« 何とか、たていし | トップページ | 11年晩秋 炭焼平山線 »

2011.11.20

晩秋の暖気

田貫湖まで走った距離は、67kmcloudsun
GoogleMapsのコース。
十日前に予防接種した所為か、先週の何とかたていし以来、体調低下だった。
今日は、軽く平地と思ったが、田貫湖の紅葉は今週が見頃の筈。
無難な芝川方面から、じ~わっと登る作戦。
朝8時45分発。
松野の山には、暖気の雲が掛かっている。
芝川へ入れば、谷沿いとなり、霧が濃くなって行く。
霧で、濡れはしないが、汗で中から湿って来る。

Imgp0003 Imgp0008 Imgp0013
時々、景色を撮りながら、体調を確かめながら登ろう。

Imgp0022
熊久保の坂を登る頃には、日差しも出て、青空も広がる。
泣き声と共に、キジのオスが空を飛んで行く。
たていしをパスして、田貫湖へ。
路面は、ずっと濡れ基調。
フレームの下側は、いろんな物が付着していそう。
田貫湖北岸へ。
思った通り、今が見頃の紅葉。

Imgp0023 Imgp0025 Imgp0029 Imgp0036 Imgp0043 Imgp0045 Imgp0048
ぐるっと遊歩道を回り込む。
天子の森を下り、たていしへ。
ここで自販機給水。

Imgp0054
何を飲んだでしょう。
時間が有るし、体調も戻っているかな。
白糸から村山へ。
こちらも路面は濡れ基調。
篠坂への途中で、鹿のメスが道を横断。
これには、追い越そうとした車もブレーキ。

Imgp0058
村山からの富士山。
冨士本まで走り下って行くだけ。
入山瀬駅へと下るが、ペダルを回さず、ブレーキ操作だけ。
やはり、白糸から冨士本の方が、体力的には優しい。
午後0時40分着。

|

« 何とか、たていし | トップページ | 11年晩秋 炭焼平山線 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 何とか、たていし | トップページ | 11年晩秋 炭焼平山線 »