« 3/3 明星山 | トップページ | 3/5 桜峠のさくら、田貫湖 »

2017.03.04

KT-1010Fを再生 その1

KENWOOD KT-1010F を手に入れた。
昨日Hオフで、カウンター横で2台のチューナーに電源を入れた。
一台は、電源が入るがボタンを受け入れず。
もう一台は、選局動作するが、受信しない。
とりあえず帰宅。
ネット検索すると、KT-1010Fは表示が1888と出ると当たり。
不良部品の箇所が、はっきりしている。

Dscn0255
今日は、もう一度確かめて見ると、当たりが出た。
2160円を支払い、車の中でカバーを外して、ICの電源とアースをテスターで確認。
ビンゴ。
そのまま、よりみち。
よりみちとは、お店の名前。

Dscn0275
目当ての電解コンデンサーと電源周りの電解コンデンサーを購入。

Dscn0278
家で、2200μF 6.3V(290円)を交換して、電源を入れればFM76.0MHzと表示する。
とりあえず第一関門をクリア。
ただしこの後にアンテナを繋げてオート選局するが受信しない。

Dscn0282
マニュアルで、やっと富士市送信のK-mixが入った。
とりあえずここまで。
後は、テスターのみで、いじって見る事になる。

現在メインのVictor T-X900(2160円)は、電源が入って素直に聴けた。
ただしカバーを取って見たら、電源の電解コンデンサーとRFのセラミックコンデンサーを交換したが。

|

« 3/3 明星山 | トップページ | 3/5 桜峠のさくら、田貫湖 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 3/3 明星山 | トップページ | 3/5 桜峠のさくら、田貫湖 »