« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013.03.30

千年、黒門、小石原の桜を尋ねて

南部町から蒲原まで走った距離は、96kmcloud
今年の桜は早い。
と、先週も書いたと思う。
しかも、散るのも早い。
土日の天気がはっきりしないと、勤め人は桜を見逃す事有り。
曇り空で気温も上がらないが、自転車で出かける。
まずは、南部町へ。
朝8時30分発。
道の駅とみさわ経由。
山梨県の富士川沿いは、桜が気持ち良い。

Imgp0008
原間のイトサクラは、葉桜状態。
それでも、5分くらい残っていたが。
次は、千年桜へ。
千年桜はネットでは、昨夜は5分咲き。(帰ってから確認したら満開)

Imgp0017 Imgp0016
えっちらおっちら坂を登って、見上げれば何回か、お目にかかっている満開状態。
それでも、ここはマイナーな一本桜。
県外車はちらほら。
駐車場は空き有り。(無料)
下って行く途中で、向こうに物好きな自転車乗りが見える。
内船駅でトイレ。
そこでダイヤを確認したら、10分後に電車が来る。

Imgp0032
桜の木の下で、10分待ち撮った身延線電車。
その間に、先ほどの自転車乗りが、手を挙げて近寄って来た。
ものぐさ太郎さん。
画が無いが、アンカーの新車とグラサン。
この先、ちょこっと同行して、国469号甲駿境で、大石寺を目指す太郎さんと別れる。
その後を、チンタラと桜峠。
私は、大石寺に向かわずに、黒門。
これなら、大代峠辺りで、再合流と思う。

Imgp0036
黒門の桜は、すでに散り始めて、向こうが透けている。
大代峠の前に、補給しようと思ったが、追い付かれてしまうと思い、そのまま峠へ。
ここからは、気持ちにも余裕アリアリ。

Imgp0041
大代のつづら。
室野橋から再登り。
ふた登りして、高台から下界を見下ろし、太郎さんを待つ。
風が、吹いて寒い。
先へ行こう。
小石原の巨樹が見えた。
ここで携帯を入れれば、直ぐそこに居た。
ここも、昨年より咲くのも散るのも早い。

Imgp0052 Imgp0059
満開と見えたが、散り始めていた。
勾配の傾きは、ヤラセは無し。
蒲原へと下り、蒲原館の前で別れる。
私は、ラーメンを食べて、帰還。
午後3時45分着。

| | コメント (4)

2013.03.24

桜 清水まで

桜の時期に走った距離は、70kmsuncloud
朝はゆっくり起きた。
陽射しが出ているので、身支度を終えて自転車に乗る。
清水界隈の船越堤の桜を見に行く。
どこも満開の情報が有るので、見ごたえが有るだろう。
と、勝手に思う。
朝9時40分発。
海岸線は、追い風基調。
蒲原、由比周辺の山肌にも、桜の花が見える。
川の土手沿いに、咲く桜は無視する。
キリが無い。
うろ覚えの船越堤と思い、自転車を押して裏道へ。
いきなり声を掛けられれば、隊長とMTB部長の豪華連。
1本走って来ての、早い昼飯の、お誘いを受ける。

Imgp0004 Imgp0006
ところで、私が寄ったのは、狐ヶ崎ヤングランドの池だった。
勘違いしていたので、昼飯を済ませてから、船越堤へ案内して貰う事に。
イタリア軒なのに、ラーメン屋のお店へ。

Imgp0010
こちら、野菜ラーメン。
もやしが多過ぎ。
船越堤へ。

Imgp0013
もう少し、桜が多いと思ったが。
柏尾峠へ向かうMTB部と別れ、帰路へ。
興津川河口から、立花へと向かう。
立花橋は曇り空となり、桜の花が見えない。

Imgp0017 Imgp0019
よくよく見れば、枝垂れ桜は終わり。
葉が出ている。
ソメイヨシノは、咲き始め。
帰りも、追い風基調となる。
午後2時5分着。
家カレーは、夜食べる事にした。

| | コメント (3)

2013.03.23

たぶん咲いているだろう桜情報

芝川経由田貫湖まで走った距離は、70kmcloud
桜咲くニュースが飛び交っているし、会社の桜も3分から5分咲き。
例年より、1週間早いが、芝川方面の枝垂れ桜情報。
同行者は、ニシナ隊長と、リハビリ中のものぐさ太郎さん。
富士川楽座9時5分発。
日溜りは暖かかったが、日影を下ると気温が低いのを感じる。
芝川からは、登り基調なのですぐに暖まる。
まずは黒門。

Imgp0003
咲き始めだが、いつものより断然早い。
ひと登りして、興徳寺。

Imgp0009
冨士山がいまいちなので、富士山カメラマンは居なかった。
しかし、駐車場は規制中。

Imgp0017
国469号入り口の枝垂れ。
のんべーイベントの脇を走り、常境寺。

Imgp0022
枝垂れ桜は画になるが、富士山は雲の中。
脇に有る、水車を見ながら、発電量の計算をしたかどうか。
男坂(雌橋)は避けて、女坂へ。
狩宿に寄って見る。

Imgp0028
下馬桜のツボミは、びくともせず。

Imgp0029
田貫湖へと登り、本日の引き返し点。

Imgp0031
下って、まんぷくのそば飯。
小一時間ほど歓談。
大石寺へ。
ネット情報では、5分咲きだが、周回道路は咲き始め。

Imgp0034
おやっと思ったら、入り口方は5分咲き。
岩本山経由で、雁堤。

Imgp0040
ここは、8分咲き。
富士川橋で、各自解散。
富士川河口まで走り、帰還とする。
午後2時30分着。

| | コメント (3)

2013.03.19

夢の免許証

Imgp0006
夢をかなえた子が、持って帰って来た。
すぐに、会社預かりとなるので、もう見る事は出来ない。
600万から700万ぐらい、掛かるようだ。

| | コメント (0)

2013.03.17

猪之頭

何処までかと思って猪之頭へ走った距離は、63kmsun
天気良かろう。
しかし体が重い。
海岸線は、風がイヤ。
結局、富士宮へと。
朝8時45分発。
富士山は、霞んでいる。
今日は、鷹岡経由。
西宮、大石寺へと。
トイレ拝借。

Imgp0001 Imgp0002
狩宿から白糸辺りで、富士山は雲が出て来た。
目的地は、脳内GPSにロックオンする。
行き着いた所は、ここまで。
猪之頭。

Imgp0008 Imgp0010 Imgp0014 
画になる、パラグライダーの着地を待つ。

Imgp0018
帰りは往路を、概ねトレース。
午後0時35分着。
芝川は、(のんベー)イベントが有り避けた。

| | コメント (2)

2013.03.16

そろそろ開花

田貫湖へと走った距離は、64kmsun
近場と考えながら、いつもの田貫湖へ。
朝8時45分発。
芝川経由。
県道から黒門辺りで、西山のたんぼ。
満開の花は、河津や紅白の梅。

Imgp0002
ソメイヨシノも、開花していた。
ポタポタしてから、田貫湖へ。
アームウォームを外して来たが、意外と気温が低かった。

Imgp0008 Imgp0013
田貫湖をぐるっと回る。
帰りは、篠坂、村山。
久しぶりのアップダウンコース。

Imgp0017
村山で、自販機給水していれば、正午の時報。
村山神社は、銀杏の木の剪定中。

Imgp0024
村山道で一気に下り、入山瀬駅。
思ったほど、風も強くなく帰還。
午後0時50分着。

| | コメント (2)

2013.03.09

本栖みち、富士川橋

身延町の富士川橋を見に行く手順として本栖みちを走った距離は、124kmsun
GoogleMapsのコース。
最近の空は、霞んでいる。
春霞と呼ぶか、黄砂、PM2.5などなど。
朝7時45分発。
目指すは、身延町の富士川橋だが、コースは本栖湖経由。
芝川から、じわじわと登る、富士宮コース。
定点で冨士山を撮って行くが、霞んだ冨士。

Imgp0006
県境まで登り、やっとこんな物。
しかし、ここまで登っても、暖かい。
とうぜん、汗ばんだ。
大型車が多く、歩道を走る。

Imgp0009
本栖湖橋では、南アルプスが見える。

Imgp0019 Imgp0037_2   
北岸へと走る。
下部へと本栖みちを下る。

Imgp0039_2 Imgp0042
定点での南アルプス。
古関を通り過ぎて、道の駅しもべ。
ここで地図を確認して、この先のコースを練る。
結局、県9号を登り返して、市川三郷町に入る。

Imgp0049
狭南橋の手前の、素彫りのトンネルを潜り、またまたひと登りして、富士川橋の袂に出れる。
本栖みちを下って来たら、古関から照坂トンネルから下れば、峡南橋へと出れる。
これが、正解かな。
映画「マディソン郡の橋」では、カメラマンのロバート・キンケイドが、屋根の有る橋を訪ねて、一言。
「ビューティフル」とつぶやく。
私が、2006年に甲府まで、お昼を食べに行った時に寄った。
さらに、08年、09年、10年と、甲府と富士川町に行った時に、富士川橋に寄った。
初めて出会った時も、「ビューティフル」とつぶやいたか、どうか。

Imgp0055
富士川橋の東詰。

Imgp0058
この曲線がたまらない。

Imgp0061_2 Imgp0066_2
西詰。

Imgp0074
お昼は、国52号の富山橋手前の、花梨に吸収された。
リーズナブルなお値段で、盛沢山なメニューなので、奈良田に行く猛者は寄って見ては。
県道を走るが、冨士川沿いは向かい風。
内船のヤマサキで、アイス休憩。
その後は、万沢へと入るが、県10号右岸は、3月末まで工事中。
今日は、自己責任で通させて貰った。
午後4時10分着。
初夏の陽気で、この時間でも寒くは無い。

| | コメント (0)

2013.03.02

早春を走る 焼津市へ

春の焼津市まで走った距離は、116kmsun
帰りの風向きが心配だが、西へと走る。
朝比奈川の河津桜を見に、焼津市まで。
朝8時40分発。
追い風。
それでも、マイペース。
海岸線を走れば、久能辺りで横風となり、安倍川を渡れば向かい風。
用宗駅で、2度目のトイレへ。
自販機で、パンも補給。

Imgp0004
大崩では、富士山はうっすらと。

Imgp0006 Imgp0008
登れば、海面が早春の輝き。
焼津市へと下り、花沢の里へ。

Imgp0026 Imgp0029
ここも、春になると来たくなる所。

Imgp0030 
植木職人に見せたい、竹塀。
向かい風の中を、朝比奈川に接近する。
途中から土手に上がり、河津桜のコースへ。

Imgp0031_2 Imgp0037 Imgp0044
五部咲きぐらいで、見頃となっている。
JRの看板が出ていたので、明日くらいがイベント開催かも。(本日実施されました)
さらに、向かい風で岡部へと。
宇津ノ谷の梅を、思い出し寄って見る。

Imgp0048
陽射しが当たる。
お昼所は、おおやきいも。
国一号の安倍川を渡り、そのまま車道へ。
久しぶりに国一号を走るが、意外と走り易い。

Imgp0051
おおやきいもは、午後1時半だが、お客さん多数。
相席を、お店の人にお願いして貰って、おでん5本とおにぎり2個。
自転車を停められないので、近くのアイセル2に停める事。(これ見て行く人にアドバイス
旧東海道で、清水へと走る。
蒲原に入り、突然の向かい風にはまいった。
午後3時50分着。

| | コメント (4)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »