« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012.04.28

河口湖の桜を見に行く

河口湖まで桜を見に走った距離は、138kmsun
GoogleMapsのコース。
ここ数年出かけている、富士五湖方面の桜。
前日にドタバタが有り、キャンセルとなりそうだったが、焼津のMさんに引き継いで、無事に行く事が出来る事に。
参加者(敬称略)焼津のM、ものぐさ太郎、ski、wat、mcberry
富士川楽座、朝8時丁度発。
芝川経由でじわじわと登る。
連休初めとなり、芝川では、すでに田植えが始まった。
足が止まると、歓談タイムが長くなり、スローペースが気がかり。

Imgp0003
まずは、猪之頭のミツバツツジ。
すでに、盛りは過ぎ、輝きが無い。
国道に出て、コンビニ(k)で、エネ補給。

Imgp0008
歩道で、県境まで。
芝桜の情報が有り、渋滞を予想していたが、スムーズに流れていた。
精進湖へと、目指すコースを決める。
本栖湖には寄らずに、精進湖へ。

Imgp0017
富士山は、雲が多いが、花は盛り。
西湖へは登り基調で。

Imgp0023
定点で一枚。

Imgp0027 Imgp0028
この先で、湖畔に桜並木が続く。
トンネルを潜り、河口湖。
一気に下って、北岸へ。

Imgp0031
富士山ポイントで一枚。

Imgp0037
目指すは、桜の花が咲く湖畔の昼食場所。
歓談タイムをこなして、そろそろと帰還へ。
南岸へ向かい、watさんが、富士山一周目指して離脱。
残りは、御室浅間神社へ。

Imgp0040 Imgp0041 Imgp0044 Imgp0045 Imgp0046
桜は、散り始めていたが、まだまだ見頃。

Imgp0052
西湖へ、登り返して、西湖から富岳風穴へ。
富士ヶ嶺へ登り、人穴へ。
芝川方面へ下らずに、富士宮市街へ。
岩本山経由での帰還となったが、ハンガーノックと足が売り切れで失速。
ロングの時は、芝川経由にしようと思った次第。
午後6時丁度着。

| | コメント (10)

2012.04.21

桜、三色

墓地の桜を見に走った距離は、73kmcloud
GoogleMapsのコース。
桜は、標高500mを越えて、さらに高所に、咲く場所を求めている。
その昔に、自転車の師匠に教えて貰い、15年ほど前に車で行った事が有る、冨士桜自然墓地公園へ。
つぶやけば良かったが、天気がはっきりしないので、ソロで。
朝8時40分発。
素直に、芝川経由で。
桜峠も無し。

Imgp0001
黒門は葉桜
じきに、濃い緑色になってしまう。
柚野でトイレ。
この辺りの田んぼには、すでに水が入り、普段は会社勤めであろう人々が、赤いオープンカーで、プールの中で土をこねている。

Imgp0005
こんな景色の中を、ゆっくりと登る。
下馬桜は、地元新聞では、再三取り上げられて、満開と騒いでいた。

Imgp0006
若干、先週よりは向こう側が、見難くなっているような。
潤井川沿いの、コンビニ(7)で、エネ補給。
この後は、川沿いを登り、朝霧霊園入り口まで。
ここからは、ずっと登り。
後からは、車がバンバン追い越して行く。
半分は、県外車。
目的地は、同じはず。

Imgp0009
ちょうど、適度な勾配と、ギア比が相まって、息が途絶える事無く、入り口。
すぐに、道両脇に駐車スペースを求めて、渋滞が始まる。

Imgp0020 Imgp0023 Imgp0026 Imgp0043 3135
こちらは、桜を撮りながら、ボチボチ登る。
上まで登れば、ロータリーでぐるっと回りこみ、来た道の反対車線を下る。
来年は、みんなと来たいほどの、桜並木。
ちょっと肌寒い下りから、再び田貫湖への登りへ。
こちらも、見頃。

Imgp0055 Imgp0057 Imgp0062
先週の湖畔の桜も、花が増えていた。
帰りは、青木坂から富士宮市街へ下り、岩本山経由で帰るべく、坦々とペダルを漕いで帰還。
午後1時25分着。
下界は、風が強かった。

| | コメント (9)

2012.04.15

春が終わる

田貫湖までポタポタと走った距離は、69kmcloudsun
GoogleMapsのコース。
昨日の春の雨も上がり、今朝は穏やかな日が射している。
昨夜から、何処へ出掛けようか迷っていたが、とりあえず田貫湖。
朝8時35分発。
冨士川沿いは、ロードを大勢見かける。
稲子から桜峠へ。

Imgp0001
稲子小学校のプールを覗く。
桜峠は朝早いので、一昨日の心が挫ける事は無かった。

Imgp0011
峠の桜も、これが限界。
柚野へと下り、トイレ。

Imgp0014
水が入った、田んぼの道を登る。
まももなく、田植えも始まる。

Imgp0015
こんな看板。
雌橋、たていしと登り、田貫湖へ。
北岸では、謝肉祭の看板が見える。
ので、南岸へ。

Imgp0019 Imgp0021
桜は、来週が見頃だろう。
ぷかぷかと、浮かぶボートは、放置されている。

Imgp0024
ねむの木

Imgp0027 Imgp0029
半野へ下り、以前来た事が有る、桜の木の下へ。
狩宿も、お祭り。
駐車場の案内係りは、大変。

Imgp0036 Imgp0038
井出邸の菜の花は、これでお終いかな。
下馬桜は、ほぼ満開。
今年は、散り始めが満開。

Imgp0039 Imgp0041 Imgp0044
大石寺の周回道路も、路面に花弁が見える。
これで、一気に平地では、初夏の陽射しと田んぼの蛙の合唱。
富士宮市街へ下り、岩本山経由で帰還。
新東名を車が走っているのが、違和感を覚えるが、これもすぐに慣れるだろう。
午後0時45分着

| | コメント (6)

2012.04.13

12年、仕事休んで千年桜を見に行く

仕事休んで千年桜を見に走った距離は、114kmsuncloud
GoogleMapsのコース。
今年度初めての年休を取る。
平地の桜も、そろそろ見頃が終わりそうだ。
2年振りに、山梨県南部町の千年桜を目指す。
朝7時30分発。
平日は、いつもより安全に。
芝川の釜口橋から、車も少なくなる。

Imgp0002_2 
富士川右岸の県道には、鳥の鳴き声やら木々の花が、春をいっぱいに謳歌している。

Imgp0005_2
万沢からは、国道へ。
後を気にしながら走れば、ダンプやら大型車も、気を利かして追い越してくれる。
切久保洞門に入れば、後は下って道の駅とみさわ。
ここでのトイレは、いつもの事。
富士川を渡り、再び県道へ逃げる。
アップダウンをこなして行くと、気温計が。
日影なので、13度の表示だが、走っている日向は、すでに15度以上はあろう。
内船駅を過ぎて、新しい南部橋を通り過ぎてしまう。

Imgp0039
旧南部橋は、2トラスを残してちょん切られている。
これは、渡れない。
戻って、新南部橋を渡る。
南部町は、桜の木が多い。
冨士川沿いにも、何ヶ所、何本有るだろうか。
それに一つひとつ、足を止めていたら、千年桜にたどり着くには、何年かかる事か。
新道の建設現場横の、激坂を登る。

Imgp0011
南部氏の里。
前回も一度寄ったが、木々の多さに今回も寄り道。
さらに登るが、原間のイトサクラは、すでに葉桜。
寄らずに、さらに登る。
本郷の千年桜

Imgp0013 Imgp0016 Imgp0033 Imgp0038
平日だが、観光客が多数。
南部橋まで戻り、身延方面へ向かう。

Imgp0040 Imgp0041
桜並木
和田峠への登りでは、すっかり夏の陽気。
気温計は、20度。

Imgp0042 Imgp0045 Imgp0046
塩之沢駅まで走れば、手前で電車の音が。
前回もそうだが、これでしばらく電車が来ないようだ。
ここもカメラマンが、ちらほら。
本栖湖へ登ろうとは思わずに、素直に戻る。
桜並木は、散り始めて路面に落ちた花弁を車が舞い上げる。
それを風が、さらに舞い上げる。
身延駅でトイレ。
内船駅まで走り、ヤマザキでエネ補給。
向かい風だが、風が気持ち良い。
十島から稲子へ。
桜峠へ登るが、途中で挫けそうな気持ちを抑えつつ。

Imgp0049
桜峠から柚野へ。
柚野では、バスツーのカメラマン多数。
もちろん、リタイア組。
柚野へ下りると曇り空へ。

Imgp0053
大石寺の周回道路は、散り始め。
一番の快楽。

Imgp0060
水久保池にも寄って見る。
釣り人がちらほら。
青木坂を下り、富士宮市街へ。
そろそろ、お昼をしたいが。
目指したお店は、タイムアウト。
しかたがない。
黒田の交差点のお店へ。
いつもは、信号待ちだけだが。
これより、岩本山経由で帰還。
午後3時丁度着。

| | コメント (6)

2012.04.08

12年、ローカルな桜見頃情報+田貫湖

桜を見に走った距離は、60kmcloudsun
GoogleMapsのコース。
近隣の方のブログには、被さる桜情報が載っているが。
それでも、そんな情報で走れば、思ったよりあちこち咲いていた。
今朝は、奉仕作業有り。
家に帰り、身支度を済ませれば、すでに9時40分発。
冨士川沿いに、身延を目指すか。
しかし、芝川手前で、すでに車が繋がっている。
富原橋をクリアしても、まだまだ続く車の列。
身延方面は諦め、芝川界隈の桜をと、変更する。
平地は、すでに満開状態。
黒門近くになれば、桜の木々が見えて来る。

Imgp0009  Imgp0004 Imgp0007_2
黒門は5分咲き。
満開となれば、向こうが見えない。
黒門の向こうも、イカシタ桜姿が見える。
柚野へと向かう。

Imgp0018 Imgp0022
下柚野は、5分ほどの感じ。
興徳寺方面は、枝垂れ桜が多いので、遠くからも良く見える。
今回は寄らない。
柚野でトレイを済ませて、白糸へと登る。
桜の花が、目立たなくなる。
白糸辺りが、開花の上限のようだ。
田貫湖まで一登り。
空気は冷たく、冬支度が正解だった。
田貫湖。

Imgp0026 Imgp0027
富士山は、さっきからずっと雲の中。
田貫湖の湖面は、溢れんばかりの水量。
往路を下る。
いつもの、たていしの百円ホットで一息。
狩宿へと下る。

Imgp0035
井出邸の菜の花。
持って帰りたいほどの香りを、噴出し咲き誇る。
下馬桜は、ツボミ。

Imgp0038 Imgp0041 Imgp0046 Imgp0049
大石寺の周回道路へ。
ここは、5分咲き。
さらに下り、総門辺りは8分咲き。
富士宮市街へ。

Imgp0052
先日、新聞にも載っていた、身延線の高架周辺を見る。
まもなく、高架橋へと変わる。
岩本山経由で帰還。
午後1時40分着。
黒門、大石寺は、来週は桜吹雪かも。

| | コメント (4)

2012.04.07

ローカルな桜

ローカルな桜を求めて走った距離は、51kmsuncloud
GoogleMapsのコース。
ローカルルールが伴うコース。
桜を見に行くが、観光地的な所は、回避。
行くは、山方面。
クロスと37Cでの出陣。
朝8時35分発。
実相寺横から登り、明星山へ。

Imgp0003
新東名。
星陵高の桜は、5から8分咲き。
明星山の駐車場は、車が数台停まっている。
激坂を、押して登る。
東側は、5分。
尾根沿いの、西側は開花寸前。

Imgp0011 Imgp0015 Imgp0029
余りある空間を得て、この景色で時間を潰せる。
もちろん、一日居ても、飽きる事無い。
今日は、先が有るので、退散。
星陵高裏側のつづら道は、折り返しが出来ずに、半分押す事に。
星山へと登り返し、蓬莱橋へ。
松野のセブンで、トイレ、エネ補給。
はたご池へ。
昨年もポタポタと登ったが、こんなに辛かったのかと思う。
何とか、はたご池へ。

Imgp0035
桜は、3分咲き。
池周辺は、ツボミ。
泉水へと下りる。
しかし、良い景色。

Imgp0040 Imgp0045
泉水のアイドルと山桜。

Imgp0047
大晦日へと登り、昨年の夏以来のひょうたん島。
芭蕉天神宮にも寄るが、こちらは梅だった。

Imgp0057 
ケカチ峠。
台風での倒木が多くて、いつもより明るい。
由比側へと下りるが、湧き水と杉の枝で、速度は控えめ。
桜野の入り口へ。
明日、MTB部が訪れるようだ。
しかし、こちらも激坂が待ち受ける。
あちこち、痛手を受けた箇所が見受けられる。

Imgp0074 Imgp0072
ここの桜ポイントは、必ず抑えよう。
他の桜画像は、割愛。
いったん下って、県道へ。
大門から登り帰す。

Imgp0078
由比港からの、海岸線が良く見える。
小石原の巨樹。

Imgp0081 Imgp0099 Imgp0085 Imgp0090
蒲原界隈では、最大級だと。
いつもの道で下って、蒲原。

Imgp0106
蒲原館で、大盛ラーメンを食べ、帰還。
午後2時15分着。
濡れ雑巾で、軽く車体を拭いてやった。

| | コメント (0)

2012.04.01

春富士を見に本栖湖

本栖湖まで走った距離は、98kmsun
GoogleMapsのコース。
風が強いが、山方面は影響が少ないと判断。
ただし、気温は冬並み。
向かうは、本栖湖。
朝8時25分発。
桜の開花宣言が出されていたが、走って行くと、すでに3分咲きがちらほら。
入山瀬駅から村山道で。
冨士本より緩めだが、標高をぶんぶん稼いで行く。

Imgp0001
村山への最後の坂で、一枚。
この先は、雨上がりは路面がウェットだが、風が強いのでドライ。
村山の山桜は、開花しておらず。
白糸方面へ。
世界遺産を目指しているので、県道は拡張が進んでいる。
上井出のファミマで、トイレを借りながらエネ補給。
だんだんと、春富士が大きくなる。

Imgp0006
新緑前の、県道へ。
今日は車が多い。
追い風が、背中を押してくれる。
それでも、やっと富士ヶ嶺のJAへ。

Imgp0008 Imgp0025
ここは、富士山が大きい。
県境へ。
コーヒーの看板が、復活していた。

Imgp0062
気温計は、5度。
西富士道路、恒久的に無料。
ここで、Wブレーカーを着込む。
車道で、本栖湖へ。
上手い具合に、大型車に追い越されずに、本栖湖入り口。

Imgp0029 Imgp0058
北岸から中之倉トンネル前。
観光客の車が多数、停まっていた。
トレイを済ませて、昼飯へ。
松風。
しーたけ丼は、時期早々で駄目。
トンカツ丼も、出来ないと。
勧められたのは、鹿カレーと猪鍋。
昨日、家ではカレーだったし、それよりも鹿カレーは、五郎十並の記憶が有る。
選んだのは、ほうとう鍋。

Imgp0059
しばらく待ち、出て来たのはコンロ付き。
だいぶ時間を費やして(世間話もしながら)、往路を帰る。
こんどは、大型車にだいぶ追い越される。
県境からは、歩道へと逃げよう。
根原から、車道で一気に下る。
富士山が綺麗だから、富士美から脇道へ。

Imgp0082 Imgp0096 Imgp0098
春富士が大きい。
ここからは、風が強いので、富士宮市街と下り、岩本山経由で帰還とした。
あちこち、すでに5分咲きの桜が見えた。
午後3時10分着。

| | コメント (2)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »