« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011.09.30

走り足りなくて千本公園まで

仕事は休み。
今月は、休日が有ったが、地区の奉仕作業や雨やらで走り足らず。
そんな訳で、千本公園まで。
8時25分発。
富士川土手で追い越したピストは、しっかりと後にブレーキが付いている。
プロ選手かな。
今週は、民放とNHKで問題視され放映されていた。
行きは、追い風。
沼津に入ると、かなり強い横風へ。
堤防上は、先日の台風の影響で砂が見える。
それも、大勢の自転車乗りのおかげで、轍が出来ている。

Imgp0004_2 
千本公園へ。
浜冨士は消えていた。
しかし横風が強い。
帰りは、県道へ。
大型車が多い。
それに、道端には刈られた草や、木の枝がはみ出ている。
それでも、風の影響は半分くらい。
午前10時30分着。
50km丁度

| | コメント (2)

ジュールシーフでLED点滅

電池1本LED点滅回路の続編。

P1000404_3 
回路は、こんなでした。
コイルがラインフィルタ、電解コンデンサ、ダイオードと使う。
これが、電池の消費が大きいと思われる。

P1000400_2   
そこで、改善したのが、こちら。
点滅回路のタイミングは、直接電池より供給される。
LEDには、ジュールシーフの出力が供給される。
これで、発振回路のノイズが、点滅回路のタイミングをとるのに、影響され難くなった。
出力を、DC化していないので、ダイオードや電解コンデンサが必要としない。

P1000392
コイルも、7巻の小型。
LEDにはDCでは無くて、発振で出来たパルス波が供給されているが、C2にフィードバックされる時に、ノイズ成分を消すのにC3を追加してある。(重要

P1000398
ランニングテストをして無いが、かなり長時間点滅出来ると思う。

| | コメント (0)

2011.09.24

11年初冠雪、本栖湖

冠雪冨士を見に本栖湖まで走った距離は、98kmsuncloud
GoogleMapsのコース。
富士山に、初冠雪が有ったようだ。
あたふたと、身支度を済ませて出発。
午前7時45分発。
霞んでいるが、初冠雪は確認出来る。
雲が流れるのが、気にはなるが。
本栖湖へ。
早く行くには、鷹岡、西富士宮経由。
首に巻くタオルを忘れたので、黒田のファミマでゲット。
青木坂、熊久保の坂を登る。
どちらも、路面に落ちた杉の枝が、車に踏まれて粉末状。
特に、雌橋からの熊久保の坂は、大晦日よりすごい事になっている。
今日は、下りには使いたくない。

Imgp0004 Imgp0005_2 
猪之頭公園でトイレ、エネ補給。
コンビニ(K)には寄らず。
雲が多くなって来た。

Imgp0009 Imgp0012
牧草地には、牛さんは居ない。
県境から車道へ。
かなり気温が低いと思う。
本栖湖橋の、気温表示が点いていない。
追い風に吹かれて、本栖湖入り口。
富士山を、確認しながら北岸を走る。
すっかり雲に、隠れてしまった。

Imgp0016 Imgp0027 Imgp0034 Imgp0030_2 
中之倉方面は、トンネル前で通行止め。
土砂崩れの看板。
本栖湖南岸も、通行止めの看板。
北岸を戻ろう。
雲が多くなったので、富士ヶ嶺方面へ。

Imgp0037
正面に、見える筈の富士山は、くものな~か~
家での昼食は、キャンセルして有るので、狩宿のまんぷくへと下りる。
初Wブレーカー。
上井出の交差点から、狩宿へ。
まんぷくには、常連さん一人。
台風や地震の事を、話込んで退散。
芝川方面へ。
県10号の馬坂は、通行止めの規制。
トンネルで帰還する。
午後1時50分着

| | コメント (2)

2011.09.18

初秋、田貫湖

初秋に田貫湖まで走った距離は、68kmsun
GoogleMapsのコース。
午前中は、地区の奉仕作業。
お昼も済ませて家に帰り、自転車の身支度。
冨士山が、バッチリと見えている。
午後0時30分発。
村山道を登る。
汗は、一仕事したので出方が少ない。
しかし背中には、容赦無い太陽光線。
ソーラーを背負えば、自然エネを補給出来るか。
ギアが、足りなくなるほどの、坂を登る。

Imgp0003 Imgp0005
村山の山本商店で、自販機給水。
ここからは、木陰の中を白糸へと。
かなりのロードと擦れ違った。
何かのイベントが、有ったのかな。
上井出の交差点手前では、観光車で渋滞。
世間では、3連休か。
私は、明日は仕事。
田貫湖へと。
北岸へ。
駐車場は満車。

Imgp0010 Imgp0023
秋富士。
帰りは、内野から半野の田んぼへ。
ぼちぼち、刈り取りも始まっていた。

Imgp0034 Imgp0038 Imgp0048 Imgp0051 Imgp0052
感動の、里の秋景色。
冨士山が綺麗なので、青木平へ。

Imgp0059 Imgp0061
住宅街の天空の丘。
水久保池に寄り、芝川へと下る。
日影も傾きが大きくなり、暑さも走る風との比は、イーブン。
松野の自販機で給水して、富士川橋へ。
弾ける水しぶきに虹が見えた。
午後4時30分着。

| | コメント (4)

2011.09.15

電池1本 LED 点滅 その2

回路図はこちらへ

先日に続いて、電池1本でLEDを点滅させる。
ジュールシーフで昇圧させて、3Vで点滅せる回路を接続する。
ジュールシーフのLEDを外して、ダイオードと電解コンデンサで出力をDC化させる。

P1000389
コイルは、ラインフィルタにした。
フェライトコアに、数巻きリードを巻き付けただけでは、出力がダウンしてしまう。
白リードを斜めに接続して有るが、コイルの巻き始めと巻き終わりを繋いだのと同じ。
抵抗1KΩに、0.1μのコンデンサを付けて有るが、無くてもジュールシーフは発振する。
ただし出力電圧が、DC20Vとなり大きすぎる。
0.01μだと、DC15V。
0.1μでは、DC8.V。
0.1μにした。
上記の電圧値は、後段回路を繫げての値

後段に、点滅回路を繫げて、電池1本で電圧をかけると点滅しない。
ジュールシーフを発振させてから、点滅回路へ出力を繫げると点滅が始まった。
いきなり点滅しない原因は、ジュールシーフ出力の電解コンデンサに電気が溜まるまで時間が掛かるので、後段の点滅回路のトリガーが、掛からなかったと思われる。

出力側の電解ンデンサは、32μFにした。
大きいと点滅回路のトリガーが掛かり難い。
10μ当たりだと、トリガーは掛かり易いが、出力電圧の変動が大きすぎる。
この為、点滅タイミングが、速くなりすぎる。
出力が出ている所に、後からLED単体を繫げると、LEDを壊す恐れがある

点滅回路のR100kΩ、C10μFを、R1MΩ、C1μFに変更。
この方が、電圧の変動が少ないと思われる。

P1000388
橙線に、クリップをくわえさせているが、半田付けをした。

P1000385
使っていないリモコンを、乾電池ケースに利用してみた。
これで、そのままライトが作れそう。
電池の電圧は、0.95V。
どれくらい持つか、ランニングテストをしてみないといけない。
点滅時間は、0.7秒ぐらい。

| | コメント (2)

2011.09.10

11年秋一番本栖湖

本栖湖まで走った距離は、120kmsun
GoogleMapsのコース。
久しぶりに天気晴朗なり。
目指すは、本栖湖へ。
朝7時35分発。
芝川経由で登る。
途中で田んぼと富士山を撮りながら。
日陰は気持ち良いが、日向は夏の陽気で汗が出る。
旧柚野支所で排水と給水。

Imgp0004
下柚野

Imgp0006
精進川

Imgp0008
半野

Imgp0011
猪之頭小学校
たていし、猪之頭公園はパス。
国道に出て、コンビニ(k)でエネ補給。
この先は、本栖湖までノンストップの予定。

Imgp0012
朝霧の牧草地には、牛さんが居ない。
ので、牧草が伸び放題。

Imgp0014
県境のススキ。
ここから国道は、渋滞。
電光掲示板には、事故の二文字。
草ぼうぼうの歩道で、先を進む。

Imgp0017
本栖湖橋を過ぎて、強制停止の指示が出ている。
トラックが横転したようで、現場検証をしていた。
かなり待たされて、バイク軍団と一緒に本栖湖入り口。
すでに、事故車は無かった。

Imgp0024 Imgp0026
本栖湖北岸を走りながら、考えたのは。
復路のコースは、下部へと下りる事にする。

Imgp0035
トンネルを潜り、南アルプス展望台へ。

Imgp0043
その後は、一度だけ絶景ポイントでプチ休憩。
下部へ下りれば、予想通りの暖かい向かい風。
身延駅前のあっぷる。
久しぶりに、ここで昼食。

Imgp0051
ソースカキ丼。
暑いのでカツ系は、遠慮した。

Imgp0052
アップダウンをこなして、内船のヤマザキへ。
アイスとボトルへ補給。
朝顔は成長していた。(分かる人に連絡)
身延駅前で見かけたローディーに声をかける。
甲府から、熱海まで行くようだ。
私のペースで良いなら、富士川河口までガイドする事に。
途中で、アクシデントが有ったが、富士川河口へ。
すでに午後3時を回っていた。
途中で、輪行を勧めて別れる。
午後3時30分着。
久しぶりの100kmオーバー。
しかも、夏の陽気でまいった。

| | コメント (4)

2011.09.08

電池1本 LED 点滅

先週は、雨続きで自転車に乗れず。
こんな時は、インドアに作戦変更です。

題名は、検索ワードです。
以前に、ジュールシーフの記事を載せましたが。
その後、いろいろとネットで記事を漁って見ました。
ジュールシーフは、電池1本1.5VでLEDを点灯させますが。
次なるは、電池1本でLEDを点滅させる。
皆さん、この記事から作られているようです。

P1000374
そのまま、部品を繋いで作って見ました。
定電圧器で、3.0Vをかけてみる。
LEDがうすっら点きっぱなし。
どうも、前段のタイマー回路が動いていない。
私の作ったのは、10MΩを100kΩ。
コンデンサ0.1μを、10μ。
GNDに落ちている、1kΩが大きいような感じもする。
とりあえず、コンデンサを1μ。
抵抗を1MΩへ。
これでも、動かない。
GNDに落としている抵抗に、パラに1kを付けて見ると、タイマが動き出した。
ここを、470Ωに変更。

P1000375_2 P1000384_2
前段の回路の定数は、こんな感じになる。
たぶん、10MΩと0.1μでは、うまく動くのかも知れない。
しかし、手元に10Mの抵抗を持っている人は、少数だろう。
私は、手元の物で、動かすのが面白い。
電圧3.0Vだと、オフタイミングでも、うっすらと点いてしまう。
乾電池にすると、うまく動いてくれました。
この乾電池には、1.1Vしか残っていません。

P1000370
こちらは、空中配線。
ネタ元は、この記事

P1000377
部品少なめですが、点滅タイミングも良く明るい。(ボケています)
ただし、電圧3.0V。
電池2本で動く。
コンデンサ10μと抵抗100kΩでも、点滅する。
[感想]
電池1本だと、ジュールシーフの明るさが無いと魅力が無い。
前述の1本の回路では、ただ点滅出来るのが作れる程度。
ジュールシーフとFETを使ったSWで、点滅させれば省電力なのが出来るかな。

| | コメント (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »