2017.05.27

5/27 田貫湖 茶畑

25日、起きれば路面が濡れている。
弱い陽ざしが出るが、厚い曇り空。

26日、朝は雨音で目覚める。
昼前には止んで、湿った曇り日。

昨夜に降りだした雨は、朝方まで降っていたようだ。
路面には痕跡が残っている。
雲が多いが、陽射しも出て来て、天候も回復する空模様。
田貫湖へ自転車に乗る。
朝8時55分発。
夏服装。
登って行くが、汗は掻かない。
風が気持ち良いから。

Dscn0106
柚鳥富士コース。

Dscn0109
雌橋辺りから見える富士山の頭に、影が見える。
雌橋から登り、たていしへ。
田貫湖へ登り。

Dscn0120Dscn0121_2Dscn0128
北岸へ。  
車が少なめ。
南岸のテントサイトには、設営する人が多い。
湖畔を走れば、気持ち良い風。
帰路へ。
たていしの自販機で給水。
110円也。
村山へ向かう。
たまに大型車が走る。
村山から大渕の茶畑へ。

Dscn0147Dscn0157
前回来た時は、芽が伸びていなかったが、今回は先週に摘まれたばかり。
それでも緑が映える。
午後1時25分着、71㎞。

| | コメント (0)

2017.05.23

5/23 千本公園

22日、暑いので出かけず、2時間ほどの労働をする。
しっかり汗を掻いたので、運動効果あり。

今朝は晴れているが、空は霞んでいる。
運動するのが面倒だが、平地で自転車に乗る。
千本公園へ。
朝8時50分発。
富士川河口から東へ。
東へは、追い風基調の横風。
石油基地のタンクは白い。
堤防へ登り返して、さらに東へ。
平日だが、自転車乗りが多い。
いつ仕事をやるのか。
千本公園。

Dscn0257_2Dscn0266
振り返ると富士山が見えていた。
大瀬崎も綺麗に見える。
帰路は、向かい風基調の横風。
だんだんと向かい風となる。

Dscn0270Dscn0276
まもなく夏のオープンに備えて、整備中マリンプール。
富士山が見えるので、田子の浦港でも止まる。
午前11時半着、55㎞。

| | コメント (0)

2017.05.19

5/19 田貫湖

今朝は気持ち良い陽気。
雨の心配もなかろう。
自転車に乗れる気分。
朝8時50分発。
芝川経由で田貫湖へ。
田んぼの中の道を走って行く。
雌橋から登り半野の田んぼへ。

Dscn0205Dscn0217
すでに田植えは終わっているが、休耕田が増えて来た。
田貫湖の登り口まで、田んぼの道。

Dscn0222Dscn0232
坂を登って北岸へ。
駐車場は空いている。
富士山には、雲。
帰路は、たていしの自販機で給水。
百円缶で済ます。

Dscn0234
下条の定点。
ここから西山へ。
芝川駅まで信号機一つで下れる、楽しい道。

Dscn0237
新東名の影は、日時計となる。
南風の向かい風なので暑くなって来た。
午後0時半着、61㎞。

| | コメント (0)

2017.05.16

5/16 千本公園

15日、雨が降りそうな曇り空。
昼前に雨。
その後、日も出るが曇り。

今朝も曇り空。
空は明るい。
平地で自転車に乗る。
朝8時40分発。
富士川河口から東へ、沼津市の千本公園へ。
追い風基調の横風。

Dscn0175Dscn0178
田子の浦港に変わった貨物船が見える。
石油基地から堤防で千本公園。
平日だが自転車乗りが多かった。

Dscn0179
千本公園。
帰路は、横風基調の向かい風。
さらに、向かい風となる。
午前11時15分着、55㎞。

| | コメント (0)

2017.05.07

5/7 田貫湖オフ

オフ会で田貫湖へ。
突然の呼びかけだったが、TAさんが友人Sさんと現れた。
三人で田貫湖へゴー。
暑くなる予報なので、ほとんど夏服。
空は、湿った雲なのか黄砂なのか。
芝川の田んぼは、さらに田植えが進んでいる。

Dscn0086
黒門へ寄り、狩宿へ寄る。
赤い橋を渡り半野へ。
たていしから登れば、田貫湖へ。
富士山が雲をバックに見えて来た。

Dscn0094Dscn0106Dscn0108
今日は南岸へ。
白糸庵で腹を満たして帰る。
帰路へ。
西宮、鷹岡経由で下る。
途中で二人と別れ帰還、64㎞。
一日中、曇り空だった。

| | コメント (2)

2017.05.04

5/4 千本公園

3日、朝は薄日。
日も挿すが、曇りがちな一日。
涼しかった。

初夏の空模様。
雲が広がるが、青空も見える。
今日は平地。
海岸線を千本公園へ。
朝9時ちょうど発。
富士川河口から東へ向かうが、弱い向かい風。
田子の浦港。

Dscn0484
富士山が見える。
ぐるっと港を回りこみ、石油基地から堤防へ。
横風気味。
自転車とすれ違う。
自転車に追い越される。

Dscn0490Dscn0496
千本公園の浜も初夏。
帰路へ。
風向きが変わり、弱い向かい風。
帰りの田子の浦港では、遠い駐車場も車で埋まっていた。

Dscn0499
皆さん、シラス丼が目当て。
午後0時15分着、55㎞。

| | コメント (0)

2017.04.30

4/30 田貫湖 富士山が綺麗だった

昨日の夕方には、ドカンとミ〇イルが落ちたと思うほどの雷鳴。

今日は、自転車と決めていた。
富士山は霞んでいるが、五月富士だね。
朝8時30分発。
服装には、考えさせられる気温。
とりあえず上は、前回と同じ。
芝川から登れば、やはり薄着で良かったと後悔。

Dscn0392
柚鳥富士コース。
霞んでいた富士山が、それなりに見えて来た。
田んぼには水が入り、苗も植わっている。

Dscn0407Dscn0412
柚野の逆さ富士の田んぼへ。
先日会った御仁が居た。
朝は霞んでいたが、待った甲斐が有ったと言う。
カメラマン二方。
皆さん何処へ行ったんだろう。
今日は、雌橋から登る。
宮のチームの人に、軽く追い越された。
速い人は、登り付いた後が速い。
こちらが登りつくと、姿は見えず。
たていしから田貫湖へ。
前回より、追い越す車が少ない。

Dscn0419Dscn0423Dscn0429
北岸へ。
新緑だね。
帰路へ。
たていしの自販機で給水。
今日は110円也。
日曜なので村山へ。

Dscn0437
途中の素通りする桜。
少し落ちているが、富士山と撮れるので車が停まっている。

Dscn0444
大渕のツツジ。
車では撮れない。
大渕の茶畑にも寄って見るが。

Dscn0447
発芽が遅い。
駐車場は、何か所も整備されている。
後ろの扇風機は隠せない。
新緑になった時に、富士山が見えるか。
寄り道したので、時間が押した。
午後1時15分着、70㎞。

| | コメント (0)

2017.04.28

4/28 田貫湖

26日、午後から雨予報だったが。
降りだしたのは、夜。

27日、朝方には雨は止む。
昼過ぎから雨が降る。

朝から陽ざしが気持ち良い。
外気も暖かく感じる。
自転車に乗る。
芝川経由で田貫湖へ。
朝8時30分発。
田んぼには、機械が入り耕されて行く。
水も入る。

Dscn0340
黒門。
柚野から国469号で。
狩宿へ寄って見る。
こちらの葉は色が悪い。
赤い橋を渡り半野へ。
たていしまで登ると、空気が冷たい。
白糸小辺りで路線バスとすれ違う。
田貫湖への登り口で、東京駅行きのバスとすれ違う。
田貫湖へ登るが、追い越す車は少ない。
明日からは、世間では黄金連休。
車も多くなるだろう。

Dscn0347
Dscn0353Dscn0367
北岸へ。
桜の花は、まだ残っていた。
帰路へ。
たていしは素通りで、西宮、岩本山経由で帰還。

Dscn0370
岩本山の茶畑は、色づいて来た。
午後0時25分着、60㎞。

| | コメント (0)

2017.04.20

4/20 田貫湖

風が治まった。
陽射しは、初夏の様相。
田貫湖へ、自転車に乗る。
朝8時45分発。
平年並みの気温のようだ。
服装は、ちょい着すぎだったかも。
芝川から登ると、汗ばんで来た。
富士山は、気持ち良く見える。
遠くから見える、黒門の桜の花は、散ってしまっている。

Dscn0233
寄らずに柚野の田んぼへ。
カメラマンが居た。
レンズの前で、ガラス板をかざしている。
聞けば、PLフィルターのようだ。
雌橋へ。
水量が多い。
坂を登って半野の田んぼへ。

Dscn0239Dscn0260
半野の桜は、葉が目立つ。
たていしから田貫湖へ。
たていしまで登ると空気が冷たい。
着すぎだったかも知れないが、ちょうど良かった。
田貫湖は北岸へ。
駐車場は満車状態。
溢れる事は無いくらい。

Dscn0265Dscn0272
田貫湖の桜は、満開。
満開の時に来たのは、ずいぶん久しぶり。
それに富士山も見えるし。
ただし雲が広がって来た。
展望台にも登って見た。
帰路へ。
白糸小で、休暇村への路線バスとすれ違う。
たていしの自販機でホット給水。
先を考えるが、素直に雌橋へ。
さらに西宮、岩本山経由で帰還。
向かい風だったが、陽ざしがなくなったので暑くは無い。
午後1時ちょうど着、61㎞。

| | コメント (0)

2017.04.16

4/16 黒門 富士桜自然公園

今朝も気持ち良い陽気。
家で休みたいが、行楽日和の陽気。
自転車で桜を見に行く事にする。
あちこち開花が遅れている。
平地の桜は、満開を過ぎたし、もういいよ。
朝8時40分発。
芝川経由で田貫湖方面へ。
登って行くと、向こうに桜が見える。
黒門の桜。
そういえば、黒門の事を忘れていた。

Dscn0092Dscn0096Dscn0102_2
カメラマンが居たが、静かな所。
たまに、車で通りかかった人が、スマホで撮って行く程度。
黒門の向こうにも、おとなしい桜が咲く。
三澤寺辺りで柚野地区を見ると、興徳寺の桜も見えるが、たぶんカメラマンでごった返しているだろう。
国469号を登って行く。
狩宿の下馬桜へ。

Dscn0114
先日は、一分咲きのアナウンスだった。
三分から五分咲きかな。
富士山が見えているので、田貫湖は止め。
富士桜自然公園へ。
下馬桜が咲けば、たぶん咲いているはず。
上井出から登り。
見た目には、キツクは無い程だが、足にくる勾配が続く。

Dscn0125
とりあえず定点。
この後もずっと登り。
今日は車がガンガンと追い越して行く。
地元車や県外車。
路線バスも観光バスも。
車が連なるほど、停める場所も無い程。
公園内を登って行けば、ロータリーの所で開花が終わっている。
駐車する車も少ない。
そこから下は、開花が進んでいるので、車も停まっている。
空は曇りがちだし。

Dscn0134Dscn0144Dscn0153Dscn0157Dscn0162Dscn0166
三分から五分。
上の方は開花したばかり。
帰路へ。
上井出へ下りて、村山へ。
ダンプは走らないが、バイクの音がうるさい。
あちこち花が咲いていた。

Dscn0170Dscn0173Dscn0180
村山神社も山桜や枝垂れ桜が咲いていた。
入山瀬駅経由で帰還。
午後1時ちょうど着、61㎞。

| | コメント (0)