2019.03.15

3/15 柚野の花が咲き始めた 田貫湖

今朝も冷えている。
晴れ。
予報では、崩れて来る。
気持ちは乗らないが、朝飯を済ませ一段落すると、自転車に乗ろう。
朝9時40分発。
富士川橋の袂で、カメラ片手の知人に遭遇。
水面の富士山を狙うとの事。
芝川へ向かう。
風の影響は少ない。
芝川駅から登り。
今日は、いくぶん調子が良い。
風が背中を、押しているようだ。

P1010085P1010102P1010114
花の里、柚野。
前回は、つぼみがほころんでいたが。
咲いている。
人も車も見えない。
カメラマンが居ない。
まだ、花を待っているのか。
木々の枝が、少なくなってしまった。
切られた枝が、片づけられている。
全盛の景色は見られないだろう
狩宿へ向かう。

P1010119
菜の花が咲き始めた。
赤ちゃびれた橋を渡り、白糸へ。

P1010130
白糸の梅。
この先は、田貫湖へ。
田貫湖への登りの入口で、正午の路線バスが追い越して行った。

P1010131P1010133P1010138
田貫湖は北岸へ。
釣り人も歩き人も少ない。
帰路へ。
たていしの自販機でホット給水。
下条、西山、芝川駅経由で帰還。
向かい風だったが、久しぶりにペダルが回せた。
午後1時40分着、63㎞。

| | コメント (0)

2019.03.12

3/12 明星山 岩本山公園

暖かい朝。
風も穏やか。
体が重いので、歩いても良いが、天気が良いので自転車の番だ。
TREKのクロス車。
朝9時40分発。
実相寺から万野、貫戸。
日陰は、冷たい。
日向は暑くなる。
星稜高前を過ぎて、リハビリの三叉路を左へ。
いつもの押したり乗ったり。
駐車場には、車が停まっている。
一台は、トラック。
剪定をやっている。
明星山。

Dscn2432Dscn2431Dscn2440Dscn2438Dscn2429Dscn2423
山頂広場の自撮り定点では、ご夫婦が休んでいる。
見晴台で自撮り。
富士山は、春霞。
20分程時間を潰す。
帰ろう。
貫戸へ下りて、高原の団地へ登り返す。
新東名を渡り、茶畑から岩本山公園。
公園の駐車場は、車が多い。

Dscn2463Dscn2477Dscn2449_2Dscn2458
梅の花は、盛りは過ぎたが、ミツバツツジと緋寒桜が見ごろ。
この後は、桜だね。
羽淵製茶からバーガーの店から湯沢平へ。
龍巌渕へ下りて、早川沿いで帰還。
風が強くなっていた。
午後0時5分着、25㎞。

| | コメント (0)

2019.03.09

3/9 桜峠の桜 白糸の梅

富士山日和。
風は並み。
自転車に乗る。
今日は、稲子から桜峠へ。
ぼちぼち咲いていると思う、桜峠の桜へ。
朝9時20分発。
芝川へと、向かい風を走って行く。
駅には寄らずに、稲子へ。

P1010031
稲子駅。
ダンプには、追い越して貰う。

P1010034
日向橋。
大型車通行止めとなっている。
思えば、一年ぶりの桜峠かな。
前も、桜の時期に来た。
ぼちらぼちら、登る。
途中に出てくる景色は、頭の中とおんなじ。

P1010038P1010037
さらに、ペダルを漕いで桜峠。
目的の桜は、少し下る。
追い越したバイクが、停まっている。
登って来る車は、速度を落とすが素通り。
ここ数年来ている。

P1010041P1010052
春の色。

P1010056
下って行けば、柚野の里。
まもなく、花が咲きほこる。
柚野から雌橋。
風が冷たい。
雌橋から半野の桜。

P1010057
先日より咲いている。
ただし陽ざしが隠れた。
良しとして、たていしへ。

P1010062
自販機でホット給水。
田貫湖へは行かない。
白糸の梅は、どうだろう。
暖かい所為か、いつもより早く咲いている。

P1010068P1010072
梅だが桃源郷。
富士山に雲が掛かる。
帰路は村山へ。
久しぶりに向かう。
土曜なので、大型車が少ない。
足が売れきれ。

P1010075
村山浅間神社。
入山瀬駅へ下りて帰還。
強い南風。
足売れきれで、ペダルが回らない。
午後1時40分着、60㎞、。

| | コメント (0)

2019.03.05

3/5 逆さ富士(ほぼ) 田貫湖

3日、朝から雨。
止み間も有ったが、寒い一日。

4日、朝から雨。
(歯)へ行く。
その後に、遠回りして帰還。
雨足が強くなった。
歩数 5200、4㎞。

5日、だいぶ雨が降ったようだ。
今朝は、陽ざしが有るが曇が多い。
富士山には、雪が積もっている。
手前には、雲が広がっている。
前日から、風が強くなければ、自転車に乗ると決めていた。
富士山狙いで、田貫湖へ。
朝9時20分発。
芝川までは、弱い向かい風。
駅から登りへ。
北からの向かい風となる。
前回より、風は弱い。
柚鳥富士コースで、柚野へ。
柚野から雌橋へと。

P1000931
こんな看板が有る。
雌橋から登り、半野の田んぼ。

P1000937
桜の木の向こうには、毛無山。

P1000943
あと一週間すれば、ここの花も咲く。
田貫湖への登りへ。
空気は、冷たく感じ無い。

P1000959P1000961
田貫湖は、北岸へ。
逆さ富士(ほぼ)が見える。
遊歩道を回る。

P1000984
デッキ前は、カメラマンが居る。

P1000997P1010009
いつもの裏定点へ。

P1010010
雨続きでも、テントサイトには、キャンパー。
帰路へ。
たていしの自販機で、ホット給水。
雌橋へ下り、西宮、岩本山経由で帰還。
強い南風。
暖かい気候。
午後1時40分着、60㎞。

| | コメント (0)

2019.02.23

2/23 予想外に天気回復 田貫湖

予報では、傘マークも有った筈だが。
前日には、曇り時々晴れ。
空は、だんだん陽ざしが出て来た。
気温は、3月並み。
前回リタイアした、田貫湖へ。
朝9時30分発。
楽座から芝川まで、向かい風。
駅から登って行くが、風除けは着たまま。
汗ばんで来たので、どこかで脱ごうかと思いつつ、面倒。
柚野では、親子イベントが見える。

P1000843
柚野の田んぼ。
雌橋へ向かう前に、定点へ。

P1000856
情報を聞いていたが、すっかり景観を壊されていた。
ずいぶん後ろから、撮って見た。
仕方ないか。
雌橋から登りへ。
白糸の田んぼから、景気の良い音楽が聞こえる。
今日は、ロウソク立てて、イベントが行われる。
しかし、バケーションの音楽は、無かろう。
富士山が出ていると、遅くなる。
向かい風の所為かも知れないが、ペースが上がらない。
我慢して登って来た。
田貫湖への登りへ。
正午の路線バスに追い越された。

P1000859P1000861P1000863
途中で寄り道。
敷地内には入れず。

P1000868P1000875_2
田貫湖は、北岸へ。
釣り人が少ない。
帰路へ。
遊歩道は回らず。
たていしの自販機でホット給水。
下条、西山、芝川駅経由で帰還。
帰りも向かい風だった。
下界は、雲が広がっていた。
午後1時35分着、61㎞。

| | コメント (0)

2019.02.20

2/20 曇天となったので、たていしまで

17日、弱い陽ざし。
薄曇り。
北風が強い。
冷たい。
出かける気合が入らない。
いたずら仕事で時間を潰す。
午後になり、駅南まで歩く。
自転車屋で、時間を潰して帰還。
歩数 6800、5㎞。

18日、青空。
冷たい風。
台所のゴミ入れが、壊れた。
ペダルを踏んでも、蓋が上がらない。
ヒンジが取れていた。
穴を開けて、M4のボルトを通して再生。
ゴミ箱がゴミとなると、処分が面倒だったので。
たまには、かみさんと行動。
岩本山公園と宮のイオン。

19日、雨が降りそうな、曇り空。
(歯)へ行く。
傘を持ち、カメレオン靴で。
(歯)が終わり外に出たら、雨粒が落ちてきた。
傘を開いて富士駅へ。
ダイソーで、カセットテープを買った。
ネットでの情報。
駅北側のコンコースには、若者が多数。
運動部の集まりかと思いや、機材が搬入されている。
撮影クルーとエキストラのようだ。
久しぶりに、本格的な雨。
歩数 6800、5㎞。

20日、前日の雨で、山には雪の期待が。
朝は、雨は止んだが、路面は濡れている。
風も吹いているので、乾いて来るだろう。
田貫湖へと、自転車に乗る。
朝8時35分発。
楽座から芝川までは、向かい風。
芝川駅で知人と、今年初の挨拶。
駅から登りへ。
今日は暖かい。
春ジャージに、軽風除け。
西山まで来ると、笠が掛かってきた。
下からは、雲が湧いてくる。

P1000728P1000732
慌てて撮る。

P1000734
柚鳥富士コースへ登ると、すでに雲が広がる。
この先のコースに、悩む。
雌橋から半野へ。 

P1000740
田んぼを見て帰る。

P1000743
たていしで折り返し。
狩宿へ下りる。

P1000744P1000750P1000747
見ごたえの有る、ロウバイ。
大石寺から西宮へ。
下界は、陽ざしが有る。

P1000752
曇天から晴天へ。

P1000760
岩本山へ登ってから、せっかくなので勘助坂へ。
午後0時5分着、50㎞。

| | コメント (0)

2019.02.15

2/14 富士川河口 /15 岩本山周回

14日、冬寒む。
曇り空。
風が弱いのが救い。
よりみちへ、パーツを買いに行く。
その後に、国一号を道の駅富士まで。

Dscn2202_2
京都350㎞。

Dscn2204_2Dscn2206Dscn2207Dscn2208
新富士川橋から、堤防を富士川河口へ。
傾いているのは、レンズの所為。
少しは温まり、帰還。
歩数 14000、11㎞。

15日、寒い曇り空。
風は弱い。
午前は、いたずら仕事だが、解決せず。
昼前から陽ざしが覗く。
昼飯を食べて、軽く自転車。
午後1時ちょうど発。
実相寺から万野、貫戸、星稜高前を過ぎて、リハビリの三叉路。

P1000674
明星山は、左へ。
今日は、ここで折り返す。

P1000677
黒田へ下り、この景色を登り返す。
幹線道路を横切り、貫戸へ。
高原の団地へ、登る。
新東名を渡り、岩本山公園。

P1000686P1000691P1000692
梅は、だいぶ咲いていた。
曇っているが、駐車場には車が多い。
茶畑へ戻り、羽淵製茶からバーガーの店横を、湯沢平へ。
龍巌渕へ下りて、早川沿いで帰還。
午後2時50分着、25㎞。

| | コメント (0)

2019.02.07

2/7 二か月ぶりの田貫湖

6日、起きれば小雨が降り、路面が濡れている。
その後も、小雨が断続的に降る。

7日、暖かい予報。
高曇りなので、陽ざしが弱い。
風は弱い。
二か月ぶりに、田貫湖へ行く。
朝9時40分発。
楽座から芝川までは、北からの向かい風が吹く。
根性が無いのか、アウターに入らない。
芝川駅で、風除けを脱いで登りへ。
ぼちらぼちらと。

P1000644
柚鳥富士コースで、柚野へ。
柚野地区は、まもなく花が咲き始める。
雌鶏橋は回避して、狩宿へと向かう。

P1000649
井出邸の周辺の田んぼでは、菜の花の芽が見える。
赤い橋を渡り、たていしへ。
田貫湖へと向かう。
風は気にならず。
登り坂でも、冷たくは感じない。

P1000653P1000662P1000660
田貫湖は北岸へ。
釣り人が、少ない。
駐車場も空いている。
遊歩道を歩く人も少ない。
帰路へ。
たていしの自販機で、ホット給水。

P1000666
半野の田んぼへ寄ってから、雌橋へ下る。
西宮、岩本山経由で帰還。
南風が強くなった。
富士山には、笠が見えた。
上層の雲が広がる。
午後0時30分着、61㎞。

| | コメント (0)

2019.02.03

2/3 浅間大社から岩本山公園

以前の予報では、曇り雨だった。
昼までは、晴れ。
暖かくなるようなので、自転車。
今日は、富士宮浅間大社へ。
朝9時50分発。
いつもの、実相寺から万野、貫戸、黒田。
下って、富士宮市街へ。
浅間大社辺りは、いつも人が多い。

P1000596P1000600P1000603
今日は節分。
午後の豆まきには、嘉風、矢後、錦島親方。
いつも実力力士が豆を撒く。
と、報道で知る。
人が入るのはしょうがないが、顔が向いていない時に撮る。
帰路は、黒田から幹線道路を横切り、貫戸へ。
貫戸から高原への登りで、親子連れが自転車で登って行く。
子供は、立ち漕ぎやらで息を切らしていても、停まる事なくペダルを漕いでいる。
高原の団地から、茶畑。
岩本山公園へ。
梅の様子を見よう。

P1000608P1000615P1000619P1000622P1000624
ずいぶん咲いて来たが、まだアングルを考えないと画にならない。
それでも、笠が掛かってきた、
駐車場にも、車が多い。
羽淵製茶からバーガーの店横から下る。
バーガーは、混んでいる。
P1000626
湯沢平の定点。
龍巌渕から早川沿いで帰還。
午後0時20分着、29㎞。

思う事
行動時間は、2時間半。
実走行2時間で、距離30㎞ほど。
けっして速く走らない、走れない。
景色が頭に浮かぶ。
そこに向かう。
まだ撮り損ねている所も有るので、そこは次回。

| | コメント (0)

2019.02.01

1/30 中央公園 2/1 雪が降ったから明星山

30日、昨日は風が強かったが、今朝も北風。
北風は、冷たい。
曇り空。
歩く。
外に出れば、陽ざしが無いので、風で寒い。
駅から本町を北へ。
潤井川を目指す。
交通量が多い。
月末の所為か。
潤井川までいつも安全な道で。
信号機は、手押し信号。
すぐに変わってくれる所。

P1000505
潤井川の土手へ。
頭だけ、見えていた富士山は隠れた。

P1000507
中央公園へ。
スマホ族がチラホラ。
帰路は、ロゼの交差点を渡り帰還へ。
駅南の自転車に寄り、なにやら一時間ほど時間を潰した。
歩数 14800、11㎞。

31日、朝から久しぶりに雨が降る。
昼前には止んで、その後は夕方前から雨。

2月1日、昨日の雨が、山では雪となり新雪が見える。
風が強いが、歩くかどうするか。
けっきょく、自転車で明星山へ行く。
朝9時40分発。
風を避けながら、のんびりと安全に走る。
実相寺から万野、貫戸、星稜高前。
リハビリの三叉路からは、押したり乗ったり。
地道は、濡れている所は少ない。
明星山の駐車場は、空。
富士山カメラマンは、もっと違う所に行ったかも。
今日は自転車を押して山頂広場まであげる。
P1000523
ここまでで一時間。

P1000531P1000519P1000554P1000562P1000538P1000548P1000527
明星山の山頂は、風を感じない。
前衛の山も白くなった。
山頂広場で、30分ほど時間を潰した。
帰路は、貫戸へ下りて、高原の団地へ。

P1000573
先に、勘助坂の展望台へ。
高原へ戻り、新東名を渡る。
茶畑には向かわずに、羽淵製茶からバーガーの店横から、湯沢平へ下りる。

P1000583
龍巌渕へ下りて、早川沿いで帰還。
西風が強かった。
午後0時15分着、25㎞。

| | コメント (0)