« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011.10.31

ジュールシーフ実用化その1

真似して、不利益を生じても責任は持てません。
全ては、自己責任で。


ジュールシーフの記事を見て、何が出来るの。
と、先日聞かれた。
何が出来るかは、あなたのアイディアで形にするもの。
オリジナルからアレンジして実用化する。
震災の影響で、買い溜めした電池が家に有ると思うが、それの消費も兼ねている。
ちなみに我が家では、震災前から電池は常備してあった。
実用化には、LED電球を光らせるのがてっとり早い。
点けるLED電球は、Panasonicの340ルーメンで4Wの表示の物。
ジュールシーフを電池1本(1.5V)では、点灯しない。

Imgp0005
電池2本(3V)では、うっすらと明るくなって来た。(LEDの箱を参照)

Imgp0004
電池3本(4.5V)では、実用に充分な明るさ。

Imgp0007
電池4本(6V)では、本を読む事も可能な明るさ。
単一電池を使ったが、単三電池でも同じ。

Imgp0009
ジュールシーフのDCプラグが合わずに、ICクリップで引っ掛けて有る。
ヒャクキンの防犯ブザーで、LED電球を付けたHPも有るが、防犯ブザーだと光は脈を打ったように点滅状態になる。(LEDナツメ球で検証)
電池2本で、実用的な明るさを得るジュールシーフ回路が次の課題。

| | コメント (2)

2011.10.30

家を出たら芸能人

田貫湖へ走った距離は、61kmcloud
GoogleMapsのコース。
今日の天気、ネットで調べれば昼までは、何とか雨は大丈夫そう。
曇り空ながら、弱い日差しも出てくる。
一走り。
いつもの田貫湖へ。
朝9時丁度。
富士川橋を渡れば、向こうに大勢の人が見える。
脇を空けてくれたので、近づくと、あっれ~
私、「松村さん」。
松村さん「おぃ~す」。
松村 邦洋さんです。
旅番組らしいロケかな。

Imgp0001 Imgp0003
信号機を待っていると、引き返して来た。
私「握手してください」。
松村さん、「おぃ~す」
初めて握手した芸能人。
と、ブログに書いておこう。
本編は、ここから。
今日は、曇り空で気温が低い。
馬坂を越えて走るが、暖かくならない。
芝川から登り坂になり、やっと暖まって来た。
久保大橋への、芝川右岸は開通していた。
柚野公民館では、文化祭。
ここで排水。

Imgp0009 Imgp0010
熊久保の坂の手前で、富士山。
うっすらと、ベール状の傘。
たていしを止まらずに、先へ。
田貫湖への登り坂。
今日は、車が多い。
うっすらと汗を掻き、田貫湖へ。
北岸では、田貫湖祭り。

Imgp0014 Imgp0023 Imgp0028
定番の所には行かずに、デジカメ撮影。
湖畔は、ぼちぼちと色付いて来た。
Wブレーカー着込み、休暇村から天子の森へ。
雌橋へ下り、青木坂から潤井川。
スイーツの看板を確認。
ここで、Wブレーカーをしまう。
鷹岡経由で帰還とする。
午後0時15分着。

| | コメント (4)

2011.10.29

夢津軽さんを、おでむかい

夢津軽さんをおでむかいに走った距離は、79kmsun
GoogleMapsのコース。
自転車で日本一周中の、夢津軽さんのファイナルラン。
今日がゴールという事で、おでむかいに行く事に。
ざっと時間差を計算して、焼津発の夢津軽さんと久能東照宮入り口のコンビニに、9時30分に合流する事に。
第一集合場所は、新富士川橋。
朝7時30分に、ものぐさ太郎さんと出発。

Imgp0002
駒越の冨士。
弱い追い風で、そこそこのペースで、久能東照宮前。
9時丁度。
すぐに、夢津軽さんが焼津組と着。

Imgp0019
由比港で、さくら海老を頂く事に決め出発。
途中で合流は、watさん、ハーモニーさん。
サッタ峠直下で、富士山が見える。

Imgp0028 Imgp0029
由比港で、お昼。
さらに、skiさんが合流。
2時間ほど時間を潰して、東へ。
新富士川橋手前で、焼津組が離脱。
沼津組は、さらに東へ。
田子の浦港まで堤防上。
向かい風だ。
潤井川の交差点で、さらに東へ走る沼津組と別れる。
天気も良く富士山も見えて、日本一周の最後を締めるには、最高の日となったと思う。
その先、数キロを無事に帰ったと思うが。
午後2時40分着。

| | コメント (4)

2011.10.23

陣場の滝、大代峠

雨が上がり走った距離は、82kmcloud
GoogleMapsのコース。
昼過ぎには、おひさまの予報。
路面は濡れているが、走ってこよう。
朝8時50分発。
交通量の多い方が、路面が乾いているだろう。
鷹岡経由。
目指すは、朝霧方面。
途中で、富士山が出て来ると、勝手に思い込んで走る。
西富士宮駅から、路面が濡れていると思う、青木坂は避けて大石寺へと。
途中のいとうの前は、相変わらずの湧水。

Imgp0002
大石寺。
県75号で狩宿。
さらに、国139号へ出る。
上井出のファミマはパス。

Imgp0004
その先の、庶民に優しいハッピードリンクで、ボトル110円でハッピーになる。
家から持ち出した、ドラ焼きも頂く。
空はと云えば、風も吹かなければ、桶屋も儲からないし雲も取れない。
人穴へ。

Imgp0005
ここも、遺産に指定されれば、穴には入れないぞ。
道脇の木々は、ちょっぴり秋気分。

Imgp0008
猪之頭公園で、定番の排水。

Imgp0010 Imgp0012 Imgp0018
猪之頭へと下り、陣場の滝へ。
毎日の仕事としている、水汲み夫妻が売るほどボトルを車から降ろした。
田貫湖へは寄らず、ずんずんと下る。
もちろん、そばもソフトにも寄らない。
お昼は、家でチャーターして有るから。

Imgp0019
今年は、柿の朱色が目立つ。
それを頂く、鳥の姿が見えない。

Imgp0022 Imgp0023 Imgp0024
芝川の清流には、珍しくラフティングが見えた。
地元民に尋ねたら、富士川の水量が多いので、こちらでやっているようだ。
これも楽しそうだが、最後にドボンをしなくてはならない。
松野に入り、まだ時間が有るので、大代峠へ。

Imgp0026
今日も、息切れ寸前で、大代峠。
その後は、下るだけ。

Imgp0027 Imgp0029
さらに、追い風に乗り新富士川橋で帰還。
冨士山が見えて来た。
午後1時15分着。

| | コメント (3)

2011.10.18

電池でLEDナツメ球を点ける

LEDナツメ球。
ヒャクキンでも買えるようだ。
ただし、LED1個のやつ。
これは、LED3個。
ホームセンターで購入。
プラなので、ホヤの部分を外せる。
中身は、高圧コンデンサと電流制限の抵抗。

P1000409
ダイオード整流器。
ダイオード4本で、済ませている物も有るようだ。
さらに、LEDの電流制限用の抵抗。
それに、LED3個。
検索すれば、回路図はヒットする。
みな同じ。

P1000411
整流器の+-にDC電圧を掛けて行くと、6V弱で点灯した。
今度は、口金にリード線を絡めて、AC110Vを掛けて整流器の+-をオシロで見る。

P1000407
ピークが18Vぐらいの脈流。(5V/DIV ゼロは下から2本目)
テスターDCレンジだと、12Vだった。

P1000416
これで思いついたのは、電池1本のジュールシーフで点くはず。
整流器に出力をつなげる。

P1000415
これぐらい。
ジュールシーフの出力のオシロ画。

P1000413
ピークで28V。(5V/DIV ゼロは下から2本目)

P1000417
ホヤを付けて、ジュールシーフで整流器+-に直接給電。

P1000418
ジュールシーフで、口金から給電させる。
整流器に、直接給電の方が明るかった。
これは、実用化出来そうな感じ。

| | コメント (0)

2011.10.16

新そばを食べに行く

新そばを食べに田貫湖まで走った距離は、81kmsun
GoogleMapsのコース。
S木さんのリクエストで、おそばを食べに行く。
前日までの天気予報では、お昼頃まで雨模様。
中止のアナウンスをしたが、天気の回復を見てから、翌朝に再つぶやき。
富士川楽座には、TAさん、ニシナさん、ものぐさ太郎さんとS木さん。
当初の主題は、辛子味噌がなくなったので、それを仕入れに行く事だったが。
さてさて。
富士川楽座、朝9時35分発。
日影では、まだ濡れている路面が有るが、すんなりと西山本門寺へ。
まだ早いと思うが、銀杏の木を見に行く。

Imgp0002
その銀杏は、こんな感じ。
11月第二日曜は、信長祭り。
急用が出来たTAさんは、ここより離脱。
暑いので、柚野で自販機給水。
熊久保の坂は、一昨日の大雨で、再び杉の枝が落ちている。
たていしを過ぎ、田貫湖へ。
ヤングマンの二方は、あっと云う間に、姿が見えず。
ぼちぼちと登る。
田貫湖の北岸へ。

Imgp0005
今日は、富士山日和。
ただし、お客さんは少ない。
下って行けば、今日の目的地、新そばの白糸庵へ。
車も多いが、うまく席が空いた。
だいぶ時間を潰して、辛子味噌を買ったのはニシナさんだけ。

Imgp0018 Imgp0017 Imgp0019 Imgp0020_2 
剣が峰の、建物が見える。
もう一つの、リクエスト場所に向かう。
サノボクのソフト。
お代わりをした方も居たが、ここでも時間を潰す。
往路で帰還するが、松野でものぐささんが大代峠へ。
S木さん、ニシナさんと別れ、私も一人大代峠へと向かう。

Imgp0024
大代峠からは、久しぶりに冨士山が見えた。
風の強い海岸線を、走り新富士川橋より帰還。
午後4時10分着。

| | コメント (6)

再つぶやき 行きます

skiさんへ
行きます。
これる方も、どうですか。
これから、地区の掃除に出掛けて来ます。

朝9時30分 富士川楽座

| | コメント (1)

2011.10.12

LED 光センサー

LEDを、光センサーに利用する。
検索すれば、数々の動画が見れる。
参考HPはここ
ここの回路図3が基本。
ただしこれで作っても、不安定。
若干、アレンジして使い物になるようにした。
私が作ったのは、電池起動を視野に入れているので、センサー出力後に、OPアンプは使わない。
OPアンプの代わりに、FETを代用した。

Imgp0004
左側のLEDが光センサーで、右側のLEDが点灯している。

動画だと動きが分かる。

Imgp0006
飯盒が写っているが、昔ウォークマンが流行っていた頃の外部電源。
単一電池が2本入っている。(重い)
光センサー部を、何かに繋いで実用化出来るかな。

| | コメント (0)

2011.10.09

朝霧の牛

とりあえず走った距離は、74kmsun
GoogleMapsのコース。
天気が良ければ、本栖湖へ。
と思い、朝8時35分発。
鷹岡、西富士宮駅経由。
復旧時期が分からない身延線では、西富士宮駅前に代行バスが待っていた。

Imgp0002
ナンバープレートは、名古屋。
青木坂、熊久保の坂。
たていしで、給水、エネ補給。
富士山が見えないので、何処まで行こうかと、頭の中を渦巻く。

Imgp0006
猪之頭の鬼橋では、夏の大雨からずっと水量が多い。
猪之頭公園で排水。
国139号に出るが、とりあえず富士美までと決める。

Imgp0010
牧草地には、牛が見える。
久しぶりに見た。
景色もイマイチなので、ここで決断。

Imgp0011
富士美で退散。

Imgp0013 Asagiri
ここから下る道は、牧場の香りがするが、雰囲気の良い道だ。
毛無山方面も綺麗だ。
風上からは、何と素敵な音楽が流れて来る。
そういえば、あちこち看板が立てられていた。

Imgp0023
これが。
上井出に下り、柚野へ。
芝川から松野経由で帰還。
午後0時35分着。
自転車が重い。
先日交換した、BBを付け直して、FDを調整。

| | コメント (10)

2011.10.08

一走り、田貫湖

田貫湖へ走った距離は、75kmcloudsun
GoogleMapsのコース。
3連休。
富士山を狙うには、イマイチの天気。
今日は、一走りで終わろう。
田貫湖へ。
朝8時15分発。
冨士川沿いは、ちょっと肌寒い。

Imgp0001
芝川駅には、いつ復旧するか分からずに、電車が停留されている。
芝川右岸は、発電所辺りが土砂災害で通行止め。
県75号で黒門。

Imgp0006
裏道で、さらに登れば秋桜。
ぼちぼち、ぼちぼち、登る。
熊久保の坂も、だいぶ綺麗になって来たが、まだ杉の残骸が見える。
たていしはパス。
田貫湖への登り。
何故か、自転車が重い。

Imgp0008 Imgp0011
何とか田貫湖。
まだ人出が少ないが、キャンプサイトには多数のテントが見える。
小田貫湿原へ寄り道。
綺麗に片付いている。

Imgp0014
沈下道も、かなり損傷しているが、自転車を持ち渡る。
猪之頭より下る。
上井出のファミマで、エネ補給。
その後は、県72号。
アップダウン。

Imgp0018
冨士本から下る。
さらに、今宮へ。
こちらもアップダウン。

Imgp0019
いい加減にして、ここから下る。
午後0時45分着。

| | コメント (0)

2011.10.02

備忘録

FC2 URL/?xml
ぶらら URL/?action=rss

| | コメント (0)

秋 富士ヶ嶺へ

富士ヶ嶺へ走った距離は、86kmcloudsun
GoogleMapsのコース。
今朝も奉仕活動。
2時間ほどで、そ~と離脱。
雲ってはいるが、目的地は田貫湖。
朝10時10分発。
入山瀬駅から、冨士本へ。
気温を考えて、半袖一枚を多く着込んで。
その為か、体は汗が出ている。
インナーにすると、FDから異音がするが、なんとか走ろう。
気温が低いので、疲れが少ない。
上井出へ向かう。

Imgp0003
時々、出没する軍団。
上井出のファミマで、エネ補給。
今日は、かなり自転車軍団が走っている。
冨士山が見え始めたので、富士ヶ嶺へ。

Imgp0005 Imgp0006
途中で、何枚か撮る。
アップダウンがキツイが、強烈な追い風。

2729 Fujigamine 
富士ヶ嶺では、富士山方面だけ、雲が切れた。
国139号の県境へ。

Imgp0031
県境のススキ所では、再び雲が掛かって来た。
そのまま、向かい風の中、(K)まで下って行く。
その先で、猪之頭へと。
昼食は、家で頼んだので、柚野方面へ。
途中の熊久保の坂は、両脇に杉の残骸が見えるが、下るのには影響無し。

Imgp0039 Imgp0041
芝川、松野経由。
午後2時45分着。

| | コメント (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »