« 土岩のバス停と凍てついた田貫湖 | トップページ | 定年後の為に »

2013.01.27

田貫湖からまんぷく

今週も田貫湖へと走った距離は、62kmsun
ログは無し。
この冬一番の底冷え。
まだまだ主夫業が続く。
たぶん、桜咲く季節にならないと、解放されないかも。
朝8時50分発。
芝川経由だが、途中の馬坂の下りでは、耳が千切れんばかりだ。
芝川では、子供たちの駅伝が催しされるが、その前に通過してしまう。
富士山が、バカ綺麗。
山頂の建物が、肉眼でも確認できる。

Imgp0004
雌橋手前では、中央に見える。
冨士川沿いでは、向かい風だったが、雌橋の登りでは、追い風の応援有り。
田貫湖へと。

Imgp0005 Imgp0018 Imgp0019 Imgp0023
北岸に回りこむが、湖面がおかしい。
凍りついた湖面が、すっかりと解けたのか?
たぶん、昨日の大風で割れて、その上に水で覆ったではないか。
湖面下には、氷が沈んでいると思う。
この寒さで、溶ける筈もなし。
下りは、2枚重ねの手袋でも指先が冷たい。

Imgp0026
ちょっと富士山ポイント。

Imgp0030
今日の昼飯は、蕎麦でもコンビニ調達ではなくて、まんぷくへ。
帰りは、岩本山は回避して、鷹岡経由での帰還。
午後1時20分着、
トイレ2度、昼飯補給。

|

« 土岩のバス停と凍てついた田貫湖 | トップページ | 定年後の為に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 土岩のバス停と凍てついた田貫湖 | トップページ | 定年後の為に »