« 12/17 晴れた後、雲が広がるが 明星山  | トップページ | 12/19 中央公園 »

2018.12.18

12/18 登りは根性、下りは度胸 浜石岳

前回の浜石岳は、 2017年1月17日に、行っていた。

今朝は、晴天。
風が吹くが、やがて弱まる。
外に出て、富士山を確認。
浜石岳に行く、価値ありの富士山が見えている。
朝8時50分発。
TREKのクロスバイク。
新富士川橋を渡り、西へ。
蒲原の海岸線を走る。
旧由比町の県道の、浜石岳入口の標識から登りへ。
すぐに、フロントインナーにして登りへ。
新幹線の上を渡り、さらに登る。
工事通行止めの標識。
歩行者も迂回せよの、標識。
素直に、標識に従う。
集落を過ぎて、やがて嫌になる勾配。
ここまで、ずっと押し。
さらに押し。
乗ろうと思っても、すぐに押し。
やがて、タコの吸盤の路面が出て来る。
やっと本道へ戻る。
ここからも押しながら。
たまに乗るが、すぐに押し。
トイレの有る畑の所で、みかんを持って行きな。
と、声を掛けられる。
良くブログに、みかんを貰ったと書かれているが、このおばさんの事だね。
4個持たされて、頑張る。
池田線の合流地点を過ぎて、少しは乗れそう。
なんだか、乗るより押した時間が長い。
が、やがて山頂直下の駐車場。
車は、手前で追い越して行った、一台だけ。
下から、1時間半ほどかかった。
山頂は、誰も居ない。

P1000971P1000981P1000985P1010004
雲が掛かったが、まぁ合格点。
とりあえず、邪魔になりそうな所で何枚か撮って。
風が無く、陽ざしが気持ち良い。

P1010009
南アルプスも見える。
尖がりが北岳。

P1010013
三保方面。

P1000977
逆さ富士。

P1000974
自分。

P1010001
みかんを食べずに、帰路へ。

P1010015
激坂を下る。
迂回路は、さらに激坂だった。
由比へ下りて、蒲原の海岸線から帰還。
午後0時40分着、40㎞。

次回に、もし行くなら、槍野(うつぎの)経由で行こう。
まったく未定な計画。

|

« 12/17 晴れた後、雲が広がるが 明星山  | トップページ | 12/19 中央公園 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 12/17 晴れた後、雲が広がるが 明星山  | トップページ | 12/19 中央公園 »