« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016.03.31

3/31 身延山久遠寺

30日、旅の疲れで休養。

昨日に続いて暖かい朝。
自転車に乗る。
朝8時50分発。
田貫湖と思い走りだすが。
芝川駅で待伏せに会い、ちょい話す。
富士山は霞んでいるので、身延へと桜を見に行く。

Dscn0765
久しぶりに、県境を越えて山梨県へ。
万野から国52号。
相変わらず、大型車が追い越して行く。
道の駅とみさわは、行楽客の車が多い。
富栄橋で県道へ。
久しぶりのアップダウン道。
縦貫道がだいぶ出来て来た。

Dscn0768
後ろの三角山が、身延山。
身延駅前を過ぎて、久遠寺へ。
総門前の信号機は、警察官が交通整理をしている。
桜シャトルバスも頻繁に走る。
門前に入ると歩く人が多い。

Dscn0772Dscn0774
山門。
ここからは自転車を押して、上の駐車場へ。
バスは、そこまで上がれる。
それに山門から上の境内横までバスがピストンで登っている。
片道200円也。
境内は枝垂れ桜が満開。

Dscn0788Dscn0792Dscn0799Dscn0802Dscn0816
人も多いので、写せば人が入る。
帰りは、劇坂を乗って下りる。
身延駅前まで走り、昼飯。
ローストンカツ定食。
三保のトンカツより普通だが、美味しい。
税込1080円と値が上がっていた。
帰路は向かい風。

Dscn0825
井出駅で、ちょい休んで、また走る。
万永橋を渡り、万沢へ。
午後2時50分着、87km。

| | コメント (2)

2016.03.29

飛騨高山

Dscn0717Dscn0737
28日、29日と飛騨高山へ、兄弟で旅。

| | コメント (0)

2016.03.27

3/27 You know The Yuno?、田貫湖

26日、東京、大塚で所要有り。
夜9時前に帰ったが、疲れた。

本題
You know The Yuno?
これから、花と富士山を見るには、最高の季節。
旧芝川町柚野地区。
今日も大勢のカメラマン。
天気も良い方に外れて、富士山には青空に傘雲。
カメラマンは大騒ぎ。
もくれんやこぶしの花は、まだ色づいていた。

朝9時10分発。
芝川経由。
風除けを持つが、着なくても大丈夫。
芝川駅でトイレ。
待ち伏せはいなかった。
登って、登って、柚野へ。

Dscn0624Dscn0632
枝垂れ桜は、開花が進んでいた。
興徳寺の桜は咲き始め。
来週は見ごろだろう。
地元の人が居て、桜峠からのトレイル道の情報が、得られたのが収穫。

Dscn0638Dscn0648Dscn0651
飽きないほどの富士山だが、先へ。
雌橋手前で。

Dscn0653
傘が広がった。
たていしへ登り、田貫湖へ。
空気は冷たいが、春を感じる。

Dscn0658Dscn0664
北岸へ。
展望台にも登る。
雲が無くなった。
帰路へ。
たていしの自販機でホット給水。
ハズレ。
休暇村から下りて来た、路線バスが通り過ぎた。
村山へのアップダウンが気持ち良い。

Dscn0671
再び傘が掛かって来た。
予報では、夜は雨が降りそう。
午後1時30分着、65㎞。

| | コメント (0)

2016.03.25

3/25 田貫湖

24日、曇りがちな肌寒い一日。
午後には、雨粒が落ちて来た。

今朝は陽ざしが有る。
空気は冷たいが、陽ざしが有るので気持ち良い。
自転車に乗る。
芝川経由、田貫湖へ。
朝8時40分発。
朝のうちは、富士山が見えていたが、雲が掛かってくる。
風除けを着てたが、芝川での登りで脱ぐ。
ちょっと多く、着こんで来た。
本門寺横の坂で後ろから、金属音が聞こえていると思ったら。
声を掛けられて、ロードに抜かれた。
柚野でトイレ。
ここでカメラマンの夫妻に声を掛けたら、私も自転車に乗っているとの事。
自転車とカメラが趣味。
どちらもかなり、のめり込んでいるようだった。
歳が、一回り上。
いやはや、がんばろう。
ちょっと時間を潰したが、枝垂れ桜を見ながら先へ。

Dscn0515Dscn0517
やっと咲き始めた。
興徳寺は、まだだね。
雌橋の坂は、背中に陽ざしを受けるので暖かい。
その先の、たていしから田貫湖へは、空気が冷たい。

Dscn0522
北岸へ。
歩いている人は少ない。
風除けを着て、帰路へ。
たていしの自販機でホット給水。
自販機を見ていたら、7777
先日に続いて2本目をゲット。
上井出から村山までは、陽ざしが無くなり寒い。
村山、入山瀬駅経由で帰還。
午後0時45分着、65㎞。

| | コメント (2)

2016.03.23

3/23 潤井川河口

最近、天気予報が外れている。
今朝も曇りがち。
晴れが、期待出来るかどうかと、思わせる空。
自転車のつもりだったが、歩く。
潤井川河口へ。

Dscn0503
線路沿いに歩けば、EF66-26。
だいぶ、くたびれている。
日東から新富士駅に寄り、ちょい情報を得る。

Dscn0507
新幹線高架下を歩き、潤井川河口へ。
大型貨物船が入っていた。
陸橋を登り、岳電沿い。
まもなく踏切音が聞こえた。

Dscn0508
吉原駅方面から、赤いのが近づいて来た。
空は、晴れ間が覗いて来た。
暖かくなってきて、自転車に乗ればと考えが、頭を横切る。
中央公園へ。

Dscn0509
花時計の針は直っていた。
潤井川沿いを中央小まで歩き離脱。
米の宮公園は、子供が春休みの所為か、平日なのに家族連れが多い。
歩数 20500、16㎞。
3時間ちょうど。

| | コメント (0)

2016.03.22

3/22 田貫湖

19日、昨夜から雨。
昼前に、かなりの大雨。
その後、晴れ間が出たが曇る。
夜は小雨。

20日、朝は路面が濡れている。
はっきりしない空模様。

21日、朝は路面が濡れている。
回復する予感無し。
草取りで暇を潰す。

私には関係無いが、世間では3連休が終わった。
天気が思わしくない3日間だった。
久しぶりに、朝から日が射している。
自転車に乗る。
朝8時30分発。
芝川経由で田貫湖へ。
芝川駅から登り。
柚野の手前で暑くなり、一枚脱ぐ。

Dscn0487
柚野の祭りの痕跡は無い。
柚野の枝垂れは、色づいて来たが、まもなく見ごろとなるだろう。
雌橋を登ると、陽ざしが遮られ気温が低くなる。
脱いだ一枚を着る事にする。

Dscn0490
つぼみが膨らんでいたが、まだ2週はかかるだろう。
田貫湖への登りは、冷たい。
登り切った所で、東京駅行きのバスが下りて来た。

Dscn0501
今日は南岸へ。
雨が降りそうな、曇り空。
帰路へ。
たていしの自販機でホット給水。
村山へ向かうが、風が冷たい。
村山から入山瀬駅経由で帰還。
午後0時35分着、64㎞。
選挙ポスターをフェンスに貼っていた。

| | コメント (0)

2016.03.18

3/18 潤井川河口

暖かい朝。
薄す曇り。
歩く。
線路沿いを、日東経由で潤井川河口へ。

Dscn0478
EF66-106。
歩けば、汗ばむ陽気。

Dscn0482
潤井川河口。
陸橋を登り、岳電沿いへ。

Dscn0483
いつもと時間が早いので、吉原駅方面から来た。
中央公園へ歩く。
追い風だと暑い。
日陰側を歩く。

Dscn0486
花時計の針がおかしい。
潤井川沿いを、中央小まで歩き離脱する。
歩数 20400、16㎞。
2時間55分。
帰路は、陽ざしで汗を掻いた。

| | コメント (0)

2016.03.17

3/17 田貫湖

富士山が綺麗。
寒さも緩んだ。
昼過ぎには、4月の陽気となるようだ。
いつもの芝川経由で田貫湖へ。
朝8時55分発。
芝川駅での待ち伏せには、手を振って通り過ぎた。
登り坂は、体がすぐに温まる。

Dscn0433
柚野の定点。

Dscn0442Dscn0451
ここは先客居たが、後からもう一人来た。
雌橋からの坂は、背中が暑いくらい。

Dscn0461
先日の桜が散っていないので寄る。
ここも先客が居た。
地べたに這って、構えていた。
田貫湖への登りも、冷たさは無い。

Dscn0468_2Dscn0474
北岸へ。
バスでのツァーの団体。
帰路へ。
下り切った所で、路線バスが登って来た。
たていしの自販機でホット給水。
何気なく眺めていたら、2222
そろっているよ。
慌ててもう一度ボタンを押す。
百円で、210円分をゲット。
村山、入山瀬駅経由で帰還。
暖かい南風。
家に着いたら汗が出た。
午後1時15分着、66㎞。

| | コメント (0)

2016.03.16

3/16 岩本山公園

曇り空。
寒さは緩んでいる。
歩き。
実相寺から万野経由で岩本山公園へ。
風除けは、軽量タイプ。
今日は、万野までが長く感じた。

Dscn0408Dscn0412Dscn0414
風除けを脱いで、万野から登り、定点。
公園内は人が少ない。
ミツバツツジの花つきは多くなる。

Dscn0416
茶畑へ向かえば、ロボットが歩いている。
茶畑の刈り取り機だが、この辺では当たり前に見る。
あちこちで、肥料をまいたり、消毒を散布していたりする。

Dscn0421
勘助坂へ。

Dscn0423
龍巌渕へ下りて見れば、河原に菜の花が咲いている。
潤井川沿いを、中央小で離脱して帰還する。
歩数 21100、16㎞。
3時間5分。

| | コメント (0)

2016.03.15

3/15 富士桜自然公園

14日、雨が降り、寒い一日。

今朝は、周辺の山は白くなっている。
富士山も、下の方まで白い。
北風だが、富士山の見える所へ。
朝9時10分発。
芝川から登るが、ずっと向かい風。
柚野からは、国469号へ。
日陰だが、風が収まる、
上野まで登り切ってから、富士山ポイントに寄る。
同好者が1名。

Dscn0356
ここの工事は、少し前に終わっていた。
工事の影響は無い。
狩宿へ向かい、富士桜自然公園へ。
公園までは、ずっと登り。

Dscn0364
定点で、ひと休み。
富士桜自然公園は、今日は休園だった。
警備員に聞けば、通してくれた。

Dscn0372Dscn0382_2Dscn0386Dscn0400_2
次は、桜が咲いたら来よう。
帰路は、村山へ、入山瀬駅経由で帰還。
下界も向かい風とだった。
ちょっと足が疲れた。
午後1時40分着、61㎞。

| | コメント (2)

2016.03.13

3/13 岩本山公園

寒さも緩んで来た。
曇りがちだが、春の陽ざしもある。
歩き。
実相寺から万野経由で岩本山公園へ。
風が無いが、冷たい空気をかき分けて歩く。
階段を登って行くが、地面には湿り気が多くなって来た。

Dscn0317Dscn0320
定点。
雲が気になったので、広めに撮ると。

Dscn0332Dscn0339
梅は終わり、ミツバツツジやカンヒサクラが見ごろとなる。
大勢のカメラマン。
お店も開いている。

Dscn0345
茶畑から勘助坂へ。
茶畑仕事も、そろそろ忙しくなる。

Dscn0350
龍巌渕へ下りて、潤井川沿いを中央小で離脱。
東風は、向かい風となり冷たかった。
歩数 20500、16㎞。
2時間55分。

Wバッグを前側に回して、小走りして見た。
後側より、腰部で揺れなくて走れるかな。
ただし50mぐらい。
10本走って、500mかな。

| | コメント (2)

2016.03.12

3/12 田貫湖

11日、小粒程度の雨が降る、曇り空。
久しぶりに真冬の様相。

昨日より、寒さも緩む。
今日は、自転車日としないといけない。
田貫湖へ。
朝8時40分発。
芝川駅では、待ち伏せに会わず。
風除けを脱いで登りへ。
空気が冷たいが、登りにはちょうど良し。
柚野、雌橋。

Dscn0289
半野の定点。
3月末が見ごろ。
たていしから田貫湖へ。
今日は、登り坂が冷たい。

Dscn0294
北岸へ。
富士山は見えない。
南岸へ戻る。

Dscn0306
長者ヶ岳から毛無山方面は、昨日の雨が雪となった。
風除けを着て、帰路へ。
下った所で、3週前に会ったFELTマン。
しばらく、お話し。
その後に、たていしの自販機でホット給水。
村山、入山瀬駅経由で帰還。
下界は寒さも和らぐが、風が強かった
午後1時半着、66㎞。

| | コメント (2)

2016.03.10

3/10 潤井川河口

9日、朝の気温は緩んでいる。
雨が降る感じでは無いが、昼前には降る予報。
10時ごろから、路面を濡らしていた。
夜は、かなりの雨音。

今朝も気温が緩んでいる。
曇り空。
回復する空模様でも、無し。
歩きなら何とかなりそう。
線路沿いから。

Dscn0269
今日は、EF66-27。
この手の機関車は、寝台特急を思い出す。
線路沿い、路地、裏道、大型車が通る歩道、新幹線高架下で、潤井川河口へ。

Dscn0275
カモメは数えるほど。
陸境を登り、岳電沿い。

Dscn0276
横撮り。
尻が切れたが、まぁオッケ。

Dscn0278
中央公園へ。
トレイは工事中なので、駐車場の方へ。
小雨程では無いが、顔に雨粒を感じる。
風除けを、雨具代わりにする。
潤井川沿いを、TAKARAで離脱。
歩数 20500、16㎞。
2時間50分。
気温は低目だったが、風が無いので寒くは無し。

| | コメント (0)

2016.03.08

3/8 田貫湖

6日、朝は晴れ。
気温は緩んでいる。
昼前に、雨がひと降り。。
さらに、昼過ぎにも降る。
夕方からは本降り。

7日、一日中、断続的に雨。
夕方に止む。
暖かい。

今朝は暖かいし昼過ぎには、気温が上がるようだ。
明日は、天気が悪いようなので、自転車に乗る。
富士山には、新雪が見える。
田貫湖へ。
朝8時40分発。
北松野の静甲辺りで、狸が横断して行った。
芝川駅で、知人とちょい話す。
最近、待ち伏せにあう。
登りでは汗が出る。
今日の服装は、1枚半ほど軽くした。

Dscn0224
柚野、雌橋。
木陰は、路面が濡れている。
半野で、桃色が見えたので、寄り道する。

160308tanuki
以前も来たが、その時は富士山が見えなかった筈。
たていしから田貫湖へ。
登り坂の気温も、寒くは無い。
田貫湖の北岸へ。

Dscn0248Dscn0260
春富士だね。
展望台にも登って見た。
道が無い方から、落ち葉を踏む音が聞こえる。
誰かが、下りて来たと思ったら、

Dscn0267
カモシカ。
こちらを見ている。
カモシカは、人間には警戒心を持たない。
休暇村には、行かずに帰路へ。
たていしの自販機でホット給水。
いつものが、入っていた。
出発しようとしたら、路線バスが通り過ぎた。
村山、入山瀬駅経由で帰還。
午後1時ちょうど着、66㎞。
チェーンとフレームを、軽く吹く。

今日は、狸とカモシカ。
これから、いろんな動物に遭遇するだろう。

| | コメント (0)

2016.03.05

3/5 潤井川河口

思ったより天気がよろしい。
外気も暖かい。
歩く。
最近マイブームの潤井川河口へ。
ショートカットすると、一時間ちょいで行ける。
線路沿いから、日東経由。

Dscn0215
今日は、EF66-132。
暖かいを通り過ぎて暑い。
裏道で一枚脱ぐ。

Dscn0219
潤井川河口。
貨物船が見えない。
陸橋を登り、岳電沿い。
踏切音が聞こえる。
あわてて坂を下る。

Dscn0221
後ろ姿。
中央公園へ向かう。
狭い歩道を、向こうから団体が来る。
カメラが回っている。(ビデオでも回ると言うのか)
車道へ下りてすれ違えば、芸人キンタロー(らしき)。
たぶん。

Dscn0223
春の陽ざしの中を花時計まで。
潤井川沿いを歩いて、身延線で離脱。
歩数 20300、16㎞。
2時間55分。

| | コメント (0)

2016.03.04

3/4 田貫湖

朝は、寒さが緩んだ。
週末は天気が悪そうなので、自転車に乗る。
田貫湖へ。
朝9時5分発。
馬坂の下りも我慢できる。
ほてい運輸の所は、寒かった。
芝川駅で、知人とちょい話す。
ここからは登り。
アームウォーマーを外した。
汗ばんでくる。
柚野、雌橋経由。
半野の早咲きも三分。
たていしまで登っても、寒くは無い。
田貫湖へ登り、北岸へ。

Dscn0199Dscn0203Dscn0208
遊歩道を回り込む。
帰路へ。
下り切った所で、路線バスが曲がって来た。
たていしの自販機でホット給水。
いつもの缶が売り切れなので、横のボタンを押すか。
ここからは、いつもの村山へ。
向かい風。
下り坂でもペダルを踏む。
村山からも、南からの向かい風。
気温が上がってきた。
午後1時15分着、66㎞。

| | コメント (0)

2016.03.03

3/3 大代峠、浮島ケ沼

朝は寒い。
北風が冷たい。
昼頃には暖かくなるようだ。
自転車に乗る。
乗ってから目的地を考えよう。
朝8時55分発。
芝川へ向かうが、松野から大代峠へ。
県道入口の所の早咲きが満開だった。
沢沿いの空気は冷たいが、体には汗が出る。
空気は冷たいが、汗が滲む。

Dscn0137Dscn0140
大代峠。
ここまでで、抜かれた車は一台だった。
由比へ下るが、風除けを着なかったので寒い。
入山まで下ると、我慢できるほどになる。
海岸線を東へ走る。

Dscn0144
富士川を渡り、東へ。
次の目的地は、浮島ヶ沼。

Dscn0149
中里の新幹線を一枚撮ってから。

Dscn0173Dscn0183
浮島ヶ沼の桜は、満開。
今日は、富士山が見える。
沼川には寄らずに、帰路へ。
往路をトレースして帰還。
午後0時20分着、57㎞。

| | コメント (0)

2016.03.02

3/2 岩本山公園

29日、朝、雨が降った痕跡有り。
寒くは無い。
雲っているが、陽ざしが有ったり。
予報だと昼ごろ小雨。
実際は、雷が鳴り雨。
止んだと思ったら、また雨。
止んだら大風。
歩かず乗らず。

3月1日、冬模様。
風が無いが、空気が冷たい。
確定申告を済ます。
歩かず乗らず。

朝の寒さは変わらず。
雲が広がっている。
空が広がって来たが、歩きとする。
陽ざしが有るが、風は冷たい。
実相寺から万野経由で、岩本山公園へ。
階段を登って定点へ。

Dscn0114Dscn0123
公園内は、歩く人が多い。
梅はピークを過ぎているが、カメラマンが多数。
富士山は雲の中。

Dscn0129
茶畑から勘助坂へ。
弱い追い風なので、暖かい。
龍巌渕辺りの早咲きは、葉桜が多い。

Dscn0133
潤井川沿いで中央公園へ。
向かい風だと冷たい。

Dscn0135
帰路は、潤井川沿いへ戻り、中央小手前で離脱する。
塩見岳のようだ。
歩数 23800、19㎞。
3時間25分。

| | コメント (0)

2016.03.01

平28年確定申告

備忘録
今年の確定申告を済ます。
昨年の7月に退職したので、7月までの源泉徴収票。
年金の源泉徴収票。(二つ)
任意継続の健康保険の徴収書。(8月から12月分)
配偶者の年金源泉徴収票。
医療費控除の為に、領収書の総計を計算しておく。

来年は会社の源泉徴収票は無し。
マイナンバーが必要となるが、本人確認が必要となっていた。
子供の分も申告するので、どうなるか尋ねたら、どうするかは決まっていないようだ。
自分で、パソコン入力する事になっていたので、次回は家でパソコン入力して行くかな。

| | コメント (0)

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »