2017.12.16

12/16 室野、大代峠

今朝は、寒さが緩んだ。
薄日の曇り空。
風は穏やか。
自転車に乗る。
早めに、帰らないといけないので、近場へ。
朝8時40分発。
富士山に、傘雲が掛かる。

Dscn1932_2
楽座から劇坂を登って行けば、観覧車の定点。
daiichiのロケをやっていた。
室野へ行くが、下って登り返す。
これまた勾配がキツイ。
久しぶりに来た。

Dscn1938Dscn1943
楽座と富士山の定点。

Dscn1959
もう少し登り、後は下り基調で新東名の上。
県道へ出て松野から大代峠へ。
マイペースでペダルを回す。

Dscn1969Dscn1973
何とか大代峠。
夏以来。
由比へ下る。

Dscn1978
英君の仕込みが始まった。
蒲原の海岸線で帰還。
午前11時15分着、37㎞。

| | コメント (0)

2017.12.10

12/10 田貫湖

今朝は、あちこちで初氷とか初霜とか、ラジオで騒いでいた。
うちの周りでは、そんな事は聞かないが。
朝の気温は低いが、昼は温度が上がる予報。
久しぶりに自転車。
自転車のグチが聞こえてきた。
朝9時5分発。
芝川経由で田貫湖へ。
風は北風。
冷たい。
芝川駅を過ぎて、小学校の坂を登ってからWBを脱ぐ。
芝川駅までは、向かい風が冷たかった。
登りになり、風が治まる。
柚野までは裏道で。

Dscn1849Dscn1853
柚野辺りで富士山点景。
県道で雌橋。
雌橋の下を覗くと、堰で砂が堆積している。
坂を登る。
体が重い。
足が回らない。
たていしへ。
風が冷たくなる。
田貫湖へ登る。
北岸へ。
釣り人や遊歩道を散策する人が多い。

Dscn1868Dscn1882Dscn1897
休暇村前のデッキは、人が多い。
テントサイトは撤収中。
帰路へ。
正午発の路線バスが追い越して行く。
たていしの自販機でホット給水。
雌橋へ下りて、下条、西山、芝川駅経由で帰還。
南からの向かい風が強い。
寒い風だが。
午後1時25分着、62㎞。

| | コメント (0)

2017.11.29

11/29 富士市の秘境 須津渓谷

今朝も暖房機を動かさせば、すぐに暖まる陽気。
陽射しも有るし、明日辺りから冬に戻りそうだ。
二日前に、車で行って来たが。
自転車で、富士市の秘境の須津渓谷へ、紅葉を見に行く。
朝9時5分発。
富士川河口から東へ。
ちょい向かい風。

Dscn1624
田子の浦港の景色も穏やか。
吉原駅から旧道で、先で北へと進路を変える。

Dscn1630
これまた富士市の穀倉地帯。
富士山カメラマンが多数見える。
ドクターイエローデイかな。
ここで時間を、潰す訳にはいかない。
須津川を、ぼちらぼちらと遡上する。
WBも脱いでも寒さは感じない。
途中で勾配がキツクなり、その先でトレイに寄る。
軽自動車で、アクセル全開の運転者に、自転車で頑張りますね。
スバル360も頑張っていますねと、返してみた。
あと少しで、須津渓谷の駐車場へ。
二日前より見ごたえがある。
Dscn1650Dscn1652Dscn1670Dscn1681_2Dscn1682Dscn1687
昼の気温が高い所為か。
キャンプ場の入口まで。
この先に、陽ざしが当たるには、遅い時間だろう。
帰路は、往路をトレースして帰還。
ドクターイエローポイントには、カメラマンが大勢見えるが、まぁ次回で良いか。
午後0時30分着、48㎞。

Dscn1696
ナンバーが、登録時の8静岡。

| | コメント (0)

2017.11.25

11/25 田貫湖

今朝も寒い。
陽射しが有るし、風は穏やか。
明日の天気が不安定なので、週一の自転車へ。
朝8時45分発。
楽座へたどり着くと、見覚えの御仁が二方。
焼津のMさんとハナカミさん。
macさんと田貫湖方面に、行くとの事。
途中離脱で途中まで同行する。
楽座9時過ぎに再出発。
久々の馬坂トンネルで芝川へ。
駅近くでWBを脱いで登り坂へ。
黒門、本門寺の銀杏、狩宿の井出邸。
ここから白糸の滝の紅葉を目指す。

Dscn1438
白糸の滝の紅葉は、ちょうど見ごろとなっていた。
皆さんは昼飯を食べてから次の行動へとなるので、ここで離脱する。
画像は大丈夫かな。
たていし経由で田貫湖へ登る。
途中で、正午発の路線バスが下りて来た。
田貫湖は北岸へ。
定点は日陰。

Dscn1448_2Dscn1454_2Dscn1460_2Dscn1469_2
芝生で我慢する。
遅い紅葉が見ごろ。
早々に帰路へ。
たていしの自販機でホット給水。
雌橋へ下りて、下条、西山、芝川駅経由で帰還。
松野でWBを脱いだ。
午後1時45分着、63㎞。

| | コメント (2)

2017.11.19

11/19 田貫湖

18日、起きた時は、降っていなかったが、7時前から雨。
夕方前には止んだが、寒い一日。
所用で焼津へ。

今朝は冷えた。
遅い起き出しだが、気温は低い。
晴れている。
昨夜の強かった風は、収まっている。
のんびりと朝飯を食べながら、予定を考える。
気分は歩き。
かみさんから自転車に乗るのと、言われれば乗るしかないか。
身支度を済ませれば、行く気が湧いてきた。
真冬の服装。
一気に2段階上げた。
田貫湖へ。
朝9時35分発。
馬坂や静甲辺りの日陰は冷たい。
芝川駅でWBを脱いで登りに備える。
登りでは、汗をうっすらと掻く。
西山本門寺の銀杏を見に行くが。
すっかり落ちていた。

Dscn1302
対の銀杏の葉は、色づいて落葉中。
柚野へ。
汗が冷たく感じる。

Dscn1317Dscn1326
富士山定点の皇帝ダリア。
あちこちのは、台風の影響で倒れたようだ。
雌橋から登りへ。
たていしから田貫湖へ。
登り始めたら、休暇村への路線バスに追い越された。
田貫湖は北岸へ。

Dscn1328Dscn1335Dscn1352_2Dscn1355
紅葉はだいぶ落ちている。
それでも遠目には、色づいている木も。
遊歩道を回る。
帰路へ。
WBを着こんで下る。
たていしの自販機でホット給水。
下条、西山、芝川駅経由で帰還。
南風なので、松野でWBを脱いだ。
午後1時45分着、62㎞。

| | コメント (0)

2017.11.11

11/11 富士桜自然公園

10日、雲が有るが、晴れ。
朝のうちは風が有るが、午後は穏やか。
家の中を、プチ掃除。
半分で止めて、佐野自転車店でヒマを潰した。

昨夜半から小さい雨音。
それより、外にぶら下がっている、虫よけが雨戸に当たりうるさかった。
朝起きれば陽ざしが出ている。
テレビの前で体調を整えていたら、一時間ほど間違えていた。
慌てて朝飯を済ませ、身支度を済ます。
外に出てから、自転車に乗る事にする。
朝9時10分発。
WBを着なくても走れる。
暖かい。
芝川から登り。
裏道で柚野へ。
突風が吹いた。
風が強くなるのか。
狩宿へ。
思ったほど風は吹かない。
たぶん見ごろの紅葉を、富士桜自然公園へ見に行く。
富士山も、雲が取れて綺麗になる。
上井出から登り坂。
じわじわと登る。

Dscn1122
定点の牧場は、ずいぶん前から廃業しているようだ。
ふたたび登りへ。
車が追い越して行く。
桜の時より少ないが、富士山は見えるし、暖かいので墓参に向かう人が多いのか。
富士桜自然墓地公園。
墓地なのね。

Dscn1135_2Dscn1152Dscn1156Dscn1163
じわじわ登り定点へ。
毎度来ているので、うまくカメラに撮れるお気に入りの定点。
墓石が入らないように。

Dscn1175Dscn1182Dscn1185Dscn1172
山頂の最高地点の石標かな。
帰路は下り一辺倒。
白糸の滝へ寄ったが、紅葉はまだ数日。
その時に、富士山が見えるかな。
たていしの自販機でホット給水。
下条、西山、芝川駅経由で帰還。
芝川へ下りたら、風が強い。
午後1時40分着、63㎞。

| | コメント (0)

2017.11.05

11/5 田貫湖

4日、朝は曇り空。
そのうちに、陽射しが出て暖かくなった。
ガラクタ箱の中に有った、サドルと入れ替える。

今朝は陽ざしが出ていたと思ったら、外に出れば曇り空。
せっかく自転車に乗ろうと思い、出鼻をくじかれそうになるが、身支度を済ませれば、ペダルを漕ぐしかない。
朝8時35分発。
予報ほど寒くはない。
軽量WBも芝川駅で脱ぐ。
柚野までは裏道。
柚野から国469号。
雌橋から登り。
昨日変えた、サドルの位置を直しながら乗ってみた。
だいぶ青空が広がってきた。
たていしまで来たら、富士山の頭が見えてきた。
予定通り田貫湖へ。
登り口で、東京駅行きのバスとすれ違う。
汗の掻きが少ないのか、寒さは感じない。

Dscn0970Dscn0979Dscn0976Dscn0982Dscn0990
田貫湖は北岸へ。
水曜に来たが、その時より紅葉は進んでいる。
展望台に登る。
南岸にも寄る。
テントサイトは満杯。
ぼちぼち撤収作業中だった。
帰路は、たていしの自販機でホット給水。
今日は村山経由で。
日曜は、大型車が少ない。
バイカーは多いが。

Dscn0993
村山浅間神社。
暖かい風を感じながら入山瀬駅へと下る。
午後1時ちょうど着、66㎞。

| | コメント (0)

2017.11.01

11/1 田貫湖

10/31 曇り空。
風も吹く。
この秋一番の冷え込み。
陽射しが無く寒い時は、無理せず。
午後に暖かくなり、YAMADAへ。

今朝は、陽ざしが出ている。
気温は低いが、陽ざしが出ると我慢できる。
暖房機も有るし。
気温が上がる予報なので、自転車。
朝8時50分発。
馬坂は、登りでも冷たい。
北からの向かい風。
芝川駅でちょい立ち話。
WBを脱いで、登りへ。

Dscn0871
柚野までは裏道。
柚野から県道。
雌橋の水量は多かった。
たていしは空気が冷たい。
田貫湖への登りは、木陰なのでさらに冷たい。

Dscn0882Dscn0893Dscn0902
田貫湖は北岸へ。
展望台へも寄る。
湖畔の木は、紅葉が始まった。
帰路へ。
たていしの自販機でホット給水。
今日からホット缶。
休んでいたら、休暇村正午発の路線バスが過ぎる。
下条、西山、芝川駅経由で帰還。
飛行機ネタ。

Dscn0878Dscn0906
自衛隊機とレインボーの航空機。
午後1時15分着、62㎞。

| | コメント (0)

2017.10.26

10/26 朝霧高原

24日、たまに陽ざしも有ったが、曇り空。
気温も低め。
インフル予防接種を済ます。
数が少ないようなので、早めに済ませるのが正解の良うだ。

25日、早朝から降り始めた雨は、夕方まで小雨。
東風で寒かった。

朝から晴れ。
弱い風。
富士山には雪が積もった。
昨日から、自転車に乗るつもりだった。
冠雪富士も想定内。
朝8時30分発。
服装は、ほぼ冬支度。
芝川駅は素通り。
その先で、軽量WBを脱いで登り坂へ。
登りは、ぼちらぼちらでないとペダルを回せない。

Dscn0718
柚野までは裏道で。
富士山が見えるので、撮れる所に寄りながら。
富士山カメラマンは少なかった。
雌橋へ。
ここからの路面は、思ったより綺麗だった。
たていしへ。
今日は田貫湖は止めて、朝霧へ。
じわじわ登り。

Dscn0748
畜産試験場。
まもなく、紅葉が始まりそう。
井之頭は空気が冷たい。
国139号の合流点の(K)は、ファミマに変わっていた。
店には寄らず、歩道を登る。
大型車が走る。
安全に。

Dscn0765_2Dscn0761
牧場の看板。
四ヶ国語。
道の駅朝霧まで登る。
ここから折り返して、朝霧の定点。

Dscn0770Dscn0793Dscn0804
富士山が大きい。
帰路へ。

Dscn0808
国139号へ下り、ふもとっぱらへ寄って行く。
ここのテントサイトは、夜と朝方は、感動のドラマだろう。
井之頭へ下る。
そば屋へ寄るが、満員。
しょうがない。
下条のセブンで済ます。
地元新聞に載っていた、富士山ポイントが近い。

Dscn0819
裏道の一角。
下条、西山、芝川駅経由で帰還。
午後2時25分着、82㎞。

| | コメント (0)

2017.10.12

10/12 田貫湖

しばらく、天気の予報が悪いので、自転車に乗る。
田貫湖へ。
朝8時30分発。
今朝は夏の陽気。
馬坂の下りは、気持ち良い。
芝川駅で立ち話。
気分転換だね。
芝川駅からの登りは、足が回らない。
信号機で小学生の団体。
がんばってと、声を掛けられる。
こちらは手を振ると、手を振ってくれたと、声が聞こえる。
バスの乗り方の、勉強がてらの校外学習と思うが。
柚野までは裏道。
柚野から国469号。
木陰だがペダルが重い。
前を自転車を押す、女の人。
何回と見かける。
雌橋で一息。
さらに登り。
暑い。

Dscn0638
朝日滝の上で、富士山を撮って見る。
たていしを過ぎて、白糸小辺りで、東京駅行きのバスとすれ違う。
田貫湖への登り。
木陰が嬉しい。
夏の陽気。
北岸へ。

Dscn0641Dscn0639Dscn0653Dscn0666Dscn0669
連休明けなので、人出は少ない方。
ただし釣り人は多数。
遊歩道を回る。
帰路へ。
たていしの自販機で給水。
クール缶がうまい。
雌橋へ下りるが、この道は路面が荒れてきた。
下りは注意。
下条、西山、芝川駅経由で帰還。
午後0時30分着、61㎞。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧