« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013.10.27

定番の田貫湖

朝起きてやった事。
左足の裏の、水ぶくれの水を抜いた。
その後、バンドエイドを貼ってお終い。
来週は歩けるか。
無理しないで、自転車にするか。
来週末は、天気が怪しい。

田貫湖へと走った距離は、60kmsun
朝9時10分発。
風が有るけど、天気も良いので、田貫湖へと。
芝川経由。
芝川までは、向かい風。
登り始めれば、体も暖まる。

Imgp0004 Imgp0008
柿の実も落ちずに、垂れていた。
今日は、久保大橋右岸から雌橋へと、2段に続く坂で登る。
あちこちで行われていたが、柚野でも公民館祭り。
たていしは給水せずに、田貫湖へ登る。
入り口の、石油スタンドの跡地が、整地されていた。
田貫湖へと、車が走る。
北岸へ行けば、イベントのようだ。

Imgp0015 Imgp0020
私は、いつもの所で、いつもの一枚。
遊歩道は、人が多そうなので、やめ。
来た道を下り、狩宿へ。

Imgp0024
下馬桜の葉は、だいぶ落ちている。

Imgp0025
まんぷくで昼飯。
40分ほど歓談して、退散。
青木坂、西宮、岩本山経由で帰還。
気持ち良い陽射しだが、自転車に乗る分には、これぐらいでいいだろう。
午後1時40分着。

| | コメント (0)

2013.10.26

雨上がれば歩くか

歩き。
大型台風2点は、はるか南方の海を走り抜けたようだ。
ただし、予報より雨の上がり方が、遅い。
昼過ぎから、歩くつもりだったが。
BSで映画を見ていたら、雨も止んだ。
後は、録画で見るとして、出かける。
GoogleMapsのコース。
富士川河口より堤防。

Imgp0001
ただし、河口辺りで、雨が落ちて来た。

Imgp0006
ポツポツが、パラパラとなり、松林の道へ逃げる。
止んできたら、再び堤防へ。
しかし、再びポツポツ。
田子の浦港に、着く頃には止んだ。

Imgp0007
ここから、富士駅経由での帰還とした。
家に着く頃には、だいぶ暗くなってしまった。
最近歩くと、足の裏に水ぶくれができる。
絆創膏が良いみたい。
靴のインナーも、試して見るか。
歩数19900、15km。
2時間45分。

| | コメント (0)

2013.10.22

ドリプラまで

天気を見て、休暇。
先週は雨だったので、自転車に跨っていない。
ので、昨日の帰り際に、突然休みとした。
曇り空なので、平地とする。
平地のみで清水まで走った距離は、52kmcloud
朝8時25分発。
東風が吹くが、西へと清水方面へ。
とりあえず、歩きの距離が合っているか、裏道を走って見る。
興津川を越えると、背中に風を感じた。
ここまで、風を感じなかったが、ペダルは軽かった。

Imgp0003
清水駅でサイコンを確認すれば、22.5km。
ちょっと、26Cの周長より、短めにセットして有るので、歩きの23kmは概ねOK。

Imgp0006 Imgp0008
ドリプラまで。
ここから帰還。
当然向かい風。
今日は、自転車乗りに会わないと思ったら、寺尾の信号機で一人。
蒲原の高架下で、二人。
天気も良くないので、走り出さないのかな。
午前11時10分着。
自転車の速度は、歩きの4倍。
4時間掛かる所を、1時間で到着。
歩きと自転車の、コラボが出来れば楽しそう。

| | コメント (0)

2013.10.19

歩いて清水駅

歩き。
この週末は、降水確率が高い。
気温も低くなり、歩くにも服装に気を使う。
とりあえず、サイクルパンツ(モンベル)にする。
ほとんど、自転車用の服装を、歩きにも流用している。
外に出れば、富士山に降雪している。
曇り空で綺麗では無いが、初冠雪。
清水方面へ向かう。
GoogleMapsのコース。

Imgp0001
富士川橋は、富士山ポイント。
出来るだけ、平地を歩く。

Imgp0003
富士川駅も富士山ポイント。
ここから、蒲原駅近くまで線路沿いで歩く。
時々、雨粒が落ちてくる、
風は追い風。
暑さも無くなれば、歩きでも追い風は助かる。

Imgp0004
由比の寺尾で、工事進捗を写していたら、夢さんが自転車で参上。
雨が降る前に、一走りするようだ。

Imgp0006
(ス)亭の近くでは、先日の台風の影響だと思うが、岩が乗り上げていた。

Imgp0009
誰かの真似して、ハシゴで堤防に上がって見たが、違法ではなかろう。
興津でエネ補給する。
この先、ずっとコンビニは無い。
そんな裏道で、清水駅まで歩く。

Imgp0010
これも彼岸花か。(黄色い)

Imgp0011
清水駅前のラーメン屋で、昼飯にしようと思ったが、満席のようだ。
足も疲れが有るので、ここで止め。
電車に乗り、新蒲原駅で下車。
駅前のショッピングセンターに寄り、後は風に吹かれて、家へと帰還。

Imgp0014
いつも出ている看板。
人生も仕事も、こうゆきたい。
清水駅まで、歩数28900、23km、4時間20分。
家まで歩数37000、30km。
三保方面は、興津辺りからトライしよう。

| | コメント (0)

2013.10.13

何とか行けた、田貫湖

今朝は、風が強い。
昨日は歩きだったので、今日は平地を自転車に乗ろうと思っていた。
しかし風が強ければ、海岸線は駄目。
とりあえず、風の影響を受け難い、富士宮方面へ、坂を登る事に。
田貫湖へ。
息絶え絶えで猪之頭、田貫湖へと走った距離は、69kmsun
朝8時35分発。
富士川沿いを走れば、向かい風の所為なのか、太くしたタイヤの所為か、やはり三月ぶりの所為かな。
ぜんぜん走れない。
芝川からの登り。
ギアを落としても、ペダルは重い。
秋景色を見つけては、一枚撮る。
そうして、田貫湖を目指す。

Imgp0008 Imgp0010
この人、銀板の645カメラを駆使していた。

Imgp0014
雌橋は止めて、狩宿へ。
この辺りで、家に帰りたくなった。
ガンバリが利かないし、心拍機能が低下しているね。
それでも、たていしの自販機で給水すれば、考えが変わるかも。
白糸の駐車場は、百円の表示も有り。
たていしの自販機が、一箇所に揃えてあった。
さて田貫湖は、どうするか。
猪之頭へ行ってから、林間を戻る事にする。

Imgp0016
なんでかは、富士山が見えて来たから。
林道の標識を折れて、パラグライダー着地点へ。
今日は、飛んでいる数は少ないが、風が弱い所為か、うまい具合に下りて来る。

Imgp0039 Imgp0043 Imgp0044 Imgp0045
何がうまいかは、道の上を飛んでくれるので、富士山と一緒に収まる。
陣場の滝は、相変わらずに水汲み部隊と、河原で遊ぶ家族連れ多数。

Imgp0051
田貫湖へ寄り、定点で。
もう正午を回っている。

Imgp0053 Imgp0058
帰路は、富士宮へと下る。
大石寺近くの(7)で、エネ補給。
西宮へ下りて、岩本山経由で帰還。
帰りになり、やっと息も切れなくなった。
午後1時40分着。

| | コメント (0)

2013.10.12

歩いて芝川黒門、西宮、貫戸

3連休。
とりあえず、歩きの日。
冨士山がバッチリ。
だが、あまりにも、素直すぎる富士山。
自転車では無くて、歩きにした訳である。
目指すは、旧芝川町。
GoogleMapsのコース。
松野から芝川へは、大型車が多くて富原橋辺りは歩けない。
とりあえず馬坂へ。

Imgp0004 Imgp0007 Imgp0008
せっかくなので、旧馬坂峠へ。
風の宮公園と、名づけられている。
ちょこっと、富士山の頭が見える筈だが。
坂を下れば、蓬莱橋を目指す。
ボトルを補給するが、100円で600ml。

Imgp0011
蓬莱橋から沼久保駅へ。

Imgp0017
沼久保は、お地蔵尊や、みのぶ道の道標の宝庫。

Imgp0024
沼久保からは、羽鮒へ。

Imgp0026
自転車では、いつも渡る、富原橋が見える。
先輩の家に寄ってみた。
5年ぶりだが、相変わらず無線機の中に、埋もれていた。
1時間ほど居たが、足を休めると先が大変になる。
西山へと目指すが、羽鮒から出るには、何処へも登ってから下る。
西山本門寺は、さわやかウォーキングが開催されていた。
最後の方みたいで、歩く人は少なめだった。
黒門から初めて、境内までウォーキング。

Imgp0036 Imgp0037 Imgp0040 Imgp0041
境内では、地元の人の店が出ていた。
家から持参の、おにぎりで補給とする。
境内の銀杏は、まだまだ。
11月中ぐらいが、見頃と思ったが。
ウォーキングのコースとは外れて、県75号からチサンCCを目指す。
途中、道幅が拡幅されていた。

Imgp0048
峠のバス停は、健在。
ここで、デジカメの電池が切れた。

Dcim0037
下って行くと、富士山ポイントが有るが、ここから携帯で写す。
ただし、画像が悪い。
当初は、富士宮駅から人間だけ輪行の予定だった。
潤井川沿いを歩きながら、まだ行けそうなので、自走に変更とする。
(K)で、家までのエネ補給をする。
歩きは、回り道する幹線通りより、ショートカットできる旧道にする。

Dcim0042 
星山放水路から星陵高への、つづら道を登ろう。
しかし逆コースだと、入り口が見つからない。
ジョガーが通りかかったので、入り口まで案内して貰った。
ググット登り、星陵高の裏。
後は、貫戸へ下りて、万野への最後の登りへ。
夕日が傾いて、草木が秋の様相となる。
実相寺に下りて、門前の自販機で最後の給水。
今日は、4本目。
最後は、ボトルを飲み飲み帰還。
歩数46600、37km。
先輩の家に滞在含めて、8時間ほど。
距離が延びると、距離の誤差も大きくなる。
平地なら、45kmぐらい、歩いていただろう。

| | コメント (0)

2013.10.11

そろそろトレイル靴が欲しいが

今の歩きは、舗装路。
NBのウォーキング靴で、間に合っている。
季節も良くなり、裏山(野田山などなど)の山道を歩きたい。
そこで、トレイル靴。
軽くてラン靴より、底が硬いようだ。
候補は決めて有るが。

雑念を生じる出来事。
一月前に、下駄箱を整理。
見れば、独身時代に山屋で買った靴。
ゴミの日に、市役所の回収車に。
先日の夜、トレイル靴の候補を検討しながら、あちこちのHPへサーフィン。
キャラバンのHPを、覗いていたら、捨てた靴と同じ。(キャラバンのサイトに直リンクが出来ない)
31500円也。

00210_4401
確かに、当時でも2万円以上した記憶が。
35年以上前なのに、しっかりとした造り。
これは、街歩きように買った。
しかし、皆さんのご意見は、安全靴か?と言われた。
重いので、もう使う事は無かろうと、下駄箱の整理の都合上捨てた。
しかし、HPを発見してから、雑念が生じる。
置いて有っても、履かないぞ。
捨てないとトレイル靴の、置き場所が無いでしょうが。
捨てた物は戻らない。
そう、納得する。

| | コメント (0)

2013.10.06

駿河湾のエーゲ

久しぶりの自転車。
昨日のうちに、太目のタイヤにチェンジ。
サドルも、デフォルトに交換。
今朝は、夏の陽気だね。
レーパンは、冬用にタンスから、入れ換えてしまった。
朝9時35分発。
久しぶりの自転車で走った距離は、54kmsuncloud
無理しないコースは、平地。
海岸線を、沼津の千本公園へと走る。
いきなり走り出すと、サイコン20kmの表示。
ちょっとは向かい風かも知れないが、これは無いだろう。
下り坂で、ちょっと踏み込んで、やっと25kmかな。
頑張らないで、走ろう。
富士川河口からの堤防上は、東風の向かい風。
サイコン20kmの表示を維持しながら、たんたんと走る。

Imgp0001
潤井川河口。
戦車門から東へは、工事区間となっている。
日曜は走れそうだが、平日は要注意。

Imgp0002
沼津市の千本浜。
風も強いが波も高い。

Imgp0010 Imgp0014
グラディエーションは、駿河湾のエーゲと呼ぼうか。
帰路は追い風だが、ゆっくりとベダルを回して、サイコン27km。
心拍数を上げないで、走って来たが、今日は疲れたね。
午後0時15分着。

| | コメント (7)

2013.10.05

堤防上から潤井川沿いへ

雨は何処へ行った。
曇天だが、雨粒は落ちてない。
ぼちぼち自転車と思い、前後のタイヤ交換をした。

Imgp0001
26C。
ブレーキシューも、なんなくクリアして、ホイールがフレームに嵌まった。
これで、腰に掛かる振動が、微妙に減るようだ。

午後から歩き。
GoogleMapsのコース。
海岸線を堤防で田子の浦港まで。

Imgp0005
時代劇でも見れない、雁の編隊。

Imgp0008
愛鷹山へ。

Imgp0011
伊豆方面。
堤防は、向かい風基調の横風。
歩くには、ちょうど体が浮いて調子が良いが、やはり歩く速度は落ちたようだ。

Imgp0014
田子の浦港。

Imgp0015
ここから小潤井川やら、裏道で中央公園方面へ。

Imgp0016
冨士市役所。

Imgp0020
中央公園、午後3時50分。
さらに、潤井川を東名高速ガードまで。
ここから帰路へ。
早川沿いやら裏道。
歩数25000、20km。
3時間40分。
涼しかったので、家に着いても汗が出ない。

| | コメント (0)

2013.10.04

電池ホルダー

最近、ご無沙汰のカテゴリ。
電池ホルダーに付いて。
ホームセンターで入手。

Imgp0005
この手の、電池ホルダーは、振動に弱い事が判明。
あきらかに、理科の授業で、机の上で使う物である。
マイナス部の、スプリングの隙間が多い。
アウトドアで振動が起きると、端子に隙間が出来て、シャットダウンとなる。

Imgp0006
こちらは、ヒャクキンでのUSB充電器。
これに電池を入れると、しっかりと収まる。
家に有る電池が入る家電を調べると、しっかりと電池が収まる。
だから、電池を入れる時に、ヒモを通したりするのか。(今ごろ感心)
現在2個使いとして、充電池3本で3.7Vぐらいとなる。
GPSロガーの外部電源とした。

他の電池ホルダー。

Imgp0003
左は、アウトドアで使う、ランタンから外した。
単一4本。
右は、ソニーの単一ホルダー。
2本使い。
カセットウォークマンの、外部電源で使用する物だった。
ソニー仕様は、+-が逆なので、箱の中で入れ換えて有る。

Imgp0008
こちらは、ヒャクキンの単4を4本入れるタイプ。
携帯の充電器だったが、miniUSB端子を繫げてある。
電池4本の6Vからシャントレギュレータを使い、5.3Vに落としてある。

| | コメント (0)

2013.10.02

自転車&歩きの距離換算

歩きの距離は、自転車に乗ると、どのくらいと同じか。
今まで歩いた感じだと。
平地15km歩くと≠平地自転車50km。
2時間30分ぐらい。
平地30km歩くと≠平地自転車100km。
5時間30分ぐらい。

使う筋肉や心肺能力が違う。
自転車に乗ると、膝の上辺りの太腿。
歩くとふくらはぎが、強くなっている。
歩きで坂を登ると、良い感じで息があがる。
ただし下りは、ちょっと走る感じで下りるので、腰に響く。

とりあえず、歩いて50kmが目標。
富士駅から用宗駅(安倍川駅)辺り。
富士駅から清水駅、三保半島一周で清水駅。
狩野川沿いだと、富士駅から修善寺駅辺り。
ただし堤防は、自転車がばんばん走るので、歩きたく無い。
沼津駅から狩野川沿いで、修善寺駅、折り返し沼津駅。
10時間は、歩かないといけないだろう。

現在30kmなら、自信有り。
5時間ちょっと。
それ以上は、足のダメージが強くなり、歩く速度が極端に、落ちると思う。
そしたら、電車に乗り帰還。

| | コメント (2)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »