« 富士ヶ嶺の傘冨士 | トップページ | 山宮、田貫湖、桜峠 »

2011.03.06

佐野峠の傘冨士

佐野峠に傘冨士を見に走った距離は、78kmsun
GoogleMapsのコース。
昨日は仕事。
でしたので、今日自転車に乗れないと、人生終わりそう。
昨夜からのプランでは、TREKで富士愛鷹線か佐野峠へ。
もちろん、富士山が見えたらの話だが。
風が無ければ、御前崎もと思うが。
朝起きれば、冨士山が見える。
飛行機雲が綺麗なのは、下り坂のシグナル。
かみさんに、昼飯をキャンセルして出発。
佐野峠へ。
富士川橋を渡れば、薄く傘が懸かりだしている。朝8時20分
向かい風の中、県10号線を。
足を使い切りそうなコースなので、馬坂を避けてトンネルへ迂回。
釜口橋から富士川右岸へ。

Imgp0003
甲駿境を越えて万沢。
万沢から見えた、富士山の傘が大きくなっていた。
はやる心を抑えながら、ペダルを回す。

Imgp0006
切久保洞門先からの一枚。
これから渡る富栄橋。
左岸には、井出駅と井出の集落が見える。
道の駅とみさわで、トイレ休憩と自販機のホット飲料を補給。
富栄橋を渡り左岸へ。
気温計は4度の表示だが、体感的には、もう少し高い筈だ。
内船駅近傍の、ヤマザキで補給。
内船駅前には、10数名のハイカーが見えていたが居ない。
すでに思親山へ向かったのかな。

Imgp0008
内船駅横の踏切から、内船寺へ向かう。10時丁度
ここから、激坂が待ち受ける。
インナーローで、汗を掻きながら登るのみ。

Imgp0009
ここで一息。

Imgp0021
すぐに、三叉路。
左へ。
明るく写っているが、薄暗い道が続く。

Imgp0022 Imgp0028
しかし以前より、剪定が進み明るくなっている。
三石山線への合流までが、キツイ勾配が続く。
ハイカーを、乗せて行ったと思われる、タクシーが下りて来ない。
どうやら、こちらでは無いようだ。
心の臓が、パクつきそうになったら一息。

Imgp0043 Imgp0046 Sano 
これを何回と繰り返して、切り通しの佐野峠へ。11時15分
これで、三回連続富士山とご対面。
駐車場には、車が一台。
こんな景色に良い日に、ハイカーが居ないとは。
勿体無いこと。
その車の主が、熊鈴を鳴らしながら下りて来た。
もう一組、ハイカーが居たと言っていたが、どうやら上佐野へ下りたようだ。
上佐野へ下りる。
こちらは、始めは舗装路。
その後は、ダートと濡れた路面の舗装路が、交互に現れる。
昨年には、伐採に重機が入っていた。
今年は、それも終わっていそうだ。
伐採箇所からは、下界に上佐野の集落が見える。
さらに遠くは、駿河湾から伊豆の山並みまで見えていた。
今日は、残念ながら霞んでいたが、たぶん間違い無い。
舗装路には、山から落ちて来た石が多数見える。
ダートも、今までで以上荒れていた。
これには、下り基調でも、かなり足を使わされた。
その反面、いつもなら濡れている所が、水が流れていなかった。

Imgp0086 Imgp0088 Imgp0098 Imgp0099 Imgp0106Imgp0108  Imgp0110 Imgp0114
峠から40分程で、上佐野へ。午後0時20分

Imgp0122 Imgp0123
しかし上佐野の茶畑は、今年は大丈夫か。

Imgp0125
佐野川沿いに下るが、天子湖大橋が見える。
ここから、石神峠へ。
こちらも、荒れた路面は承知の事だが、いつもより荒れている。

Imgp0130
登りの荒れたダートに、足を使いきりちょっと一息。

Imgp0132 Imgp0133
平坦になれば、石神峠もすぐそこ。午後0時55分
オフバイクに、2台出会った。

Imgp0138
稲子落合へ下る。
落合のバス停周辺は、綺麗になっている。
東屋のベンチも、ペンキ塗り修復中。

Imgp0139
稲子川沿いの梅は、昨年よりイマイチ。
告知していなかったので、迎撃に会わず桜峠へ。
今日は、車が多い。

Imgp0142 Imgp0143
桜峠。1時50分
旧柚野支所へ。
すっかり足を、使い切ってしまった。
富士宮へは寄らずに、芝川駅へ下る事にしよう。
下るにつれて、風が出て来る。

Imgp0145
お昼をキャンセルの為、芝川駅近傍のラーメン屋へ。
お腹を満たして、富士川沿いを下る。
向かい風を受けながら、今度は馬坂を越えて富士川橋へ。午後3時丁度
家に着けば、強風が吹きつけていた。
風が強い日は、山方面が正解。
[顛末記]
佐野峠への登りで、誰かがこちらを見ているような。
路面を見ると、目と口を開けた・・・。
体から離れた、鹿の頭が見えた。
いや見なかった事にしよう。
今夜は眠れるかな。

|

« 富士ヶ嶺の傘冨士 | トップページ | 山宮、田貫湖、桜峠 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 富士ヶ嶺の傘冨士 | トップページ | 山宮、田貫湖、桜峠 »