2012.12.31

大晦日ですが田貫湖

田貫湖まで走った距離は、67kmcloudsun
GoogleMapsのコース。
大晦日だが、自転車に乗る。
一昨日と同じで、路面は濡れている。
ただし、まだ風も無く、暖かい。
朝8時50分発。
松野経由で桜峠。
ダンプが、走らないので安心。
稲子川沿いは、山肌には雲が掛かっている。
桜峠への山道は、県外車が下りて来る。

Imgp0005
桜峠には、年末恒例の電光掲示板が見える。

Imgp0009
柚野へと下りれば、富士山が見えて来る。
当初の予定通り、田貫湖へ。
そろそろ手袋も、真冬仕様にしないと、いけないかな。
雌橋からたていし。
さらに、田貫湖への登り。
ここの登りは、寒い。

Imgp0012 Imgp0040
田貫湖の北岸へ。
釣り人の車が、いっぱい止まっている。
さらに、外国語が飛び交っている。
往路を下り、たていしの百円自販機で給水。
下って行く途中で、青空が広がって来た。

Imgp0044
大石寺。

Imgp0050 Imgp0047 Imgp0045
さらに下り、富士宮浅間大社へ。
露店も出て、年越しを待つばかり。
岩本山経由で帰還だが、富士山は雲の中。

Imgp0055
茶畑には、しめ飾り。
帰りは、向かい風が強くなり、海岸線は走れないだろうね。
午後1時10分着。
トイレ2度、自販機1度。

| | コメント (2)

2012.12.29

千本浜へ

平地のみで走った距離は、70kmcloudsun
GoogleMapsのコース。
正月休み。
昨夜からの雨も上がり、路面は濡れているが、気持ち暖かい。
今月は乗り切れていないので、無難な平地ランで。
朝8時半発。

Imgp0003
海岸線まで走り、風向きを確認してから目指したのは、東へ。
沼津市の千本浜へ。
戦車門手前から、向かい風が強くなる。

Imgp0006
ここまで、出会った自転車乗りは、一桁。
家の片付けで、急がしいのか。
帰りは、追い風。
空は全天曇り空。
富士川河口から、さらに西へ。

Imgp0007
ここで帰路へ。
旧東海道のアップダウンを、こなして帰還。
午前11時40分着。
トイレ1度のみ。

| | コメント (0)

2012.12.23

大代の干支

島田市大代の干支を見てから走った距離は、94kmsuncloud
ログは無し。
島田市大代の干支を見に行く。
来年は、年男なのだ。
冨士川駅8時49分発の電車に乗車。(6両編成の前3両に乗らないと、静岡駅での乗り継ぎに不便)
島田駅9時49分着。
身支度を済ませて、10時10分発。

Imgp0003
今日の、全国高校駅伝に、島田高校が出場している。

Imgp0005 Imgp0009 Imgp0013
大井川を渡り、新金谷駅へ。
SLのヘッドマークは、クリスマスバージョン。
うろ覚えの案内で、大代を目指す。
家を出る頃は、日が出ていなかったが、金谷では陽射しが嬉しい。

Imgp0020
道なりに行けば、大代の干支。
思ったより、お客さん少なめ。
しかし、地元民が道の整理をしている。
お昼を過ぎれば、家族連れが出るだろう。
ここから自走で冨士まで帰るので、ぼちぼち出発すれば、前方から二人連れ。
焼津のM氏脂身氏
脂身氏は、豊橋から自走。
やれやれ。

Imgp0027
再び干支へと。

Imgp0032
帰りに、五和駅で、家宅捜索をしていると、SLちゃんが来た。
これは、ラッキー。
お昼を川越遺跡で済ませて、M氏先導で焼津へと。
ここでお別れして、一人背中に風を受けて、日暮れ前に帰還しようと頑張る。

Imgp0035 Imgp0037
大崩、久能と海岸線。

Imgp0038
駒越で、コンビニ補給を済ませて、蒲原の海岸線で冨士山を確認。
家で確認すれば、昼間は一日雲っていたようだ。
午後4時40分着。
[業務連絡]
http://opa.cig2.imagegateway.net/s/FpTydyxyNHW
パス有り。

| | コメント (5)

2012.12.08

朝霧

朝霧まで走った距離は、84kmsun
GoogleMapsのコース。
今朝は路面が濡れているし、山並みに雲が多い。
富士山も見えていない。
明日は、寒いようなので、今日は頑張って走ろう。
田貫湖へと、言い残して出発。
朝8時30分発。
風が強い。
榎木橋、若宮南経由で、大石寺のトイレへ。
ここまで来ると、追い風基調で坂を登る事に。
雌橋から、たていしで自販機給水。(ホット)
冨士山が、雲が取れつつ有るので、田貫湖へは曲がらず。
(k)から車道を走り、ふもとっぱらへ。
シクロクロス大会の、お手伝いに出ていた、ハーモニーさんが居た。
だいぶシェープアップしていのたで、MTB部員は要注意。

Imgp0015
立ち話後に、入り口で数枚撮って、次なる目的地へ。

Imgp0016
富士美は、クローズしていた。
ここより下るが、風が強くてハンドルが取られそう。

Imgp0019 Imgp0033 Imgp0051 Imgp0061
冨士山は、雲が取れるが、すぐに掛かる。
湧いているようだ。
体を、冷やしてしまった。
田貫湖へと寄り道へ。

Imgp0066
だいぶ水が多くて、波が打ち寄せている。
お昼をキャンセルして来たので、まんぷくへ。

Imgp0068
久しぶりだが、お客さんも居なかったので、1時間ほど世間話など。
風が冷たくなったので、最短コースの岩本山経由での帰還とした。
午後2時50分着。
自販機1度、トイレ3度、まんぷく補給。

| | コメント (0)

2012.12.01

雨、もみじ、夕日に向かう

修善寺まで走った距離は、84kmraincloudsun
ログはなし。
修善寺のもみじを見に行く。
函南駅まで輪行。
富士駅7時34分発(4番線、6番の位置から乗車)、函南駅8時11分着。
駅前には、すでに神奈川組のさくま氏。
と、ski氏。
空は、雲が多い。
ski氏の裏道家業で、次の合流地へ。

Imgp0004
江川邸。
ちょうど、TA氏、ニシナ氏、焼津のM氏とご対面。
立ち話後に、定番の本立寺へ。
雨粒がポツポツ。
銀杏の葉は、かなり落葉済み。

Imgp0005
下に引かれた、ブルーシートが見えないほどで、イエローシートとなっている。
デジカメ撮影していれば、雨音が大きくなり、鐘つき堂で雨宿り。
たわいの無い会話も、そのうちに、いつ止む事無い雨と気温も寒くなり、この先を案ずる。

814_0109541
東電雨量情報。(午前10時0分)
50分ほどで、出発。
何処を選んでも、水はねが飛ぶ路面。

Imgp0011
狩野川沿いで、修善寺を目指す。
やがて路面は、乾いていて、こちらは雨も降ったかどうか。
もみじ公園へは、ニュータウンへの激坂。

Imgp0017 Imgp0021
もみじ公園。

Imgp0029 Imgp0031
坂を下って、修善寺温泉街。
どちらも、何枚もデジカメ撮影したが、2枚づつ。
小腹を満たして、長岡のそば屋へ。
次なる、雨雲を避けながら、高速モード。
そば屋で昼食を済ませば、外も明るい。

814_0113001
東電雨量情報。(午後1時0分)
沼津へ。

Imgp0034 Imgp0035
遠路のお客さんの為に、用意したのは香貫山クライム。
登れば、景色は良い。
私は、堤防で帰還。
皆さんとは、随時お別れ。
夕日に、向かって走る。

Imgp0040 Imgp0043
日没までいると。帰れなくなるので、追い風に乗って急ぐ。
やがて向かい風となるが、千本公園から1時間ほどで帰着となる。
午後4時35分着。

| | コメント (5)

2012.11.25

紅葉の窓

紅葉の窓を見に走った距離は、88kmsuncloud
GoogleMapsのコース。(一部のみ)
昨日に続き、今年の紅葉は早い。
そんな予感から、何回と空振りの紅葉の窓へ。
興津川の平山炭焼線へ。
朝8時30分発。
追い風基調。
帰りは、地獄の向かい風かな。

Imgp0003
立花橋。
ここも、龍爪山の帰りに見つけた、風情有る景色。
興津川沿いの山肌には、緑色の中に、赤く葉が色付いて見える。
もみじ。

Imgp0007
黒川で、自販機補給エネ補給。
それとトイレ。
一息入れて、出発。
キャンプ場の銀杏の木は、綺麗だが日影。
寒そう。
フロント3枚の、インナーで登る。
チェーンに鈴虫が、住み着いたようだ。
先週、チェーン交換したが、注油をしなかったかも。(帰還後、556で汚れを落とす。後日注油予定)

Imgp0011
日影に咲く、四季桜。
キュルキュルと泣かせながら、富士山ポイントが見えて、さらに一息。

Imgp0014
雲が掛かっている。
目的地の紅葉の窓。
8年ぶりの再会。
紅葉のカーテンは、掛けられているが、肝心の窓の奥に、冨士美人が見えるか。

Imgp0025 Imgp0021 Imgp0022
こんな物でも、充分としよう。
紅葉と富士山に出会えるのは、奇跡しか無いかも。

Imgp0029
とりあえず、龍爪神社へ。
下りずに、富士山展望台へ。
ここで冨士山が見えれば、黒川へ戻るつもりだが。
果たして。

Imgp0031
さらに、雲が掛かり駄目。
瀬名へと下りる事に、決定。

Imgp0032 Imgp0035
登山口の周辺は、車がいっぱい。
ブレーキレバーを、握る指がツライ。
平山の集落で、やっと指もちぎれる事がない。
向かい風を浴び、国一号BP高架下で東へ。
案の定、ずっと向かい風で帰還。
午後2時丁度帰還。
トイレ3度、補給2度。

0411ryusou1_2
2004年の紅葉の窓。
まもなく窓も、閉ざされそう。

| | コメント (0)

2012.11.24

須津渓谷 紅葉

紅葉を見に須津渓谷へ走った距離は、49kmcloud
GoogleMapsのコース。
例年より紅葉が進んでいるようなので、時期的には2、3日早いが、須津渓谷へ紅葉を見に行く事にする。
突発つぶやきで、同行者はTA氏。
朝起きれば、昨日の雨が残っている。

Imgp0007
当初の時間を、30分ずらして、吉原駅朝9時30分発。
須津橋からが、紅葉への入り口。
路面は濡れて、落ち葉の上が滑りそうだが、今日のタイヤは37C。
ここから、ズラズラと画像のみ。

Imgp0015 Imgp0017 Imgp0021 Imgp0024 Imgp0037 Imgp0041 Imgp0046
須津山荘。
この先が、中里林道終点。
林道を登り返し。
バラストが、引かれて間も無いようなので、ハンドルが取られる。
ままの辻から須津渓谷橋へ。

Imgp0072 Imgp0065 Imgp0052
真下には、大棚の滝。
橋から東側へ。
以前より、舗装が進んでいたが、まもなくダート。
それでも、地道なので、走り易い。

Imgp0096
激坂を下れば、眼下に工場の煙突群。
一気に下り、須津橋のすぐ東。
お昼は、岳鉄原田駅のそば屋。
店内には、座れそうも無いので、駅のイスでの昼食とする。

Imgp0099
そば大盛+海老天+玉子で、500円ジャスト。
それに、岳鉄電車も見れる。
吉原駅でTA氏と別れ、追い風基調で帰還。
午後2時丁度着。

| | コメント (2)

2012.11.18

煌きの丘

煌きの丘まで走った距離は、125kmsuncloud
GoogleMapsのコース。
昨夜まで降り続いた雨で、濡れた路面が乾きつつ有る。
朝8時30分発。
海岸線は、風弱しの予報。
目指すは、井田の煌きの丘。
堤防上は、弱い向かい風。
原辺りで、見た事有りの御仁。
お互い、あれまぁ~のski氏。
煌きの丘へと、二人して行く事に。
ここからは、裏道家業に付いて行くのがやっと。
狩野川沿いから、口野へ。
三津のセブンで補給。
富士山方面を確認しながら走るが、一向に雲が取れない。
風が弱いので、路面も乾き切れない場所も。

Imgp0002
大瀬崎で初めての一枚。
ウルシの木が、色付き始めている。
遠くは、南アルプスが真白い。
トンネルまでの登りは、ツライ。
トンネルを潜れば、下り。
一気に下り、登り返し。

Imgp0009 Imgp0012
冨士山が見えないが、とりあえず定番。

Imgp0013
こちら、3週連のski氏の愛車。

Imgp0015
正午を向かえ、お昼は貝殻亭。

Imgp0017
帰りは、港大橋でski氏と別れ、堤防で帰還へ。
午後3時半着

| | コメント (2)

2012.11.10

富士山、精進湖、本栖湖

紅葉と富士山を見ながら走った距離は、120kmsun
GoogleMapsのコース。
先週に続いて、紅葉を見に富士五湖辺りへ。
突発つぶやきでも、来ていたのは、ski氏。
今朝は、風が強い。
定刻8時丁度発。
榎木橋から若宮南で富士宮市街へ。
後は、登り坂。
たていしで、ホット給水。
ここまで、向かい風の登り。
さらに、強い風。
国道へ出ても、風。
立ち漕ぎだと、もろに風。
ガマン。
ski氏と、老後話が弾む。

Imgp0009 Imgp0010
県境での、サービスショットかな。
富士ヶ嶺。

Imgp0015 Imgp0026
今日は、冨士山がバツグン。

Imgp0030
紅葉回廊は落葉多数。
本栖湖展望台で、ski氏に急遽ミッションが訪れる。
ここで、帰路に。
単独で下る。
西湖は、練習に励むローディーに居そうなので、パスとする。
精進湖へ向かう。

Imgp0046
国139号は、紅葉真っ盛り。
精進湖入り口で、補給。
ぐるっと回り、定点。

Imgp0062 Imgp0063 Imgp0065
絵葉書的には、こんなのかな。
紅葉の中を走り、本栖湖へ。

Imgp0066 Imgp0069
蒼い湖面。
定点では、お客さん多数。
県境まで戻り、芝川に下りて帰還とする。
午後3時30分着。
帰りも、何故か向かい風。
トイレ3度、自販機1度、補給1度。

| | コメント (6)

2012.11.04

今日の富士山

[序章]
昨日は遠路、アブラミ、フジサンスキー氏(アラブ系ロシア人かも)が訪れたが、ハズレ冨士だったようだ。
そんな氏に代わり、昨日の疲れを取りながら、富士山を撮りに行く。

富士山を撮りに田貫湖まで走った距離は、66kmsun
GoogleMapsのコース。
昨日の疲れで、遅い朝食。
8時半過ぎ。
しかし昼飯は、諸事情有りで11時前。
ちょっと計算を間違えたが、昨日と変わって天気良好なり。
とうぜん、自転車乗りは、昨日の疲れを取りに走るのみ。
朝11時35分発。
向かうは、田貫湖。
アンド 富士山ポイント。
まずは、実相寺横から、ちょこっと登り貫戸へ。
私が、南側の富士山ポイントと呼ぶ、月刊明星山。

0810 Imgp0018 Imgp0036
パノラマ撮影可。
西側は、新東名。

Imgp0040
下条の定点。
たていしで、今日はアイスドリンク補給。
田貫湖の登りは、今日も寒い。

Imgp0053 Imgp0064
湖畔は、紅葉が進んでいた。
ただし、木々は少ない。
往路を下り、青木平へ。

Imgp0066
観光地点で無いのが、お気に入り。
水久保池。

Imgp0070
鉄塔が無ければと、つぶやいては駄目。
芝川に下りて、帰還。
午後3時50分着。
トイレ1度、自販機1度。
この時期、寒くなければ、午後に走ると里の景色が映える。

| | コメント (5)

より以前の記事一覧