« 靴下の穴が空いたので歩きの靴を換える | トップページ | 5/2 富士川河口 »

2019.05.01

5/1 新元号なので新しい靴下と靴で歩く

子供の頃に、正月になると新しい下着や靴下。
新しい下駄で過ごす。
下駄には、名前の入った焼き印が押されている。
そこが、違和感が有る。

今朝は、少し陽ざしで明るい。
ただし、午後からは雨予報。
少しぐらいの雨なら、傘を持って歩けば良いと思っていたが。
そんな心配をせずに、歩いてこれそうだ。

Dscn3064
駅から本町。
富士山が見えて来そう。
本町から潤井川へ。

Dscn3066
中央小から土手に上がる。
軽く自転車に乗る人や、歩く人。
龍巌淵へ。
右手に、見えるはずの富士山は、雲が取れず。
桜の木の下は、茶褐色に覆われてる。
ま新しい靴の底を汚しそう。

Dscn3076 Dscn3084
龍巌淵。
ここまでで十分。
早川沿いで帰還。
帰りには、雲が広がった。
歩数 15800、12㎞。

新元号初日に、新しい靴下も靴も履きやすかった。

|

« 靴下の穴が空いたので歩きの靴を換える | トップページ | 5/2 富士川河口 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 靴下の穴が空いたので歩きの靴を換える | トップページ | 5/2 富士川河口 »