« 11年井田の菜の花祭り漁師鍋へ | トップページ | 春だから平地ラン、なみへい、ガンダム »

2011.01.29

冬から春へ 稲子、青木平、岩本山

氷筍を見に走った距離は、63kmsun
GooglMapsのコース。
土曜ですが、今日は休み。
寒い日が続くが、風が無いので冬らしい景色を探しに行く。
目指すは、稲子方面。
富士川橋、朝9時20分。
風が無いと思ったが、冨士川沿いは北風。
向かい風を行きますが、馬坂を避ける事に。
ダンプの多い、富士川沿いを稲子へ。
晴れ間が続き、土埃が舞う。
稲子川沿いの、砕石場を過ぎると、ダンプも終わり。
ボトルの水で、ウガイをします。

Imgp0007
上稲子落合へ。10時35分

Imgp0010
入山線沿いに入ると、風も無くなり暖かく感じる程だ。

Imgp0014
観音滝。
凍っている訳は、有りませんが。

Imgp0019
岩肌沿いから落ちる水が、ツララとなっている。
予報を見ると、これ以上は伸びる事はないだろう。

Imgp0025
その先で、目当ての大きなツララが。

Imgp0038
これを見て、気が付いた貴殿はエライ。

Imgp0048
先っぽが、氷筍状になっている。
これも、あと数日で溶けてしまうだろう。

Imgp0061
天子荘まで行きます。
帰りは、桜峠へ。
途中で、ダンプが下りて来た。

Imgp0066
今年初の、桜峠。
下るが、富士山は雲が多い。
柚野支所で、トイレ休憩+自販機でホット飲料。
まもなく、正午。
時間を掛け過ぎたので、田貫湖は止める事に。
上野中学から下条へ。
頭の中のマップが、薄ら覚えなのが、気に掛かる。

Imgp0071
とりあえず、下條の定点から田んぼの中へ。
結局、下之坊の手前から、再び田んぼの中へ。
この辺は、牛舎が多い。
猫沢からの道が合流すれば、そこを青木平方面へ。
坂好きな人には、良いロケーションが続く。
都会に見られる、坂の上の高台に、住宅会社の展示場かと思うほどの住宅が並ぶ。

Imgp0078
看板で、目的地を確認すれば、登り過ぎだった。

Imgp0081
下って戻れば、そこが水久保池。
釣り人が、約2名。
風も無く、釣り趣味の人が、時間潰しをするには最適地かも。
青木坂へ合流すれば、西富士宮駅前へ。
黒田から高原へ。
岩本山の梅の偵察です。
駐車場は、7分。

Imgp0085 Imgp0089
梅は、3分でした。
午後1時45分帰還。

|

« 11年井田の菜の花祭り漁師鍋へ | トップページ | 春だから平地ラン、なみへい、ガンダム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 11年井田の菜の花祭り漁師鍋へ | トップページ | 春だから平地ラン、なみへい、ガンダム »