2017.04.20

4/20 田貫湖

風が治まった。
陽射しは、初夏の様相。
田貫湖へ、自転車に乗る。
朝8時45分発。
平年並みの気温のようだ。
服装は、ちょい着すぎだったかも。
芝川から登ると、汗ばんで来た。
富士山は、気持ち良く見える。
遠くから見える、黒門の桜の花は、散ってしまっている。

Dscn0233
寄らずに柚野の田んぼへ。
カメラマンが居た。
レンズの前で、ガラス板をかざしている。
聞けば、PLフィルターのようだ。
雌橋へ。
水量が多い。
坂を登って半野の田んぼへ。

Dscn0239Dscn0260
半野の桜は、葉が目立つ。
たていしから田貫湖へ。
たていしまで登ると空気が冷たい。
着すぎだったかも知れないが、ちょうど良かった。
田貫湖は北岸へ。
駐車場は満車状態。
溢れる事は無いくらい。

Dscn0265Dscn0272
田貫湖の桜は、満開。
満開の時に来たのは、ずいぶん久しぶり。
それに富士山も見えるし。
ただし雲が広がって来た。
展望台にも登って見た。
帰路へ。
白糸小で、休暇村への路線バスとすれ違う。
たていしの自販機でホット給水。
先を考えるが、素直に雌橋へ。
さらに西宮、岩本山経由で帰還。
向かい風だったが、陽ざしがなくなったので暑くは無い。
午後1時ちょうど着、61㎞。

| | コメント (0)

2017.04.16

4/16 黒門 富士桜自然公園

今朝も気持ち良い陽気。
家で休みたいが、行楽日和の陽気。
自転車で桜を見に行く事にする。
あちこち開花が遅れている。
平地の桜は、満開を過ぎたし、もういいよ。
朝8時40分発。
芝川経由で田貫湖方面へ。
登って行くと、向こうに桜が見える。
黒門の桜。
そういえば、黒門の事を忘れていた。

Dscn0092Dscn0096Dscn0102_2
カメラマンが居たが、静かな所。
たまに、車で通りかかった人が、スマホで撮って行く程度。
黒門の向こうにも、おとなしい桜が咲く。
三澤寺辺りで柚野地区を見ると、興徳寺の桜も見えるが、たぶんカメラマンでごった返しているだろう。
国469号を登って行く。
狩宿の下馬桜へ。

Dscn0114
先日は、一分咲きのアナウンスだった。
三分から五分咲きかな。
富士山が見えているので、田貫湖は止め。
富士桜自然公園へ。
下馬桜が咲けば、たぶん咲いているはず。
上井出から登り。
見た目には、キツクは無い程だが、足にくる勾配が続く。

Dscn0125
とりあえず定点。
この後もずっと登り。
今日は車がガンガンと追い越して行く。
地元車や県外車。
路線バスも観光バスも。
車が連なるほど、停める場所も無い程。
公園内を登って行けば、ロータリーの所で開花が終わっている。
駐車する車も少ない。
そこから下は、開花が進んでいるので、車も停まっている。
空は曇りがちだし。

Dscn0134Dscn0144Dscn0153Dscn0157Dscn0162Dscn0166
三分から五分。
上の方は開花したばかり。
帰路へ。
上井出へ下りて、村山へ。
ダンプは走らないが、バイクの音がうるさい。
あちこち花が咲いていた。

Dscn0170Dscn0173Dscn0180
村山神社も山桜や枝垂れ桜が咲いていた。
入山瀬駅経由で帰還。
午後1時ちょうど着、61㎞。

| | コメント (0)

2017.04.12

4/12 桜富士 明星山 田貫湖

11日、朝から雨。
一日、寒い雨だった。
風が強かったが、宵の口には雨も止み静かになる。

今朝は弱い陽ざしが。
高曇りながら富士山が見える。
自転車に乗るが、富士山コースで。
朝8時40分発。
雁堤。
ウォーキングやカメラマン多数。

Dscn0470Dscn0476
久しぶりに見た景色。
実相寺へと走り、脇の車道で貫戸へ。
星稜高経由で明星山へ。
地道となり自転車を押す。
途中で、チェーンで木に縛り付けて歩く。
明星山の、駐車場には車が2台。
1台は県外車。
花の量は少なめだが、満開に近い。

Dscn0481Dscn0500
Dscn0486
桜と富士山のコラボ出来るロケーション。
退職する前は、休みを重ねるのに苦労したが。
今は、富士山を見てから出かけられる。
次は大石寺へ。

Dscn0517Dscn0526
大石寺の枝垂れは落花多し。
周回コースで登る。
途中で狩宿へ。
地元新聞にも載っていたが、下馬桜はツボミ。

Dscn0529
井出邸でごまかす。

Dscn0532
半野のこちらも咲き始め。
雲が広がって来た。
たていしから田貫湖へ。
登り始めで、路線バスに抜かれる。
田貫湖は南岸へ。
正午発の路線バスとすれ違う。
曇り空。

Dscn0542
富士山は雲の中。
風除けを着て下る。
たていしの自販機でホット給水。
西宮へ下る。
フジF辺りの、潤井川沿いは満開。
腹を満たして、岩本山経由で帰還。
午後2時ちょうど着、61㎞。

| | コメント (0)

2017.04.03

4/3 久遠寺 身延町

久しぶりに、陽ざしが信頼できそう。
富士山は、雲に隠れているので、桜を見に行く。
山梨県身延町久遠寺へ。
昨年は、焼津のMさんのブログを見てから、後塵で行った筈。
今年は、開花が遅いが、たぶん行ってこれるだろう。
朝9時10分発。
富士川右岸の県10号を走る。
万沢へは、工事が終わって綺麗。
ネットも綺麗に張られている。

Dscn0215
万沢の宿には下りずに国52号へ出て、歩道で万栄橋へ。
結構、ショートカット出来た。
ここからは左岸。

Dscn0217
十島の発電所。
下井出からの登りはキツイが。

Dscn0221
富栄橋を過ぎてこの景色。
夏を思わせる。

Dscn0227
寄畑駅の鎮守の社。
いつもは、チラ見で過ぎてしまうが、寄って見た。

Dscn0232
自動車道はだいぶ出来た。
橋は、あと少しで繋がる。
富士川沿いの桜並木は、開花していない。

Dscn0235
峠を登った後は、身延橋が見える。
対岸へ折れて、総門。
警察官が交通規制をしている。

Dscn0238
総門の枝垂れは先週から見ごろだったようだ。
ここからは、バス以外入って来ない。
思ったより人出は少ない。
平日の所為か。
開花が遅い所為か。

Dscn0250Dscn0246Dscn0249_2
Dscn0252
山門。
激坂を押して登り、久遠寺の境内へ。
日陰って来た。

Dscn0290Dscn0282Dscn0301Dscn0307
開花も五分から七分咲きぐらい。
遠くの山には雪が見える。
帰る頃に陽ざしが出て来た。
帰路へ。
身延駅前のアップルで昼飯を食べる。
腹いっぱいで、峠へ登り返す。
風は向かい風。
内船駅でプチ休憩。
往路をトレースするが、松野の馬坂は回避して、ライトが付けて有るので、トンネルで楽をさせて貰おう。
午後3時40分着、85㎞。

ただただ、疲れた。

| | コメント (0)

2017.03.30

3/30 大代峠 立花橋

暖かい朝。
陽射しも出てるし、風は弱い。
自転車に乗る。
立花の枝垂れは咲いたか。
朝8時50分発。
風除けは着ていかず。
松野から大代峠へ。
久しぶり。
マイペースで登りだす。
狭い区間は、拡張工事が始まっている。
ずっとマイペースで。
やがて、最後のつづら折れ。

Dscn0146
大代峠。
以前より、2分ほど掛かっている。
由比へと下りて西へ。

Dscn0156
国道の自転車道で興津川を渡る。
折り返して興津川を遡上。
承元寺のキンチョーの看板が無かった。

Dscn0160
賽銭がこぼれそう。
立花橋の枝垂れは色づいていない。

Dscn0163Dscn0165Dscn0184Dscn0187
近くに寄れば、三分から五分咲き。
来週に来れば、ソメイヨシノも咲くかな。

Dscn0194
蛇行の定点。
帰路は概ね往路で。
由比の宿で、アロハさんと立ち話をして、蒲原の海岸線経由で帰還。
午後0時40分着、56㎞。

| | コメント (0)

2017.03.28

3/28 田貫湖

春らしい朝。
暖かく感じる。
十日ぶりに、自転車に乗る。
朝8時40分発。
芝川駅まで、そんなに寒くは無かった。
芝富小を登り、風除けを脱ぐ。
柚野までは柚鳥富士コース。
興徳寺の枝垂れは、咲き始め。
桜峠の入口の枝垂れも、咲き始め。
今年は遅いようだ。

Dscn0100Dscn0109
桃源郷は、モクレンが咲き誇っている。
赤色が少ない。
昨年より、画角内に花が少ない。
富士山も雲が掛かり、カメラマンは撤退の理由を思案している。

Dscn0124
千光寺の枝垂れも咲き始め。
雌橋から登り。
半野へ上がると冷たくなった。
たていしから田貫湖へ。
田貫湖の登りも冷えて来た。

Dscn0129Dscn0134
今日は南岸で済ます。
帰路へ。
風除けを着て行く。
下って行けば、空は曇り。
雌橋へ下り、西宮へ。
今日は、昼飯を食べて来るようにとの、命。
西宮で、お腹を満たして岩本山経由で帰還。
茶畑では雨粒を感じた。
午後1時ちょうど着、59㎞。
家まで、風除けを着て来た。
その後に外を見れば路面が濡れている。
雷鳴も聞こえる。

| | コメント (0)

2017.03.18

3/18 田貫湖

ここ数日、朝のうちは天気が良い。
今日も昼までは晴れ。
のち、曇り。
自転車に乗る。
朝8時50分発。
田貫湖へ。
出がけは、富士山も綺麗に見える。
芝川までは向かい風だが、そんなに寒くは無い。
芝川駅で風除けを脱ぐ。
裏道で柚野。
柚野から国469号。
雌橋。
今日は、いつもより鼻がむずい。
坂を登れば半野のたんぼ。
やっと目的を達成。

Dscn0302Dscn0304
半野の桜。
たていしから田貫湖へ。
たていしから空気は冷たいが、春の陽ざしが有る。
田貫湖は北岸へ。
連休なので人が多い。
南岸のサイトは、かなりのテントが見えた。

Dscn0307Dscn0324_2
展望台にも登る。
途中の木々が払われていて、眺めが良くなっている。
桜とのコラボで富士山が撮れそう。
帰路へ。
たていしの自販機でホット給水。
休暇村への路線バスが通り過ぎる。
久しぶりに、村山へ。
白糸の梅は満開。
富士山に雲が掛かって来た。
村山へのアップダウンの走り方を忘れた。

Dscn0329
村山浅間神社。
空は曇って来た。
ここからは下り。
午後1時5分着、65㎞。

| | コメント (0)

2017.03.16

3/16 田貫湖

陽射しが出て春めいている。
自転車に乗る。
芝川経由で田貫湖。
朝9時5分発。
頭に雲が掛かるが富士山は綺麗だ。
静甲前のタヌキは片づけられていた。
芝川駅で風除けを脱ぐ。
登り坂で汗ばむほど。
裏道で柚野へ。
柚野から国469号。
雌橋の水量は減っていた。
半野へ登れば、空気は冷たい。
積雪した毛無山。

Dscn0245Dscn0252Dscn0257
半野の桜は見ごろとなったが、富士山はハズレ。
たていしから田貫湖へ。

Dscn0263
北岸へ。
雲が広がって来た。
早々に帰路へ。
たていしまで下っても、路線バスには遭遇せず。
たていしは素通りで、雌橋へ下る。
下条の西宮と西山への分岐点で自販機給水。
西山へ下り、芝川駅経由で帰還。
下界は晴れていた。
午後0時45分着、61㎞。

その後、雨が降りそうな空模様。

| | コメント (0)

2017.03.12

3/12 田貫湖

朝は暖かめ。
平年並みの気温と思うが。
自転車に乗る。
日曜はダンプが走らないから。
朝9時15分発。
風除けは着て行く。
静甲のタヌキと出会う所で、道路上に倒れている。
カラスが添い寝をしている。
見ないように端を走る。
車は、対向車線に出て走る。
芝川駅で風除けを脱ぐ。
登り坂。
ずんずん登るが、追い風気味だった。
柚野まで県道。
その先も県道で雌橋。
その坂を登って、半野の桜へ。

Dscn0215
桜は五分咲き。
富士山は二分。
たていしから、風が体に当たると冷たい。
田貫湖は北岸。

Dscn0218Dscn0223
富士山が見えないので、ここで良いか。
早めに帰路へ。
たていしで、休暇村へのバスとすれ違う。
たていしは素通りで雌橋へ。
下条、西山、芝川駅経由で帰還。
向かい風だと、冷たかった。
午後0時50分着、61㎞。

| | コメント (0)

2017.03.10

3/10 白糸の梅、田貫湖

9日、冬晴れ。
寒い朝。
天気が良いが、家で脳トレ。

今朝も寒い。
朝のうちは、風は弱い。
田貫湖へ、自転車に乗る。
朝9時ちょうど発。
富士山は、次々と流れて来る雲がかかる。
芝富小を登り、風除けを脱ぐ。

Dscn0149
柚野まで柚鳥富士コース。
柚野から県道で雌橋。

Dscn0154
半野の桜を見に行くが、桜はもう一歩。
富士山は雲。
たていしから風が強くなる。
冷たい。
田貫湖へ登り坂。
北岸へ。

Dscn0158Dscn0178
雲が取れて来た。
たまには遊歩道を。
久しぶりの休暇村デッキ。
三脚が縛り付けて有る。
ダイヤモンド富士は、4月のはずだが。
三脚を担いだカメラマンが登場。
聞けば、パール富士だと。
今のうちに、陣地取りをしないと、三脚が立てられないようだ。
帰路へ。
下る時に、正午発の路線バスが登って来た。
たていしの自販機でホット給水。
富士山が出て来たので、白糸の梅。

Dscn0188
梅は満開。
梅園の中には入らず。
赤い橋へ下り狩宿へ。
下条、西山、芝川駅経由で帰還。
下界は、暖かい風が強くなる。
午後1時5分着、64㎞。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧