« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015.01.25

富士桜自然公園から

久しぶりの自転車。
でかい富士山を撮ろう。
富士桜自然公園へ行く。
芝川経由だが思ったより暖かい。
西山本門寺辺りで駅伝の催しが見えた。
橋を渡らずに坂を登る。

Dscn0330
子供たちの駅伝競走だね。
柚野公民館まで走り折り返す。
先頭は速い。
狩宿でゆったりと登るロード。
見れば、アウター52Tを踏んでいる。
久しぶりに乗ったので、変速がうまくゆかないとの返事。
自然公園へは、ずっと登らされる。
見た目は緩やかに見えるが。

Dscn0334
途中で休んで登る。
やっと公園の入口。
今日は中には入らずに、ここで富士山を撮る。
雲が南から掛かって来た。

Dscn0342Dscn0368Dscn0363Dscn0355
田貫湖と同じ画だが、石碑が見える。
空の色も青くなった。
帰りは寒い。
西宮駅の自販機でホット給水。
岩本山経由での帰還。
4時間、57㎞。
GoogleMaps のコース。

| | コメント (0)

2015.01.24

岩本山公園から

歩き。
思ったより雲が多い。
富士山が見えないので、岩本山公園へ。
実相寺から登る。

Dscn0303
途中での鐘楼。
過去一度だけ突いた記憶が。
久ぶりに紐を引けば、これは子供仕様だ。
低すぎるが、とりあえずゴ〜ン。

Dscn0311Dscn0316Dscn0321
岩本山は山というより丘陵。
梅も鉄塔の前の1本だけ咲いていた。
いつも、ここが最初。

Dscn0317
nexus7でのログ撮りと地図ロイドのキャッシュで位置確認。
ぐるっとハチマキコース。
茶畑から高原の団地。

Dscn0324Dscn0325
勘助坂から龍巌渕へ。
潤井川沿いを歩き、中央小から帰還する。
陽ざしが出れば暖かいが、すぐに雲が多くなった。
歩数 23200、18㎞。
3時間30分。
GoogleMaps のコース。

| | コメント (0)

2015.01.18

Nexus7でmytracksでのログ撮り

Nexus7(2013)でのmytracksでのログ撮りの活用方法。
事前にUSBメモリを使えるようにしておく。
私はI-O DATA の、U3-DBL32GBを使ったので、I-Oエクスプローラー(無料)でファイルの移動が出来るようにしてある。
Nexus Media Importer(有料)を使う方法もある。

Nexus7を選んだ理由は。
外に持ちだすにはサイズの大き目のタブレットは面倒。
スマホでは、画面が小さくて老眼にはツライ。
行き着いた所が、Nexus7の7インチ画面。
これでも見にくいが外に持ちだすには限度以内だろう。
それより2万円以内でGPSログ撮りやwifi環境では現在位置も分かる。
そのほか、いろんな使い道がある。
マニア仕様が一番の理由かな。

備忘録
Nexus7でmytrackを起動。
左の赤い〇をタッチ。
停止時。
右の〇をタッチ保存画面で名前、活動タイプ、説明を入力後に保存をタッチ。

起動すると保存ファイル名が出る。
希望ファイルをタッチすると地図に赤くトレースが出る。
右上の「・・・」をタッチすると削除が出来る。

起動した時にファイル名の選択時に、「すべてエクスポート」をタッチすれば、KMLやGPX等のファイルで保存する。
mytracksを閉じて、USBメモリを刺す。
I-Oエクスプローラーで、mytracksのフォルダが出来るので、さらにGPXフォルダを見ると希望ファイルが選択。(タッチしてレ点する)
移動でUSBストレージに保存する。
外部ストレージとしてPCに移動保存できる。

轍の活用
USBメモリから、¥mg950¥data¥フォルダ¥ に移動コピー。
轍を起動させてトラックに、GPXファイルをドラッグする。
トラック編集で始点終点を編集削除する。
ファイルからHTMLファイルで、エクスポートさせる。
mytracksでの海岸線 のコース。

| | コメント (2)

田子の浦港から

歩き。
風も弱く自転車と思ったが、ちょっとモチベーション上がらず。
海岸線を歩く。

Dscn0278
富士川河口からの富士山が綺麗。
ただし同じ、いで立ちなので割愛。
堤防上は、錆びたチェーンの自転車を持ちだした、久しぶりの御仁が多数。
歩きやランも多数。
気温は低いが風が弱いので啓蟄の虫状態。

Dscn0282Dscn0285
田子の浦港の湾内も波が弱い。
前田の跨線橋から中央公園。

Dscn0287
公園の陽だまりで飯を食べるにはいいね。

Dscn0293
潤井川沿いを歩けば富士山の頭上を飛行機が飛ぶ。
先週も昨日も見たが、うまく富士山頂を通過できず。

Dscn0294
龍巌渕の画。
まだ空が青くならない。
早川沿いで帰還へ。
歩数 26600、21㎞。
3時間45分。

| | コメント (0)

2015.01.17

明星山から

歩き。
実相寺から万野経由で明星山へ。
平地ばかり歩いていると、低山でも登らないと足がなまる。
途中で近所の人とすれ違う。
運動マンだったので足が軽そう。

P1170002
明星山へは、風致地区の看板からのメインコース。
体が温まる。
この時は風も穏やかだったが。
山頂広場の片隅では、パーティー中のグループが見える。
ので、いつもの自己撮りが出来ない。

P1170017P1170016
富士山には雲が流れる。
帰路は星稜高、貫戸、高原へと歩くが、風が強くなったので団地には寄らずに勘助坂へ。

P1170028
多少は弱まったか。
龍巌渕から早川沿いを向かい風を受けながら帰還。
歩数 23300、18㎞。
3時間35分。
P340は電池が少なかったので、M10.。
次回は、50mm(F1.4)を持って来よう。

| | コメント (0)

2015.01.11

田子の浦港から

歩き。
海岸線を歩く。
富士川河口で見たもの。

Dscn0261Dscn0263
飛鳥の新春クルーズ。
富士山が見えると、駿河湾の奥まで入ってくる。
今年は、すでに帰路についている。

Dscn0267
田子の浦港からの一枚。
その後は中央公園へ。

Dscn0275_2
正午も回ると日陰が多くなる。
途中で電気屋に2軒立ち寄ったが、マニアックな物は置いてなかった。
歩数 22900、18㎞。
3時間半。

| | コメント (0)

2015.01.10

田貫湖から

寒い朝だが田貫湖へ。
富士川橋、馬坂の下り、ほてい運輸の所がしばれる。
田貫湖まで登り休暇村前へ。
湖畔の遊歩道は閉鎖されているので、しばらく北岸には行かない。
デッキからの富士山。
頭に雲が掛かるので、観光客は雲が取れるのを待つ。
富士山カメラマンの口から出る言葉は、「晴天富士山の何が良いのか?」とつぶやくのをよく聞く。

Dscn0242
Dscn0251
Dscn0253
Dscn0255
雲が山頂に、貼り付くようになって来たので撮る。
デジタルズームで、露出をいじったら空も青くなった。
帰路の田貫湖からの寒さは、今日一番の冷たさ。
62㎞。

| | コメント (0)

2015.01.04

初歩き

今年の初歩き。
富士川河口から海岸線で田子の浦港へ。
出がけは雲っているが、北側は明るくなってきた。
富士川河口で見慣れた自転車乗り。
ちょうど折り返しのTAさん。

Dscn0214
Dscn0215
立ち話をしていれば、富士山も綺麗に見えてくる。
田子の浦港まで歩いて行けば、Wブレーカーがいらないほど暖かくなる。

Dscn0218
田子の浦港。
前田の跨線橋を渡り、小潤井川沿いを中央公園へ。

Dscn0221
中央公園。
帰路は、潤井川沿いを龍巌渕へ。
水鳥が、川面や草むらに見える。

Dscn0232
龍巌渕から早川、身延線沿いで帰還。
歩数 25700、20㎞。
3時間45分。

| | コメント (4)

2015.01.03

三日目、芝川へ

正月ボケ防止で今日も自転車。
毎度、大代峠では。
富士山が出ているので、芝川方面へ。
時間制限付きで出かける。
馬坂や、はごろもの倉庫の日陰は、身が引き締まる。
Wブレーカーを脱いで登りながら富士山を撮って行く。
年末から変わらぬ容姿なので、少し飽きてきたかも。

Dscn0186
Dscn0189
Dscn0196
Dscn0201
Dscn0206
雌橋の入口から大石寺へ。
ここから帰還とする。
岩本山経由。
42㎞。

| | コメント (0)

2015.01.02

二日目、大代峠

寒い朝。
風が無いが、外に出れば冷蔵庫。
テレビの駅伝を見て、走ったつもりでいると体重計が怖そう。
とりあえず自転車の準備で外に出る。

Dscn0170
朝の雲も取れて富士山も綺麗だ。
短時間で、運動効果が得られる、プチ峠の大代峠へ。
風を感じないので、陽ざしが有る所は暖かい。
大代峠へ。

Dscn0174
Dscn0176
富士山が見えるので、切通しの所で。
由比へと下りて海岸線へ。
ちょっと弱い向かい風かな。
新富士川橋を渡り帰還へ。
33㎞。
クリートねじの増締めをする。
交換した時は、これ重要。

| | コメント (0)

2015.01.01

元日、大代峠

予報より弱い風。
昨夜の雨も路面が乾いていた。
昨日に行くつもりだった、大代峠へ行く。
出がけには、風が出初め向かい風で大代峠へ。
Wブレーカーを脱いで、登りも向かい風。
ぼちぼちと。

Dscn0144
峠には30分台。
来年も来ようと思うでの記録しておく。
空気が冷たい。
峠を越えて来る車は、静岡ナンバー。
由比へと下りて行けば、登って来るロード1台。
向かい風が強くペダルを回す。
由比港へ寄って漁船を見に行く。

Dscn0155
港の中は、思ったほど風が吹きつけない。

Dscn0167
御太鼓祭り。
蒲原の海岸線は面白いほど背中を押してもらった。
34㎞
靴を換えて気付いたが、クリートが新しいとペダルに力が掛かりやすい。

| | コメント (0)

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »