2016.12.24

12/24 田貫湖

22日、曇り空。
寒さは緩んでいる。
サザンカの枝を払って、片づけをしていたら、雨粒が落ちて来て雨となる。
夜に大雨となり、日付が変わる頃まで嵐。

23日、風が強い。
春のような暖かさ。
やりたいことが出来て、そちらで時間を潰す。
問題が起きて、頭が痛い。

今朝は気温が低くなったが、平年より高いかな。
自転車に乗る。
朝8時50分発。
北風なので向かい風。
富原橋手前の静甲辺りで、タヌキが寝ていた。
ここは、タヌキの巣が有るみたい。
芝川駅から登りなので、風除けを脱いだが、空気が冷たい。
柚野から国道。
雌橋で一息。

Dscn0323
水量が増えた。
半野へ登れば、寒い。
たていしで風除けを着ることに。
つま先が冷たく、シューカバーが必要か。
田貫湖へ登り北岸へ。
釣り人が多い。
風が吹いて、湖面には波が立つ。

Dscn0324Dscn0332
恋人二人が、同じ場所に居つづけるので、思うように撮れない。

Dscn0343
止めて南岸へ。
先週とは違い、テントが多い。
連休と冬休みとクリスマスの所為か。
良く見ると大型テントに煙突が出ている。
聞けば、マキストーブ。
すぐに暖まり、料理も出来るとか。
こんなのを見るのも楽しい。
帰路へ。
たていしは素通り。
そのまま西宮、岩本山経由で帰還。
西宮まで下りたら暖かくなった。
午後0時50分着、60㎞。

| | コメント (0)

2016.12.21

12/21 田貫湖

20日、朝は、高曇りながら、富士山には傘雲。
出かけようかと思ったら、雲が厚くなる。
無理せず。

今日は、暖かいようだ。
明日から天気が悪いし、週末は気温も下がる。
こんな日は、自転車。
朝8時45分発。
芝川経由で田貫湖。
馬坂と富原橋手前は冬の気温。
芝川駅で遭遇する御仁。

Dscn0248
会社の時とは打って変わり、こんな才能が有る。
風除けを脱いで登りへ。
汗が染み出る。
柚野からは県道。
ぼちぼちと。
雌橋から再び登りへ。
水量はだいぶ少なくなった。

Dscn0261Dscn0273
雌橋から登り、半野の田んぼへ。
陽射しが眩しい。
田貫湖への登りも、たいして冷たくなかった。
田貫湖の北岸へ。
釣り人が多い。
道路沿いに、停めて有る車の大半は釣り屋。

Dscn0279Dscn0284
狸の展望台へ登って見る。
湖面は、やんわりと波打つ。
帰路へ。
たていしの自販機でホット給水。
ワンコインでは買えない缶。
雌橋へ下りて、下条。
西宮、岩本山経由で帰還。
暖かいが風は強く吹かない。
コンビニで昼飯を補給した。
午後1時5分着、60㎞。

| | コメント (0)

2016.12.18

12/18 田貫湖

17日、寒いの一言。
この冬一番の冷え。
外には真白い富士山が構えるが、今日は無理せず。

今朝も冷えたが、昼は気温が上がるようだ。
週一の自転車に乗る。
田貫湖へ。
朝9時25分発。
寒さの為と、家の中が休みモードなので、遅い起床だった。
寒いのと北風が強いので、日が当たり体が温まるコースで。
実相寺から万野経由へ。
歩きコースだね。
いきなりの坂。
貫戸へ出て黒田へ。

Dscn0170
ここも、富士山の定点。
富士宮へ下りて西宮から大石寺へ。
ここの坂も、体を温めてくれる坂が嬉しい。(筈はないが安全)

Dscn0171Dscn0176
大石寺の周遊道から狩宿へ。
いつもは素通りの、縄文時代の千居遺跡。
消防団員が集まっているかと思ったら、アッパーハンドルの若者だった。
赤い橋を渡り、たていしへ。
田貫湖へ登る。
先日より、空気が冷たさを感じない。

Dscn0183Dscn0188
田貫湖の北岸へ。
今日は、富士山が綺麗なのと、陽ざしが気持ち良いので、歩く人も多い。
南岸にも寄って見る。

Dscn0193Dscn0196_2
弱い風が吹いたり止んだりする。
帰路へ。
たていしの自販機でホット給水。
いつもの自販機は止めて、ダイドーの自販機でホット缶。
ワンコインで買えなくなった。
狩宿へ下りて、下条、猫沢、西山へ。
南風が吹き、芝川駅で風除けを脱ぐ。
芝川駅経由で帰還。
日陰の富原橋辺りと馬坂は、冬の気温。
午後1時35分着、62㎞。

| | コメント (0)

2016.12.09

12/9 田貫湖

朝は寒いが、日中は暖かいようだ。
明日からは冷え込むようだ。
気分は乗らないが、自転車日とする。
田貫湖へ。
朝9時ちょうど発。
芝川までは風の影響もなかった。
駅を過ぎて、風除けを脱ぐ。
柚野までは県道。
その先は、国道で。
雌橋へ。
たていしへ登り、田貫湖の登り口で一息。
空は曇って体が冷える。
田貫湖は北岸へ。
釣り人やハイカーが見える。
曇り空なので、遊歩道は止め。

Dscn0349Dscn0353
南岸へ寄り、帰路へ。
たていしの自販機でホット給水。
ボタンを押したら、冷たい缶が出て来た。
自販機の窓を見ると、ホットの上にクールのシールが。
まじか。
しょうがない。
狩宿へ下りて、大石寺へ。

Dscn0357
桜の根っこ。
最短の、西宮、岩本山経由で帰還。
帰りは、晴れて来たが、南風が強くて難儀。
午後0時50分着、61㎞。

| | コメント (0)

2016.12.03

12/3 須津渓谷 番爺

今日も穏やかな朝。
富士市の秘境へ紅葉を見に行く。
最近は12月初に須津渓谷。
朝8時50分発。

Dscn0206
まだ、富士山が見える。
帰りは、雲に覆われていたね。
須津渓谷は、川沿いに登りが続く。
思ったより勾配が有ったのを思い出した。
ぼちぼちと登るが、紅葉が綺麗だった所は、枯れて落ちている。
あまり期待できない。
途中、舗装工事をしていた。

Dscn0221
渓谷橋の直下へ。
追い越した車は、少なかった。
色が落ちているが、ドライフラワーだと思えば、綺麗に見える。

Dscn0232Dscn0233Dscn0240
渓谷橋に、こんな物が付けられた。

Dscn0245Dscn0265
Dscn0264
ここに人が鳥になろうとして、あとは重力に従うだけ。
6人下りたが、この女の人が一番決まっていた。

Dscn0255Dscn0262
渓谷橋には、階段を登って。
最後まで見たので、だいぶ時間を潰した。
番爺料金9千円。
二度目から7千円。
帰路は、田子の浦港から堤防で帰還。
富士川河口に居た同僚と立ち話。
午後0時15分着、44㎞。

| | コメント (0)

2016.12.02

12/2 田貫湖

12/1 昨夜降りだした雨は、朝には止んでいた。
その後は曇り空。
寒くはなかった。
  
今朝も、寒さも落ち着いている。
陽射しが穏やか。
自転車に乗る気分。
朝8時40分発。
風除けを着て行くが、今日は芝川駅で脱ぐ。
芝川駅で立ち話。
登って行けば、少しは体が温まる。
柚野は国469号。
そのまま狩宿へ。
赤い橋から登り、白糸の滝へ寄る。

Dscn0169_2
紅葉は終わっている。
展望台も空いていた。
たていしから田貫湖へ。
路線バスは、とっくに過ぎている。
田貫湖は北岸へ。
平日だが、車が多い。

Dscn0173Dscn0178Dscn0188Dscn0189
遊歩道を回る。
田貫湖も木々の葉は落ちている。
風除けを着て、帰路へ。
たていしの自販機でホット給水。
雌橋へ下りて、西宮、岩本山経由で帰還。
このコースが早い。
西宮で風除けを脱いだが、陽ざしが穏やか。
午後1時5分着、62㎞。

| | コメント (0)

2016.11.26

11/26 田貫湖

今朝も寒いが、昨日よりマシ。
少し剥がれたが、冠雪富士が出ている。
週一の自転車に乗る。
一気に寒くなると、着る物に困る。
とりあえず真冬一歩手前の服装で。
朝8時20分発。
走ると寒気が体を突き刺す。
一番困ったのは、指先。
防寒手袋は早いと思ったが。
芝川で風除けを脱いだが、登り坂でも温まらない。
すぐに風除けを着こむ。

Dscn0285Dscn0292
ゆったりと寄り道をしながら。
柚野からは国469号。
雌橋から、さらに登り。
たていしを過ぎた所で、「六本木東京駅」行きのバスとすれ違う。
田貫湖への登り。
やっと温まって来た。
北岸へ。
先週より車は少ない。
遊歩道を回るが、路面に落ち葉が多いので気をつかう。

Dscn0296Dscn0302Dscn0306Dscn0313
先週と同じ場所。
ほとんど、葉が落ちた。

Dscn0318Dscn0319
キャンパーは、寒さに関係なくアウトドアが好きだ。
帰路へ。
たていしの自販機は投入中だったので、そのまま雌橋へ。
下条から初めての道で、柚野へ下りて見た。
芝川駅のラーメン屋へ寄ろうと思ったら休み。
先日も休みだった。
閉めたのかな。
蓬莱橋まで行き、おふくろラーメンへ。
2度目だが、おもしろいラーメン屋だ。
味とか、雰囲気とか抜きに、腹いっぱいになれる。
おもしろい店。
帰りも風除けのお世話になった。
午後1時5分着、64㎞。

| | コメント (0)

2016.11.20

11/20 田貫湖

19日、一日中、寒い雨の日。
夕方に、虹が出たと、外で騒いでいた。

今朝は暖かい。
富士山にも、しっかりと雪が積もっている。
さて自転車で田貫湖へ。
朝8時50分発。
芝川までは風除けを着て行く。
向かい風が強かった。
登る前に脱いで。
正面に富士山の頭が見える。
柚野までは県道で、国469号へ折れる。
最近、時間が経つと雲が掛かる。
今日も悪い予感がする。

Dscn0098
とりあえず、柚野の定点へ。
沢山の車が停まっている。
皆さん、大型カメラと大型三脚。

Dscn0110
雲が広がって来たので、さらに久しぶりの定点へ。
ひと方居たが、帰ったので私が陣取る。
その後は、またひと方が訪れる。
雌橋からたていしへ。
田貫湖へ登る頃には、すっかり雲が掛かっている。
とりあえず紅葉だけでもで、いいか。
田貫湖の北岸へ着けば、薄雲が剥がれてる。
駐車場は、いっぱい。

Dscn0120Dscn0123Dscn0131
遊歩道は避けて、車道で南岸へ回りこむ。
先週見ごろだったモミジは、すっかり色落ちしている。
色づいていない葉は、色づくか。
紅葉前線は、下界へ下りている。
たていしの自販機でホット給水。
白糸の滝の定点へ寄る。
お客さんが多数。

Dscn0139_2
カメラを、上に持ち上げて撮る。
村山へ向かう。
路面は濡れている。
大型車は走らない。

Dscn0145
村山のイチョウは、色づきが遅い。
入山瀬駅へ下りて帰還。
午後1時10分着、68㎞。

サンソンを、FM放送で聞いた。
音楽は、スピーカーで空気を揺らさないといけない。

| | コメント (0)

2016.11.13

11/13 田貫湖 富士山

昨日に続き、穏やかな朝。
風も弱く自転車日より。
田貫湖へ。
朝8時30分発。
芝川までは風除けを着たが、余分だったかも。
登って行けば、車が追い越す。
西山本門寺のお祭りの所為と思う。
県道を走り、猫沢へと登る。
いつも下りに使っているが、何を思ったか登る。
下条へ出て雌橋へ。
一息付いて、また登り。
ここでも車が多い。
富士山が見えるし、紅葉が始まっているからか。
たていしへ。
田貫湖入口の手前で、路線バスとすれ違う。
田貫湖へ登れば、途中の半分くらいで東京駅行きのバスとすれ違う。
昨日とタイミング的には合っている。
田貫湖は北岸へ。
昨日より駐車場はいっぱい。
空きは無し。

Dscn0232_2Dscn0240Dscn0244
展望台へ登って見る。
色づきが遅いと思っていたが、落葉している木も多い。
遊歩道を回る。

Dscn0255Dscn0268Dscn0269Dscn0266
昨日と同じ画が並ぶが、今日は富士山付き。
雪の付きが薄い。
紅葉は、一日違うと色が落ちる。
帰路へ。
たていしの自販機でホット給水。
暑いくらいだが、もうアイスには戻れない。

Dscn0271Dscn0275Dscn0280_2
狩宿へ下りて大石寺へ。
下条、猫沢、西山へ。
本門寺界隈は車が混んでいた。
芝川駅経由で帰還。
午後0時35分着、63㎞。

| | コメント (0)

2016.11.12

11/12 田貫湖

昨夜降った雨が高地では雪。
富士山にも、ここ数日でかなり積もった。
今日は自転車。
朝8時20分発。
芝川経由で田貫湖。
寒いと思ったが、それほどでも無い。
芝川までは風除け着用だが、それを脱ぐ。
登り出せば温まる。
西山本門寺へ寄る。

Dscn0186_2
明日のお祭りに備えて、中学生が奉仕活動中。
県道へ出て、柚野から国469号。
雌橋から登り。
暑くなって来る。
たていしでは、汗が冷たい。
田貫湖登り口で、路線バスとすれ違い。
さらに中間地点で、東京駅行きのバスとすれ違う。

Dscn0197Dscn0200Dscn0219Dscn0215
田貫湖は北岸へ。
山肌も色づいている。
遊歩道を散策する人が多い。
駐車場もいっぱい。
色づいて来たが、来週が見ごろかな。
富士山は雲が掛かっている。
帰路へ。
たていしの自販機でホット給水。
今日は村山へ。
県道は、雲で陽ざしが無くなり肌寒い。
村山のイチョウは緑色。
下りて行くと陽ざしが出て来た。
暑くもなる。
午後0時35分着、66㎞。

| | コメント (2)

より以前の記事一覧