« 2014年を振りかえる | トップページ | 袖師まで »

2014.12.27

〆も明星山か

歩き。
風が吹いているし寒い朝。
とりあえず歩き。
風も弱まる明星山へ。
実相寺から車道で万野へと。
途中の工事事務所の建物は、法面工事ではなくて、鉄塔の撤去だった。

Dscn0043
ハンマーの音がするので、音の方を見れば高所に一名。
その下に一名。
やがて、ガイシを下ろす。
こじまりとした鉄塔だが、撤去には時間がかかりそう。

Dscn0044
新東名の富士川。
明星山へは鉄塔50号線から登る。
入口の所だけ、とげとげに気を付ければ良し。

Dscn0046
Dscn0048
Dscn0049
このコースは、息が上がらずに登れる。
小明星山への分岐までは、鉄塔保守用の階段や落ち葉。
グリップが効く靴底が良かろう。
小明星山に寄る。

Dscn0051
木々の向こうに、新東名と富士川河口が見える。

Dscn0055
Dscn0057
明星山の山頂広場は、誰も居ない。
年末の大掃除で遊んでいられないのか。
帰路は、星稜高から黒田へ。

Dscn0079
高原から勘助坂の茶畑を歩き龍巌渕へ。
その後は、早川沿い、身延線沿いでの帰還とした。
歩数 25800、20㎞。
4時間10分。
帰路では風も治まり暖かくなった。

|

« 2014年を振りかえる | トップページ | 袖師まで »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2014年を振りかえる | トップページ | 袖師まで »