2017.02.19

2/19 田貫湖

平年並みの予報。
朝から陽ざしが強い。
それも暖かい陽ざし。
外に出れば空気は冷たい。
日曜は遅い起き出し。
それでも、できぱきと支度を済ませ、自転車を外に出す。
朝9時40分発、
芝川経由で田貫湖へ。
芝川までは冷たい向かい風。
芝富小を登り、風除けを脱ぐ。
まだ着ていた方が良いほどだが。

Dscn0283
柚鳥富士経由で柚野へ。
富士山が見えると気持ち良いコース。
ちょっとキツイが。
雌橋からたていしへ。
向かい風が冷たい。
林間となれば、寒さも我慢できる。
たていしから田貫湖へ。
湖畔は冷たかったが、自転車を下りれば陽ざしが暖かい。

Dscn0289Dscn0290
定点では湖面が穏やかだったが、あっという間に風は吹きつけ湖面が揺れる。
南岸へは行かずに、たていしへ。
自販機でホット給水。
雌橋へ向かおうと思って、思い出した。

Dscn0296Dscn0300
白糸の梅。
紅いのは見ごろ。
白いのは、まもなく。
また忘れずに寄ろう。
赤い橋へ下り、狩宿へ。
黄色が見えたので、寄って見る。

Dscn0305
井出邸。
下条、西山、芝川駅経由で帰還。
帰路は、向かい風。
少しは温まる。
午後1時30分着、63㎞。

| | コメント (0)

2017.02.12

2/12 田貫湖

静岡でも御殿場界隈で、高速道路に雪の影響が出ていた。
1500m以上の山には、雪の痕跡が見える。
平地の水溜りには、氷が張っていたりする。
それくらい寒気が入り、寒い日が続いている。
外を見れば富士山が呼んでいる。
自転車に乗る。
芝川経由で田貫湖へ。
朝9時20分発。
風は弱い。
芝川駅から登って行けば、体が温まって来た。
芝富小を過ぎて風除けを脱ぐ。
柚鳥富士コースで柚野へ。

Dscn0133
定点は見通しが良くなっていた。
一昨日より体が温まると、自転車が楽しくなる。

Dscn0138
冬晴れの興徳寺。
県道で雌橋へ。
その前に定点へ寄れば、先客が二組。

Dscn0143
私は、ちゃっちゃと撮る。
雌橋から登れば、たていしからの下りを規制している。
白糸駅伝のランナーが走って来た。
最後のランナーと大会関係者の車が通る。
最後の方は、団子状態で連なって走っていた。
たていしから田貫湖へ。
風は冷たい。
田貫湖へ登り北岸へ。

Dscn0165Dscn0174Dscn0179Dscn0185
富士山が透き通っている。
南岸へも寄る。
正午の休暇村発の路線バスとすれ違う。
南岸の遊歩道は工事中。
芝生を歩かないといけないので、ここから帰路へ。
田貫湖の下りは、冷蔵庫の気温。
たていしの自販機でホット給水。
最近は120円の缶。
雌橋へ下りて、下条、西山、芝川駅経由で帰還。
雲も多くなり体感温度が寒い。
午後1時20分着、64㎞。
チェーンに給油。

| | コメント (0)

2017.02.10

2/10 大石寺でやめ

9日、朝起きれば路面が濡れている。
雨が降って来ないうちにゴミ出し。
一日、寒いが。
雨は、虫を覚醒させるほど。

朝は、そんなに寒さは感じない。
予報では、土日より気温が高い。
自転車に乗る。
朝9時5分発。
芝川経由で田貫湖へ。
北風なので向かい風。
体は温まらない。
芝川駅を過ぎて登りで、先輩の車に捕まる。
ちょい立ち話となる。
ここで風除けを脱ぐが、この先いっこうに温まらなかった。
柚野を過ぎて、曇り空が広がって来た。
このまま寒くて、楽しくないと判断。
大石寺へ折れて、帰るとする。

Dscn0090Dscn0098
富士山が出ているが、寒気が入ってくる。
下条、西山、芝川駅経由で帰還。
富士川楽座を過ぎると、停まって撮らないと、いけないと思う景色。 

Dscn0101Dscn0105
愛鷹山も白い。
午前11時55分着、44㎞。

| | コメント (0)

2017.02.04

2/4 田貫湖

予報では暖かくなる。
外は雲が広がり北風が吹く。
どうしようかと思いつつ。
interFMのiHeart Hawaii が、土曜朝のマイブーム。
これを聴いていると、出かけるのが、いやになりそう。
風も弱まったみたい。
朝9時20分発。
田貫湖へ。
松野からは、冷たい向かい風。
ダンプや大型車が多かった。
芝川駅を登り、芝富小で風除けを脱ぐ。
芝富小前の信号機は稼働していた。
柚野までは安全コース。

Dscn0177
柚野からは県道。
雌橋を登り、たていし。
空気が冷たい。
田貫湖へ登るが、体が冷える。
北岸へ。
路駐が多い。

Dscn0180Dscn0189
湖畔は風が弱いが、湖面は揺れている。
車道で南岸へ。
南岸の遊歩道は、工事中だった。
帰路へ。
休暇村前で、正午の路線バスが来た。
今日は、たていしの自販機でホット給水。
白糸の梅定点は、もう少し先。

Dscn0194
白糸から狩宿へ下りて、下条、西山、芝川駅経由で帰還。
富士市街が見えると、空には黒い雲と思ったら煙か。
広報は流れていないようだが、工場火災だよね。
松野は南風の向かい風。
午後1時20分着、65㎞。

| | コメント (0)

2017.01.29

1/29 田貫湖

27日、朝は曇りがち。
寒さを感じるが、昨日より高いようだ。
昼前から暴風となる。
午後は、歯。

28日、朝から寒さも一段落。
昼間はさらに気温が上がった。
草薙で親類の集い。

今朝は寒くは無かった。
暖かいと問われれば、うなずけないが。
十分に外気が暖まった頃に自転車。
田貫湖へ。
タイヤを確認したら後輪がぺちゃんこ。
チューブを外して洗面所で確認したら、バルブの付け根から泡が出た。
寿命だね。
鉄片が刺さっている様子で無いので、そのまま新チューブを入れる。
何気に先日交換した前タイヤを眺めたら、700×28の印刷。
クロス車のタイヤを付けていた。
面倒なので、チューブだけ準備をして出かける。
どうりで嵌める時にシューが擦ると思った。
後ろも28cで使えるかな。
10時ちょうど発。
馬坂も富原橋手前も、我慢できるほどの気温。
芝川から登り。
陽射しが当たれば暖かいが、木陰は気温が低い。
県道で走り、柚野から国道。
今日は雌橋。
木陰なので冷える。
たていしから田貫湖への登りへ。
途中で、正午前の路線バスが追い越して行く。
田貫湖は北岸へ。

Dscn0085Dscn0092
薄雲が広がって来た。
富士山には傘雲になりそうな雲。
国際語は耳にしなかった。
帰路へ。
たていしは素通り。

Dscn0095
白糸へ抜けてから狩宿へ下りる。
県道交差点のGSで自販機給水。
その後は、西宮、岩本山経由。
黒田の先で舗装工事が始まっていた。
このコースは、しばらく止め。
コンビニで補給して帰還。
午後1時30分着、60㎞。

| | コメント (0)

2017.01.22

1/22 田貫湖

19日、朝は曇り。
気温は、前日より高め。
予報では,、昼過ぎから晴れてくる。
午後は、歯。

20日、曇り空。
午後遅くから雨が降りだした。
寒い一日だった。

21日、いくぶん暖かい。
晴れているが北風が強い。
家で用事を済ます。(FMアンテナの件)

今朝も昨日並みの気温。
寒さも慣れたので、これぐらいならどうという事なし。
風も弱め。
自転車で田貫湖へ。
朝9時35分発。
芝川経由で。

Dscn0182
その前に、新しい景色を見に行く。
馬坂の下り、富原橋の手前は、ひえっと。
芝川駅を過ぎて、風除けを脱ぎ登り。
人が多く出て来る。
どうやら子供たちの駅伝大会のようだ。
邪魔にならないように、先を急ぐ。

Dscn0185
柚野で一枚撮っておく。
傘雲は、時間と共に形が変わる。
県道で狩宿へ。

Dscn0197
白糸経由でたていしへ。
さすがに空気が冷たい。
風除けを着ても良いが、面倒だ。
田貫湖への登りで温まるか。
北岸へ。

Dscn0203Dscn0210Dscn0215
風が吹きつける。
湖面は波打つ。
少しは、凍っているかと思ったが。
風除けを着よう。
車道で南岸に。

Dscn0225
山頂の雲は取れて来た。
帰路は、たていしはスルーして、雌橋。
西宮、岩本山経由で帰還。
向かい風が強くてまいった。
午後1時35分着、64㎞。

| | コメント (0)

2017.01.17

1/17 浜石岳

寒さは、だいぶ緩んだ。
晴れて富士山も綺麗に見える。
田貫湖と思ったが、ずっと考えていた浜石岳へ。
何年ぶりだろうか。
朝9時30分発。
クロス車に37cのタイヤで向かう。
走りだしてサイコンが動かない。
良く見れば、センサーが付いて無い。
さらにサドルバックが付けて無い。
という事は、替えチューブを持ってきていない。
太いタイヤなので、パンクは起きないと。
いつもは、入山から槍野(うつぎの)経由で林道を登って行くが。
今日は、由比から一気に車道を上がる。
初めの頃は、車道を使っていたが、勾配が急過ぎて息が続かない。
それから槍野経由となった。
それでも勾配がキツイが。
今日は、キツイ所は押してゆけば、一気に高さを稼げる。
阿僧の合流地点では、工事中だが通れる。
池田線の合流まで半分ほど押した。
その先は、何とか自転車に乗り、山頂直下の駐車場へ。
浜石岳。

Dscn0102
Dscn0103Dscn0108Dscn0138Dscn0141Dscn0115
2013年12月29日以来かな。
ハイカーは少ない。
ハイカーと立ち話しながら、40分ほど潰す。
帰路は、往路を帰る。
午後1時35分着、40㎞ほど、過去の記録より。

携帯ラジオでFMの受信を確かめる。
登録チャンネルを押しながらイヤホンケーブルを動かすと。
東京FM、横浜FM、bayFM、Jwave、interFM、FMfuji、NHK東京と入る。
もちろんK-mixも。
富士市のradio-f (20W)はノイズ混じりだった。

Dscn0151
カモメ

Dscn0095
新幹線

Dscn0148
キツネ

Dscn0146
逆さ富士

| | コメント (0)

2017.01.09

1/9 たていしで・ちょん

8日、寒い一日。
昼から雨が降りだし、夜は北からの大風。

今朝は、富士山が半分見えていた。
これから、どんどん晴れて来ると思った。
昨日から比べれば、今日は暖かいはず。
自転車に乗る。
芝川経由で。
朝9時20分発。
いつもの、馬坂、富原橋辺りの冷えは、感じなかった。
芝川駅辺りで風除けを脱いで、登りへ。
雲が広がり陽ざしが無い。
動かないと温まらない。
県道で柚野へ。
柚野から国469号へ。
至るところで、杉の枝や粉末が路面を覆っている。
この道は失敗だった。
雌橋の先も同じ状況と思う。
狩宿を選ぶ。

Dscn0581Dscn0582
そこからは、白糸へ登る。
たていしへ折り返して自販機へ。
田貫湖へは、富士山も見えないし雲が厚いので、ここでちょん。

Dscn0601
自販機はクールまま。
需要が有るとは思えない。
隣の自販機で、ホット給水して下る。

Dscn0603Dscn0611
半野の田んぼを、ちょい寄り道してから、狩宿の赤い橋へ下る。
帰路は、芝川へ。
途中から顔にぶつかる物を感じる。
観音橋からは、それが雨粒と分かる。
柚野へは、県道で下りる。
芝川駅に近づくほど、雨粒が大きくなる。
着ている物が多いので、冷たくは無い。
松野では降っていたが、富士市街が見えたら止んでいた。
午後0時45分着、55㎞。

あちこち、杉の木の下は、枝で路面が覆われていた。

| | コメント (0)

2017.01.07

1/7 田貫湖

今朝も平年並みの冬の気候。
予報では、昼は暖かくなるとの事。
自転車で田貫湖へ。
朝9時30分発。
芝川経由。
馬坂と富原橋手前は、凍える空気。
芝川駅辺りで風除けを脱いだが。
風が弱いので、温まるかな。
県道で柚野へ。
さらに、国469号を走る。
雌橋は回避して狩宿。

Dscn0543
井出邸は存在感が有る。
赤い橋を渡り、たていしへ。
田貫湖手前で一息。
田貫湖の登りは、ひえひえ。
北岸へ。
釣り人は少なめ。遊歩道を歩く人も少なめ。

Dscn0546
すっかり雪が減って来たが、明日の夜から積もりそう。
去年は、もっと少なかった。

Dscn0563
南岸へ。
湖面は波が有るが、ちょっと細工して撮って見る。
これを家で処理。

Dscn057205720574_2
上がオリジナル、下が処理した画。(加工はしていいない)
帰路へ。
たていしの自販機でホット給水。
西宮、岩本山経由で帰還。
午後1時30分着、62㎞。

| | コメント (0)

2017.01.03

1/3 田貫湖

今朝も寒いが、青空が広がる。
風は弱い。
予報では3月の陽気。
田貫湖へ。
朝9時20分発。
馬坂では、登りも空気が冷たいし、下りはさらにヒエヒエ。
ほてい運輸辺りは霜が降りているし。
芝川駅辺りで、風除けを脱いで登りへ。
ゆっくりとペダルを回す。
体が温まる。
柚野からは、日が当たる県道へ。
地元民とちょい立ち話。
雌橋から、さらに登り。
たていしまで登る。
田貫湖への登り手前で、息を整える。

Dscn0499Dscn0502
田貫湖は北岸へ。
遊歩道を歩く人が多い。
横で三脚を立てていた。
最近は、スマホでデザリングして撮っている。
リモートケーブルも必要無いか。
肥やしとなりそうだが、バルブ撮影には必要かな。

Dscn0509
車道で南岸へ寄り道。
正午前の路線バスが登って来た。
帰路へ。
たていしの自販機でホット給水。
猪ノ頭行きのバスが過ぎ、さらに先ほどの休暇村からのバスが下りて来た。
雌橋へ下りて、西宮、岩本山経由で帰還。
暖かい。
午後1時10分着、61㎞。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧