« 11年初冠雪、本栖湖 | トップページ | 走り足りなくて千本公園まで »

2011.09.30

ジュールシーフでLED点滅

電池1本LED点滅回路の続編。

P1000404_3 
回路は、こんなでした。
コイルがラインフィルタ、電解コンデンサ、ダイオードと使う。
これが、電池の消費が大きいと思われる。

P1000400_2   
そこで、改善したのが、こちら。
点滅回路のタイミングは、直接電池より供給される。
LEDには、ジュールシーフの出力が供給される。
これで、発振回路のノイズが、点滅回路のタイミングをとるのに、影響され難くなった。
出力を、DC化していないので、ダイオードや電解コンデンサが必要としない。

P1000392
コイルも、7巻の小型。
LEDにはDCでは無くて、発振で出来たパルス波が供給されているが、C2にフィードバックされる時に、ノイズ成分を消すのにC3を追加してある。(重要

P1000398
ランニングテストをして無いが、かなり長時間点滅出来ると思う。

|

« 11年初冠雪、本栖湖 | トップページ | 走り足りなくて千本公園まで »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 11年初冠雪、本栖湖 | トップページ | 走り足りなくて千本公園まで »