« 2018年11月 | トップページ

2018.12.10

〔備忘録〕 Windows10環境 Bluetoothで音楽を飛ばす 

私のネットワークは、タブレットNexus7 アンドロイド5.04
PC1 Dynabook EX55KWH ubuntu14.04
PC2 Dynabook T453/33KW Windows10

Nexus7からLinux ubntu EX55KWH への接続。
Bluetoothアダプタ は、PTM-UBT7  (1280円)を挿す。
ubuntu標準でデバイスを検索して、ペアリング接続が出来る。
別途ドライバは不要。
ペアリング後に、Nexus7のラジコや音楽を、Linux PCへ音声を飛ばせる。


Windows10 T453/33KWに、Bluetoothアダプタ ELECOM LBT-UAN05C2 1480円を挿す。
Win10対応のシールが貼って有った。
添付ドライバが付いているが、不要である。
もし、インストールした場合は、再インストールすると削除出来る。
設定から、Bluetoothとその他のドライバを開いて、Bluetooth ONのSWが表示されていれば、ペアリングする。
上手くゆかない時は、一度削除してから、デバイスを再検索すれば良い。

上の事をしてから、T453/33KWからEX55KWHにペアリングしてから、接続をクリックする。

Dscn2007
EX55KWHの画面。
接続すれば、EX55KWHの設定Bluetooth画面に、ペアリングしたPCがONされれば良し。
これで、ファイルの送受信が、出来る事になる。

T453/33KWのラジコや音楽を、EX55KWHに飛ばしてEX55KWHから音が出る筈だが。
T453/33KWの設定サウンドのスピーカの切り替えに、EX55KWHが増えているので、そちらに設定する。

Dscn2012
T453/33KWの画面。

Dscn2009
EX55KWHの設定サウンドの入力に、Bluetooth Input PC名が表示されれば良し。
今回、これが不安定で、うまく接続できなかった。

検索すると、ヘッドフォンが繋がらない事例が有った。
(1) sudo apt-get install pulseaudio-module-bluetooth
これは、標準でインストール済みだった。

(2) sudo gedit /etc/bluetooth/audio.conf
エディターで、audio.conf の以下を編集する記載が有った。
[General]
Disable=Socket

[Headset]
HFP=false
SBCSources=1
MPEG12Sources=0

HFP=true となっていたので、HFP=false とする。
保存して、再起動。
Bluetooth Input が、安定して表示されている。
これで、しばらく様子見。
とうぜん、T453/33KWの音楽が聴ける。

Bluetoothアダプタ は、Win10対応のシールが貼って有る物を買う事。
現在は、Ver4.0。
同じ物を買うのが、安定しているかも。
LinuxPCには、Ver4.0なら使える。

面倒な事をしているようだが、これならタイムフリーも録音できる。

| | コメント (0)

2018.12.09

12/9 中央公園

遅い起き出し。
曇り空。
風は弱い。
予報では、冬晴れ。
自転車の次の日は、腰が重い。
下りの路面の悪さが、影響していると思うが。
車が少ないコースは、路面が悪い。
さて、歩く。
本町から潤井川を目指す。
本町の通りも、車が多い。
めずらしい。
潤井川手前のピ〇ゴは、在庫セールで駐車場が埋まっている。

P1000831
潤井川は、重い雲。
ぽつりぽつりと、数滴感じた。
中央公園の駐車場も満車。
ロゼでイベントが有るのかな。

P1000833P1000839P1000842
公園内は、スマホ族が多数。
まだ紅葉が残っている。
帰路は、ロゼの交差点を渡り帰還。
少し陽ざしが出たが、すぐに隠れた。
歩数 13800、11㎞。

| | コメント (0)

2018.12.08

12/8 田貫湖

平年並みの気温のようだ。
風が弱いので、そんなに寒くは感じない。
空は、雲が多く陽ざしが少ない。
週一の自転車とする。
田貫湖へ。
朝9時30分発。
服装は、準冬仕様。
まだ完全武装は、先の話。
馬坂の下りと、静甲の日陰は冬。
大型車が通り過ぎると、枯れ葉が舞う。
芝川駅で、風除けを脱いで登りへ。
陽ざしが出てくれば、暖かいが雲が多い。
柚野の定点へ寄る。

P1000805P1000814
ちょうど、富士山の頭が見えてくれた。
雌橋から登りへ。
半野へ登れば、空気が冷たい。
たていしから、田貫湖へ。
登りの坂は、日が射さず冬。
冷たい空気を吸いこみ、頭の奥が痛い。

P1000820P1000825P1000829
田貫湖は、南岸へ。
テントサイトは、冬仕様のテントが多くなった。
薪ストーブが使える。
帰路へ。
下って行く途中で、路線バスが停留所を少し過ぎた所で、停まっていた。
お客が降りるようだった。
たていしの自販機でホット給水。
雌橋へ下りて、下条、西山、芝川駅経由で帰還。
午後1時30分着、61㎞。

| | コメント (0)

2018.12.07

12/7 中央公園

朝は曇り空。
晴れてくる予報。
風は弱い。
路面は濡れている。
富士山の頭に、雪がうっすら積もった。
歩く。
本町から潤井川へ。
終末の所為か、車が多い。
チラシが出ていた、スーパーの駐車場は満車状態。

P1000789_2
潤井川の土手へ。
散歩する人は、ちらほら。

P1000793P1000794
中央公園へ。
スマホ族は、いくぶん少なくなった。
ロゼの交差点を渡り帰還。
陽ざしが出て、汗ばむ。
歩数 13800、11㎞。

| | コメント (0)

2018.12.06

12/6 富士川河口

昨夜から、雨が降りだしていた。
今朝も小雨。
路面も濡れているし、今日はゆったりとしようかと。
そのうちに、陽ざしが出たりする。
雨雲レーダーでは、歩く時間ぐらいなら傘も必要なさそう。
慌てて支度をする。
今日は、富士川河口へ。

P1000779_2
水管橋から河川敷へ出る。
対岸は、旧富士川町。
陽ざしが出ると、風除けを脱ぐ。
散歩する人も見える。
新富士川橋の下を往復して、堤防の端まで。

P1000782_2P1000785_2
こちらは、伊豆方面。
堤防上は、弱い風だが少し寒い。
手袋を嵌めなおして帰ろう。
歩数 11900、9㎞。

| | コメント (0)

2018.12.05

12/5 中央公園

昨夜は、宵の口から雨が降りだした。
たいした雨足にはならず。
朝は、止んでいたが、重い雲が空を覆う。
風が弱い。
路面は乾かず、洗濯物も乾かない。
歩く。
駅前から潤井川を目指す。
陽ざしが出て来て、暑くなる。
風除けを脱ぐ。
米之宮公園の中を歩く。
イチョウの葉が、ずいぶん落ちた。

P1000766
潤井川沿い。
散歩する人達。

P1000769P1000772
中央公園の木々の葉も、ずいぶんと落ちた。
帰路は、ロゼの交差点を渡る。

P1000776
線路沿いを歩いていたら、機関車が出ていた。
昨日より汗を掻いて帰還。
歩数 15000、12㎞。

| | コメント (0)

2018.12.04

12/4 中央公園

昨夜は、夢うつつに雨音を聞いていた。
朝は止んでいたし、雨音の割に路面が濡れている。
風が無いので、乾かない。
曇り空。
雨が降らないと思うが、どんよりとしている。
歩く。
駅前から東へ。
冬仕様の服装だが、汗ばむ陽気。
ロゼの交差点を渡り、中央公園へ。

P1000739P1000740
もみじは、半分ほど色づく。
イチョウの葉は、やっと黄色くなった。

P1000758
帰路は潤井川沿いへ。
陽ざしが、当たっている所も、有るようだ。
歩数 14800、11㎞。

家に着いてから、陽ざしが出てきた。

| | コメント (0)

2018.12.03

12/3 終活でクロガネモチを切った 午後は富士川河口へ

2日、曇り空。
すき間から陽ざしが有るが、曇り空。
昨夜は、体調がいまいちだったので、市販薬を飲み早めの睡眠。
今朝は、防災訓練の後は、休む。

3日、曇り空。
雨雲が広がっている。
出かけるのは、止め。
少しづつ小さくしていた、庭の木をさらに小さくする。
調べたら、クロガネモチ。
街路樹にも、植えられるようだが。
庭に植える人は、少ないはず。
鳥のフンから芽が出て、大きくなったようだ。
歩いていて、コース上の大木に気が付く。
毎年の剪定が大変なので、思い切り切って行く。
この為に、剪定鋸を買っておいた。

Dscn2005_3
ここまで切れば、根は朽ちて行くだろう。

Dscn2002_2
こちらは、枯れてから斧で小さくする。
これも終活。

昼飯を食べてから、外が明るくなってきた。
雨雲は無し。
少しは、歩く。
富士川河口へ。
曇り空だが、青空がちょびっと見える。
弱い風。
自転車に乗りだした人や、歩きだした人が見える。
富士川河口へ。
堤防では、ランの人や歩く人。

P1000722P1000731P1000734
富士山には、笠雲と吊るし雲。
海は霞んでいる。
帰路へ。
歩いているうちに、富士山に日が当たりだして、車を停めてスマホで撮る人。
歩数 11000、8㎞。

| | コメント (0)

2018.12.01

12/1 丸火自然公園

紅葉情報だと、富士市の丸火公園が、見ごろとアナウンスされていた。
ただし標高が高いので、枯れ葉が多いと思うが。
MTB系のギアとVブレーキの方が、楽しく行けると思うが、ロードで行く。
少し気温が低い。
服装も、さらに冬仕様。
朝9時30分発。
入山瀬駅から登りへ。
ギアは、やがてインロー。
ぼちぼちと、ペダルを漕ぐ。

P1000672P1000676
笹場の茶畑へ。
カメラマンが一名。
茶畑の中を登る。
出来るだけ、下りないように登る。
浜石岳よりマシだが、激坂が続く。
林間の道。
住宅が見えたら地元民に、丸火公園への道を確認する。
少年の家の看板が出て来たので、それに従う。
丸火公園の管理棟近くへ出る。
そこから登って行く。
北端まで。
すごい昔に、子供達と来た記憶が蘇る。
自転車は鍵を付けて、歩いて散策へ。

P1000684
アリ地獄を思い出した。

P1000685P1000691P1000702P1000707P1000711P1000713P1000714
枯れ葉は、落ちている。
枯れ葉の裏を撮って帰還。

P1000718
帰路へ。
水の流れのように、下って行く。
登りがキツイと、下りはブレーキが大変。
午後0時30分着、34㎞。

| | コメント (0)

« 2018年11月 | トップページ