« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014.08.31

夏の終わりは田貫湖へ

何処にも行かなかった、2014年夏。
夏の宿題は、ここ数年はゲリラ豪雨が怖くて、駄目だね。
今日も、近場で済ます。
つもりで、いつものあそこへ、向かう。
朝9時5分発。
馬坂を下り、久しぶりに松野の鉄人とすれ違う。
陽ざしが覗いて来たので、大代はやめる。
田貫湖へ行こう。

Imgp0004
Imgp0008
Imgp0009
芝川の晩夏の景色を、楽しみながら登る。
田んぼは、ぼちぼちと稲刈りが始まっている。
来週あたりは、コンバインのエンジン音が、やかましいだろう。

Imgp0011
Imgp0014
Imgp0018
半野は思ったほど、色づいていないが、それでもあっという間に、刈り取られてしまう。
田貫湖へ。

Imgp0027
Imgp0028
キャンプサイトは、多少のテントが張られている。
今日は、デジカメ撮影をしながらだったが、良いペースで田貫湖まで。
帰路は、上井出、村山、曽比奈。
代通寺までだと行くと、登り返しが有るので辛い。
次回からは、団地に下ろうか。
入山瀬駅経由で帰還。
午後0時45分着、65㎞。

| | コメント (2)

2014.08.29

休暇日なので歩く

歩き。
会社では、月末には休みの有る人は、休んでくださいと言われた。
そこで、月末休暇となる。
相変わらず、天候不順。
自転車より、歩きの方が安全だ。
とうぜん、傘を持つ。
日差しが無いので、海岸線。

Imgp0003
富士川河口より、みなと公園へ。
初めは、出ていた富士山もすっかり雲に隠れる。
雨粒もぽつぽつと落ちるが、傘を使うほどでも無い。
向かい風で、みなと公園。
途中では、自転車で体力維持を図る、年金生活者が大勢走っていた。

Imgp0005
みなと公園前後で、20分ほど傘を使う。
前田の跨線橋で、中央公園へ。
小潤井川沿いで向かうが、平日で旧国一号を渡れない。
西へ向かい信号機で渡るが、ちょっと寄り道を思い出した。
ナガシマで、いたずら用のパーツを買って、中央公園へ。

Imgp0007
花時計。
まだ、歩きたかったので、潤井川沿いへ行くが、また雨粒が落ちて来た。
ここで帰路へ。
結局、富士駅経由での帰還となる。
歩数 24000、19㎞。
3時間35分。

| | コメント (0)

2014.08.26

年金生活での通信費は?

駄文につき反応せず、皆さんなりの考えをご教示されたし。
最近多い電話は、インターネットからみ。
プロバイダーの変更を迫る物。
我が家は、光フレッツ。
こんな環境の家は、狙われやすい。
かならず、インターネットをやっているから。

電話から名乗る会社名は、カタカナ会社。
聞きなれた会社名なら、すぐに頭に入るが、まず無理。
聞き返すのが一番。
次に、いかにもNTTの関係会社とばかりに、「いつも光フレッツのご利用をありがとうございます」と来る。
すっかり、NTTだと思い、対応する。
次に、料金が安くなると言われる。
(500円から1600円ほど。個人により変わる)
人間、金の話になると乗り易い。

電話が担当者に代わる。
NTTだと思い、いくら変わるのか聞くと、明細書を準備してくれと。
前日に最近のNTTの明細書が無いのに気が付いていたので、最近は郵送しているのか聞き返す。
その時に、NTTの116に聞いてくれと言われた。
その時に、NTTでは無いと思ったが、つっこみ出来なった。
(現在料金明細書の郵送はしていないので、NTTに問い合わせをするようだ)
確定せずに、電話を切った。

すぐに、初めの担当者は、NTTらしく装っていたが、言い回しの訓練を受けた文言と気が付いた。
次の担当者から聞いた、プロバイダーを検索したら、法人対象から個人にも広げた会社だった。
通帳の引き去り金額と今のプロバイダーに料金の確認をしたら、たいして下がらない事が判明。
それより、今まで築いた物が失われそう。

後日、電話が来た時に、「今までの話は、無かった事にします」と断った。
文句も無く切れたが。(ちょっとムッとした空気を感じたが)

さて本題の、通信費の削減は、ネットは格安SIMで対応。
携帯は、ガラケーでの通信のみ。(現在これ)
固定電話は、休止してもいいかな。
それとも、光からメタル回線に戻すか。
とりあえず、上の話は、仕事を完全退職してからの話。
インターネットも、面倒になってから。

番号表示のサービスを申し込んだが、400円(税抜き)かかり、通信費の削減になっていない。(勧誘電話対応)

| | コメント (0)

2014.08.24

毎度のあそこへ

昨夜は、久しぶりにエアコンも扇風機も、使わずに眠れた。
今朝も気温が、下がるのを見越して、上着も着て布団に入った。
正解だった。
それぐらい、気温が下がった。
今日は自転車。
途中で、雨に降られるのもいやなので、毎度のあそこへ。
朝8時40分発。

Imgp0002
楽座への道中で、傘雲の掛かる富士山。
松野から、あそこへ。
陽ざしが無いが、やはり汗を掻く。

Imgp0005
毎度のあそこ。
大代峠。
この後、由比へと下ると、峠手前のきつい坂の先で、女子が自転車を、跨いで息を整えていた。
「もうすぐそこ」と、言い残して下る。
入山の小学校をさらに下ると、ご夫婦と思われる二人連れ。
時々、見かけていると思うが。(曖昧)
あそこまで登るのかな。
下りれば、雨は大丈夫だね。
千本公園まで行こう。
追い風基調なので、帰路の事も考えて、マイペースで。

Imgp0011
千本公園。
大瀬埼辺りは、犬の頭に見える。
帰路は向かい風。
ハンドルを、あちこち持ち換えて、風や体型を変えながら走る。
石油基地の裏側で、トイレを済ませる。
田子の浦港を過ぎると暑くなり、恵比寿屋の自販機で給水するが、お店の中では宴会の真っ最中だ。
顔見知りは、いないようだ。
みなと公園に上がれば、こちらは風も横風となる。
午後0時35分着、80㎞。

| | コメント (0)

2014.08.23

蒲原辺りへ

歩き。
朝起きれば、まだ雨は落ちていなそう。
はなちゃんを見てから、いそいそと準備をする。
とりあえず海岸線へ。
富士川河口からだが、いつも同じだと、訪問者に、「またかい」と言われそうだ。
今日は、新富士川橋を、西へ渡る。
歩く時は、北側の狭い方の歩道を歩く。
こちらは、富士山も見える。

Imgp0002
ただし、曇っていたが。

Imgp0005
橋を渡り、堤防上へ。
西へと歩けば、雨粒が落ちてきて、傘を開く。
ここから家まで、ずっと傘のお世話になる。
当初は、由比まで行ってから、引き返す予定だったが。
雨の量が多くなってきたので、新蒲原で引き返そう。
駅前のお店で、トイレ拝借。
帰路は、線路沿いはやめて、旧東海道沿い。

Imgp0010
坂を登れば、富士山コースとなる。
もちろん、雨が降り続いている。
旧富士川町でも、裏道には、展望台があったりした。

Kanbara
蒲原の坂の途中の民家の玄関にこんな看板が付けてあった。
この坂は、新坂と呼ぶようだ。
歩かないと気付かない。
歩数 18800、14㎞。
GoogleMapsのコース
2時間40分。

| | コメント (0)

2014.08.20

休み最終日も大代峠

夏休み最終日。
来年は、夏休みを迎えられるか、どうか。
昨日は、日本平へ行って、家の玄関で、背中に突き刺さる痛みを感じた。
すぐに背中を、確認してもらったが、異常無し。
今朝は、顔を洗っていたら、背中に違和感が有る。
さわって見れば、コブのような物を感じる。
腫れているようだ。
昨日の痛みは、蜂だと思う。
とりあえず、キンカンでの処置。

歩こうと思うが、先日の雨の日と明星山への歩きで、靴紐の締めが弱かったようだ。
左足の指先に、痛みが残る。
今日も自転車で、体力維持をはかる。
平地で千本公園も良いが、少しは登りを入れないと、体力維持にはならない。
昼までの予定なので、マンネリコースだが、大代峠へ。
朝9時5分発。
松野から登り。
日差しが、出て来ると暑い。
登りでは、汗がしたたり落ちて、走り難い。

Imgp0002
県76号線の大代峠。

Imgp0007
大代のネムノキ。
この時期、ナデシコとか、淡いピンクの花が咲く。
由比へ下りると、すっかり夏の青空。
日差しが強く、蒲原は高架下へ逃げよう。
堤防上は、追い風基調の横風。
しかし、恩恵は少ない。

Imgp0009
Imgp0010
みなと公園。
富士山の頭が、見えて来た。
ここで折り返すが、向かい風。
この暑さだと、向かい風が気持ち良い。
午前11時25分着、42㎞。

| | コメント (0)

2014.08.19

久しぶりの日本平

まだ休み。
久しぶりに、朝から青空が見える。
富士山も、見えている。
昨夜のうちに、日本平へ行こうと決めていた。
前回はいつ行ったか、思い出せない。
ここは、マジで走る人が多いので、遠慮してしまう。
大代峠より、キツクないと思うが。
朝8時25分発。
背中に日差しを受けながら、西へと向かう。
風は横風。
清水市街へ入れば、車に気を付けよう。
日本平入口から登る。
久しぶりに来たら、ボーナスポイントが出来ている。
幼稚園辺りから、ひと登りさせられるぞ。
そんな事は、どこのブログにも書かれていない。
まぁどちらにせよ、ぼちぼちと登る。
たぶん、まだ休みの人が、数名下りて来る。
ゴール手前で、ひと方に抜かれたが。

Imgp0001
Imgp0006
自販機でピーチ缶を買って、東展望台へ、登って見る。
富士山は雲の中だが、三保湾全体が見える。

Imgp0008
茶畑の定点。
下って見れば、空気がムッとする。
暑い。
三保半島のオプションは、やめて帰路へ。
風は、追い風基調。
ただし、熱風。

Imgp0009_2
巴川の定点。
興津川を過ぎて、海岸線に入ると、風も少しはマシに感じる。
蒲原の高架下を、過ぎれば横風。
高浜のインターで、車と自転車の接触を目撃。
まぁ、大した事は無いと思うが、どちらにとっても、いい気分では無い。
4時間の行程で帰還したが、今日の暑さでは正解。
午後0時25分着、71㎞。

| | コメント (0)

2014.08.17

大代峠

やんなっちゃうほど、天候不順が続く。
それでも、大雨の影響を受けないので、良しとする。
午前中は、PCをいじってたりして、午後から自転車でも乗ってこようと。
海岸線は風が強そうなので、湿った空気が当たっている山方面へ。
午後2時5分発。
松野からの大代峠。
先日の南部町からの帰り道には、息絶え絶えだった。
今日は、途中でロードに抜かれたが、ま〜ぁマイペースで。

Imgp0008
大代峠。
雲っている。
由比へ下りて、蒲原の海岸線へ。
横風から追い風基調となる。

Imgp0012
Imgp0013
みなと公園まで。
沼津市や伊豆方面は、夏の空だが。
西方面や北方面は、いまにも雨粒が落ちそうなくらい、曇っている。
ここで折り返して、帰路へ着く。
午後4時15分着、42㎞。

| | コメント (0)

2014.08.16

明星山

休みに入って、毎朝どんよりとした、くもり空。
昨夜も夢ごこちに、雨音が頭に残っている。
歩き。
昨日は、自転車だったので、歩く。
山方面は、雲がかかっているが、海岸線も飽きた。
岩本山周回とする。

Imgp0001
実相寺に向かうが、このコースで唯一の、富士山らしき物が見える。

Imgp0002
実相寺から車道で登るが、湿った空間で汗が染み出てくる。
万野に入り、栗が大きくなった。

Imgp0005
貫戸へ下りて、新東名の富士川橋を見に行く。
大雨の影響で、流量が多い。
線香の匂いが、漂っていると思ったら、岩場に置いて有った。
盆の行いか。

Imgp0006
明星山へ行く事にする。
風致地区の看板から登るが、草もそんなに茂っていない。
ただし、蜘蛛の巣トラップが至る所に、仕掛けられている。
一つ目で、孟宗竹を拾い、振りながら登る。
すぐに折れたので、杉の枝に変える。
これでも、何か所かトラップにひかかった。
小明星山の分岐点手前のコブで、帽子が無い事に気が付く。
だいぶ下りてから、発見。
登り返して、明星山の山頂広場。
誰もいないが、一人で過ごすには、もったいない空間だ。

Imgp0008
Imgp0011
自己撮りの定点では、草が生い茂り、いつもの場所では、立てない。

Imgp0012
帰路は、星稜高、高原、勘助坂へ。
龍巌渕へ下りて、早川沿いでの帰還。
日差しが有ると暑い。
風が吹けば、気持ち良いが、不快指数は高めだった。
歩数 24600、19㎞。
3時間45分。
GoogleMapsのコース

 

| | コメント (0)

2014.08.15

天候不順が続くが、走って来た

今朝も、はっきりとしない、くもり空。
東や北は、景色が見えない。
PCで、雨レーダーをチェックしてから、自転車準備。
平地ランで、沼津の千本公園を目指す。
朝9時5分発。
富士川河口から東へ。
昨日は、霧だったが、今日は路面は乾いている。
みなと公園辺りで、ぽつぽつ来たが、夏のこの時期なら、へっちゃら。
東へ進むと、横風が強くなる。
ときどき、ハンドルを取られそう。

Imgp0005
Imgp0006
千本公園手前から、青空が見える。
ただし、横風が強い。
帰りは、横風が向かい風基調となる。

Imgp0008
田子の浦港辺りで、再びぽつぽつ。
往路の堤防に上がり、西へと。
家の手前から、路面が濡れている。
さらに、水溜りも見える。
午前11時35分着、56㎞。
自転車は、外で風に当たらせてから、チェーンだけ拭く。
出がけに財布が見当たらず、昨日のバックの中を探していたら、財布と一緒に、去年から行方不明の、インナー手袋が出て来た。

| | コメント (0)

2014.08.14

雨の堤防

今にも、雨が降りそうな空。
路面は、すでに降った形跡が有るが。
歩こうと準備をして、外に出たら雨。
しかし準備万端となれば、傘を大き目に変えて出発。
富士川河口から堤防歩き。
途中で止んだり、また降って来たり。
富士川河口では、霧がかかっているが、路面は乾いている。

Imgp0001
Imgp0002

東へ歩いて行くと、前方者が傘を開いた。
こちらも開くと、傘からドラム音が響いた。
堤防上は、自転車乗り3名。
歩きも少ない。
一番多いのは、ラン。
小雨なら、一番走り易いかな。

Imgp0003
みなと公園の富士山。

Imgp0004
田子の浦港。
今日はここで、お終い。
帰路は、線路は跨がずに、富士駅方面へ。
途中では、何度となく大ぶりの雨を、傘で避けながら歩いた。
歩数 19800、16km。
2時間50分。

| | コメント (0)

2014.08.13

百日紅は無かった

今日から嬉しい夏休み。
ただし、予報を見ると、くもり空が続く。
今日は、唯一の晴れマークが出ている。
今までは、夏休みの宿題として、安倍峠や木賊峠やら出かけた事が、遠い昔の記憶となった。
今朝は、自転車で田貫湖と思い、桜峠を目指す。
稲子へ向かう途中で、南部町の百日紅を思い出した。

Imgp0002Imgp0004
国469号で井出駅。
久しぶりの山梨県、突入。

Imgp0006Imgp0007
県10号の登り返しを走り、南部橋が見える。

Imgp0009
明後日の南部の火祭りの準備がされているが、台風の大雨で会場まじかまで、水が押し寄せて見える。
原田のイトサクラへ登るが、劇坂だね。

Imgp0012Imgp0017
ここも百日紅が見える。
廃寺だから、しだれ桜と百日紅がセットのようだ。
次の、本郷の千年桜へ。
こちらも劇坂が、待ち受けるが、押して行こう。
なんか、すっきりとしている。
墓参りのご婦人に聞けば、百日紅の木は、冬の大雪で倒れたようだ。
根元から、切られていた。

Imgp0025Imgp0027
おかげで、いつもの桜ポジションからは、良く見える。

Imgp0028
杉尾へ向かう道には、ゲートが有る。
山梨県に良く有る、獣除けだ。

Imgp0033Imgp0034
まだ青い田んぼの中を走り、再び南部橋を渡り往路を帰る。
万永橋から万沢口へ。
県10号で帰還へ。
松野まで来たら、まだ時間が早いので、大代峠を1本。
途中で、休んでいたら、クロスバイクに追い抜かれた。
大代峠へ。

Imgp0037
横のローディーは、由比から登って来た、ギャルソンさん2名だった。
由比側へ下りると、いきなり大粒の雨が顔に当たる。
痛い。
すぐに止んだので、やれやれ。
新富士川橋を渡ったら、再び雨。
路面を濡らすほど降って、小雨になった。
ところで、帰還。
午後1時55分着、86㎞。
家で、フレームを軽く拭いて、チェーンを綺麗にした。

| | コメント (0)

2014.08.03

感動に出会う

午後から、大代峠へ一走り。
午後3時丁度発。
なんか湿っぽいが、走りだせば涼しい。
松野から大代峠へ。
いつもより、ちょびっとガンバ。

002
26分30秒。
笑っちゃうけど、私のシーズンベスト。
モンキーバイクが、スルーして行く。
由比へ下れば、市境で、先ほどのモンキーバイクのエンジン辺りに、モンキースパナをあてがっていた。
由比から海岸線を、田子の浦港を目指す。

004
005
新富士川橋を渡って、堤防上を走る、原付自転車を発見。
原付バイクでは無い。
ペダルを漕いでいる。
話を聞けば、神奈川で発売しているようだ。
9万円ぐらい。
その自転車の方が高く無い。
と言われた。
海を並走するタグボート。
これを撮ろうと、みなと公園の奥へ。

010
なんとそこは、富士山頂往復マラソンのゴールだった。
まもなく、制限時間(24時間)となるようだが、ぞくぞくとゴールして来る。
いやはや、超人達に出会えた。
これを糧に、もう少し自転車やウォークに、頑張る気概が出来た。
午後5時15分着、43km。

| | コメント (0)

2014.08.02

岩本山周回から潤井川沿い

歩き。
昨夜は、突然の雷雨。
今朝は、蒸した空気と涼しげな風が吹く。
曇り空だが、時々青空ものぞく。

001
実相寺から岩本山へ。
明星山も考えたが、雲にかくれた富士山では、登っても面白くない。
ところどころで、虫の歓迎に会う。
岩本山公園のアジサイは撤去中。

005
先日と同じ、ぐるっと周回を回りながら、階段を下りて行く。
茶畑を、ひまわりの脇を、かすめて高原団地へ。

007
団地を回り込み、勘助坂へ。
陽射しが出ると、暑い。

009
龍巌淵。
潤井川沿いを歩いて、中央公園へ。

012
今日の花時計。
トイレと自販機給水。
帰路は富士駅経由。
富士駅界隈は、お祭りの準備の真っ最中。
この後、2度目の給水とするが、自販機は80円だった。
歩数 25600、20km。
4時間ちょうど。
久しぶりに、20km以上歩いた。
GoogleMapsのコース。

| | コメント (0)

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »