« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014.01.31

梅は咲いたか

月末休暇。
歩き。
昨日の雨で、富士山の冠雪を期待したが。
今朝は暖かい。
それなら、ぼちぼち岩本山の梅も咲いたか。
岩本園の坂を、登って行く。

Imgp0005 Imgp0002_2
富士市街方面。
岩本公園では、イベントの設営中。
駐車場も車が多い。
ただし、肝心の梅の花は、まだまだ。
いつも咲いている、鉄塔の所の紅梅も、やっと咲き始め。

Imgp0012 Imgp0018 Imgp0014
富士山カメラマンも、居なかった。
雨の翌日なので、山道は止めて舗装路を歩く。

Imgp0032
勘助坂から龍巌淵へ。
気温が上がり、陽射しも暖かい。
潤井川沿いも、風が穏やか。
汗ばむ陽気で、中央公園へ。

Imgp0040
花時計は、入れ替え中。
帰路は、富士駅経由で帰還。
途中の交差点で、車に吸収されて帰還となった。
歩数25100、20km。
4時間。
GoogleMapsのコース。

| | コメント (0)

2014.01.26

自転車で田貫湖

たまには、自転車に乗る。
もしかしたら、今年初。
田貫湖まで走った距離は、59kmcloudsun
朝9時5分発。
久し振りだと、何か忘れる。
特に、メットとか。
頭は大丈夫だが、ボトルが無い。
楽座で、自販機補給して良しとする。
だいぶ自転車用の体力が、落ちていると思うので、ゆったり走行で。
芝川経由で、登る。
芝川町は、駅伝のようだ。
前にも、遭遇した事が有る。
その前に、通過するので、規制には掛らないが。
柚野で、トイレ拝借。
富士山方面は、曇り空だが、さらに霞んで来る。
今日の目的のひとつに、体力低下検査。

Imgp0006
雌橋からの登り坂。
ここは、元気でもキツメな坂。
何とか登りつく。
思ったより暖かいので、たていしでも、冷たさは感じない。

Imgp0008 Imgp0012
田貫湖。
曇り空なので、北岸には行かない。

Imgp0018
往路で下り、田んぼの中を下る。
ここから帰路は、西宮、鷹岡経由で帰還。
午後0時50分。

| | コメント (0)

2014.01.22

XPあきらめLinuxへ

XPマシンのsatellite cw1。

Imgp0001
通販専門のビジネスモデルで、キーボードが打ち易い。
いよいよ、サポートが終わる。
これまでは、特定サイトだけ覗く分には、XPでも良かろうと思っていたが。
やはり、Linux化とした。
その前に、いろいろといじった事は、伏せておく。(マニア向けなので)

インストールは、無難なlinux mint16 MATE 32bit。
MATEは、windowsもどきとか、書かれていたので。
とりあえず、DVD-Rに焼くが、ISOイメージで焼けと有る。(失敗その1)
DeepBurnerFreeをDLして、焼き直す。
トレイに入れて、F12からCD、DVDで起動させる。
なかなか、画面が出ない。
何かまずいかも。
一度だけ、画面が出たが、インストールをクリックしても、進まない。(失敗その2)
とりあえず、HDD内のデータを全削除。
6時間ぐらい掛るので、一晩電源を入れたまま。

次の日も再トライ。(2日目)
DVDーRを、win8.1で焼き直す。
win7以降は、エクスプローラーで、イメージを焼けるのだ。
焼き直したDVD-Rで、起動。
マークだけ出るが、DVDの音だけが唸る。

次の日。(3日目)

Imgp0005
windowsでは、違法行為だが、linuxなら問題なかろうと、HDDをDynaBook AX55Eに乗せ換える。

Imgp0006
こちらで、DVDで起動させれば、インストール画面が出てインストールも出来た。
CW1のDVDドライブが、調子が悪かったようだ。
無線LAN(wifi)もパスの設定で、ネットに繋がる。
HDDをCW1に戻して、起動が正常なのを確かめる。
さて、次は日本語入力化。
検索すると、設定から、次の sudo apt-get install ibus-anthy を入力して、再起動。
さてさて、設定が無い。
MATEでは、端末を起動。
windowsのDOSコマンド画面のようになる。
ここで、$ sudo apt-get install ibus-anthy でエンター。
パスを求めて来るので、インストール時に決めた、パスを入力。
うまく動けば、再起動。(重要)
右下に、キーボードマークが出る。
DOS人間なので、コマンドがなんとなく分かる。

Imgp0003
キーボードマークをクリックして、Aち を選択すれば、日本語入力が可となる。

とりあえず、ここまで。
CW1を、何に使うかというと。
インターネットラジオ。
VPNクライアントで、東京のFM放送を聞き流す。
rajikaも使えるようなので、録音をして楽しもう。

DynaBook AX55Eは、5年以上使うと、AC電源から起動出来ないようだ。
家のも、案の定だった。
ただし、バッテリーモードだと、動く。

Imgp0007
そこで直に、DC10.8Vを繋ぐ。
電源装置は、DC10.8V 4.5A が出るように、設定した。(マニア画像なので見せない)
[-] キーを押しながら、SWを入れる。
そうすると、PCが起動出来る。
vistaのサポートが終わるまで、使い潰す。

linuxは面白げ。
使えなくなりそうなPCは、これにするしか無いかも。

| | コメント (2)

2014.01.18

安養寺

歩き。
明日放送される、こころ旅の目的地に行って来た。
静岡県富士郡富士根村安養寺。
現在は、富士宮市杉田。
昨夜、事前調査で、ルートをメモ書きしておいたが、忘れた。
しかし、目印は頭の中。
それに、車で走った事が有る道。
朝は曇り空で、白い物がちらつく。
傘を、バックに忍ばせた。
龍巌淵を目指すが、途中で川沿いの夏ミカンの所。

Imgp0002
見逃して、代信寺でトレイ拝借と坂を登れば、夏ミカンが見えた。
代信寺の所だった。

Imgp0004
龍巌橋を渡り、入山瀬駅から鷹岡小の川沿いを久保公会堂。
ここから北へ。

Imgp0005
国139号の峯畑の交差点。
峯畑の、交差点の近くのお店で、富士宮焼きそばを食べたようだ。
ここから、ずっと道なりで登り。
昔からの旧道。
道は狭く、車が少ないので歩き易い。
富士西公園の標識。

Imgp0007
細い青い道へ。
歩みが、思うように進まないのは、登りだから。
県76号の、交差点が目的地だった。
何度か訪れているが、目に入らなかった。

Imgp0012 Imgp0013
石碑の横に、大きな銀杏の木が見える。
初冬の、目標とする。

Imgp0018
たぬき寺と呼ばれるようで、たぬきの石像が有った。

Imgp0019 Imgp0024 Imgp0026  Imgp0027_2 Imgp0031
境内の中は、今朝ちらついた雪が見える。
たぶん、建て替え無しの本堂だろう。
帰路は、東よりに道を折れ下る。

Imgp0034
こんなお地蔵尊が。
朝の入山瀬駅に出て、龍巌淵から早川、身延線沿いで帰還。
帰りは日も射して、暖かかった。
歩数25900、21km。
4時間丁度。
GoogleMapsのコース。

| | コメント (0)

2014.01.12

蒲原のパワースポット

歩き。
ローテーでは自転車だが、外を見ると曇が多いし寒そうだし、ここは歩きと考えを変更。
さて、何処へ行くか。

Imgp0001_2
とりあえず、富士川橋から旧東海道沿いで蒲原方面と決めるが。
光栄寺の石碑。
以前から来ようと思っていたが、今日は歩き。
狭い裏道でも、気兼ね無く探索出来る。

Imgp0002
目当ては、光栄寺の石碑の裏側。

Imgp0004
身延道の石碑。
出来るだけ裏道で。
川坂の裏道まで来ると、何故か野田山へのハイキングコースへと、足が向いてしまった。
慌てて、自販機で補給する。
キツイ勾配だが、歩きでは大丈夫。
一気に、下界が開ける。

Imgp0005
富士川沿いから富士市街が、おもちゃの町見たい。
さらにキツイ登り坂。
楽座からの道と合流。

Imgp0006
富士山カメラマンが居て、富士山ポイントのようだ。
ここから実相院、善福寺へと歩く。

Imgp0007
駿河湾に目をやれば、富士山クルージングの、飛鳥らしき容姿が見える。
善福寺へ下り、御殿山の狼煙台へ向うが。
自転車で来ると、気になっていた、観音穴の標識。
山道が、貼りついて伸びている。
ここも行って見よう。
下り基調。
所々に、標識が有り迷う事は無い。
ただし、人に会う事は無かろう。

Imgp0011
観音穴。

Imgp0010 Imgp0012 Imgp0013
手前に3か所の穴が有り、そこに石像は有る。

Imgp0014
観音穴を潜れば、そこには観音像が祀って有った。
蒲原のパワーポイントスポットかな。
そのまま下りて、日軽金の放水路へと出れた。

Imgp0015
バイパス沿いから新富士川橋経由で帰還。
新富士川橋上で、N隊長に出会った。
歩数22900、17km。
3時間40分。
GoogleMapsのコース

| | コメント (0)

2014.01.11

今年も明星山

歩き。
今年も明星山。
気温が低いが、山は風も無ければ、体も温かくなる。
実相寺から貫戸へ。
明星山へは、風致地区の看板からのメインコース。
数日前からの雨で、落ち葉が多いコースより、こちらの方が良いだろう。

Imgp0006
鉄塔51号。

Imgp0007
その先でキツネ。

Imgp0009 Imgp0035 Imgp0037 Imgp0048
肝心の富士山には、どんどん雲が掛って来た。
毎度の事だが、それだから何回と足蹴に通う。
山頂広場では、いつも回り方が有る。
何箇所か、パノラマ定点が有るので。
ぐるっと回り、途中でトイレ拝借する。

Imgp0050
星陵高を過ぎてから、貫戸へ。
そこから高原へと登る。
前方にご婦人が歩いている。
見えなくなったらと思ったら、前を歩いている。
登り坂で、挨拶しながら追い越す。

Imgp0051
こんなのを撮っていたら、前方に脇道から出てくる。
ショートカットで、一気に追い越された。

Imgp0054
岩本山の茶畑で、帰還。
歩数25200、20km。
4時間。

| | コメント (0)

2014.01.04

潤井川沿い

歩き。
まだ、自転車には乗らない。
寒いので準備が、めんどう。
平地歩きで、龍巌淵から潤井川沿いを中央公園まで。

Imgp0003 Imgp0005
潤井川沿いは、風が冷たいと思ったが、そうでも無かった。

Imgp0007 Imgp0008
中央公園は、人もまばら。
その後は、藤間から線路を渡り、柳島へ。
藤間は、先日も歩いたが、袋小路が多い。
わかっているつもりだったが、今日もだいぶ戻させられた。
よ~く見れば、通り抜け不可の標識が立っていた。
製紙工場の中の道を歩き、富士山メッセ経由で帰還。
歩数19700、16km。
2時間45分。

|

2014.01.02

由比へ歩く

歩き。
年明けて、二日目も歩き。
今日も平地で、由比港へ。
JR東海道線沿いに歩く。

Imgp0002
富士川駅近傍からの富士山。(前にも載せてたが)

Imgp0003
蒲原から堤防へと登ると、強烈な向かい風。
始めは、追い風だった筈だが。
工事区間で、車道に逃げる。

Imgp0010
由比の旧道沿いでは、正月には、お太鼓祭り。
いつもは、元旦に来ていた。

Imgp0015 Imgp0024
由比港の大漁旗は、入口の方だけ旗がなびく。
昨日の風が有ったら、奥の方でもなびいてくれたか。
さった峠越えも腹案で有ったが、富士山には雲がなびいているようだ。
ここは、あっさり却下。
帰路は、往路をトレースするが、余分に線路を行ったり来たり。
新蒲原駅前で、補給して帰還とした。
左足くすり指が、小指と擦れて違和感が有ったので、テッイッシュを挟んで歩いた。
二日続けて歩くと、いろんな所に、気を使わないといけない。
足の底には、カットバンの大きいのを貼った。
クリームを付けると、はがれ易いので、クリームは付けない。
歩数30000、24km。
往復4時間35分。

年末から喪中に付き、年始の挨拶のコメントは遠慮します。

|

2014.01.01

初めは歩き

歩き。
寒いし風が強いし。
それでも、体を動かさないといけない。
平地で田子の浦港まで。
海岸線は、強風。
ランナーには会ったが、自転車乗りは皆無。

Imgp0005
田子の浦港の、大漁旗と富士山と思ったが、海岸線を歩いている時から、富士山は雲の中と承知していた。
帰路は、住宅地の裏道を駆使して風を避けて帰還。
歩数21100、17km。
2時間50分。

年末から喪中に付き、年始の挨拶のコメントは遠慮します。

|

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »