« 2018年9月 | トップページ

2018.10.21

10/21 いきなり冬富士

20日、気温は低い。
午前は、雲が多いが晴れ間を有る。
昼過ぎから雨となる。
夕方には雷鳴も聞こえた。

21日、歩くコースでラーメン屋が、いきなりステーキに、変わっていた事が有ったが。
今朝は、いきなり冬富士。
富士山日和なので、少しは遠くへ。
自転車で。
朝9時ちょうど発。
服装は、半、長インナーを2枚。
秋ジャージー、アームカバー。
(軽WBを持ったが使わなかった。)
入山瀬駅から、むらやま道コース。
このコースは、勾配がキツイ。
しかもジュピターから、新道を登って見た。
歩道をちんたらと。

Dscn1303
その先の、むらやま道から村山へ。
村山神社までで、だいぶ足を使った。

Dscn1318
ここからは、白糸へとアップダウン。
逆コースは、うまく走れない。
白糸からは、旧道を登ろう。

Dscn1325_2
県畜産試験場

Dscn1327
旧料金所辺り

Dscn1333Dscn1334Dscn1342Dscn1374Dscn1360Dscn1378
さらに登り、朝霧の富士山定点。
3時間半かかった。
帰路へ。
国道のファミマで、エネ補給。
ぐんぐん下って。
下条まで下ったら、カゴ菊を思い出した。
寄って見よう。

Dscn1384
カゴ菊は、半分ほど。
来週ぐらいから、見ごろだろう。
西山、芝川駅経由で帰還。
風が強いが、暖かい。
午後2時15分着、77㎞。

| | コメント (0)

2018.10.19

10/19 中央公園

朝早くは、雨粒が落ちていた。
陽ざしが出たり曇ったり。
予報では、曇り空で俄雨の有るようだ。
空が明るいが、歩き。
傘は、大丈夫と思い持たない。
本町から潤井川沿いへ。
本町では町内会が、祭りの準備をしていた。
信号機が多いが、うまくクリアして歩く。

Dscn1286
潤井川へ。
中央公園の駐車場は、イベントの準備中。

Dscn1288Dscn1290
公園内は、スマホ族がちらほら。
帰路は、潤井川へ戻る。

Dscn1294
先ほどより、富士山が見える。
寄り道をしていたら、家まで10分程雨の中を帰る事になった。
路面を、濡らすほど降った。
歩数 14800、11㎞。

| | コメント (0)

2018.10.18

10/18 大代峠

今朝は、遅く起きたら陽ざしが有る。
曇りの予報は外れ。
のんびりと、MLBを見ていたら、時間が潰れる。
歩こうと思ったが、同じ時間なら自転車の方が、運動効果が有る。
自転車の準備をして海岸線へ。
朝10時ちょうど発。
東風。
向かい風が強いので、堤防を走っても楽しくなさそう。
富士川を渡り、蒲原の海岸線へ。
追い風なので、楽に走れる。

Dscn1261
ここから堤防を外れる。
由比から大代峠へ。
登って行けば、少し汗ばむ。
キツメになれば、立ち漕ぎで。
けっして速く無いが、息が上がらないほどで。
一方下りて来た。

Dscn1263
大代峠。
汗を掻いたので、下る前に汗を拭きとる。
下りて行けば、つづら折れで一方登って来た。
松野へ下りてから、馬坂経由で帰還。
向かい風が強くなる。
午後0時15分着、31㎞。

| | コメント (0)

2018.10.17

10/17 富士川河口

陽ざしが有るし、風も弱く、秋日和。
来年度一年は、例祭の当番なので、役員と例祭の準備を見に行く。
体が重く感じるので、準備も大変そう。
体を動かさないと、体重が0.5k増える。
動かして、前日と同じ。

昼飯を食べてから、歩く。
曇り空となった。
富士川河口へ。
河川敷内の道へ入れば、車は来ないし、自転車が通るだけ。
国一号の橋の下は、これからは寒くなる。
堤防へ上がり、端まで。

Dscn1240
伊豆方面

Dscn1247
清水港方面

Dscn1248Dscn1256Dscn1258
途中で気が付いた、凧。
凧の方に歩いてから帰還。
歩数 11600、9㎞。

| | コメント (0)

2018.10.16

10/16 富士山を見に田貫湖へ行ったが

予報だと、昼頃までは陽ざしも有るはず。
曇り空。
風は弱い。
今日は自転車。
富士山を見に田貫湖へ。
少し寒いので、長ジャージ、長インナー、軽WB、長指手袋。
朝8時30分発。
松野から芝川駅。
ボトルを忘れたので、駅の自販機で補給する。
WBを脱いで、登り坂へ。

Dscn1187Dscn1198
柚鳥富士コースで、柚野へ。

Dscn1205
雌橋は回避で、狩宿へ。
富士山が雲に隠れているので、この先どうしようかと悩む。
赤い橋を渡りたていし。
ここまで来れば、田貫湖へ行こう。
田貫湖へ登るが、汗かく事は無くなった。

Dscn1219Dscn1212
田貫湖は南岸。
頭だけ見える。
テントサイトは、かなりのテントの数。
帰路へ。
たていしの自販機は、スルー。
気温が低いし、芝川駅で補給したし。

Dscn1223_2
Dscn1228
白糸の桃源郷。
白糸から狩宿へ下りる。

Dscn1233Dscn1236
狩宿の田んぼ。
以前来たのを思い出した。
大石寺から西宮、岩本山経由で帰還。
午後0時35分着、61㎞。

田貫湖から下りて来たら、雲が取れて富士山が見えたので、行ったかいが有った。

| | コメント (2)

2018.10.15

10/15 雪が積もっていた 

朝起きれば、富士山に雪が積もっていた。
地元新聞では、すでに冠雪の報道が二度載っていた。

Dscn1181
今日は、おかっぱ頭みたいに積もった。

気温はだいぶ下がった。
雨粒がぽつぽつ。
終日曇り空。

| | コメント (0)

2018.10.14

10/13 富士川河口 /14 中央公園

13日、朝起きれば、暗い曇り空。
朝飯を食べてから、外に出れば肌寒い。
歩く。
富士川河口へ。
風は弱い。

Dscn1158
河川敷内のグランドは、子供の少年団や大人のチームが多数来ている。
野球の方が多い。
硬式のチームも居る。
サッカーは年少の子供ていど。

Dscn1161Dscn1164Dscn1167
堤防に上がり、端まで。
日が出ていれば、気持ち良いと思うが。
帰路も河川敷内を歩いて帰還。
途中から明るくなって、汗ばんできた。
歩数 12300、9㎞。

14日、昨夜は寒かった。
寝間着も考えないといけない。
朝は小雨。
路面は濡れている。
朝飯を食べていれば、止んでいた。
あちこちに雨雲が観測されるので、午前は昨夜の福マシャの映画を見よう。
昼前から陽ざしが出て来た。
体重増加防止の為に歩く。
中央公園へ。
本町から北へ。

Dscn1174
潤井川沿いへ。
ここまで信号待ちは、最短で歩いて来た。
中央公園の駐車場からは、イベントの音楽が聞こえている。

Dscn1180
公園内は人が少ない。
芝生も濡れているので、座る人も居ない。
帰路は、潤井川沿いへ戻る。
陽ざしが無くなり、曇り空となる。
歩数 15000、12㎞。

| | コメント (0)

2018.10.12

10/12 中央公園

11日、前夜は、宵の口から雨となった。
朝は、曇りがちだが、陽ざしが有る。
汗かきの、ひと仕事をすまして良しとする。

12日、朝は小雨が降っていた。
朝飯を食べていれば、止んでいた。
雨雲レーダーを確認して歩く。
念の為に畳傘を持つ。
線路沿いへ向かえば、先日出会った先輩。
今回は、こちらが先に気が付いた。
しばし歩きコースと健康話。

Dscn1093
駅を過ぎて、陸橋へ。
幹線道路を北へと歩く。
冬になれば、冠雪した富士山が正面に見える。
ロゼは裏側から入り、中央公園の駐車場へ。

Dscn1096Dscn1100
中央公園には、スマホ族がちらほら居る。
桜は、すっかり枯れ落ち葉。

Dscn1102
帰路は、潤井川沿いへ。
本町の看板を撮りながら帰還。
まだ撮り残している所が有るが。
歩数 15500、12㎞。

| | コメント (0)

2018.10.10

10/10 ちきゅう見てからまるこちゃん

清水港に停泊している、ちきゅうが出航する。
数日前から、テレビや新聞で賑わしている。
紀伊半島沖で、南海トラフの地震発生帯掘削計画。
出航時間が分からないが、とりあえず自転車でゴー。
朝8時40分発。
新富士川橋から蒲原の海岸線で。
興津川から西へは、最近走っていない。
興津から臨港道路へ。
歩道を走って行く。

Dscn1020
車道は、コンテナーを積んだトレーラーが、いっぱい走って行く。
上空には、ハエが飛んでいる。(ハエ=ヘリ)
たぶん、NHKとSBS。
三保半島先までは、間に合いそうにないので、フェリー乗り場へ。
釣り人とカメラマンが多数来ていた。

Dscn1030Dscn1037Dscn1053_2Dscn1082
ゆっくりと見えるが、かなりの速度は出ているだろう。
フェリーが来た。
小さく見える。
帰路は、清水駅のマンホールの蓋。
駅前で、地元民に尋ねたら、ピンポイントで教えてくれた。

Dscn1084
まるこちゃん。
帰りは、じゃっかんの向かい風。
たいした距離でもないのに、足が疲れた。
午後0時5分着、58㎞。

| | コメント (0)

2018.10.09

10/9 岩本山公園

陽ざしが出ている。
風は穏やか。
朝のうちは、気持ち良い。
自転車に乗った次の日は歩き。
岩本山公園へ。
実相寺までは、出来るだけ日陰を探しながら歩く。
実相寺からの階段は、木々のゴミが片づけられた。

Dscn0998Dscn1005Dscn1015
岩本山公園内も、だいぶゴミが片づけられた。
雲の巣トラップが多い。
塩害や風害で、紅葉が見られるかな。
茶畑へ出る。

Dscn1019
富士山は頭だけ。
羽淵製茶で折り返して、幹線道路を下る。
陽ざしで暑い。
歩数 16400、13㎞。

| | コメント (0)

2018.10.08

10/8 田貫湖

6日、陽ざしが出ているが、雲が多い。
諸事情有りで、家での留守番。 
夕方からは雨が降りだした。

7日、前夜から蒸し暑い。
眠りも浅かった。
今朝も陽ざしで、暑い。
二日続けて諸事情有り。

8日、自転車に乗る。
朝は雲が多いが、晴れの予報。
風は弱い。
昨日より、暑さも治まったか。
朝6時50分発。
田貫湖へ向かう。
松野セブンでエネ補給する。
芝川駅から登り。
車が登って行く。
県道の柚野橋手前で、タヌキが寝転がっていた。

Dscn0982
雌橋の水量が多い。
ここから坂。
木々のゴミは、脇に片づけられている。
たていしへ。
雲が多く、富士山も隠れたまま。
半野の稲は、ほとんど刈り取られている。
たていしから田貫湖へ。
登り坂の道の脇には、木々のゴミが多い。

Dscn0983Dscn0988
田貫湖は北岸へ。
三連休とあって、駐車場はいっぱい。
路駐もいっぱい。
ほとんど釣り人。
遊歩道は、歩く人は少ない。
テントサイトは、大勢。
南岸は、遊ぶ子供が多いので、途中から車道へ。
帰路へ。
たていしの自販機は、スルー。

Dscn0992
赤い橋を渡り、狩宿の井出邸。
裏道で大石寺、下之坊。
下条、西山、芝川駅経由で帰還。
松野では、多数の自転車乗りとすれ違った。
午前10時40分着、64㎞。

ヒザ上の筋肉が落ちている。
登り坂は、立ち漕ぎとなる。
心拍が、上がらない。

| | コメント (0)

2018.10.05

10/5 中央公園

3日、穏やかな天気。
薄い曇り空。
風も弱い。
こんな日は、やぼ仕事。
40分程、汗を掻いた。

4日、朝から弱い雨が、降ったり止んだり。
昼過ぎから軽く歩く。
柿が色づいた。
歩数 6800、5㎞。

5日、今朝は、早く起きた。
雨の心配が、なさそうな朝。
風も無く、穏やか。
歩く。
中央公園へ。
線路沿いから、本町。
子供達の通学が始まっているので、学校前には折れず、北へ。

Dscn0913
米之宮の中を過ぎて、潤井川沿いへ。
幹線道路は、通勤車が多くなる。
横切るのに気を使う。

Dscn0918Dscn0921
中央公園へ。
早い時間なので、スマホ族は居ない。
歩く人がちらほら。
潤井川沿いへ戻る。
本町を通るが、解体現場。
アーケードを壊した。
壊した所は、もう復活しないだろう。
アーケードに、ぶら下がる看板を撮りながら歩く。
歩数 16300、13㎞。

| | コメント (0)

2018.10.02

10/2 岩本山公園

気持ち良い朝。
昨日まで吹いていた、風も止んだ。
田舎の道は、木々が落ちているようだ。
無難な歩き。
岩本山公園へ。
実相寺まで、新々富士川橋の工事用の道を歩いて見る。
途中で、乾ききらない泥の上を、そろりそろり歩く。

Dscn0884Dscn0889
この辺りは、富士川の暴れた流れを鎮める、だしが有る。
実相寺では、木々の残骸の片づけが終わらない。
階段では、まだまだ残る。

Dscn0893Dscn0896
岩本山公園。
こちらも、木々の残骸がすごい。
茶畑へ出る。
正面に、富士山が見える。
羽淵製茶で折り返し。
風が正面となる。

Dscn0908Dscn0911
途中の富士山定点。
幹線道路を、料理学校へと下りて帰還。
歩数 17100、13㎞。

| | コメント (0)

2018.10.01

10/1 もう勘弁してくれ・・・台風は 富士川河口

29日、台風が近づいている。
朝から雨。
一日降り続いた。

30日、曇り空だが、陽ざしが出たりした。
昼過ぎから、雨が降りだした。

10/1 前夜は、8時過ぎから風雨が、雨戸をたたくようになった。
うるさくて眠れない。
日付が変わった頃に停電。
何度か、復旧しようとするが、0時半頃からは完全にダウン。
朝起きれば、まだ停電。
台所のラジオに電池を入れる。
用意しておいた、ランタンも活躍した。
朝6時過ぎに、電気が復旧。
台所では、炊飯器のSWが、そのまま入った。
通勤時間になり、外がおかしい。
狭い道に、車が入って来る。
国一号の新富士川橋が通行止めのようだ。

富士川河口へ、歩く。
一帯で車が、繋がっている。
なんとか、河川敷内の道へ。
新幹線は、徐行。
次々と富士川を渡る。

Dscn0859
向こうに見える、国一号の橋の上では、撤去作業が見える。

Dscn0860Dscn0862
富士川橋へ登って。
から、堤防の端まで歩く。

Dscn0865Dscn0875
富士川からの濁流が、海に流れ込んでいる。
風が強い。
カメラが揺れる。
国一号は、復旧した。

Dscn0880
戻って、新富士川橋の下を流れまで。
往復して、帰路へ。
カーポートの屋根を撤去している。
歩数 13200、10㎞。

| | コメント (0)

« 2018年9月 | トップページ