« 自転車に、長く付きあうには、こんな所へ行く | トップページ | 13年秋、須津渓谷 »

2013.11.23

先人の後を歩き、岩本山、明星山

歩き。
突発つぶやきも、空振り。
なので、単独行。
朝の気温は低いが、昼は小春日和の予報。
GoogleMapsのコース。
長袖インナー2枚。
半袖カジュアルジャージ+アームウォーマー。(これは体温調整が出来て正解だった)
Wブレーカー。
サイクルパンツ。
ふくらはぎ着圧サポート。
ソックスを履く前に、足の裏にクリームを塗って、2週続けて違和感の有った、右足の裏にはカットバンを貼った。
岩本山に登るには、実相寺の奥からが定番だが、私は岩本園への車道から登る。

Imgp0005 Imgp0006
岩本園からは、下界や富士山を拝みながら登る。
ただしかなりの、勾配。

Imgp0008
先日も寄ったが、岩本山の鉄塔。
トイレにに寄り、展望台へ。

Imgp0012
梅の時期なら画になるが、なかなか展望が利かない。

Imgp0013
万野へと下る。
結構、長い階段が続く。
なれないので、膝が笑いそうだった。
杖が必要。
万野は定番コース。
貫戸へ。
明星山の入り口は、風致地区の看板が定番のようだ。

Imgp0019
富士川に下りて、新東名の橋。
看板の所へ戻ると、ハイカーが居た。
話をすると、富士川沿いのコースで登るようだ。
同行を依頼して、後に付く。
富士川の増水時の、サイレン注意の看板から入る。

Imgp0023
すぐに、先ほどの場所が見える。
先人の後ろから、案内を聞きながら登る。

Imgp0024 Imgp0027 Imgp0029
鉄塔の保守道。
階段も作られていて、登り易い。

Imgp0030
富士川線50号。

Imgp0031
尾根沿いに出て、小明星山へ寄り道。
景色は利かない。

Imgp0034
戻って、さらに登れば、風致地区の看板からの尾根沿いと合流。
さらに登るが、見覚えの有る東屋が見えれば、明星山の山頂広場。

Imgp0042
富士山には、雲が掛かって来た。
先人は、駐車場に下りてから、牧場に行くと言う。
初めての道なので、そこまで同行。

Imgp0045
落ち葉の道を行けば、やがて牧場が見える。
牧場で、先人とお別れ。
貫戸の知った道へ出るが、当初の富士宮へ行く必要もなかろう。
これからは、勘助坂へ出て、龍巖渕へ。

Imgp0047 Imgp0049
富士宮市の公報無線が、火災を報じていた。
勘助坂の茶畑で、先輩に会い、立ち話。
龍巖渕から早川沿いで帰還。
歩数29100、23km。
5時間10分。(立ち話が長かった)
足の裏に、マメが出来なかった。
明星山のコースは、先人の案内で、雰囲気の良い山道歩きが出来た。

|

« 自転車に、長く付きあうには、こんな所へ行く | トップページ | 13年秋、須津渓谷 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 自転車に、長く付きあうには、こんな所へ行く | トップページ | 13年秋、須津渓谷 »