« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013.01.31

亜急性甲状腺炎

甲状腺の炎症。
急性でも無くて、慢性でも無い。
中期に及ぶので、亜急性と呼ぶようだ。
症状は、風邪の初期に似ている。
微熱と咽が痛む。
個人院だと、見逃す確立が高い。
大病院でも、こちらから指摘してやらないと、風邪の診断をされそうだ。
(風邪で大病院には行かないと思うが)
かみさんが、正月明けから、風邪の初期症状が出る。
掛かりつけの医院で、風邪の診断。
1週間しても、微熱が続くので、大病院で甲状腺の検査をして貰ったら、シロだと。
その後も、何回と医院へ。
亜急性甲状腺炎の経験が有る、妹が意を決して、再び大病院へ。
入院するつもりで、着替え等一式を持って。
今回の検査では、クロ。
血液検査で、分かるのだ。
前回の医師とは、違う医師が検査をしたようだ。
治療方法は、無し。(ステロイドの服用で、コントロールしていた)
安静第一で、自然治癒を待つだけ。
今日病院に行ったら、月曜に退院の見込みだが。
ただし、家に帰って来ても、まだ安静。(長いと、8週間の人も)
週一回検査をして、治癒したか見る。
聞けば、かなり経験者がいるようだ。
皆さんも、要注意。
症状は、長期の微熱、咽の痛み。(咽を押さえると痛い)
セキや鼻水が出ない。
そんな訳で、主夫業は、まだ続く。
[その後]
発病後2週間で入院へ。
微熱、咽の痛み、血圧低下(上が70ほど)、心拍数130。
熱が薬の効き目も有り、平熱となり、入院2週間で退院。
退院後1週間は、安静。
さらに、1週間後から夕食の支度も、手伝いが出来るようになる。
退院2週間で通院検査。(血液検査良好)
さらに、2週間後に通院。(検査良好)
次回は、3週間後。

| | コメント (4)

2013.01.30

定年後の為に

いよいよ2月末で、会社を定年。
ただし、雇用延長するので、退職はしない。
健康保険は、高額医療にも対応している。
我が社の健康保険は、高額医療の上限が無い事を、初めて知った。(会社の健康保険にして有れば、入院保障など必要無いようだが、早く教えて欲しかった)

追記
2015年7月30日を持って退職。

| | コメント (4)

2013.01.27

田貫湖からまんぷく

今週も田貫湖へと走った距離は、62kmsun
ログは無し。
この冬一番の底冷え。
まだまだ主夫業が続く。
たぶん、桜咲く季節にならないと、解放されないかも。
朝8時50分発。
芝川経由だが、途中の馬坂の下りでは、耳が千切れんばかりだ。
芝川では、子供たちの駅伝が催しされるが、その前に通過してしまう。
富士山が、バカ綺麗。
山頂の建物が、肉眼でも確認できる。

Imgp0004
雌橋手前では、中央に見える。
冨士川沿いでは、向かい風だったが、雌橋の登りでは、追い風の応援有り。
田貫湖へと。

Imgp0005 Imgp0018 Imgp0019 Imgp0023
北岸に回りこむが、湖面がおかしい。
凍りついた湖面が、すっかりと解けたのか?
たぶん、昨日の大風で割れて、その上に水で覆ったではないか。
湖面下には、氷が沈んでいると思う。
この寒さで、溶ける筈もなし。
下りは、2枚重ねの手袋でも指先が冷たい。

Imgp0026
ちょっと富士山ポイント。

Imgp0030
今日の昼飯は、蕎麦でもコンビニ調達ではなくて、まんぷくへ。
帰りは、岩本山は回避して、鷹岡経由での帰還。
午後1時20分着、
トイレ2度、昼飯補給。

| | コメント (0)

2013.01.20

土岩のバス停と凍てついた田貫湖

先週に続いて田貫湖へと走った距離は、61kmsun
ログは無し。
昨日は、久しぶりに土曜仕事。
それに、諸事情有りで、しばらく主夫業が続きそう。
そんな訳で、予定が見えないので、つぶやきは無し。
先週より、さらに田貫湖の湖面が、張り詰めたようなので、今日も田貫湖へ。
土岩のバス停経由とする。
朝9時丁度発。
芝川経由。

Imgp0002 Imgp0003
土岩のバス停。
何故か、新しい。
これが、今週一の旬な画。
分かった人は、コメントを

Imgp0006
昨日の人と同じ、立ち位置での常境寺の枝垂れ。
雌橋を登り詰めれば、峠の向こうにアルプス。

Imgp0007
では無くて、毛無山。
富士川楽座から、ずっと向かい風。
北風なので、冷たい。

Imgp0009
内野発電所。
田貫湖への登りで、やっと風も収まる。
田貫湖まで、2時間。

Imgp0012 Imgp0013 Imgp0022 Imgp0031
いつも、田貫湖の北岸から、ぐるっと回りこむ。
先週より、遊歩道を歩く(走る人も)人が多い。
30分ほど掛けて一回り。
今日は、家に帰らなければならない。

Imgp0033
大石寺経由で下るが、コイン精米機の交差点は、自転車も通行出来ない。
何とか、空き地へ、自転車を担いでクリア。
しばらくは、青木坂が無難。
西宮、岩本山経由で、お昼を調達して帰還。
午後0時55分着。
帰りも、何故か向かい風。
トイレ2度、自販機1度。

| | コメント (9)

2013.01.14

105円で、お手軽昇圧回路 

セリアで購入した、シガレットソケットUSB充電器。
12Vを5V にする、降圧回路が内臓されている。
今回の改造記事は、MC34063での昇圧回路。
「MC34063a昇圧」で検索して見れば、わんさかと百円充電器の改造記事が見れる。
ただし、どれも部品を外して、ユニバーサル基板への載せ替え。
私のは、お手軽改造。
ただし、ちょっと器用さが必要。(←逃げ口上)
手に入れるのは、セリアで売っていた800mAシガーソケット充電器。(これで改造する)

手順

Imgp0008 
1)ICを取り外し 2番と8番の足を横に延ばす。(画像処理有り)

P1000539
2)コイルを外す
3)ダイオードを外す
4-1)足を延ばしたICを、基板に取り付ける
4-2)270Ωを外す(私は180Ωを、使ったので外さず)

Imgp0004_3 Imgp0005_2 
5)270Ωを0.15ΩとIC8番との間に空中廃線で付ける(私は別部品の180Ωを使用
6)ダイオードをコイルの場所に付ける(極性に注意
7)コイルをICの上辺りで付ける(片側は180Ω(もしくは270Ω)と0.15Ωの所、片側はICの1番)
8)ICの2番を、初めに付いていた、ダイオードのアノード側(極性印の反対側)の穴に、ジャンパーで付ける(GNDパターン)

Imgp0006_2
9)基板裏側のIC1番と2番を半田ブリッジさせる
10)IC1番と8番の間をパターンカットする(唯一のカット)

このままでも3Vで5Vに昇圧するが、ラジオを聞いてたらノイズが出ている
以下がノイズ対策
11)180p(181)のコンデンサを0.01μ(103)に交換)

Imgp0009 P1000550
DC3.3V電源より出力5.32V。

| | コメント (0)

2013.01.13

冬の田貫湖

田貫湖まで走った距離は、61kmsun
GoogleMapsのコース。
今朝は公務有り。
家に帰ってから朝食。
今日も、お伺いを立ててからの自転車。
風も弱いが、暖かそうなので田貫湖へ。
朝9時15分発。

Imgp0002
芝川経由。

Imgp0004
柚野公民館では、成人式。
外にマイクの音が、こぼれてくる。

Imgp0007
水溜り冨士。
雌橋から登るが、リア変速が調子悪いので、調整しながら。
たていしまで登っても、そんなに寒くは無い。
田貫湖へ。
北岸はお決まりの所に、車が多数。
湖面が、凍り始めているので、釣り人が集中している。
半分くらい凍ってきた。
これから、もっと厚くなるだろう。
湖畔を、ぐるっと回る。

Imgp0009 Imgp0019 Imgp0026 Imgp0037
デッキは、改装オープン。
帰りは、焼きそばと思ったが、定休日の看板。
西宮、岩本山経由で帰還。
途中のコンビニで、昼飯を調達。
午後1時20分着。

| | コメント (2)

2013.01.12

石津浜の冨士山

焼津市石津浜へ冨士山を見に走った距離は、113kmsun
GoogleMapsのコース。
今日から3連休。
今週は、朝夕と主夫業を行っている。
今朝も一仕事済ませて、自転車のお伺いを聞く。
とりあえず、午後までの自由時間を確保。
富士山が出ているが、風が弱いので西へ。
年明けに、風が強くて挫折した、焼津市へ。
朝8時半発。
由比から、海岸線を走る。

Imgp0001
清水の駒越からの冨士山。
久能街道からは、弱いながらも向かい風。
用宗駅で、トイレとエネ補給。
自販機でパンが買えるポイント。
大崩の駐車場は、昼でも天文おじさん多数。
はい。
野鳥の会の皆さん。

Imgp0008 Imgp0014
大崩海岸から。
焼津市へ下りて、旧焼津港から小川港へ。

Imgp0019_2 Imgp0030
ここからの景色が一番趣が有る。
定点には、船が停泊していたので、全景が撮れなかった。

Imgp0041 Imgp0037
石津浜。
傘雲が現れて来た。
海は白波が、まだ立っていない。
往路を、トレースして帰る。
風が出て来たが、横風気味。
大崩から用宗へ。
ここで昼食を済ます。
お店から出てきたら、かなりの風。
海には、白波が多数。
ずっと追い風基調だが、風が回りこんで走りずらい。
それでも、かなり風の恩恵を受けて帰還。
午後2時55分着。
トイレ4度、自販機1度、昼食。

| | コメント (0)

2013.01.06

煌きの丘ですが

煌きの丘へ走った距離は、114kmsuncloud
GoogleMapsのコース。
厳冬の寒さが続いているが、今日は平年並み。
少し、暖かささえ感じる。
海岸線の風も弱そうなので、井田の煌きの丘へ。
朝8時35分発。
ショートカットで堤防へ。

Imgp0001
富士市の工場と冨士山。
無風状態なので、走る速度で風を感じる。
途中でTAさん。
富士川までのランようだ。
一人、走り出す。

Imgp0003 Imgp0004
我入道の御飾り。
国道は、大型車が走らない。
三津の(7)で補給。
ここからは、海岸線沿いのサイクリング。

Imgp0008
右手に見える冨士山が、気になるが、薄曇空に霞んでいる。
大瀬崎からは、登り。
トンネルを潜り、後は下って登れば煌きの丘。

Imgp0015 Imgp0021 Imgp0024
下を見れば、菜の花は無し。
事前情報では、承知していたが。
今年は、咲くのか。
ここまで、私の足では、3時間コース。

Imgp0028
井田には、下りずに帰ろう。
途中で、お昼を済ます。
千本から堤防に上がるが、ちょっぴり向かい風。
県道に下りて、帰還とする。
午後2時50分着。
トイレ4度、コンビニ1度、自販機1度、昼食補給。

| | コメント (4)

2013.01.03

日本平まで

日本平まで走った距離は、82kmsun
GoogleMapsのコース。
昨日は風強しの為、家でごろごろとテレビっ子。
今日は、追い風に乗って東へ行き、午後からの東風の予報に博打をするか。
どうするか。
そんな博打も出来ずに、素直に、西へ。
朝9時丁度発。
向かい風を避けて、旧国で。
富士山が出ているので、サッタ峠へ寄り道。
巴投げはイヤので、入り口だけ押して登る。
峠の駐車場は満車だが、人は少ない。

Imgp0001
遊歩道からの富士山は、まあまあ。
興津に下りてから、清水へと。
向かい風。
昨日の、箱根駅伝よりましだが。
大崩を目指す目的は、すでに変更済み。
日本平へ。
自転車より、爆音がする車が多い。
駐車場は満車状態。
石碑画像も観光客が占拠。
TOMGrのMKK氏に出会い、しばし歓談。

Imgp0010
茶畑での定点で、撮影後に三保へ。
三保は、ぐるっと回れば、追い風と向かい風が交互に吹く。

Imgp0025
三保半島先端。
お昼をキャンセルして来たので、正月休みの五×十を見ないで、隣の山下天丼に吸い込まれる。

Imgp0039
看板は、倒れたではなく、横画像。
天丼屋のテレビは、箱根駅伝の最終区への中継地点。
ちょうど、日体大がトップでタスキを繋いだ。
これも、ドラマのようだ。
さて帰ろう。
追い風に乗るつもりが、なかなか乗れない。
サッタ峠下では、風が舞う。
半分しか、追い風に乗れずに帰還。
午後2時25分着。
トイレ2度、昼飯補給。

| | コメント (9)

2013.01.01

元旦ですが浜石岳

元旦に浜石岳に走った距離は、41kmsun
GoogleMapsのコース。
昨年から、浜石岳に行こうと思っていたが、12月は冨士山が、すっきりと見えてくれなかった。
元旦だが、家でテレビっ子はいけません。
気温は低いが、風は無し。
富士山は、綺麗。
東から雲が広がるが、高い雲。
行って見よう。
朝9時丁度発。
新蒲原駅でトイレ。
由比の(k)で補給を済ませて、県76号線。
いつもの、槍野経由で。
朝日堂の先は、法面の工事。
日曜以外は、規制が有るようだ。

Imgp0005
ここからの富士山は、面白い画だ。
槍野の入り口からの、つづら折れは、ちょっとツライ。
ずっとインナーローで、ペダルを漕ぐ。
漕ぐ。
狸を発見。
前を、歩いて行く。
彼は、逃げているようだ。
途中で、斜面に下りて行った。
槍野線も、路面の補修工事が有る。
池田線に合流。
尾根の向こうの展望地は、杉の木が伸びてしまった。
ここからは、もう少し頑張れば、ダート道。
やっと息がつける。
由比駅からの直道に接続すれば、少しで山頂直下の駐車場。
さすがに、車は少ない。
県外車のみ。
山頂広場に、自転車を持ち上げる。

Imgp0016 Imgp0034 Imgp0041 Imgp0042 Imgp0043 Imgp0033
背中ポケに入れた、缶コーヒーで大福を頂戴する。
50分ほど、時間を費やす。
山頂は、風も無く、陽射しが暖かい。

Imgp0063 Imgp0066
由比へと下りて、お正月の風景を撮って帰る。
しかし、浜石岳からの下りは、Vブレーキで無いと、手が疲れてしまうだろう。
蒲原の海岸線は、向かい風。
クロス車に、37Cのタイヤは重かった。
午後1時10分着。
トイレ3度、コンビニ補給。

| | コメント (9)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »