« 田貫湖からまんぷく | トップページ | 亜急性甲状腺炎 »

2013.01.30

定年後の為に

いよいよ2月末で、会社を定年。
ただし、雇用延長するので、退職はしない。
健康保険は、高額医療にも対応している。
我が社の健康保険は、高額医療の上限が無い事を、初めて知った。(会社の健康保険にして有れば、入院保障など必要無いようだが、早く教えて欲しかった)

追記
2015年7月30日を持って退職。

|

« 田貫湖からまんぷく | トップページ | 亜急性甲状腺炎 »

コメント

今になって思うのですが、健康保険に加入していれば、
医療保険は必要ないです。医療保険は皆保険でない
アメリカには必要かもしれませんが。
(アメリカかぶれの評論家が、アメリカでは医療保険・
生命保険に加入しているのがステイタスだ、と言って
いた時期がありましたが、皆保険がないので金持ちは
そうしてるだけ)


あと、自分が死んでも誰も困らないなら生命保険も
無駄です。基本的には子供が働いたら生命保険も
不要。(資産が無く被扶養者があれば意味がある)

投稿: ハナカミオヤジ | 2013.01.31 06時35分

ハナカミさんへ
こんなネタは、無収入生活(?)をしている、ハナカミさんがツッコミしてくると期待していました。(笑)
ハナカミさんの言う通りです。
健康保険に入っていれば、高額医療になっても長期にならなければ、リターンが有るので自己負担分だけですね。
子供が働き出せば、皆無でも大丈夫でしょう。
「ガンの宣告されたら、50万円」とか云う保険も有るようですが、誰が好き好んで申請するか。
入院しても、限度額適用認定証を出せば、自己負担限度額で済みます。(先日初めて知った)

今日は保険屋さんと話をして、支払いはストップ。
以後、満期まで据え置き。(かなり高い利子が付くので)
後は、7月ごろに自動継続される保険(掛け捨て)を解約するだけです。
これで、何とか贅沢をしなければ、生活できそうです。

投稿: 三振王 | 2013.01.31 19時23分

三振王さん、

こんばんは、

定年、雇用延長生活へようこそ。わたしももう雇用延長で1年経ちました。

定年後も会社の健保の傘の下なら、高額医療費は免除になりますので、付加的医療保険が要らないのは助かります。私の手術代も数十万円が支払いは10万円位になりました。

一方、掛け捨ての生活保障/入院保険を一口かけてあったので、入院一日で5千円出ました。私はこれで、休暇を食いつぶして、欠勤=収入なしの1ヶ月を乗り切りました。

投稿: momonger | 2013.01.31 22時54分

momongerさんへ
驚異的な回復を、見せていますね。
会社の保険では、無制限に高額医療に対応していると、先日初めて知りました。
私も掛け捨ての保険は、65歳以降に対応出切る様に残して有ります。
今回、かみさんの入院で、後日請求する予定です。
またご一緒に走りましょう。

投稿: 三振王 | 2013.02.01 20時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 田貫湖からまんぷく | トップページ | 亜急性甲状腺炎 »