら、堤防の上に波除板を設置していた。
興津川左岸は、少し登り坂。
路面が汚れていた。

Dscn5897Dscn5905
立花橋。
手前のソメイは、綺麗に見える。
枝垂れ桜は葉。

Dscn5907Dscn5910Dscn5915Dscn5933
先に、吊り橋へ。
こちらの方が、画になる。
吊り橋。

Dscn5942
渡れば、立花橋西詰め。
以前ほど、風情が無くなった。

Dscn5949Dscn5952Dscn5955
立花橋東詰め。

Dscn5960 
帰路は、ここから。
文字変換できないサッタ峠。

Dscn5967Dscn5968
やっとこ登った。
由比の集落へ下りて、蒲原の海岸線から帰還。
風が出て来たが、追い風基調だ。
午後0時30分着、48㎞。

| | コメント (0)

2020.04.03

4/3 中央公園

曇り空。
少し肌寒い。
風は弱い。
中央公園の桜を見に行く。
本町まで、数人しかすれ違わず。
そんなロケーション。
裏道を歩くし。

Dscn5853
米之宮神社の鳥居。

Dscn5855Dscn5861
潤井川の土手に。
富士山が見えないので、残念だが。
桜も散り始めている。
カメラクルーとすれ違う。
富士山コースだが、見えず。

Dscn5865Dscn5880Dscn5891
中央公園の枝垂れ桜も綺麗だった。
いつもの定点も見ごろだ。
帰路は、ロゼの交差点を渡り帰還。
そんなに、暖かくならなかった。
歩数 14300、11㎞。

| | コメント (2)

2020.04.02

4/2 近くの桜を見に行く 明星山

30日、曇り空。
外に出ると、冷たい東風。

31日、曇り空。
雨が、降りだしそうな雲。

4月1日、気温は上がったが、朝から雨。
夕方は、雨粒が大きくなった。

2日、久しぶりに、陽ざしが出る。
風が、強くなる予報。
自転車で、近くの桜を見に行く。
朝9時10分発。

P1000711
雁堤。
手軽に、富士山と桜を撮れるので、高齢者のカメラマンが多い。

P1000728
ここは、お初。
明星山へ。
実相寺から車道で。
万野、貫戸、星稜高前。

P1000731
星稜高前の杉が、伐採されていた。
眺めが良くなった。
リハビリの三叉路から地道。
雨で路肩は、泥状。
担いで押して、少しは乗って明星山の駐車場へ。
車が数台停まっている。
カメラマンが居るようだ。

P1000766P1000734P1000736P1000742P1000744P1000757P1000755P1000754P1000758P1000759P1000764P1000765
明星山の桜は、見ごろ。
富士山には、雲が掛かる。
二グループが、登って来る。
次は、岩本山公園へ。
貫戸へ下りて、高原の団地。
岩本山の茶畑から、岩本山公園へ。
車が追い越す。
駐車場には、車が多数。
芝生広場の定点には、かなり人が多い。

P1000771
ここが、良く撮れる。
次は、龍巌淵へ。

P1000778P1000781
湯沢平の団地へ下りて行く。
途中で、龍巌淵の桜が見える。
龍巌淵の橋の上は、人が少ない。
それでも、カメラマンが見える。

P1000784P1000795
雲が掛かるので、富士山カメラマンは待ち状態。
帰路は、早川沿いで帰還。
風が吹くが、予報ほどでは無い。
午後0時10分着、25㎞。

| | コメント (0)

« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »