« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012.01.28

清水港へ

清水港まで走った距離は、61kmcloudsun
GoogleMapsのコース。
朝は、2度揺れた。
2度目は、震度4だったようだ。
まだ、布団の中だった。
今日も、寒いけど軽く走る。
向かうは、清水方面。
朝9時55分発。
追い風で西へと。
とうぜん帰りは、向かい風だろう。

Imgp0001
(ス)亭のガードレールが、取り外されていた。
こんな改善は、どんどんやろう。
今日は、日本平も三保へも行かない
清水界隈を、ポタポタと走り、清水港へ。

Imgp0003
新造された、おきつ。

Imgp0010
清水港
清水駅西側の踏み切りで、鉄人がカメラを構えていた。

Imgp0012
EF66 54。
まもなく、淘汰されそう。
帰りの、興津から由比までは、向かい風の中、空から雨粒も落ちて来た。
田子の浦港までと思ったが、やめ。
午後1時丁度着

| | コメント (6)

2012.01.27

田貫湖は凍ったか

湖面が凍ったか田貫湖まで走った距離は、60kmsun
GoogleMapsのコース。
所用有りの休み。
すんなり済ませて、時間が有ったので、田貫湖へ湖面の確認へ。
朝9時55分発。
芝川経由。
県75号。
柚野でトイレ。
熊久保の坂を登り、田貫湖へ。
Wブレーカーは脱ぐ事無く、田貫湖まで。
田貫湖の登りは、空気が冷たい。
カモや釣り人は、凍って無い湖面を選んで遊んでいる。
しかし、まだまだ張り具合は3分。
12月が、暖冬だった所為か。
遊歩道を回る。

Imgp0030 Imgp0048 Imgp0063 Imgp0064 Tanu01 Tanu02
来週も寒波が来るようなので、2月初辺りがピークとなるかな。
下りは、凍えそうだ。
やはり、ダウンが必須。
たていしの百円ホットで一息着く。
西富士宮、岩本山経由で帰還。
午後1時45分着。
帰りは、ずっと向かい風。

| | コメント (0)

2012.01.22

みっつのこぶとふじ

雨も上がり薄日も射したので走った距離は、59kmcloud
GoogleMapsのコース。
曇り空だが、まず確認する事は、ネットとデータ放送での天気予報。
昨夜までの、傘マークも消えている。
ぼちぼち身支度を済ませて、外へ出る事に。
富士山は雲が掛かっているので、清水方面へと走り出す。
朝9時35分発。

Imgp0001
冨士河口で振り返れば、薄墨色の冨士が見え始めた。
方向転換の舵を切りたいが、田貫湖はたぶん路面が悪いかも。
とりあえず、大代峠を越える。
北風のようで、向かい風。
菅原天神宮は例祭。
路面は、乾き始めている。

Imgp0004 Imgp0008
市境の激坂を頑張り、大代峠。
切り通しからは、冠雪した冨士が見える。
Wベレーカーを着込み、松野へ。
松野から芝川、稲子へ。
結構、キツイ向かい風の歓迎に会う。
稲子川へ入れば、穏やかに。
日向橋で、脱Wブレーカ。
桜峠へは風が無く、雨が止んだばかりの路面だ。

Imgp0010
柚野へ下りる。
ここは、いつも風を感じない。
トイレと自販機は、いつもの事。
ここから、折り返す。
ただし久しぶりの、柚野峠を越えて。

Imgp0011
途中で、トトロのバス停。

Imgp0014
プチ峠と云うより、こぶほどの柚野峠を越える。
この先は、富士山コースへと。

Imgp0017 Yuno Yama  Imgp0057
西富士宮へと下りて、最近は山本の茶畑経由。
午後1時15分着。

| | コメント (2)

2012.01.17

2石発振回路

トランジスタ2個、抵抗2本、コイル。
これだけで、電池でLED電球を点ける事が出来る。
ネットで検索して、面白そうな回路をメモしておいた。

Kairo
そのうちの、ひとつ。
案外、うまくいかない物だが。
これは、思いのほかうまく動作する。
マルチバイブレーターのように、互いにトランジスタをONさせる。
ベース抵抗は、700Ωの指示だが、低電圧で動かすので560Ωにした。

Imgp0002
コイルは、三相ラインフィルターの一相分を外して、そこへ75tだけ線を巻いた。
おおよそ、10:10:75。
電池1本でも、LEDナツメ球は点く。
LED電球を点けるには、電池2本は必要。

Imgp0003 Imgp0005
DC3.0Vで、AC19Vの出力。
f4.2kHz。
発振音が、聞こえないのが良い。
ジュールシーフより、発振の質が良い。
毎度の事だが、ジャンク部品で作っている。

| | コメント (0)

2012.01.15

まだ被災地、上稲子

稲子へと走った距離は、54kmcloud
GoogleMapsのコース。
つぶいたが、寒い曇り空で、家で暖まって過ごそうか、どうしようか。
しかし、家でごろごろしていると、エアコンの電気代が気になってしまう。
そんな訳で、稲子の氷旬を見に行く事にする。
朝10時30分発。
芝川駅舎は、解体されていた。
稲子川沿いに走るが、足先が冷たい。
上稲子へと向かうと、飛図温泉手前で台風の被災跡。
復旧工事が行われているが、ダートな道へと迂回させられる。

Imgp0003
さらに、再び工事区間。

Imgp0011
飛図温泉は、稲子川が蛇行する区間で、かなりの土砂が入り込んだようだ。

Imgp0010
終点落合へ。
石神峠線も入山線も、通行止めの標識が有る。
氷旬を見に行きたいので、入山線へ入れば。

Imgp0005
土砂が見える。
が、これは行けない。
なんでかは、道が流されているから。

Imgp0007
遠くに、軽トラックが見えるが、果たして脱出出来るか。
石神峠線は、近隣のアドベンチャーな方に、情報収集をお願いしよう。
桜峠へと。

Imgp0012
桜峠の路面は、融雪剤で黒く光っている。
柚野へと下り、トイレと自販機。
ダイドーの値段が、上がっている。
大石寺まで登り、西富士宮へと下る。

Imgp0028
山本の茶畑経由で帰還。
午後1時45分着。

| | コメント (0)

2012.01.14

大代峠

一走りの距離は、40kmcloudsun
GoogleMapsのコース。
外を見れば曇り空。
こんな日は、無理して走らなくても良いと、思いつつ。
コタツでPCを開いて、初歩の電気ネタでもと、思いつつ。
人生、あと何キロ自転車に乗れるか。
と思いつつ、着替え。
朝10時丁度発。
大代峠まで一走りのコース。
松野までは北風。
大代峠の手前で、脱Wブレーカ。
だいぶ下の方まで、工事が始まって来た。

Imgp0001
大代峠
着Wブレーカ。
由比へ下り、蒲原の海岸線へ。

Imgp0003
富士川河口から、もう少し東へ。
向かい風。
田子の堤防で、前方からskiさん。
静岡まで、行くようだ。

Imgp0006
田子の浦港で終わり。
市街地を走り、帰還。
午後0時15分着。
富士市の海岸線の路面が、濡れている所が多かった。

| | コメント (2)

2012.01.11

単三電池消費作戦

昨年の計画停電の影響で、家には単三電池が行き場を無くしている。
震災前から電池は、常備させていた。
そこへ、中電管轄の親類からも、電池の差し入れが有り、なかなか減らない。
先日依頼、電池でLED電球を点けたりして遊んでいたが。
単4電池は、リモコンや会社で聞くラジオで使っている。
ので単4電池は、けっこう使う。
そこで、単三電池を単4電池にコンバートさせる。
なんの事は無し。
単4電池もどきを作り、リード線を外へ出して単三電池を使う。
同じ事を、すでにやっている人も居る。

P1000456
ラジオと単4もどき。
材料は、
アクリル丸棒(単4電池より細めが良い。ラグ板やリード線を処理しやすい。)
単三電池ホルダー
ラグ板(無ければ、半田付け出来る金属板)
リード線
3mmのネジ

P1000457
アクリル丸棒の先に、ネジでラグ板を付ける。(手前のがラグ板)
+(赤リード)側は、ラグ板をもう1枚付けて有る。
これを、ネジの前で曲げてある。

P1000459 P1000460
リード線が外へさせるように、カバーをナイフで開けてある。
これで、単三電池が消費出来るが、単4電池より長持ちしそうなので1年で数本しか減らないか。
購入したのは、電池ホルダーのみ。
あとは、周りの廃棄物などなど。

| | コメント (2)

2012.01.09

平地ラン 千本公園

平地ランで走った距離は、69kmsun
GoogleMapsのコース。
昨日は寒すぎて、外に出るのをためらっていたが。
かみさん曰く、寒い時のコースを考えて走れば、と。
そうは云っても、明日は気温が上がる予報だから。
そんな予報通り、家の中の空気も気持ち暖かい。
朝9時5分発。
富士川河口から東へ。
前からは、ばんばんロードが走って来る。
マリーンプールで、記念撮影しているTAさんを発見。
堤防を走れば、誰かと会えると思っていたが。
しばらく情報交換をして、二人で東へ走る。
途中で、今度はskiさん。

Imgp0001
ここでは、skiさんの新車のデモ。
電動アルテとデュラの混合。
サーボ音が、未来志向だった。
skiさんの提案で、猪を見に行く事に。
裏道で大平方面へ。

Imgp0006
3頭。
人になれているのか、暴れない。
千本へ戻りながら、skiさんが離脱。
堤防上でTAさんと別れる事に。

Imgp0012
後は、サッカー決勝中継に間に合うようにペダルを漕ぐだけ。
午後1時15分着。
海岸線は、風も弱くて暖かく、気持ち良く走れた。

| | コメント (4)

2012.01.07

田貫湖、さっむ

定番田貫湖へ走った距離は、60kmsun
GoogleMapsのコース。
朝9時5分発。
定番、田貫湖へ。
北風。
向かい風だが、弱い。
Wブレーカーは、精進川で脱ぐ事に。
その後は、登るにつれて気温が下がるが、田貫湖へ。
田貫湖の登り坂は、体が凍りそうだった。

Imgp0004 Imgp0008
北岸でトレイを済ませ、ぐるっと田貫湖を回る。

Imgp0012
よくよく見ると、凍り始めていた。
しかし昨年は、1月16日に訪れた結氷観測会は、まだまだだ。

Imgp0010
このオブジェ、本物かと思った。
たていしで、百円給水。
往路を下り、西富士宮、高原、岩本山で帰還。
復路のコース、大型車が少なくて安全。
午後0時35分着。

| | コメント (0)

2012.01.03

寒中田貫湖

寒いけど田貫湖まで走った距離は、64kmsun
GoogleMapsのコース。
昨日の午後、富士山に雪が降った。
今朝確認すれば、かなり風に舞ったようだ。
とりあえず、体力低下防止で、田貫湖へ。
朝9時丁度発。
冨士川沿いは、昨日ほどでは無いが、向かい風。
芝川に入り、西山から精進川までは、穏やかになる。
さらに登れば、再び向かい風。
それより、気温が低い。
年明けからは、インナグローブとトゥーカバー。
田貫湖へ。

Imgp0005 Imgp0023
駐車場は満車。
釣り人も、年末より多い。
湿原から猪之頭まで、林間の中を走る。
冬さむ。

Imgp0024
湧き水の葵。
ここで終わり。
猪之頭から、車道で帰ろう。
猪之頭小学校から。

Imgp0025 Imgp0026
北側半分は、雪が張り付いて見える。

Imgp0029
県畜産試験場。
西富士宮へ下りて、高原、岩本山で帰還。
午後0時50分着。

| | コメント (0)

2012.01.01

12年初乗り由比

大代峠を越えて由比へ走った距離は、40kmsuncloud
GoogleMapsのコース。
駅伝とかサッカーとかで、テレビっ子になると走れない。
とりあえず、初乗り。
体がなまらないように、大代峠を越えて由比の正月風景を見に行く。
朝10時丁度発。
松野から大代峠へ。

Imgp0001
ぜんぜん頑張らず(頑張れないが正解)、大代峠。
曇りがちながら、冨士山が見える。
由比へ下る。
由比の正月風景。

Imgp0005 Imgp0006 Imgp0007
由比港は、いつもより華やかさが足りないかな。
本陣前で、W夫妻に出会う。
何だかんだと道端歓談。
体が冷える前に、別れる。

Imgp0018 Imgp0023
その後は、新富士川橋を渡り、田子の浦港まで。
由比から、ここまでかなりの自転車乗りに出会う。
田子の浦港より帰還へ。
午後0時50分着。

| | コメント (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »