« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012.05.30

105円の安心感

追記
バージョンアップ版はこちら。

題目の通り。
セリアで売っていた、バルブLED
税込み、105円也。
振動で25回ぐらい、LEDが点滅する。
自転車バルブは、英式に対応しているので、仏、米式のバルブには付かない。
これを、後向きに付ける。
直接フレームに付ければ、105円で走行時に、後の車に注意を与えられる。
これなら、105円で安心感を覚える。

Imgp0001 Imgp0002
仏から英式変換アダプタを、バルブLEDの後に付けて、PPバンドでフレームに付けた。
(変換アダプタは、HCで購入したが、105円では買えない)
電池は、ボタン電池3個で、60時間点滅可能なようだ。
私は、既設の後LEDの電池から、線を出してボタン電池は外して有る。
しかし振動が有ると、常時点滅してしまうので、コネクタを付けて外せば消えるようにしてある。
SWを付けても良いが、コネクタの方が、後LEDと分離出切るのが利点。
振動に絶えられるか。
あくまで、安心感なので、後に注意は必要。。

| | コメント (0)

2012.05.27

稲子、田貫湖

田貫湖まで走った距離は、73kmsun
GoogleMapsのコース。
外に出れば、むっとする。
ぼちぼち下界は、走れないかも。
とりあえず、白糸界隈へ。
朝8時45分発。
芝川稲子経由で。
平惟盛のお墓を見てから。
田植えは、まだ。

Imgp0002
やっと、田おこしが終わり、水を引くばかりだった。
桜峠への登りは、木陰が多いので助かる。
峠で一息付けば、耳の周りをブヨの羽音が聞こえる。
これからは、虫との闘いも始まる。

Imgp0011
柚野へ下りれば、富士山が綺麗だ。
トイレを済ませて、田貫湖を目指す。

Imgp0023
雌橋から坂を登り終え、定番のたていしで自販機給水。
今日は、田貫湖で終わろうと決める。
田貫湖へ登れば、北岸へ。
最近定番の、展望台へ。
入り口が、草で分かり難かった。

Imgp0025 Imgp0043 Imgp0049
湖畔は、緑でいっぱい。
遊歩道をぼちぼちと。
デッキ前で、デジカメを撮って帰ろうとしたら・・・。
最近、神出鬼没の旧ソ連邦の人が。
旧ソ連邦=ものぐさ太郎さん。
やはり富士山が見えるので、田貫湖に寄って見たとか。
これから、もう少し登るようだ。
私は、感化されずに、初心通りに村山へ。

Imgp0050
白糸へと下り、村山へ。
村山道で、下るとする。
この道の下りは、熟知していないと、迷い易い。
生暖かい南風を、受けながら帰還。
午後1時15分着。

| | コメント (2)

2012.05.26

村山道、田貫湖

村山道から走った距離は、71kmcloudsun
GoogleMapsのコース。
気温が、上がりそうな予報。
村山から白糸方面へ。
避暑コースと呼ぶ。
朝8時35分発。
いつもの冨士本経由より、村山道の方が登り易い。
ので、入山駅から釈迦堂で、左へ折れる。
茶畑では、一番茶が終わり、すでに枝を刈っている所も。
村山道は、そろりそろりと登れる。

Imgp0006 Imgp0009
村山へ。
県72号は、舗装工事が終わり綺麗だ。

Imgp0011 Imgp0010
山の神に、ご挨拶。
高さ500m界隈を、走る道は気持ち良い。
ときどき、ロードと擦れ違う。
上井出のファミマはパスして、人穴へ。
その途中の、ハッピーで自販機給水とする。
このコース、タンクや人穴神社の穴やら、見所満載の良いコース。

Imgp0015
猪之頭公園でトイレ。
国道を横切る信号機が、最高地点。
陣場の滝はパス。
キャンプ場への、林間の道から田貫湖。
夏らしい雰囲気の、田貫湖。

Imgp0024 Imgp0026
湖面を見ると、プール開きを楽しむワンちゃん。
飼い主に聞いたら、今年初の泳ぎ。

Imgp0028
天子の森経由で、その後は、気持ち良い風が吹く、田んぼ中を下る。
芝川経由での帰還とする。
午後0時50分着。

| | コメント (0)

2012.05.20

B級グルメで復活祭

エコパへB級グルメを食べに走った距離は、108kmcloud
GoogleMapsのコース。
エコパへB級グルメを、食べに行こうとつぶやいたのは、skiさん。
それに、いろんな復活を告げるべきという事で、復活際となぞえてみた。
ちなみに、私は復活は有りません。
遠路組は、神奈川のスレイプニルさんとsakumaさん。
県内組は、skiさんとハナカミさん。
それと、今回の案内人焼津のMさん
詳しいレポは、Mさんの所で。
朝8時丁度発、
静岡駅スタート。
行きは、観光名所を巡りながら、西へ。

Imgp0003 Imgp0005 Imgp0008_4 Imgp0017 Imgp0020 Imgp0021 Imgp0029
風は追い風基調。
途中の小夜の中山の激坂は、遠慮組とトライ組と別れた。
そして、エコパスタジアム。

Imgp0035 Imgp0039
ここで、皆さん好きな物を買って食べた。
一番人気は、いわきの、うにの貝焼き。
三品で、打ち止めとする。
帰りは、どこから輪行するかと言いながら、鼻先に付けられた反省会の泡が頭に浮かんで、向かい風の中をけっこうなペースで焼津まで。
私だけ、反省会は欠席で、焼津駅へ。
午後4時半着。

Imgp0041
16時51分の電車に乗車。
家には、午後6時5分着。
皆さんは、明日の金環食より、今日の海鮮食の方がGood。
お疲れ様でした。
帰着報告は、焼津のMさんの所へ。

| | コメント (2)

2012.05.19

大代峠と、かれいぱん

三保半島まで走った距離は、89kmsun
GoogleMapsのコース。
今日は、平地ランで三保半島へ。
ただし、大代峠を越えて行こう。
朝8時20分発。
富士川橋を渡ろうとすると、液体が流れ落ちる音と臭いが漂っている。
重機のアームが、トラスにぶつけている。
橋の上は、とうぜん渋滞。
松野へと向かい、大代峠へ。
気温は気持ち良い。
これからは、松野側からで無いと、大汗を掻きそうだ。
今年の工事区間は、終了していた。
自分では、いつものペースだったが、一車に軽く抜かれてしまう。

Imgp0002
大代峠。
由比側へ下りる。
あとは、平地ランで清水へ。
県道の信号機から、国一号自転車道へ。
車に、気をつけよう。
清水駅前から、裏道で三保半島へ。
今日は、いつもの裏道を間違えてしまい、いい加減に走って、三保半島先端まで。

Imgp0010
うっすらと富士山。

Imgp0012
真崎の灯台にも寄ってみる。

Imgp0015
東海大学丸。
この画は、好きな構図。

Imgp0017
そんな前の店に、気になる幟が。
これは、さっそくお一つゲット。(300円也)

Imgp0018
かれいぱん
ノッポパン宜しく、なが~い。
外側は、パリパリだが、袋に入ったまま食べないと、ポッキリと折れてしまうので注意を。

Imgp0019
巴川の定点。
帰りは、蒲原の海岸線から、富士川を渡り田子の浦港まで。
吹く風は、気持ち良く、これが無いと暑くてならないだろう。

Imgp0020
ここから、家に帰還へ。
午後1時10分着。

| | コメント (2)

2012.05.13

本栖、精進湖、西湖

富士山が綺麗だから走った距離は、123kmsuncloud
GoogleMapsのコース。
今朝は、月一の朝の奉仕活動。
家に帰れば、出かけなければならない程の、富士山が見える。
朝9時丁度発。
鷹岡、西富士宮駅、青木坂。
雌橋からの熊久保の坂へ。
前を、赤車が走って行く。
いきなり、ダウンシング。
こりゃ、見なかった事にしよう。
一登りした所で、先ほどの赤車が止まっている。
軽く挨拶をして、ゆったりと先を行かせてもらう。
ぜんぜん、追い越されないので、引き返したのかも。
その先で、今度は青ジャージの御仁。
私と、ほぼ同じペース。
たていしの手前で、追い越して、たていしで自販機給水。
日影が気持ち良いが、猪之頭に入ると、さすがに気温の低さを感じる。
国道の(K)で、トイレ、エネ補給。
歩道を走りながら、横目に富士山を窺がう。
連休の翌週は、出かける車が少ないと思ったが、今日は車が多い。
県境から車道へ。
芝桜渋滞は、静岡側は無かった。
芝桜の入り口から、山梨側は渋滞が続いていた。
その渋滞は、精進湖の入り口まで続いていた。
本栖湖入り口から中之倉トンネル前へ。
湖畔は、気持ち良い新緑。

Imgp0032
トンネル前へ行けば、うっすらと逆さ冨士。
お客さん多数。

Imgp0048 Imgp0049
前回もそうだったが、途中のこの辺の方が逆さ冨士が映る。
松風で補給しようと思ったら、休み。
先を急ぐ。
ロードが、ばんばん走って来る。
車道は、車が多いが、時計回りは走り易い。
精進湖の入り口まで、反対車線は車が繋がっていた。
精進湖へ。
下へ降りて見る。

Imgp0064 Imgp0069
湖面には、カヌー教室の艇がいっぱい浮かんでいる。
沈しているのも見えるが、今日は冷たくなかろうか。
西湖へ向かうが、その前にヤマザキでエネ補給する。
このまま、家まで帰るつもり。
西湖へは、ちょっと登り。
国道を別れれば、道は空いている。
西湖は、富士山ポイントが少ない。

Imgp0089
唯一の定点。
観光トイレも使って見る。

Imgp0093
河口湖には行かずに、ぐるっと回って南岸へ。
富岳風穴まで登れば、国道。
なるさわから、富士ヶ嶺へ。

Imgp0098
新緑が綺麗な所は、秋には紅葉が綺麗だ。

Imgp0097
M部の、入り口発見。

Imgp0101
本栖湖展望台までの間に、すっかりと曇り空。
Wブレーカを、着込んで出発。
着込んだWブレーカは、(標高)900mほど下って脱ぐ事になった。
富士ヶ嶺のJAは、パスしてそのまま、どんどこと下って行こう。
芝桜渋滞を避けた車が、ばんばんと追い越して行く。
ロングを走った時は、芝川へと宣言したので、芝川へ下る。
しかし、適度なアップダウンと、最後は馬坂。
それでも、こちらの方が良いかな。
午後3時55分着。

| | コメント (10)

2012.05.12

陣場の滝

陣場の滝まで走った距離は、64kmcloudsun
GoogleMapsのコース。
今朝は寒かった。
起き掛けは、どうも気が乗らない。
とりあえず、朝食を済ませ、梅ちゃんを見てから、ぼちぼち身支度。
朝8時50分発。
田貫湖方面へ
芝川から登る。
インナを一枚多く、着込んで来た。
汗が出るほどでは無いが、暖まって来た。
同じ負荷で、たていしへ。
ここで、自販機給水。
猪之頭まで登り、陣場の滝を目指す。
ここからも、同じ負荷で。
陣場の滝へ。

Imgp0008 Imgp0014
水汲み夫婦が、これまた商売でも始める程の、ボトルを持ち込んでいた。
(たぶん、商売人だと思うが)

Imgp0016 Imgp0027
トイレも済ませて、林間の中を走り田貫湖へ。
連休明けだが、すでに多数の釣り人が来ていた。

Imgp0034 Imgp0035 Imgp0047
半野の田んぼは、すでに田植えはほぼ終わり。
雌橋へ下る。

Imgp0050
途中の下條の定点。
富士宮市街から岩本山経由で帰還。
午後0時50分着。

| | コメント (0)

2012.05.05

12年初夏の南部町

初夏の南部町へ走った距離は、85kmsun
GoogleMapsのコース。
長い連休も、明日で終わる。
そんな明日は、天気も悪そう。
昨日の疲れも有るが、今日は天気も良くて、家で休んでは居られない。
向かうは、前夜のツッコミにも有ったが、南部町の茶畑へ。
朝8時30分発。

Imgp0002
芝川から県190号で、甲駿境を越える。

Imgp0003 Imgp0005 Imgp0006
さらに、この指示で坂を登れば、

Imgp0015_2 Imgp0017_2
犬巻峠。
すぐに、富士山も綺麗に、見えている大城へ。

Imgp0027 Imgp0052 Imgp0053
茶畑も、摘み取りまじか。

Imgp0060
木の下の地蔵尊。

Imgp0061
大峠

Imgp0067
山の上に富士山。

Imgp0070      
ジュディーオング
以前は、寅さんも和田あっこも居たが、廃墟となってしまった。
内船駅へと向かう。
ヤマザキで補給しようとしたら、店の前に以前、奈良田同行のTOMさんGr。
これから、上佐野のようなので、目的地が同じなので、ご一緒する事に。
一登りして、井出駅への入り口を確認して、目指すは柿本ダム。

Imgp0077
途中で、富士山ポイント。

Imgp0078
唯一の皆さんの画。
さらに、途中で動くヒモ。
柿本ダムへ下り、天子湖。

Imgp0080
雨水が入って、青さが出ていない。
さらに走れば、上佐野。

Imgp0090
茶畑の定点は、さらに衰退している。

Imgp0096
上佐野の茶畑は、まだ新芽が出揃っていなかった。
八木沢からの激下りへ。
下ハンで下るが、手が疲れてしまう。
何とか、井出駅へ。

Imgp0098
今回、解ったのは、こんなペダルの人は、登りも速いし下りも速かった。
万沢経由で、芝川へ。
ここで、TOMさんGrと別れ、ちょっと向かい風の中、帰還。
午後2時35分着。
出会った動物 動くヒモ、テン(と思われる)

| | コメント (5)

2012.05.04

炭焼平山線

新緑の炭焼平山線へ走った距離は、99kmcloudsun
GoogleMapsのコース。
路面は、朝方まで雨が降った跡が見える。
せっかくの連休だが、家でのごろごろで、撮り溜めたレコーダーの、電力消費が増えるばかり。
今朝は、出掛けるしか無いか。
しかし、空は満天の曇り空。
すっかり、ファンになってしまった、梅ちゃんを見てからの準備。
朝8時40分発。
炭焼平山線へ。

Imgp0001
寺尾は旗日。
西へ向かえば、興津川を越えて、空も青く変わる。
瀬名から、龍爪山へ向かうが、そちらは山頂も見えず。
瀬名の(k)で、エネ補給。
茶畑は、蒼い。
農家は、連休どころでは無い。
軽トラを走らせて、茶畑へと向かう。

Imgp0003 Imgp0007
それに、林道を登るハイカーの車も多い。
急な坂を登る。
年々、足が重たくなるが、いたし方ない。

Imgp0022
ところどころで、定点と称して、休みながらデジカメ撮影。
尾根沿いの、富士山ポイントは見えるはず無いから、パス。
路面は、ずっと濡れ状態。
タイヤが滑りやすいので、注意だ。
龍爪神社の真上へ。
多くの車が見える。

Imgp0026
林道開通記念碑の前で、ヨシとする。
これからは、下り。
しかし、急だしウェットだし。
それで無くても、ブレーキレバーを引かなくては、ここは下りられ無い。
ゆっくりと、たまに登って来る車に、気を付けながら。

Imgp0034 Imgp0037
こちらは、新緑のトンネルが見える。
秋には、紅葉と変わる。
自転車の下の汚れを、気にしていたら下れないぞ。
止まった時に、MTBに追い越されたが、彼もゆっくりと下って行く。
黒川のキャンプ場は、大盛況。
トイレに寄ろうと思ったが、パス。

Imgp0038
興津川沿いを走れば、途中からは夏模様の陽射しが降り注ぐ。

Imgp0042 Imgp0045
立花へ寄るが、吊り橋へ。
こちらも、茶農家は一家で、いそがしそう。
サッタには寄らずに、海岸線の自転車道へ。
(ス)亭で、エネ補給。
小腹を膨らませて、海岸線を東へ。
向かい風だが、富士川を渡り、田子の浦港まで。

Imgp0063
ここまでで、帰還へ。
午後2時50分着。
99kmで終わらせるのが、塾年を感じさせるかな。

| | コメント (4)

2012.05.01

千本公園まで

連休だから走った距離は、56kmcloud
ログは無し。
日、月の、二日間のミッションが終わる。
履きなれない、ハードソールの靴を履いていたので、昨日の朝は膝にダメージが。
今朝は、まあ大丈夫だろう。
今夜から、しばらく雨。
とりあえず、膝に無理しない、千本公園まで走ってくる事にする。
朝8時40分発。
堤防を東へ。
空から雨粒が落ちて来るが、大降りになる事は無いはず。
風は、向かい風。
田子の港近くで、私にとって、伝説の自転車乗りと擦れ違う。
前方から平日だが、けっこうロードが走って来る。
無理しないほどでペダルを漕げば、千本公園へ。
skiさんからの情報通りに、新しい浜冨士が見える。

0408
今回は、逆さ冨士状態。

Imgp0009
ここまで来ると、28km。
トイレを済ませ、帰りは追い風基調。
無理しないが、楽チン。
前方から、前述の伝説の自転車乗り。
止まって声を掛ける。
10年ぶりぐらに、出会った。
自転車は、オールド。
前ギアは、ノーマルクランク。
タイヤは、チューブラー。
大井川方面で、仕事をしているので、久しぶりにこちらを走ったようだ。
頭にはタオル。
ペダルは平ペダル。
サンダルを履く。
往路をトレースして、帰還。
11時15分着。

| | コメント (2)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »