« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011.03.31

平地ラン、大やきいも、立花橋の桜

今日は、地震の影響下での仕事の停滞と、年度末のご褒美で、自分で勝手に休暇消化日とした。
明日も、消化日とするつもりで有ったが、急遽仕事が入った。
嬉しいやら悲しいやら。
今出来る事は、仕事、節電、ケガをしない事、病気にならない事。
さらに義援金。

大やきいもへ走った距離は、82kmsuncloud
GoogleMapsのコース。
平日のつぶやきへの反応は、ハナカミさん。
当初の三保方面を、静岡市の大やきいもへ変更。
富士川橋から旧東海道で蒲原へ。

Imgp0004
冨士山ポイントでは、霞んでいるが富士山が見えている。
由比へ向かうが、立花へは帰りに寄るつもり。
そんな訳で、西へと向かう。
風も穏やかで、自転車日和。
清水市街から天王町へと。
国一号BP高架下。
鳥坂から北街道で静岡市街。
うろ覚えのルートナビで有る。
北街道は車が多く、途中から旧道へ逃げた方が良かったかな。
駿府公園へ。10時50分
ここまで画像なし。
目当ての、大やきいもに行くには、早過ぎると思い駿府公園の桜情報を見に行く。

Imgp0008 Imgp0013
まさに、今ツボミ開花。
柳の緑が鮮やかだった。
駿府公園をぐるっと回り、大やきいもへ。
自転車は、mcberryさんの助言で、生涯学習センターへ駐輪。

Imgp0023 Imgp0024 Imgp0025
おでんを、お任せで盛ってもらい、おにぎりも注文。
これで、680円也。
帰りは、概ね旧東海道沿い。
東静岡駅前のガンダム像は、まだ健在だった。
清水市街から興津川河口へ。
途中から雲が広がり、気温が下がって来た。
興津川を遡上して、立花へ。
先に、吊り橋へと向かおう。

Imgp0027
こちらから見れば、先日より枝垂れ桜は開花が進んでいる。

Imgp0032 Imgp0033 Imgp0037
吊り橋を渡り、立花橋へ。
枝垂れ桜は、満開かな。
ソメイヨシノは、ちらほら。
ここも、今ツボミ開花したばかり。
サッタ峠には寄らずに、興津橋を渡り、由比、蒲原へ。
富士川橋を渡り帰還。午後3時

| | コメント (2)

2011.03.27

立花の桜、両河内トンネル

気温の低い日が続くが、明日あたりから桜の開花も早まりそうだ。
この桜の春が、早く被災地へと届け。

立花橋の桜と見に走った距離は、69kmsuncloud
GoogleMapsのコース。
何処でも桜の開花は、始まったばかりのようだ。
枝垂れ桜の開花は早い。
例年は芝川界隈へ行くが、今日は立花橋の枝垂れ桜をと。
富士川橋、8時35分。
旧東海道沿いで、由比へと走る。

Imgp0001
岩淵の脇本陣

Imgp0007
蒲原の脇本陣

Imgp0008
由比の脇本陣

Imgp0006
蒲原の日軽金の放水路のソメイヨシノは、開花していた。

Imgp0010
サッタ峠への入り口。
インナローで、止まりそうな速度で登る。

Imgp0011
何とかサッタ峠へ。
冨士山が見えないので、駐車場はパス。
興津川へ下り、立花へと遡上する。
風は、冷たい向かい風。

Imgp0018 Tatibana
立花橋の枝垂れ桜は、開花していた。
例年ならもっと咲いていそうだが、今年は寒い日が続く。

Imgp0039 Imgp0043 Imgp0044
吊り橋へと道草。
国52号で但沼へ。
興津側沿いは、冬の冷たさだ。
黒川も、今日はパス。
和田島中学横から、両河内トンネルへ。
初めてのコース。

Imgp0047
高山より勾配がキツイようだが、果たして。
登り始めてすぐに、村人に道を確認する。
あっているようだ。
つづら道で、勾配を稼いで行く。
しかし下界が見えるので、ストレスを感じる事が無い。
車が少なく、良いコース。
景色が良ければ、プチ休憩も有り。
走り出せば、すぐにトンネルだった。

Imgp0048 Imgp0052 Imgp0056
ここからは、富士山の頭も見えるが、今日は雲が掛かっていた。
今は使われていないが、信号機が見える。
向こうの明りを頼りに、トンネルを通過。
Wブレーカーを着込む。
戸倉側は、景色が望めない。

Imgp0059
ぐんぐんと下り、第二東名のガードを潜り、戸倉入り口へ。
山切川沿いに、さらに下る。
横砂へと出るが、まだ走り足りない。
ので、エスパルスドリプラまで。

Imgp0062
ここで、今日はお終い。
追い風基調で、海岸線を新富士川橋へと帰る。
午後0時50分帰還。

| | コメント (0)

2011.03.20

お手軽な県76号線へ

電力事情で、今月は日曜以外は休めなさそうだ。
その代わりに、平日に自宅待機など々。
明日も仕事となるが、使う電気は節約モードである。
体力低下防止で走った距離は、61kmcloudsun
GoogleMapsのコース。
天気も下り坂の予報なので、近場の一走りコースへ。
県76号線へ2度目の走破へ。
9時20分出発。

Imgp0006_2 
吉原駅東側のスーパー野村を入れば、JR東海道線根方踏切。午前9時55分
ここを起点に、北上する。

Imgp0008
曇りがちながらも、富士山も出ている。
根方街道を横切れば、勾配もキツクなる。
車が少ないので、ストレスは少ない。
坂の途中で、春耕の道しるべをみつけた。
明治39年建立。

Imgp0010
右 くわざき 十りぎちかみち まかど 左 十りぎみち ごうど いまみや
こんな道しるべ、大好きです。

Imgp0015
吉永第二小学校を過ぎれば、道は平坦に。10時30分
ただし、しばらくはアップダウンが続くが。

Imgp0017 Imgp0019
県24号、県72号の交差点を過ぎる。
この辺りから、先日の富士宮地震の影響が見られる。
富士宮市境まで、十軒ほどの屋根瓦が崩れた家が見えた。
震源地は、富士市に近い富士宮市と思うが。

Imgp0021
西富士宮BPを横切り、若宮南の交差点から旧道へ。

Imgp0022 Imgp0023
途中でクランクが出てきたりする。

Imgp0026 Imgp0029
やがて、富士宮浅間大社前。
ここからは、再びクランクで南へと走る。
星山の坂を登り、富士川の蓬莱橋へと下る。
逆コースだと、この下りを登るのに、車が多くストレスが多いと思う。

Imgp0030
蓬莱橋までくれば、最後の難関。11時10分
大代峠へ。
最近は、すぐに足が売れ切れてしまう。
ゆっくり目に登る。
そうすれば、やがて峠は近づく。

Imgp0033
大代峠。
冨士山は、すっかりと霞んでいる。
ジャージのジッパーを、しっかりと閉め、由比側へと下る。
案の定、向かい風。

Imgp0034
速度の上がらないまま、入山入り口。午後0時10分
あとは、蒲原の海岸線を新富士川橋へ。
午後0時50分帰還。

| | コメント (0)

2011.03.13

山宮、田貫湖、桜峠

まずは
一昨日は、建屋内での仕事中に、人生最大の横揺れに遭遇した。
縦揺れでは、もっと大きい揺れを体験しているが。
昨日は休みだったが、自転車で遊ぶ気分では無かった。
これ以上の被害が、広がる事が無い事を祈るだけだ。

元気を貰いに走った距離は、73kmsun
GoogleMapsのコース。
9時55分出発。
暖かいので、体力低下防止で富士宮市田貫湖方面へ。
まずは、冨士砂防事務所のXバンドMPレーダーを確認へ。

Imgp0006_2
国機関の標識は、必ず主要道に掲げられている。

Imgp0007 Imgp0008 Imgp0009 Imgp0014
watさん、見る価値有りの、素晴らしいレーダードームです。
ここまで来れば、篠坂経由で白糸方面がロスが無いコースとなる。
篠坂を目指せば、冨士山が見えるので、山宮浅間神社へ寄ろう。

Imgp0016 Imgp0018 Imgp0020 
富士宮浅間大社にも有る、鉾縦石。

Imgp0021
御神体は、冨士山なので、本殿が無い。
その代わりに、正面に冨士山。

Imgp0025
篠坂までは、富士山を正面に登る。
見72号で白糸方面へ。
最近は、すぐに足が売れ切れ状態になる。
たていしの自販機で給水。

Imgp0028
KitKatが買えるので、これでエネ補給もしよう。
白糸では、コース上の民家が、火事で片付けをしていた。
田貫湖へ。午後0時20分

Imgp0032 Imgp0030
北岸では、春らしい冨士山が見える。
ぐるっと回り込み、たていしから雌橋への下り坂。
芝川へと下って行けば、冨士錦では縮小しながらも蔵開きが行われている。
旧柚野支所から桜峠へ。
養土を運ぶと思われる、小型トラックが行き交う。
たまに、後からの車をやり過ごす。

Imgp0040
桜峠。
稲子へは、トラックの後に付いて行けば、難なく日向橋だ。
思った通り、向かい風の中を走る事になる。
稲子川、冨士川沿いと走り、富士川橋。午後2時15分

| | コメント (2)

2011.03.06

佐野峠の傘冨士

佐野峠に傘冨士を見に走った距離は、78kmsun
GoogleMapsのコース。
昨日は仕事。
でしたので、今日自転車に乗れないと、人生終わりそう。
昨夜からのプランでは、TREKで富士愛鷹線か佐野峠へ。
もちろん、富士山が見えたらの話だが。
風が無ければ、御前崎もと思うが。
朝起きれば、冨士山が見える。
飛行機雲が綺麗なのは、下り坂のシグナル。
かみさんに、昼飯をキャンセルして出発。
佐野峠へ。
富士川橋を渡れば、薄く傘が懸かりだしている。朝8時20分
向かい風の中、県10号線を。
足を使い切りそうなコースなので、馬坂を避けてトンネルへ迂回。
釜口橋から富士川右岸へ。

Imgp0003
甲駿境を越えて万沢。
万沢から見えた、富士山の傘が大きくなっていた。
はやる心を抑えながら、ペダルを回す。

Imgp0006
切久保洞門先からの一枚。
これから渡る富栄橋。
左岸には、井出駅と井出の集落が見える。
道の駅とみさわで、トイレ休憩と自販機のホット飲料を補給。
富栄橋を渡り左岸へ。
気温計は4度の表示だが、体感的には、もう少し高い筈だ。
内船駅近傍の、ヤマザキで補給。
内船駅前には、10数名のハイカーが見えていたが居ない。
すでに思親山へ向かったのかな。

Imgp0008
内船駅横の踏切から、内船寺へ向かう。10時丁度
ここから、激坂が待ち受ける。
インナーローで、汗を掻きながら登るのみ。

Imgp0009
ここで一息。

Imgp0021
すぐに、三叉路。
左へ。
明るく写っているが、薄暗い道が続く。

Imgp0022 Imgp0028
しかし以前より、剪定が進み明るくなっている。
三石山線への合流までが、キツイ勾配が続く。
ハイカーを、乗せて行ったと思われる、タクシーが下りて来ない。
どうやら、こちらでは無いようだ。
心の臓が、パクつきそうになったら一息。

Imgp0043 Imgp0046 Sano 
これを何回と繰り返して、切り通しの佐野峠へ。11時15分
これで、三回連続富士山とご対面。
駐車場には、車が一台。
こんな景色に良い日に、ハイカーが居ないとは。
勿体無いこと。
その車の主が、熊鈴を鳴らしながら下りて来た。
もう一組、ハイカーが居たと言っていたが、どうやら上佐野へ下りたようだ。
上佐野へ下りる。
こちらは、始めは舗装路。
その後は、ダートと濡れた路面の舗装路が、交互に現れる。
昨年には、伐採に重機が入っていた。
今年は、それも終わっていそうだ。
伐採箇所からは、下界に上佐野の集落が見える。
さらに遠くは、駿河湾から伊豆の山並みまで見えていた。
今日は、残念ながら霞んでいたが、たぶん間違い無い。
舗装路には、山から落ちて来た石が多数見える。
ダートも、今までで以上荒れていた。
これには、下り基調でも、かなり足を使わされた。
その反面、いつもなら濡れている所が、水が流れていなかった。

Imgp0086 Imgp0088 Imgp0098 Imgp0099 Imgp0106Imgp0108  Imgp0110 Imgp0114
峠から40分程で、上佐野へ。午後0時20分

Imgp0122 Imgp0123
しかし上佐野の茶畑は、今年は大丈夫か。

Imgp0125
佐野川沿いに下るが、天子湖大橋が見える。
ここから、石神峠へ。
こちらも、荒れた路面は承知の事だが、いつもより荒れている。

Imgp0130
登りの荒れたダートに、足を使いきりちょっと一息。

Imgp0132 Imgp0133
平坦になれば、石神峠もすぐそこ。午後0時55分
オフバイクに、2台出会った。

Imgp0138
稲子落合へ下る。
落合のバス停周辺は、綺麗になっている。
東屋のベンチも、ペンキ塗り修復中。

Imgp0139
稲子川沿いの梅は、昨年よりイマイチ。
告知していなかったので、迎撃に会わず桜峠へ。
今日は、車が多い。

Imgp0142 Imgp0143
桜峠。1時50分
旧柚野支所へ。
すっかり足を、使い切ってしまった。
富士宮へは寄らずに、芝川駅へ下る事にしよう。
下るにつれて、風が出て来る。

Imgp0145
お昼をキャンセルの為、芝川駅近傍のラーメン屋へ。
お腹を満たして、富士川沿いを下る。
向かい風を受けながら、今度は馬坂を越えて富士川橋へ。午後3時丁度
家に着けば、強風が吹きつけていた。
風が強い日は、山方面が正解。
[顛末記]
佐野峠への登りで、誰かがこちらを見ているような。
路面を見ると、目と口を開けた・・・。
体から離れた、鹿の頭が見えた。
いや見なかった事にしよう。
今夜は眠れるかな。

| | コメント (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »