« 忘れかけた大代 | トップページ | 厳冬田貫湖 »

2013.02.23

なみへいにオムライスを食べに行った

オムライスを食べに走った距離は、91kmsun
ログは無し。
参加者 ニシナ氏、nanasuke氏GT氏ski氏
新富士川橋西側 朝9時10分発。

Imgp0002
何故か追い風基調で清水駅へ。
ニシナ氏は、ここで合流。
久能海岸沿いで、今日の目的地なみへい。
開店前15分前。
井戸端会話をしていれば、まもなく開店。
当然1番乗り。
以下、画像で。

Imgp0005 Imgp0006 Imgp0008 Imgp0009
(1260円也)
帰りは、腹案も有ったが、すなおに引き返す。
ただし、日本平経由との事で。
前日の予報とは違い、向かい風。
膨れたお腹では、前に進まない。
日本平入り口で、平征服組と興津のたい焼き組とに別れる。
たい焼き組は3人。
巴川の枝垂れ桃が咲いているので、立ち寄る。

Imgp0011
春だね。
興津のたい焼きを食べながら、立ち話。
由比駅で、平制服組の一方と、無事合流。
すでに、追い越されていた。
そんな予感が、いとも間単に当たってしまった。
新富士川橋まで4人で。

Imgp0013
その後は、田子の浦港まで行き、さらに東へ向かう一方を見送る。
午後3時40分着。

|

« 忘れかけた大代 | トップページ | 厳冬田貫湖 »

コメント

こんばんは、
本日はご一緒できて楽しかったです。

バイクの事や清水の道やお店の場所が判り
とても為になりました。
これからの季節、走る機会が増えそうです。
また、お願いします。

投稿: GT | 2013.02.23 20時07分

GTさんへ
清水界隈の裏道は、旧道となっています。
車を避ける道でも有ります。
面白いお店も、数々有るようですが、検索して行くのが良いでしょう。
また宜しくお願いします。

投稿: 三振王 | 2013.02.23 20時40分

今日は、台湾風邪からの「回復走」に付き合っていただきありがとうございました。
「特上オムライス」のボリュームがあり過ぎて、日本平の登りでは「戻腹走」になりそうでした・・・

又、よろしくお願いします。

投稿: ニシナ | 2013.02.23 20時47分

こんばんは、皆さん色々なメニューに挑戦したようで、私も行きたくなりました。
木曜日もでしたが、予報で西の風が実際には東の風で難儀しました。

投稿: TA | 2013.02.23 21時41分

ニシナさんへ
本来、平を先に片付けて、なみへいですよね。
次回は、時間に余裕を持って、計画しましょう。
台湾風邪は、今年の流行語大賞にノミネートします。
また宜しくお願いします。

TAさんへ
約1名だけ、別メニューだったです。
nanaさんが、自走でのアナウンスをしてくれると思います。
クーポン券を持っていますし。

投稿: 三振王 | 2013.02.23 21時50分

久しぶりにご一緒させていただき楽しかったです。
勝手な行動ごめんなさいでした。
由比駅での奇跡的な再開は、感動でした。
今回は、後ろを意識して(ちょこっとですが)引かさせていただきました。少しは楽できたでしょうか(笑)
またよろしくお願いします。

PS TAさんへ(別名をMR五郎十さん)
 クーポンは自分の分しかありませんことよ

投稿: nana | 2013.02.23 22時25分

nanaさんへ
平を登っても、追い付かれてしまう。
そんな予感がしていました。
平地では、風がツライです。
もちろん、適度な風除けは歓迎です。
クーポン券は、コピーでは駄目かな。(違法?)
また宜しくお願いします。

投稿: 三振王 | 2013.02.23 23時06分

スペシャルオムライスでした。
大好きなオムライスに大きなやわらかビーフ、デミソース風、卵とチーズのコラボでどれもこれも好きで嵌まりそうです。
帰りは全面的に向かい風、なんで?

投稿: ski | 2013.02.24 06時10分

おはようございます、なみへい また行きたくなりました
昨日は清水までご一緒できれば 何て思っていましたが
ガッツリとお寝坊でありました(笑)

投稿: matu | 2013.02.24 07時30分

skiさんへ
弱くても向かい風は、予報と違うとツライですね。
帰りは、何方か同行者を、連れていないといけません。
またオムライスツーを行いましょう。

matuさんへ
清水くんだりへ行って来たようで、ニアミスでしたか。
河津桜も思ったより、咲き始めましたね。
少し暖かくなれば、もうあちこち春ですよ。

投稿: 三振王 | 2013.02.24 17時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 忘れかけた大代 | トップページ | 厳冬田貫湖 »