« 大代峠 | トップページ | 2石発振回路 »

2012.01.15

まだ被災地、上稲子

稲子へと走った距離は、54kmcloud
GoogleMapsのコース。
つぶいたが、寒い曇り空で、家で暖まって過ごそうか、どうしようか。
しかし、家でごろごろしていると、エアコンの電気代が気になってしまう。
そんな訳で、稲子の氷旬を見に行く事にする。
朝10時30分発。
芝川駅舎は、解体されていた。
稲子川沿いに走るが、足先が冷たい。
上稲子へと向かうと、飛図温泉手前で台風の被災跡。
復旧工事が行われているが、ダートな道へと迂回させられる。

Imgp0003
さらに、再び工事区間。

Imgp0011
飛図温泉は、稲子川が蛇行する区間で、かなりの土砂が入り込んだようだ。

Imgp0010
終点落合へ。
石神峠線も入山線も、通行止めの標識が有る。
氷旬を見に行きたいので、入山線へ入れば。

Imgp0005
土砂が見える。
が、これは行けない。
なんでかは、道が流されているから。

Imgp0007
遠くに、軽トラックが見えるが、果たして脱出出来るか。
石神峠線は、近隣のアドベンチャーな方に、情報収集をお願いしよう。
桜峠へと。

Imgp0012
桜峠の路面は、融雪剤で黒く光っている。
柚野へと下り、トイレと自販機。
ダイドーの値段が、上がっている。
大石寺まで登り、西富士宮へと下る。

Imgp0028
山本の茶畑経由で帰還。
午後1時45分着。

|

« 大代峠 | トップページ | 2石発振回路 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大代峠 | トップページ | 2石発振回路 »