« 梅雨の合間に一走り | トップページ | 気分だけ涼しげかも »

2011.06.04

11年梅雨時 安倍峠と有東木

梅雨の合間に安倍峠を越えて有東木へ走った距離は、149kmsuncloud
GoogleMapsのコース。
数日前から、通行情報と天気をにらめっこしてた。
行くは、山梨県身延町から安倍峠を越えて、静岡市有東木へ。
有東木は、昨年も行ったが、肝心の部落を探索していなかった。
事前に、有東木のHPを見ていたら、有東木の大杉なるものが有る。
これを、目的に向かう。
朝7時丁度、富士川橋。
冨士川沿いを走る時は、万沢、道の駅とみさわ、内船駅、身延駅。

Imgp0010
今日は、身延駅から身延山総門前から国52号。
大城入り口から、山へと入る。9時20分
山の高い所には、雲が掛かっている。
梅雨時なので、景色は当てにしない。

Imgp0020
赤岩橋を渡り、キツメの坂を登れば豊岡梅ヶ島線のゲートへ。9時55分
ここからは、ただただペダルを漕ぐのみ。
林道は、緑濃くなっている。
標高が高くなるに連れ、冨士山ポイントが有るが、今日は雲の中。
それでも、先日雪が積もった頭が出て来た。

Imgp0030 Imgp0055 Imgp0079 Imgp0092 Abe
絶景ポイントを過ぎると、キツイ坂。
標高も1000mを越えて、ツライ。

Imgp0105
何とか、安倍峠へ。午後0時丁度
今日は、お客さんは居ません。
駐車場のトイレへ。
外を見ていると、ガードレールに立て掛けておいた愛車が、スルスルと動き出しバタンと。
倒れてしまった。
とりあえず、問題無いと思い出発。

Imgp0112 Imgp0122 Imgp0125
梅ヶ島温泉へ下り、さらに安倍川沿いを下る。

Imgp0126
かなり走って、有東木の標識。
あらかじめ、フロントインナ。
激坂を登る。
途中で、一休み。
さらに登れば、空気が抜ける音が。
慌てて下りて見ると、エアーは止まる。
圧も何とか、大丈夫そう。

Imgp0129_2
とりあえず、再び激坂へ。
有東木のうつろぎまで。
今日はここが目的では無い。
さらに登るが、足が売り切れ。
有東木の大杉が見える。
白髭神社へ。

Imgp0132_4  Imgp0136 Imgp0143 Imgp0154 Utougi
ここからは、有東木の集落の絶景も見える。

Imgp0175
有東木公民館まで登る。

Imgp0178
東雲寺
タイヤが心配なので、ゆっくりと下る。
下ハンで無いと、ブレーキが掛からないほど。
真冨士の里へ。
暖かい平野そばを、いただく。
お茶も2杯。
ここで、後輪をチェックすると、リムからビートが外れている。
エアーを抜いて、ビートを嵌めてエアーを入れて見る。
とりあえず、走り出す。
桜峠の手前で、エアーが抜けている。
再び、入れ直して見るが。
結局、瀬名でチューブ交換。
20分ほどで復旧。

Imgp0184
猫の手は、ビートを嵌め易く、お勧め。
横砂のコンビニで、アイス休憩。
あとは、蒲原の海岸線から新富士川橋を渡り帰還。午後5時半
今回いろいろと、アクシデントが有ったが、富士山一周より安倍峠は満足感が大きい。

|

« 梅雨の合間に一走り | トップページ | 気分だけ涼しげかも »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 梅雨の合間に一走り | トップページ | 気分だけ涼しげかも »