« 秋晴れだから本栖湖 | トップページ | いつもの堤防 »

2014.09.28

富士市の米穀地帯

歩き。
今日も、富士山が綺麗だ。
しかし、今日は歩く。
この時期しか見れない、風景を見に行く。
富士市の米穀地帯。
富士駅まで、原付で移動。
ここから、GPSを稼働する。
東へと線路沿いを歩く。
工場群の縁を沿いながら、メッセを通り過ぎて、前田の跨線橋を跨いで東へ。

P9280001
岳鉄沿いを歩いたが、岳鉄は通らず。
工場群を東へ。

P9280005
単調な道だが、やがて国一号の高架を過ぎれば、新幹線の向こうには、富士山が見える。
ここまで、ずっと視界の中には、富士山が入っていたが。
いよいよ、本日の核心地帯へ。
富士市の米穀地帯。
すでに、稲刈りが終わっている、田んぼの方が多い。
しかし、富士山が見えるので、あちこちの田んぼの中に、カメラマンの姿が多く見える。
鉄道カメラマンなのか、富士山カメラマンなのかは、分からない。
こちらは、道沿いに歩いて、いつでもカメラを、構えられる用にして歩く。

P9280009P9280016P9280024P9280025
なかなか、思うような物は、撮れないが。
歩くという、次の目的も有るのでしょうがない。
国一号を横切り、当初の東田子の浦駅では、歩数が物足りない。
そのまま、西へと歩き、吉原駅まで戻る。

P9280032
吉原駅午後0時52分発に乗車して、富士駅から原付に乗り替えて、家には午後1時10分着。
富士駅から吉原駅までの、
歩数 21000、17㎞。
3時間10分。
GoogleMaps のコース。

|

« 秋晴れだから本栖湖 | トップページ | いつもの堤防 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 秋晴れだから本栖湖 | トップページ | いつもの堤防 »