« 春富士を見に田貫湖、青木平 | トップページ | 佐野峠の傘冨士 »

2011.02.27

富士ヶ嶺の傘冨士

富士ヶ嶺へ傘冨士を見に走った距離は、79kmsun
GoogleMapsのコース。
朝起きれば、予報も外れて日が射している。
とりあえず、外で冨士山を確認。
人穴方面へ走ろう。
9時15分出発。
鷹岡経由で向かうが、いたる所で河津桜が咲いている。
富士宮へ入り、ちょっと寄り道。

Imgp0005
潤井川沿いの土木事務所へ。
アンテナが見えない。
昨夜、コメントが有ったwatさんのmpレーダーの設置場所は、ここかと思ったが勘違い。
家で調べ直したら、三園平の国土交通省冨士砂防事務所が正解です。
watさんへの業務連絡 潤井川沿いは間違いでした)
潤井川沿いには、カワセミ小父さんの姿は無し。

Imgp0006
青木坂、狩宿へと登り、上井出のファミマでエネ補給。
すっかり汗を掻いてしまった。
アンパンとポカリ。
ポカリは、一気飲み。
南風に背中を押され、さらに坂を登る。

Imgp0011 Imgp0010 Imgp0012
人穴と思っていたが、冨士山には傘雲が懸かり面白そうだ。
急に暖かくなり調子は上がらないが、追い風にせかされて富士ヶ嶺へと目的地を変更。
しかし、アップダウンが有るこのコース。
足が、売れ切れそうになる。
コブを越えて、向こうが見えると、坂はまだまだ続く。
何とか、富士ヶ嶺JA交差点へ。11時50分

Imgp0015 Imgp0034 Fujigamine
肝心の傘雲だが、少し崩れて来てしまった。
風に、カメラが揺れる。
国道への、県境へ向かおう。
残雪は、日陰に見えるが、さすがにこの所の暖かさで少ない。
県境へ。
ここからは、富士宮市街へ下るのみだが、向かい風が強いのが気になる。
気温計は10度。
空も、すっかり曇り空へ。
ここで、Wブレーカーを着込む。
根原からの坂を、車道で下れば、ハンドルを取られそうだった。
あとは、無難に歩道で下ろう。
コンビニ(k)からは、猪之頭へと。

Imgp0045
猪之頭公園で、トイレ休憩。
さらに、猪之頭、内野、半野へと。
雌橋へと下り、青空も広がり気温が上がって来たので、下之坊でWブレーカーを脱ごう。
今日は、青木平へは寄らない。
向かい風の中を、富士宮市街へ。
この向かい風の中を、岩本山へは登りたく無い。
そんな時は、朝の鷹岡経由の軟弱コースへ。
午後1時45分帰還。
登りでの追い風には助けられたが、帰りの県境から、ずっと向かい風だった。
結構、心地よい疲れが足に残るのは、何だろう

|

« 春富士を見に田貫湖、青木平 | トップページ | 佐野峠の傘冨士 »

コメント

「富士砂防事務所 オフィス全景」 にオバQレーダを確認しました。
さっすがでございます。
ありがとうございました。

しっかし
ネットで調べてみると、レーダやアンテナフェチと言うか、詳しい方も多いものですね。
まぁ、この風でも元気に遊びまわり、
「結構、心地よい疲れ・・・」ってのも十分変わってると思いますけど。

投稿: l00wat | 2011.02.27 23時47分

27日の10時ごろは丸子川沿いか150号線を走っていました。

カワセミポイントは口頭にて。

投稿: ハナカミオヤジ | 2011.02.28 08時46分

watさんへ
今度、富士宮へ行く時は、オバQを撮って来ますね。
参照HPは、何故か検索ワード「富士川駅」でヒットして知りました。
大風でしたが、追い風に任せてアシストバイク並に登れば、帰りは向かい風でも下り基調です。
富士宮市は、風でも自転車に乗れる所です。
私、けっして変人では有りませんが、自称「刑事コロンボ」。(仕事では)

ハナカミさんへ
いろいろと忙しくなり、自転車は電車代わりに乗る事が多そうですね。
朝比奈川の玉石の前に、カワセミ広場が有ります。
この辺も、見れるのかも。
私、今日は休みましたが、明日から業爆が始まります。

投稿: 三振王 | 2011.02.28 09時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 春富士を見に田貫湖、青木平 | トップページ | 佐野峠の傘冨士 »