« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011.11.30

電源トランスでLED電球点灯

真似して、不利益を生じても責任は持てません。
全ては、自己責任で。


ジュールシーフ実用化で電池でLEDを点けたが。
今回は、これ。


メータは、DC電源マイナス側の電流値。
昇圧回路は、ジュールシーフ。
コイルの巻数比とかは、ここが参考になる。
これを、電源トランスを使う。

Zentai Imgp0003
トヨズミのHT-2403
6Vを、センタータップにした。
100Vタップに、負荷(LED電球)を繫げる。
トランジスタは、大きな物。
ベース抵抗1kΩは、可変Vrに75Ωを繫げる。
800Ωぐらいが、明るさのマックスとなる。
とうぜん電流も大きくなる。
これでトランス、1次側(100V)の出力を見てみる。

Imgp0006
DC電源3.1Vに設定して、LEDナツメ球。

Imgp0009
LED電球340ルーメン4W。

Imgp0011
DC電源6.1Vに設定して、LED電球。

Imgp0012
これで下を照らすと、そこそこ本も読める。
やはり、DC電圧6V(乾電池4本)が必要か。
まだ、アイディアは有るが。

| | コメント (0)

2011.11.27

TEAC A2520

今日は、人生身軽にの続き。
山関係(キャンプ)やオーディオ関係を、処分しようとまとめた。
中でも苦労したのは、オープンデッキ。
TEAC2520.。
4トラック、リバース機能。
2階から下ろすのにも、一苦労。
20kgはあろう。
そのまま捨てれば良かろうが、ちょっと待った。
中を覗いて、これからの人生の、軽い電気工作のアイテムを探す。

Imgp0003 Imgp0007
アルミダイキャストと鉄のフレームの造り。
取り出したのは、トランスとキャプスタンM。

Imgp0013
トランスは、2次出力がAC50V、30V、12V。
これを、確認してから、取り外した。
トランスには、表示無し。、
キャプスタンMはACモーターだが、手で回して見ると、繋がっているキャパに、テスターを当てると、無負荷でAC15Vぐらい出ている。

Imgp0018
フライホイールを外して、キャプスタンMの冷却ファンの所に付けて見た。
これで惰性が付く。
これが、どうなるかは、次回遊んでから。

| | コメント (4)

2011.11.26

富士山観賞会

富士山観賞会で走った距離は、79kmsuncloud
GoogleMapsのコース。
mcberryさん企画の、富士山を見る会。
一昨年に参加したが、久しぶりに今年も参加。
mcberryさんの企画は、関東地区や中京地区からの参加者が多い。
今年も、mcberryさん含め10名。
その他、焼津のMさん、ハナカミオヤジさん、ものぐさ太郎さん。
総勢14名。
朝9時30分、富士川楽座発。
午後4時30分 富士川楽座着。
いろいろとトラブルが有ったようだが、mcberryさん他でレポはご覧あれ。
昼食は、大勢なので白糸庵。

Imgp0010 Imgp0012
西山本門寺

Imgp0014 Imgp0017 Imgp0029 Imgp0032 Imgp0041 Imgp0047
富士山あれこれ。
雲が掛かったりしたが、ちょっと時間が経てば雲も切れて、遠方からのお客さんも満足したでしょう。

| | コメント (2)

2011.11.24

11年晩秋 炭焼平山線

冨士山が見えたので走った距離は、89kmsun
GoogleMapsのコース。
休み。
世間では、円高休暇とも言う。
昨日は、寒さでモチベーション上がらず。
それに、天気も下り坂だった。
下界の雨も高所では、雪と計算していたつもり。
朝起きれば、案の定、冠雪冨士が見える。
いろんな所が頭に浮かぶが、この時期だと炭焼平山線が紅葉のはず。
朝8時25分発。
今日からバイカーズパンツ。
ほぼ冬仕様。
空気が冷たい。
風は向かい風。
由比を過ぎると、走る速度は20km以下。
当初は瀬名から登るつもりだったが、黒川に変更。
国52号入り口のローソンで、排水、エネ補給とする。
興津側沿いに入れば、風も収まる。

Imgp0009
立花橋。
もう少しすれば、ここも紅葉をする。
下流側の斜面が崩れていた。
但沼から奥へと入ると、気温がもう冬だ。
冷たい空気を吸いながら、左岸へ。
土からは、通行止めとなり再び右岸へ。

Imgp0012
和田島小学校。

Imgp0018
両河内小学校。
色付き始めかな。

Imgp0019
色男健在。
黒川のやませみの湯辺りは、色付き始め。
笑味の家で排水。
自販機のホットドリンクで、暖まろう。
ここからは、登り。
ゆっくりと路面に、気を付けながら登る。

Imgp0023 Imgp0024
こんなのが、ぼちぼち見れたが、ほとんどは杉の木。
まもなく景色が良くなるので、そこまでガマン。
冨士山が見れれば、デジカメを撮りながら登る。

Imgp0027 Imgp0037 Imgp0046
Imgp0043
期待していた所だが、色付きは遅かった。
私は、ここを紅葉の窓と呼ぶが、赤いカーテンを降ろしてなかった。
ピンポイントの紅葉と、富士山を並べるのは、奇跡が起きないと見れないね。

Imgp0049
龍爪神社へ。
ここまで、家から3時間半弱。
本栖湖より、時間的には遠い。
瀬名へと下るが、アップダウンを繰り返すうちに、富士山ポイントを過ぎたようだ。
登り帰す事になった。

Imgp0053
今まで何回も来ているが、雲ひとつ無い冠雪した富士山は、初めてだ
今年の1月以来の冠雪冨士。
雲も画にはなったりするが。
もう一箇所も、通り過ぎそうになる。
ハイカーがお昼をして居た。

Imgp0086
ここは、正面に富士山が見えて、ポジション的には好きな場所だ。
瀬名へと、下る。

Imgp0095 Imgp0097 Imgp0098
途中で、定番の景色を撮りながら。

Imgp0100
平山まで下ると、向かい風が強くなる。
しかし、下り。
瀬名の交差点からは、国一号BPの高架下を、追い風に乗り走る。
平日で車が多いので、安全第一。
お昼は(ス)亭。
食券を買おうと、自販機を見ると買うべきボタンが無い。
困った。
お店の人に、さくら海老そばは、どこを押せば良いの
お店の人、今日は半額になっているからと。
道理で、いつもの金額と違う訳だ。
月に2~3度、木曜が半額になるようだ。

Imgp0103
これで450円。
大盛にしたので、お腹一杯で帰る事になった。
普通盛を2杯買えば、400円だったとは、家で思ったが後の祭り。
午後2時40分着。

| | コメント (0)

2011.11.20

晩秋の暖気

田貫湖まで走った距離は、67kmcloudsun
GoogleMapsのコース。
十日前に予防接種した所為か、先週の何とかたていし以来、体調低下だった。
今日は、軽く平地と思ったが、田貫湖の紅葉は今週が見頃の筈。
無難な芝川方面から、じ~わっと登る作戦。
朝8時45分発。
松野の山には、暖気の雲が掛かっている。
芝川へ入れば、谷沿いとなり、霧が濃くなって行く。
霧で、濡れはしないが、汗で中から湿って来る。

Imgp0003 Imgp0008 Imgp0013
時々、景色を撮りながら、体調を確かめながら登ろう。

Imgp0022
熊久保の坂を登る頃には、日差しも出て、青空も広がる。
泣き声と共に、キジのオスが空を飛んで行く。
たていしをパスして、田貫湖へ。
路面は、ずっと濡れ基調。
フレームの下側は、いろんな物が付着していそう。
田貫湖北岸へ。
思った通り、今が見頃の紅葉。

Imgp0023 Imgp0025 Imgp0029 Imgp0036 Imgp0043 Imgp0045 Imgp0048
ぐるっと遊歩道を回り込む。
天子の森を下り、たていしへ。
ここで自販機給水。

Imgp0054
何を飲んだでしょう。
時間が有るし、体調も戻っているかな。
白糸から村山へ。
こちらも路面は濡れ基調。
篠坂への途中で、鹿のメスが道を横断。
これには、追い越そうとした車もブレーキ。

Imgp0058
村山からの富士山。
冨士本まで走り下って行くだけ。
入山瀬駅へと下るが、ペダルを回さず、ブレーキ操作だけ。
やはり、白糸から冨士本の方が、体力的には優しい。
午後0時40分着。

| | コメント (0)

2011.11.13

何とか、たていし

晩秋だが暑かったなか走った距離は、48kmsun
所用有りで、朝10時半発。
当初は、田貫湖までと思ったが。
芝川、熊久保の坂、たていし

Imgp0014
たていしで、自販機給水+羊かん。
(疲れで、撮った画が曲がっている。)
昨日の疲れの為か、ここで一気にモチベーション低下。
そんな訳で、西富士宮、鷹岡経由で帰還。
あちこちで、JAの農業祭が行われていた。
信長祭りもやっていたが。

Imgp0005 Imgp0008 Imgp0010
お目当ての、富士山はどんどん雲に隠れてしまうし。
これも、モチベーション低下のひとつ。
昨日も、身延駅前でカレーだったが、今日も家でカレー。
とうぜん、夜もカレー。
午後1時丁度着。

| | コメント (0)

2011.11.12

とりあえず本栖湖へと

本栖湖へと走った距離は、111kmcloudsun
GoogleMapsのコース。
昨夜からの雨も止み、気温も暖かくなりそう。
テレビでは、冠雪冨士が映っている。
朝食を済ませ、とりあえずは本栖湖へと。
朝7時55分発。
鷹岡、大石寺、熊久保の坂と登って行く。
大石寺で排水。

Imgp0002 Imgp0004
富士山に雲が掛かってくる。
この方角からだと、頭がシンメトリとなる。

Imgp0007 Imgp0008
県畜産試験場。
南から雲が、覆いかぶさってくる。
大沢崩れが正面に。
国139号へ出て、(k)で補給。
これからの、コースを考える。
とりあえず本栖湖へは、変わらず。

Imgp0012 Imgp0013
朝霧高原。
日差しが回り込んで来て、綺麗に写る。
県境までは、歩道で安全安心行動。
県境では、すっかり雲に隠れた、富士山をバックに、記念撮影をする行楽客が多数。
県境からは、車道へ。
土曜なので、大型車やバスが追い越して行く。

Imgp0016
本栖湖橋。

Imgp0027
本栖湖入り口から、北岸を走る。
紅葉は、冷たい雨に討たれると、一気に枯れ落ち葉となる。
見ごたえ無し。
中之倉トンネル前では、少な目のお客さん。
精進湖方面へ行っても、富士山は拝め無さそうだ。
排水作業を終えて、下部へと降りる事にする。
Wブレーカー着用ヨシ!
中之倉トンネルは、冷蔵庫のようだ。

Imgp0052 Imgp0056
南アルプス展望へ寄り、さらに下れば、こちらの景色の方が素敵だ。
あとは、ぐんぐんと下る。
下界に下りてから、Wブレーカーを脱ぐ。
波高島駅に寄ってみよう。
南アルプス街道への入り口。

Imgp0064 Imgp0066
無人駅の中には、黄色の菊。
冨士川沿いは、この時期は走り易い。
なにより、追い風となっている。
身延駅前のアップルで、補給。
県道を走って行くと、身延線の被災した工事区間に出会う。
かなり大掛かりの、工事となっている。
もう1ヶ箇所は、まもなく復旧しそう。
富栄橋を渡り、道の駅とみさわへ。
万沢から県道で帰還。
午後2時25分着。

| | コメント (4)

2011.11.11

電池1本LED2個点滅

時期がら、こんなLED点滅回路を作成。
電池1本なので、ジュールシーフ回路で昇圧。
さらに、2回路LEDを点滅させる。
LEDは、赤と緑の2回路内臓。
型番不詳。
回路の上側は、LED光センサーの回路。

Imgp0009_2 
0002 

(テレビ音声入り)
この回路、始めはうまく動作しなかった。
1hzの点滅と思い、抵抗1Mと電解コン1μにしたら、NG。
あれこれ回路をいじって見たが、ふと思ったのは、電池1本で抵抗1Mでは、電流値が小さすぎてトリガーが掛からないと。
結局、抵抗220k電解コン10μにした。
ざっと2Hzぐらいになるはずだが、どれくらいに見えるか。

電池は、1.1Vぐらいしか残っていない物。
電池を電圧の高い、新しい物にしたら不具合が発生。
10μに付けて有った、0.1μのコンデンサを削除。

| | コメント (0)

2011.11.05

11年紅葉を見に、富士ヶ嶺を越えて河口湖

紅葉を見に河口湖まで走った距離は、127kmcloud
GoogleMapsのコース。
ここの所続いている、週末は雨予報。
今週も日曜の明日が、雨。
今日も曇り空ながら、河口湖まで紅葉を見に行く事に。
8時丁度発。
鷹岡、青木坂、狩宿、上井出のファミマ。
ファミマで排水、エネ補給。
再出発する時に、ローディーが店に入る。
今日は冬ジャージだったので、体には汗を掻いている。
富士ヶ嶺までは、まだまだ登りが続く。
家を出る時は、雲に隠れていた冨士山が見えている。

Imgp0004
時々、デジカメを撮りながら、プチ休憩。
追い越した車の窓から、「頑張って」の声援。
しかし過去に、マラソンアスリートが言っていた。
これほど頑張っているのに、まだ頑張れとは。
同じ意見。
子供達は、横で運転している、父親に声援を送ろう。

Imgp0014
富士ヶ嶺のJAの交差点手前で、先ほどのローディーにかわされた。
ここから、本栖湖展望台へは、紅葉が綺麗だ。
車も多いが、危ない事は無い。
展望台で、先ほどのローディーがスタート。
ここが1100mちょっと。

Imgp0019 Imgp0026 Imgp0031 Imgp0033
Wブレーカーを着込み、鳴沢へと下るが、ここの紅葉も今が最高。
今まででは、一番綺麗。
国139号から勝山へ。
河口湖へと下りて、ぐるっと回る。
春のコースに順ずる。

Imgp0040 Imgp0042 Imgp0045 Imgp0046
御室浅間神社でも、紅葉が綺麗だ。
この辺では、桜の葉の色付きも良いようだ。
大橋を渡り北岸へ。
こちらは、人出が多い。
ハワイのあいじんはうすはパス。

Imgp0057 Imgp0058 Imgp0060 Imgp0061
何処かで昼飯と思うが、観光客が多い。
ぐるっと湖畔を走り、文化洞。
西湖へ。
富士五湖では、冬ジャージが丁度良い。
来週は、レースが行われるが、下見と思われるローディーや、その他のローディーが走っている。
ガラス超しにおばちゃんに「食事は出来ますか」。
訪ねれば、OKの返事。

Imgp0066
店には、こんな物が。
H氏は、来た事が有るのかな?
頼んだのは、セットメニュー。

Imgp0067
うどんと稲荷。
握ったばかりの稲荷は、温かくて美味しかった。
ここは、釣り師のお店ですな。
帰りに、「来週も来るんですか」と聞かれたが、「来週の人達はすごい人ばかり」と、返事をした。
精進湖にも本栖湖にも行かずに、富岳風穴へ登る。
復路は、再び富士ヶ嶺へ登り返す。
すっかり雲が、厚くなって来た。
展望台で、Wブレーカーを着込む。
後は、下るだけ。
上井出から芝川へ下り柚野公民館で排水。
その後、富士川橋から帰還。
午後3時25分着。

| | コメント (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »