2011.12.29

またまた、田貫湖

またまた田貫湖へ走った距離は、65kmsun
GoogleMapsのコース。
日曜に走ったコースと同じ。
桜峠、田貫湖、岩本山。
今日はサッカー中継を、見たいが為に家食。
朝9時20分発。
冨士川沿いは、手足の指先をマヒさせる冷たさ。
稲子に入れば、日影の家の屋根には霜が残っている。
日向橋で、Wブレーカーを脱ぐ。
桜峠へ登るが、今日は車が少ない。

Imgp0002
桜峠から柚野へ。
後は、日溜りの柚野をポタポタと。

Imgp0005
毎年見る、門松の無人販売。
熊久保の坂からたていしへ。
さらに、田貫湖へと登る。
汗が出ているので、体が冷たい。

Imgp0008
田貫湖北岸に向かうが、さすがに暇人は居ないと思ったが、駐車場は満車状態。
正午近い。
さて、帰るだけ。
たていしの百円自販機。

Imgp0010
何を、飲んだのかな。
大石寺から西富士宮。

Imgp0013
後は、高原、岩本山経由で帰還。
午後1時15分着。

| | コメント (0)

2011.12.27

冬の散歩道 野田山(金丸山)、大丸山

冬の散歩道で庵原の山を走った距離は、25kmsun
GoogleMapsのコース。
すでに、お休みモード。
今朝も寒い。
家でごろごろしていたら、引き篭もりになりそう。
冬の散歩道の第二弾。
庵原の山へ。
今日は、楽座裏の吉津から野田山、大丸山へ。
朝9時30分発。
楽座で、トイレを借りる。
吉津に入るが、日影で空気が冷たい。
それに、勾配もキツイ。
早々と、Wブレーカーを脱ぎ捨てる。(Wバッグに入れるが正解)
先日、TREKのリアエンドを、力任せに修正したので、リアローが使える。
これが使えないと、登れない。
それでも、背中に汗を掻いているのが分かる。
すっと登り。
浜石クラスかも。

Imgp0003
何とか、川坂からの道と合流。
台風の被災跡が有り、道標識が谷に落ちていた。
もう一登りして、野田山へ。
案内板が、金丸山になっていた。
誰も居ない。
鉄塔の方まで登って見る。

Imgp0008 Imgp0011 Noda
ここまで来れば、富士市の眺めが良い。
鉄塔は、富士市の防災無線用。
ソーラーパネルと非常電源も備えてある。
これでも想定内。
車道に戻り、南へ。
展望広場から、大丸山へ。
林道に、倒れている木々を伐採している。
横を通り過ぎ、大丸山へ。
最後の坂は、押し。
帰りも、押しで下る事になる。

Imgp0023 Imgp0025
富士山は、雲に隠れている。
途中で、白い南アルプスの頂が見えた。
そんな訳で、由比へと降りずに、小塚線へと戻ろう。
今日の最高地点を過ぎて、かぎあなの展望地。

Imgp0032 Imgp0045 Kagiana
富士山は雲の雲の中だが、白い南アルプスの頂が鮮やか。
途中で、正午の時報が聞こえたので、中山方面で下る。

Imgp0060
血流川へと合流するが、途中で山の中に御社。
馬坂を越えて帰還。
午後0時25分着。
野田山へは、善福寺線からが一番楽と思う。(たぶん)
それにしても、庵原の山の集落には、いつも驚きが有る。

| | コメント (2)

2011.12.25

さくらたぬきまんぷく

寒い中走って来た距離は、66kmcloudsun
GoogleMapsのコース。
昨日より低い気温。
庵原の山で暖まろうと思ったが、車が少ない日曜なので、田貫湖を目指す。
朝9時30分発。

Imgp0001
富士川沿いから稲子へと。
しばらく遠のいていた、桜峠へ。
台風の被災跡が見られるが、通れるようになっていた。
桜峠へ登る前に、今まで着ていたWブレーカーを脱ぐ。
日影は冷たいが、体は暖まる。
桜峠。

Imgp0003 Imgp0005
初日の出イベントの用意がなされていた。
柚野へと下る。
曇り空となるが、田貫湖へと向かう。
熊久保の坂経由で、たていしはパス。
田貫湖への登りでも、暖まる。

Imgp0011
田貫湖へ。
ちゃちゃっと、デジカメを撮って戻る。
下りは、寒い。

Imgp0012
狩宿経由で、久しぶりのまんぷくへ。
お店の中は、ストーブが全開。
体が暖まった所で、寒くなる前に帰ろう。

Imgp0015
帰りは、西富士宮駅経由、高原、岩本山。
午後になり風も強くなっていた。
午後1時50分着。

| | コメント (0)

2011.12.18

家カレーの為、清水まで

日本平まで走った距離は、83kmsun
GoogleMapsのコース。
今朝も寒い。
今日は、海岸線に出て、風が無ければ清水まで。
家には、日曜の昼には、2ヶ月に3度は作る、カレーが待っているので。
朝9時5分発。
新富士川橋を渡るが、一昨日のような風は無し。
海岸線で由比、興津、清水へと。

Imgp0001
とりあえず、日本平へ。
ここは、トレする自転車乗りが多いので、追い越されること、しばしば。
風も無く、マイペースで登る。
下って来るロードは居るが、追い越すロードは無し。

Imgp0002
駐車場へ。
バイクや車で、結構いっぱい。
排水を済ませて、とろとろと降りて行く。

Imgp0003 Daira
途中2箇所ほどで、富士山を撮りながら。
今日は、カメラマンが多かった。

Imgp0025_2
その後は、いつもの裏道で三保半島へ。
気温は低いが、風が弱いので小春日和を感じさせる。

Imgp0031 Miho
海に浮かぶ、石の群れ。
昔の貯木場だったようだ。
正午の時報が聞こえる。
帰りは、清水駅前からは、往路をトレース。
弱い風だが、速度が上がらず、ポタポタと帰ろう。
新富士川橋を渡り帰還。
昼食は、家カレー。
とうぜん、夜もカレーだ。
午後1時40分着。

| | コメント (0)

2011.12.16

チャーシューを食べに朝霧へ

朝霧までチャーシューを食べに走った距離は、88kmsun
GoogleMapsのコース。
円高休暇。
週末は、真冬の寒さが予想されるので、走るなら今日がベスト。
朝起きて、向かうは静岡のおでん。
朝9時丁度発。
新富士川橋を渡り蒲原の堤防で、思案の渦。
このまま海岸線は、つまらなさそう。
それくらい、風が強い。
おでんは諦める。
次なるは、行ければ朝霧のチャーシューだ。
とりあえず、田貫湖へと芝川経由。
霞んでいる富士山も、麓に近づくにつれ綺麗になってくる。
柚野公民館で排水。
たていしで、補給。
その後は、富士山を確認してから、田貫湖へと。
気温は冷たい。

Imgp0009 Imgp0019 Imgp0040 Tanuki
遊歩道は、回らず。
湿原経由で猪之頭。
ここまで来れば、すでに頭の中はチャーシュー。

Imgp0047
国139号の歩道を登り、富士美へ。
車が1台。
中には、営業マンらしき2名。

Imgp0045
味噌ラーメン。(600円也)
チャーシューは3枚。
帰りは、牧場の中を下るだけ。
Wブレーカーを着込む。
田舎の香りがするが、景色の良い道。

Kenasi
毛無山

Imgp0060 Imgp0072  Fuji
草原の上の冨士
さらに、下るだけ。
上井出の交差点で村山へ。
県道を篠坂まで。

Imgp0075
交差点の向こうには、通行止めの看板。
(12/5から12/22のうち、10日間)
しょうがない。
富士宮市街へと下る。
平日は、車に注意。
とりあえず、安全安心な道を検索。(頭の中で)
浅間大社横を過ぎて、潤井川沿いへ。
けっこう、強い向かい風が吹いて来る。
高原、岩本山経由で帰還。
午後2時45分着。
おでんを辞めて、チャーシューにしたのが正解だったかな。

| | コメント (2)

2011.12.10

初冬の散歩道 庵原の山

冬の散歩道野田山へ走った距離は、32kmsun
GoogleMapsのコース。(何故か調子が悪く途中まで)
1月の気温。
富士山が見える。
ちょこっと走って来よう。
冬の散歩道。
向かうは、野田山界隈の庵原の山へ。
朝9時30分発。

Imgp0001 Goten
蒲原から御殿山。

Imgp0023 Imgp0027 Imgp0031
善福寺線で登るが、真冬身支度だったので、ポカポカと暖かい。
というか、暑いくらいだった。
特に、真冬手袋は汗だらけ。
登り着いてから、展望広場へ。

Imgp0033 Imgp0036 Imgp0040 Imgp0064 Imgp0067 Kagiana
さらに野田山公園へ向かい、かぎあな展望地。
かぎあなの分岐点で、この先どうするか悩む。

Imgp0085
思案の末、久しぶりに、激坂の血流川沿いに下りて行く。
こちらは、冬身支度が正解だった。
指先が、冷たい。

Imgp0087
新東名の展望地から、室野経由で帰還。
午後0時40分着。
3時間で32km。
アベ11kmとは。
真冬の風が強い時でも、このコースは寒さ知らず。
GPSログ、今日も失敗。
衝撃の所為か、寒さの所為か。

| | コメント (2)

2011.12.04

浜石、桜野のご褒美

富士山見えれば高い所へ走った距離は、48kmsun
GoogleMapsのコース。(浜石岳まで
今日は、健全な静岡県民は、防災訓練。
とりあえず終われば、家に帰り自転車。
大棚の滝の紅葉と思いつつ、これだけ冠雪冨士が出ていれば、そちらの方へ。
朝9時40分発。
由比のローソンで、エネ補給。
しかし、日差しが暖かい。
県76号を登る。
今日の自転車は、TREKのクロスにパナの38C。
走りが重い。
銚子口の滝入り口から、さらに登る。
この辺も、色付いた木々が見える。

Imgp0005
槍野からのイロハ坂。
途中で、インローにするが、リアがうまく入らない。
シフターを、押さえながら登る。
登り着いて、ちょっと調整するが、うまく行かないので、以後ロー(28T)は禁止。
24Tで、登る事になる。

Imgp0006 Imgp0009
槍野
路面は、コンクリート舗装。
もくもくと登る。
池田線との合流。
南アルプスを見に行く。

Imgp0020
すっかり、杉の木が伸びて来た。
まもなく、展望が利かなくなりそう。

Imgp0078
もう少し登れば、ダート道。
下って行けば、日影となり泥道が現れる。
ここは、自転車を担いで、泥の上をそ~と歩くしかない。
由比からの道と合流。
まもなく、浜石岳直下の駐車場。
さすがに車が多い。
他県ナンバーも多い。
一登りで、山頂の芝生広場。
由比の町からは、正午の時報が聞こえる。
ハイカーは、昼飯時だった。
定番のデジカメ撮影開始。

Imgp0026 Imgp0055 Imgp0042 Imgp0047 Imgp0071 Hamaisi
今日は、浜石のご褒美とばかりに、富士山がいっぱい。
海岸線も、気持ち良く見える。
20分ほど居座って、帰る。
帰りも池田線へ。
槍野へは寄らす、桜野へ。
先ほどの泥道を、担いでクリアー。
いつもより、荒れているのでロードだと辛いかも。
槍野からの合流点から、さらに池田線へ。
いきなり、泥道。
かなり、荒れていそう。
今にも、ケモノが現れそうな雰囲気だ。
路面には、タイヤ痕が見える。
途中で、スーパーカブが止まっていた。
持ち主は、居ない。
ここまで来ると、引き返せない。

Imgp0083
知った道だが、根性だけでは走りたく無い。
やっと、桜野線への分岐。
やれやれ。
桜野線は、下ればどんどん路面は綺麗になる。

Imgp0092 Imgp0117 Sakurano
桜野のご褒美が見える。
桜野の集落を下る。
内房への町道へ。
大晦日へは、自転車は通れそうだが、通行止めの看板。
大代峠経由で帰ろう。

Imgp0127
銚子口の滝周辺は、日が差して色付いた木が綺麗。
大代峠へは、ロードでも辛いが、TREK+38Cではさらに辛い。

Imgp0129
大代峠からは、久しぶりに富士山が見える。

Imgp0131
松野へと下るが、ここもそこそこ紅葉が見える。
馬坂経由で帰還。
午後2時30分着。
GPSの電池が動いたようで、浜石岳までしかログ撮りしてなかった。
反省。

| | コメント (0)

2011.11.26

富士山観賞会

富士山観賞会で走った距離は、79kmsuncloud
GoogleMapsのコース。
mcberryさん企画の、富士山を見る会。
一昨年に参加したが、久しぶりに今年も参加。
mcberryさんの企画は、関東地区や中京地区からの参加者が多い。
今年も、mcberryさん含め10名。
その他、焼津のMさん、ハナカミオヤジさん、ものぐさ太郎さん。
総勢14名。
朝9時30分、富士川楽座発。
午後4時30分 富士川楽座着。
いろいろとトラブルが有ったようだが、mcberryさん他でレポはご覧あれ。
昼食は、大勢なので白糸庵。

Imgp0010 Imgp0012
西山本門寺

Imgp0014 Imgp0017 Imgp0029 Imgp0032 Imgp0041 Imgp0047
富士山あれこれ。
雲が掛かったりしたが、ちょっと時間が経てば雲も切れて、遠方からのお客さんも満足したでしょう。

| | コメント (2)

2011.11.24

11年晩秋 炭焼平山線

冨士山が見えたので走った距離は、89kmsun
GoogleMapsのコース。
休み。
世間では、円高休暇とも言う。
昨日は、寒さでモチベーション上がらず。
それに、天気も下り坂だった。
下界の雨も高所では、雪と計算していたつもり。
朝起きれば、案の定、冠雪冨士が見える。
いろんな所が頭に浮かぶが、この時期だと炭焼平山線が紅葉のはず。
朝8時25分発。
今日からバイカーズパンツ。
ほぼ冬仕様。
空気が冷たい。
風は向かい風。
由比を過ぎると、走る速度は20km以下。
当初は瀬名から登るつもりだったが、黒川に変更。
国52号入り口のローソンで、排水、エネ補給とする。
興津側沿いに入れば、風も収まる。

Imgp0009
立花橋。
もう少しすれば、ここも紅葉をする。
下流側の斜面が崩れていた。
但沼から奥へと入ると、気温がもう冬だ。
冷たい空気を吸いながら、左岸へ。
土からは、通行止めとなり再び右岸へ。

Imgp0012
和田島小学校。

Imgp0018
両河内小学校。
色付き始めかな。

Imgp0019
色男健在。
黒川のやませみの湯辺りは、色付き始め。
笑味の家で排水。
自販機のホットドリンクで、暖まろう。
ここからは、登り。
ゆっくりと路面に、気を付けながら登る。

Imgp0023 Imgp0024
こんなのが、ぼちぼち見れたが、ほとんどは杉の木。
まもなく景色が良くなるので、そこまでガマン。
冨士山が見れれば、デジカメを撮りながら登る。

Imgp0027 Imgp0037 Imgp0046
Imgp0043
期待していた所だが、色付きは遅かった。
私は、ここを紅葉の窓と呼ぶが、赤いカーテンを降ろしてなかった。
ピンポイントの紅葉と、富士山を並べるのは、奇跡が起きないと見れないね。

Imgp0049
龍爪神社へ。
ここまで、家から3時間半弱。
本栖湖より、時間的には遠い。
瀬名へと下るが、アップダウンを繰り返すうちに、富士山ポイントを過ぎたようだ。
登り帰す事になった。

Imgp0053
今まで何回も来ているが、雲ひとつ無い冠雪した富士山は、初めてだ
今年の1月以来の冠雪冨士。
雲も画にはなったりするが。
もう一箇所も、通り過ぎそうになる。
ハイカーがお昼をして居た。

Imgp0086
ここは、正面に富士山が見えて、ポジション的には好きな場所だ。
瀬名へと、下る。

Imgp0095 Imgp0097 Imgp0098
途中で、定番の景色を撮りながら。

Imgp0100
平山まで下ると、向かい風が強くなる。
しかし、下り。
瀬名の交差点からは、国一号BPの高架下を、追い風に乗り走る。
平日で車が多いので、安全第一。
お昼は(ス)亭。
食券を買おうと、自販機を見ると買うべきボタンが無い。
困った。
お店の人に、さくら海老そばは、どこを押せば良いの
お店の人、今日は半額になっているからと。
道理で、いつもの金額と違う訳だ。
月に2~3度、木曜が半額になるようだ。

Imgp0103
これで450円。
大盛にしたので、お腹一杯で帰る事になった。
普通盛を2杯買えば、400円だったとは、家で思ったが後の祭り。
午後2時40分着。

| | コメント (0)

2011.11.20

晩秋の暖気

田貫湖まで走った距離は、67kmcloudsun
GoogleMapsのコース。
十日前に予防接種した所為か、先週の何とかたていし以来、体調低下だった。
今日は、軽く平地と思ったが、田貫湖の紅葉は今週が見頃の筈。
無難な芝川方面から、じ~わっと登る作戦。
朝8時45分発。
松野の山には、暖気の雲が掛かっている。
芝川へ入れば、谷沿いとなり、霧が濃くなって行く。
霧で、濡れはしないが、汗で中から湿って来る。

Imgp0003 Imgp0008 Imgp0013
時々、景色を撮りながら、体調を確かめながら登ろう。

Imgp0022
熊久保の坂を登る頃には、日差しも出て、青空も広がる。
泣き声と共に、キジのオスが空を飛んで行く。
たていしをパスして、田貫湖へ。
路面は、ずっと濡れ基調。
フレームの下側は、いろんな物が付着していそう。
田貫湖北岸へ。
思った通り、今が見頃の紅葉。

Imgp0023 Imgp0025 Imgp0029 Imgp0036 Imgp0043 Imgp0045 Imgp0048
ぐるっと遊歩道を回り込む。
天子の森を下り、たていしへ。
ここで自販機給水。

Imgp0054
何を飲んだでしょう。
時間が有るし、体調も戻っているかな。
白糸から村山へ。
こちらも路面は濡れ基調。
篠坂への途中で、鹿のメスが道を横断。
これには、追い越そうとした車もブレーキ。

Imgp0058
村山からの富士山。
冨士本まで走り下って行くだけ。
入山瀬駅へと下るが、ペダルを回さず、ブレーキ操作だけ。
やはり、白糸から冨士本の方が、体力的には優しい。
午後0時40分着。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧