2018.05.22

5/21 富士川河口 /22 千本公園

21日、薄曇り。
風が涼しい。
歩くが、コースを変える。
富士川河口へ。
以前は、海岸線を歩いたが、最近は距離が長くなるのと、自転車を横目に歩いても、気分が上がらない。
気分を変えよう。
薄日だし、風は気持ち良い。
もくもくと歩く。
河川事務所のパトが走る。

Dscn2495Dscn2493
富士川河口の堤防。
エンジン付きのパラ。
テトラの工事も始まった。
道の駅富士へ寄って帰還。
歩数 11700、9㎞。
1000歩ぐらい増やせば、10㎞になる。

22日、今朝も穏やか。
青空が広がる。
風が弱いので、海岸線へ自転車に乗る。
朝8時40分発。
富士川河口から東へ。
弱い風でも、ペダルが重い。

Dscn2498
田子の浦港。
海面は穏やか。
港を回り込み、石油基地から堤防へ。
こちらは、本格的な自転車乗りが走る。
横風基調。
暑くなりそう。
ボトルから補給する。

Dscn2506Dscn2510
千本公園。
帰路へ。
行きにすれ違った、自転車とすれ違う。
みなと公園から西へ。
平地は足を回さないと、家に帰れないのでツライ。
高い所に登ってから、下り基調の方が楽に感じる。
午前11時15分着、55㎞。

| | コメント (0)

2018.05.20

5/20 田貫湖

涼しい風が吹く。
雲が多い。
出かけるには、気合が要る。
週一の自転車。
朝8時15分発。
薄軽WBを、着こんで行く。
松野から芝川駅へ。
WBを脱いで、登り。
芝川は風が、通らない。
陽射しが出て来ると、暑く感じる。
柚野へ。
先日の田んぼへ寄るが、カメラマンは居ない。
上の段は、水草が出ている。

Dscn2467
下の段から。
雌橋から登り。
半野の田んぼへ。

Dscn2470Dscn2476Dscn2482
田植えは終わっている。
風が気持ち良い。
涼しいくらい。
田貫湖への登りへ。
路線バスが下りて来て、登りつく手前で、東京駅行きのバスも下りて来た。
田貫湖は北岸へ。

Dscn2485
浮雲が多い。
陽射しは眩しい。
帰路へ。
たていしの自販機で給水。
今日は、村山へ走る。
大型車は見ないが、行楽車とバイクが多かった。
自転車は、数台しか見なかった。

Dscn2488
村山から下りて帰還。
下りは、向かい風でハンドルが取られそう。
午後 0時20分着、65㎞。

| | コメント (0)

2018.05.11

5/11 田貫湖

穏やかな朝。
久しぶりに、自転車に乗る。
朝8時20分発。
走りだすと肌寒い。
楽座で薄軽WBを着こむ。
馬坂は、予想通り冷たい。
芝川駅で、WBは脱いで登り。

Dscn2329
裏道で柚野へ。
柚野の田んぼへ。
田植えは終わっていて、苗もちょうど。

Dscn2356
そよ風が吹くが、タイミングを見て撮る。
雌橋へ向かうが、狩宿へ針路を変える。
麦畑を思い出した。

Dscn2359
色づきは、もう少しだね。
赤い橋を渡り、半野へ。
空気が冷たい。

Dscn2363Dscn2365Dscn2369
半野の田んぼへ。
田貫湖へ登るが、冷たい。

Dscn2372Dscn2380_2
田貫湖は北岸へ。
釣り人は多数。
帰路へ。
WBを、着こんで下る。
たていしの自販機で給水。
雌橋へ下りて、西宮、岩本山経由で帰還。
向かい風で登り坂。
午後0時20分着、61㎞。

| | コメント (0)

2018.04.28

4/28 田貫湖

27日、薄曇りから曇り空へ。
肌寒い一日。
なんとなく、いまいち。

今朝は、初夏の空。
体が重いが、出かけない訳は無し。
朝9時10分発。
前回と同じコース。
入山瀬駅から登り。
大渕笹場の茶畑へ。
出始めが、肌寒いと思ったが、登りとなると暑くなる。
茶畑の駐車場は、前回より車が多い。

Dscn2147Dscn2150Dscn2162Dscn2157
茶畑の芽もだいぶ伸びた。
イベントは3日。

Dscn2170_2
村山へ向かう。
激坂を登る。
村山神社も車が多い。

Dscn2172
素通り。
白糸へと向かう。
バイクの団体が多い。
大型車は少ない。
上井出の交差点から白糸の滝。
ここも素通り。
たていしから田貫湖の登りは。
多数の歩く人。
ゼッケンが見える。
田貫湖へ登って行くので、声を掛けられそうな人を選んで。
インタビュー。
浅間大社発で富士一して、浅間大社へ戻る。
125㎞、30時間。
との回答。
4㎞で休み無し。

Dscn2178
田貫湖は北岸へ。
気持ち良い。
帰路へ。
下って行けば、多数の歩き人。
たていしの自販機で給水。
最後と思われる人が、目の前を過ぎる。

Dscn2181
雌橋へ下り、下条、西山、芝川駅経由で帰還。
向かい風が強くなる。
午後1時10分着、68㎞。

| | コメント (4)

2018.04.22

4/22 大渕笹場の茶畑

お茶畑が、鮮やかになって来た。
ただし体が重い。
海岸線で、だまそうと思って走り出す。
朝9時10分発。
やはり風がいやだね。
すぐに、北へと進路を変える。
入山瀬駅から登って行く。
そこかしこの茶畑も、新緑が鮮やか。
ずっと登り。
かなり登ってから、折れて笹場の茶畑へ。
駐車場には車が停まっている。

Dscn2079Dscn2094Dscn2090
茶畑の新芽の伸びは、まだ始まったばかり。
今年は暖かいので、大丈夫かと思ったが。
少し早かった。
自転車で来てる、もの好きが居ると思ったら、夢さん。
岩本山に行くようだ。
私は、村山へ。

Dscn2099Dscn2102Dscn2104
富士とツツジの定点。
最後の激坂を登り、村山神社。
いつもと逆コースなので、足を使う。

Dscn2108
白糸の滝は、紅葉も良いけど、新緑も鮮やか。
たていしの自販機で給水。
太郎さんが下りて来た。
さくっと本栖まで行って、シイタケ丼が食べれないので、帰って来たとか。
西宮、岩本山へと、いっしょして帰還。
午後1時ちょうど着、55㎞。

| | コメント (2)

2018.04.20

4/20 田貫湖

久しぶりに、すがすがしい朝。
陽射しが有り、空は霞んでいるが、初夏の薫風を感じさせる。
自転車に乗る。
田貫湖へ。
朝8時45分発。
服装は、少しづつ夏へ。
芝川駅で、知人と立ち話。
登りへ。
裏道へ逸れようと思ったら、そのまま県道へ。
柚野からは、国469号へ。
木陰が有るので良しと思ったが、間違い。
木陰になったら、路面が濡れている。
湧水が流れていると思ったが。
かなり登っても、いっこうに湧いている所が見えない。
けっきょく、登りつく手前で路面へ流れていた。
下って来たら、服装も自転車も汚れ放題だろう。
上野の交差点を狩宿へ。
狩宿では、出店をやっている。

Dscn2026
もう観光客は、来ないでは無いか。
赤い橋を渡り、白糸へ。
先日に、寄ろうと思ったが、富士山が隠れたので止めた。

Dscn2031Dscn2035
菜の花畑。
高圧電線が入るので画角に苦しむが、2年続けて新聞で見たので寄って見た。
たていしから田貫湖へ。
登っていても、空気は冷たく無い。

Dscn2039Dscn2048Dscn2058
田貫湖は北岸へ。
春より初夏の様相。
新緑が眩しい。
帰路へ。
たていしの自販機で給水。
雌橋へ下りて、西宮、岩本山経由で帰還。

Dscn2063
お茶畑が眩しい。
午後0時55分着、61㎞。

| | コメント (4)

2018.04.16

4/16 大代峠

15日、前日に降りだした雨は、朝方は風雨共に激しかった。
昼前には止んだが、路面はびっしょり。
初めから、休もうと思っていたので影響なし。

今朝は、陽ざしが有るが雲が多い。
体が重い。
今朝の天気予報では、明日は傘マークが付きました。
と、アナウンサーが言っている。
明日は歩くとして、今日は自転車かな。
近場の峠へ。
大代峠へ。
朝9時ちょうど発。
幹線道路の交差点で追突事故が有り、お巡りさん一人では、対処できないだろう。
携帯で、(たぶん)応援要請かな。
空気が、少しだけひんやり。
走れば温まるだろう。
松野から大代峠へ。
すぐに、温まってきた。
車が少ない。
ひと方にパスされた。
すぐに見えなくなる。
こちらは、心拍が上がるほど、頑張っているが。

Dscn1996
大代峠。
由比へ下る。
新緑が気持ち良くなった。
青空が広がった。

Dscn1998
蒲原の海岸線を走り帰還。
午前10時50分着、31㎞。

歩きより短い時間だが、心拍を上げたので良しとする。
午後になったら、すっかり曇り空。

| | コメント (0)

2018.04.13

4/13 田貫湖

週末の予報は良くない。
今日は、自転車に乗ろう。
田貫湖へ。
朝8時40分発。
松野経由で芝川駅。
向かい風。
市境は、大型車が多い。
芝川駅で知人とプチ話。
登りへ。
思ったより暖かい。
汗ばむ。
柚鳥富士へ登り、柚野。

Dscn1972
田んぼには水が入り、ぼちぼち逆さ富士が期待。
雌橋から登り。

Dscn1977
半野の桜は葉桜。
たていし辺りでも、気持ち良い。
田貫湖へ登って行く。
ちょっとだけ、ひんやりと。

Dscn1983Dscn1986
田貫湖は北岸へ。
平日だが、人が多い。
カメラマンも多いが、だいぶ散っている。
帰路へ。
たていしの自販機で給水。
これは、ルーティン化している。

Dscn1990
ピコ太郎。
雌橋へ下りて、西宮、岩本山経由で。
久しぶりの青木坂は、気持ち良かった。
向かい風の中、帰還。
午後0時35分着、60㎞。

岩本山経由だと、早い。

| | コメント (0)

2018.04.08

4/8 狩宿 田貫湖 半野の桜

気温は3月並み。
残り少ない、灯油ファンヒーターの出番だった。
下馬桜は満開。
田貫湖は、五分咲き
富士桜は、三分咲きの情報。
今日は、富士桜は止める。
朝9時10分発。
服装は、少し前に戻して、半冬仕様。
タンスから出して来た。
芝川駅で、薄軽WBを脱いで登る。
汗は掻かない。
柚野で定点に寄る。

Dscn1820
花が咲く畑。
田んぼは、田起こしが終わり、水を入れるばかり。
上野の交差点は、狩宿へ。
下馬桜目当ての車が、追い越して行く。

Dscn1830Dscn1839
駐車場はいっぱいだが、こちらから撮る分には影響しない。
皆さん、菜の花と富士山だから。
赤い橋を渡り、半野へ。
半野の桜へ寄るが、陽ざしが雲に隠れてしまった。
しばらく待つが、先へ。
たていしへから田貫湖へ。
いつものマイペース。
田貫湖は、北岸へ。

Dscn1865Dscn1872Dscn1875Dscn1894
車はいっぱい。
カメラマンもいっぱい。
こちらも日陰だったが、陽ざしが覗いて来た。
満開でも、これ以上にはならない。
帰路へ。
田貫湖の登り口で、路線バスが左折してきた。
最近、遅い。
たていしの自販機は通り過ぎて、半野の桜へ。
陰ってしまう。
しばらく待ち、明るくなった頃を見計らって何枚か。

Dscn1902Dscn1904
陽射しが当たると、綺麗だ。
雌橋へ。
下条、西山、芝川駅経由で帰還。
南風が強い。
午後1時15分着、63㎞。

Dscn1906
半野の交差点に看板が有った。
駒止の桜。

| | コメント (0)

2018.04.04

4/4 大代峠の桜

天気が悪くなる予報なので、近場へ自転車に乗る。
曇りがちな空模様。
朝9時10分発。
松野経由で大代峠へ。
馬坂の下りでも、暑いくらい。
大代峠へ登る。
登りで、ひと方下りて来た。
工事区間は無し。
バイクの団体が登って行く。

Dscn1771
大代峠。
ひと方、由比から登って来た。
由比へと下りて行く。
今日の目的のひとつ。

Dscn1782Dscn1780
ヘアピンの桜。
だいぶ落花している。
再び下り、室野橋先で登り返す。
だいぶ足を使ってから、一息つける。

Dscn1789
広域農道。
もう一つの目的地。
小石原の巨樹。
押して坂を登る。

Dscn1793
すっかり落花していた。

Dscn1796Dscn1806
ロードでは、ブレーキいっぱいの坂を下って、高速の下に出る。
蒲原の海岸線を走り帰還。
午前11時半着、34㎞。

| | コメント (0)