2019.06.13

6/13 気持ち良い景色 田貫湖へ

梅雨の合間の晴れ。
久しぶりに、雨の心配いらずの晴れ。
ゴミ出しの時に、富士山が出ていた。
自転車に乗る。
朝8時25分発。
通勤時間帯は、車も自転車も多い。

P1010526
富士川橋で、富士山を撮っておく。
雲が広がって来たので。
馬坂も冷たく感じない。
芝川駅でちょい立ち話。
暑くなりそうなので、そこそこで発。
坂を登るが、気合が入らない。
ぼちらぼちら。

P1010527 
柚野の田んぼ。
雌鶏橋へ。
坂を登り、半野の田んぼへ。

P1010545
すっかり苗も伸びた。
たていしから田貫湖へ。
登りの坂は、木陰。

P1010547
田貫湖は北岸へ。
富士山は見えないが、遊歩道を回る。

P1010555 P1010558 P1010563
南岸のサイトには、テントが見えない。
帰路へ。
たていしの自販機で給水。
雌橋へ下りて、西宮、岩本山経由で帰還。
南風が熱い。
午後0時35分着、60㎞。

| | コメント (0)

2019.06.08

6/8 大代峠

6日、真夏日の予報。
陽ざしで肌が痛いくらい。
外に出る元気が無いでの、家でおもちゃ仕事。

7日、朝は雲っていたが、昼前から雨。
かなりの雨粒。
ただし涼しい。

8日、前日の雨は、夜半まで降っていたようだ。
梅雨入りの宣言が出たし、今日は貴重な晴れマークが付いている。
久しぶりに、自転車。
ただし近場の大代峠。
チェーンに注油。
タイヤにエアー入れ。
朝9時40分発。
曇り空。
向かう山方面にも、雲が掛かる。
風を切るが、松野までは湿った空気。
秀村医院から登り。
沢沿いからは、水流の音と冷たい風を感じる。
荒沢不動尊前は、多くの車が停まっていた。
神事でも行われているのか。
ひと方、追い越して行く。
アウター縛りみたい。

Dscn3545
大代峠。
最近は、休むと心拍が上がる。
撮ったら、由比へ。
由比北小は、運動会。
人が見えない。

Dscn3546 Dscn3551
下りて、蒲原の海岸線。
陽ざしが出て、東風が吹く。
新富士川橋を渡り、堤防の自転車乗りと立ち話をして帰還。
午前11時50分着、31㎞。

| | コメント (0)

2019.05.30

5/30 田貫湖

予報では、すがすがしい晴れの日。
朝起きれば、予報通り。
自転車に乗る。
何かにつけ理由が無いと、乗る機会が減りつつ有る。
田貫湖へ。
朝9時10分発。
松野から芝川へ。
静甲の日陰は、涼しい。
芝川駅から登り。
陽ざしが暑くなる。
柚野から狩宿へ。

Dscn3440 Dscn3445
田んぼの水面が眩しい。
狩宿から赤い橋を渡る。
たていしから田貫湖へ。
登る車は少ない。
自転車乗りにも会わず。

Dscn3457 Dscn3460
田貫湖は南岸。
富士山には、雲が掛かる。
テントは数張り。
帰路へ。
たていしへの手前で、正午の路線バスとすれ違う。
たていしの自販機で給水。

Dscn3465 Dscn3471 Dscn3472
半野の田んぼへ寄り、雌橋へ下りる。
西宮、岩本山経由で帰還。
南風で暑くなる。
午後1時ちょうど着、62㎞。

| | コメント (0)

2019.05.24

5/24 大代峠 サッタ峠

久しぶりに自転車。
暑くなる予報だが、自転車なら風を切れる。
遅い時間なので、近場の峠へ。
松野から大代峠へ。
朝9時45分発。
馬坂の木陰は、気持ち良い。
秀村医院から登りへ。
すぐにフロントインナーで、ぼちらぼちら。
下平まで登ると、心拍が上がる。
さらに、ぼちらぼちら。
つづら折れを登れば、大代峠。

Dscn3340 Dscn3343
富士山が見える。
休むと心拍が下がらない。
由比へと下る。

Dscn3349 Dscn3350
入山の造り酒屋英君。
静岡市立由比北小。

Dscn3357
由比駅での黄色の作業車。
由比から、久しぶりのサッタ峠。
サッタ峠への、始めの激坂は押して。
サッタ峠は、こんなに大変だったか。
と、思いながら。

Dscn3361 Dscn3364 Dscn3375
駐車場には、車やバイクで埋まっている。
雲が掛かるが、富士山が見えるからか。

Dscn3377
興津川の河口。
水が綺麗だった。
興津へ下りて、蒲原の海岸線を走って帰還。
風は、概ね追い風だった。
午後0時45分着、47㎞。

| | コメント (0)

2019.05.15

5/15 田貫湖

14日、一日、雨。
休む。

15日、昨夜は、雨が降っていた。
朝は、路面も乾いていたので、早い時間に止んだのか。
今日は自転車と思い、昨夜にうちに空気を入れておいた。
曇り空だが、雨の心配は無さそう。
朝9時10分発。
薄長ジャージーと長インナー、長手袋で出陣。
芝川までで、薄っすら汗ばむ。
坂を登る。
風は背中からだが、足が重い。
柚野までで、この先を思案。
久しぶりに、国469号へ。
路面には、水が流れていなかった。

Dscn3222 Dscn3223
精進川の水田を眺めるが、だいぶ景色が変わっている。
曇り空なので、狩宿で折り返すか。
どうするかと思いつつ、雌橋を登っている。
登っている途中で、たていしで折り返すか田貫湖かと思案。
たていしまで登れば、田貫湖まで行こう。
空気の冷たさは無し。

Dscn3235 Dscn3230 Dscn3246 Dscn3240
田貫湖へは、南岸へ。
テントサイトには、数張り。
帰路へ。
たていしの自販機で給水。
学校が終わり、子供たちが帰って行く。
雌橋へ下りて、西宮、岩本山経由で帰還。
コンビニで、昼飯を仕入れて帰還。
午後0時50分着、59㎞。

| | コメント (2)

2019.05.08

5/8 田んぼ富士 田貫湖

五月晴れ。
風は、気持ち良い。
富士山も気持ち良い。
昨日は寒くて挫折した、田貫湖へ。
田んぼ富士も見れるだろう。
朝8時40分発。
風の助けが無いので、ペダルが重い。
服装は、インナーを一枚多くした。
芝川駅から登ると、その所為か汗ばんで来た。
田んぼでは、あちこちで田植え。
終わってない所は、週末に掛けて終わるだろう。
柚鳥富士コースで柚野へ。
柚野の田んぼ富士定点には、カブが見える。
地元カメラマンだね。

P1010469 P1010475
風がそよぐと、水面の富士山が揺れる。
後から、もう一人来た。
雌橋から半野へ。

P1010481
半野の桜の木。

P1010487
半野の田んぼも水が入り、田植えが終わっている。
田貫湖へ登る。
寒さは無い。
田貫湖は北岸へ。
釣り人が多数で、その分だけ路駐の車。

P1010497 P1010509 P1010517 
遊歩道を回る。
歩く人は少ない。
連休明けだからか。
テントサイトも数張り。
帰路へ。
たていしの自販機で給水。

P1010524
雌橋へ下りて、西宮、岩本山経由で帰還。
南風が強い。
空気が乾燥しているので、暑さは感じない。
午後0時50分着、61㎞。

| | コメント (0)

2019.05.07

5/7 曇り空で肌寒いので狩宿まで

6日、朝は、路面に雨の痕跡有り。
その後も曇り空。

7日、朝は、陽ざしは有るが、雲が多い。
久しぶりに、自転車。
予報では、午後から曇り。
すでに雲が多いが、芝川へ走る。
朝8時25分発。
服装は、軽めにしたので。
馬坂の下りは、寒かった。
芝川から登れば、汗ばんで来る。
松野から、ずっと追い風だったので、ペダルが軽い。

Dscn3138
柚鳥富士コースで、柚野へ。
柚野の田んぼ富士の定点で、カメラマンが見える。
富士山が見えないが、寄ってみよう。
京都ナンバーだった。

Dscn3141
朝は見えていたと、言っていたが。
登って行くが、追い風でも寒い。

Dscn3149
狩宿へ。
ここで止めよう。
帰路へ。
大石寺経由で、西宮へ下りる。
途中で、陽ざしが出て来て暖かい。
富士山方面は、雲が広がっている。
強い南風。

Dscn3154
岩本山経由で帰還。
午前11時45分着、46㎞。

| | コメント (0)

2019.04.21

4/21 千本公園

薄曇りの晴れ。
風は穏やか。
自転車に乗る。
目的地は、新緑の渓谷にするか、どうするか。
朝8時30分発。
富士川河口から東へ。
堤防上は、風が思ったより弱い。
これなら、沼津市の千本公園まで、走っても良かろう。
弱い向かい風なので、帰りはらくちんだろう。
堤防は、ランの人が増えた。
自転車は、少ない。
石油基地の激坂は、キツイ。
東へ走れば、ペダルが軽くなる。
追い風に、変わって来た。
フラットバーの自転車が増えた。
たぶん気候が良くなり、乗りだした人。

P1010452 P1010454
千本公園の浜には、流木の山。
片づけられているが、てんこ盛りにしてある。
浜富士も無くなった。
帰路へ。
向かい風。
とりあえず、県道へ逃げる。
原から堤防へ戻り、田子の浦港まで向かい風。

P1010460
みなと公園から富士川河口までが、さらに向かい風がキツクなった。
午前11時15分着、56㎞。

| | コメント (0)

2019.04.16

4/16 初夏の陽気 明星山 岩本山公園 

朝でも、暖かくなった。
近場へ自転車。
外に出たら、春模様の富士山が見える。
岩本山公園と思っていたが、明星山経由で行く。
朝9時20分発。
実相寺から万野。
貫戸へ下りて、星稜高前を過ぎて、リハビリの三叉路。
ここからは、押したり乗ったり。
明星山の駐車場には、車が5台。
カメラマン、山菜取り、ウォーキングの人達などなど。
人数が合わないが。

Dscn2917 Dscn2893 Dscn2895 Dscn2908 Dscn2934
山頂広場には、ツツジや八重の桜が見える。
毛無山の雪は溶けた。
帰路は、貫戸へ下りて、高原の団地へ登り返す。
新東名を渡り、岩本山公園へ。

Dscn2960 Dscn2967 Dscn2957
芝生広場の八重の桜は、満開。
どうだんつつじも、赤と白の花を付けている。
茶畑へ戻り、羽淵製茶で折り返して、バーガーの店の脇を湯沢平へ。
そのまま龍巌淵へ下りて、早川沿いで帰還。
南風が強くなる。
午前11時50分着、25㎞。

| | コメント (0)

2019.04.13

4/13 春の花は咲いている 田貫湖

12日、前日の夕方は、雨だった。
朝も雨。
昼まで小雨が降る。
午後も寒い曇り空。

13日、前夜は雨が降った。
今朝は、陽ざしが眩しい。
風も穏やか。
自転車に乗らなくては。
朝9時10分発。
松野は追い風なのか。
芝川駅から登る。
穏やかだが、空気は冷たい。
黒門へ。

P1010360 P1010364  
だいぶ散っているようだが、まだ画になる。
黒門には、足場が見える。

P1010373
下柚野の定点。
柚野。
あちこち花が見えるが、もうカメラマンは見えない。
雌橋には行かずに、狩宿へ。
多くの車と、すれ違う。
下馬桜では、祭りだね。

P1010378 P1010384  
桜は散り始めだが、十分。
見慣れた自転車が有ったので、持ち主を探したら夢さん。
富士桜へ行くようだ。
私は、富士山が見えないので、マイナーな所へ。
赤い橋を渡り、半野へ。
半野の桜も散り始めだが、陽ざしに照らされて映える。

P1010405 P1010395
雪の毛無山が、後ろに見える。
半野の田んぼ。
そろそろ水が入り、代掻きが始まった。
たまに行くと、思わず花が咲いている。

P1010417
菜の花だった。
田貫湖へ登り。
車が追い越すし、下って来る。
田貫湖は北岸へ。
片側は、路駐車。

P1010426 P1010437
展望台にも、登って見る。
富士山に、雲が多いのが残念。
帰路へ。
たていしの自販機でホット給水。
さて村山へ。
バイクや車が、追い越して行く。
村山浅間神社のミツバツツジ。
先日、地元新聞に載ったので、車が多い。

P1010443
後ろが無いので、同じアングルだと、同じ画しか撮れない。
入山瀬駅へ下りて帰還。
風が有ったが、いつもよりは強くは無い。
午後2時ちょうど着、67㎞。

| | コメント (0)