« 稲子天子の七滝 | トップページ | 白糸まで一走り »

2010.08.07

10年明野の向日葵と木賊峠へ

向日葵を見に走った距離は、84km。
GoogleMapsのコース。
今年は猛暑ですので、明野の向日葵は早いかも知れないと思い、1週間早く明野へ。
昨夜はTREKに、バックサポーターを付けましょうかと。
思ったら、後輪がスローパンクです。
取り外したチューブは、水に付けても泡が出て来ません。
しかし、天下のクリスタルラインに出掛けるのに、リスクを抱えたままではいけません。
チューブを交換したので、サドルバックには予備は1本。
最近は2本が定番ですが、しょうが無いです。
冨士駅発5時22分は、いつもの通り。
甲府駅に着き、中央線下り8時16分に乗車の予定。
ですが、上りホームには、あずさが立ち往生しています。
下りは、上りの事故で下りも予定が立たないと、放送が流れます。
私の予定も立ちません。

01
とりあえず、外に出て自転車を組み立てて、このまま富士市まで自走。
それとも、韮崎まで行き鰍沢口から輪行。
しかし、せっかく来たので、とりあえず明野の向日葵へ。
甲府駅9時丁度出発。
韮崎へと向かいますが、安心な道をコンビニで聞きます。
県6号を勧められました。
これを行くと、双葉から明野の標識が。
ここが、広域農道の入り口でした。
とりあえず、アップダウンをこなして行けば、韮崎からの道と合流。
いつもより時間が遅いですが、何とか予定通りに進みそうです。

02 03
まずは、明野の向日葵会場へ。10時45分
やはり早かったです。
でも、咲いています。
種植え時期を、ずらして有るので奥の方が咲いています。
南アルプスの山並みには、雲が掛かりイマイチです。

04
朝尾新田会場は、道の通りすがりです。
塩川沿いに走ります。
塩川湖まで黙々と。
少しでも、時間を取り戻したいので。
日差しが暑いです。
途中の気温が30度。
塩川湖へ。11時45分
自販機で給水して、増富へ。
通狭峡で、ショートカットをします。

05
標識には、車も歩行者も通行止めと書かれています。
とうぜん、自転車も通行止めと思いますが、ゲート突破。
通狭峡は、ますます路面が悪くなっています。
そのうち廃道でしょう。

06
向こう側の、ゲート。
自転車を、ゲートの下を滑らすのに難儀しました。

07
増富温泉で補給しようと思ったら、出来ないと却下されました。
しょうが無いので、袋入りのゼリーを購入。
ペットボトルを、さらに追加。
風が心地よい道を、登って行きます。

08
クリスタルラインへ合流。午後0時55分
ここから、勾配がキツクなります。
標識は10%。
リアは一枚残して登ります。
途中で、荒れたコンクリート舗装。
ここでは、インナーローへ。(26×27)

09
途中で挫けて、休憩。
ちょっと登れば、一息付ける木賊平でした。
足を休めながら登りますが、すぐに10%。

10 11
これも登れば、木賊峠へ。1時50分
富士山は雲の中。
ボトルは空です。
増富温泉で追加した、ペットボトルのお茶をボトルに入れ直します。
池の平線へ。
景色の無い、下りっぱなしの道です。
ずっとずっと下り、黒平へ。

12 13
ここが、唯一のアクセントポイントです。2時30分
お社と鳥居が、塗り直されていました。
以前が桃色でしたが、今回は朱色です。
でも近くで見れば、ペンキ塗りです。
さらに下るのみ。

14
荒川ダム。
昇仙峡。
千代田湖。

15
甲府市への激坂で、富士山が見えました。
昨年と同じパターンです。
熱波の市街地。

16
甲府駅近くの、城北の湯へ。3時40分
汗を流しましょう。
甲府駅へ行けば、北口が綺麗になっています。
花火大会へ出掛ける老若男女が、コンコースを埋め尽くしています。
身延線ホームには、特急富士川が待っています。
帰りは、特急です。
16時41分発。
家には、午後7時前に帰還。
いつも書くけど、疲れた。

|

« 稲子天子の七滝 | トップページ | 白糸まで一走り »

コメント

おはようございます。

面白そうなコースですね。
紅葉の季節がよさそうですが、寒そう。

輪行できるようになったら行ってみたいです。

投稿: ハナカミオヤジ | 2010.08.08 06時02分

ハナカミさんへ
このコースは、甲府の方に紹介して貰いました。
それをアレンジしています。
でも自転車乗りに、出会ったのは一度だけです。
紅葉の時に、ニシナさんとも行っています。(2007年10月末)

投稿: 三振王 | 2010.08.08 09時29分

 今週末だと思っていましたが・・・。
 秋にハナカミさんとチャレンジかな?

投稿: ニシナ | 2010.08.12 22時27分

ニシナさんへ
この夏は猛暑ですが、天候が安定しないです。
その為に、直前に決行となります。
向日葵は、来週まで見れます。
秋も行きますか。

投稿: 三振王 | 2010.08.13 09時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 稲子天子の七滝 | トップページ | 白糸まで一走り »