« 夕方大代峠、その8 | トップページ | 夕方大代峠、その9 »

2010.07.18

夏迷走、本栖湖へ

避暑を求めて、本栖湖まで走った距離は、114km。
GoogleMapsのコース。
今しばらく、業務多忙です。
すっかりと、30km足のDNAが刻まれてしまいました。
そんな訳ですが、曇りながら天候が回復されそうなので、本栖湖へ避暑を求めに行きます。
朝8時30分出発。
無理せずに鷹岡経由で富士宮市街へ。

01
一登りして下條の定点です。
デジカメを取り出せば、第一村人が「何しているの」。
「青木坂を登って来ると、ここが一番景色が良いと」、私。
この辺りは、美田と呼ばれて云われていたとか。
セコの酒屋とか。
セコの酒屋は、冨士錦です。
セコとは、・・・。
立ち話をしてしまいました。
熊久保の坂を登り、半野から白糸へ。
県414号の合流点の、たていしでエネ補給します。
富士山が見えて来ました。
ここまで追い風でしたが、速度が上がらずに暑いだけでした。
ここからは、若干風を感じながら走れます。

02
県畜産試験場で、一枚。
本栖湖まで持つかな。

03
猪之頭で。
猪之頭公園でトイレ休憩。
この後は停まるのは、本栖湖までデジカメ撮影のみ。

04
朝霧の夏冨士。
本栖湖橋の先で、今日は休工ですが舗装工事中です。
本栖湖入り口の信号機。11時30分
北岸を走り、中之倉トンネル前へ。
富士山は、雲に隠れてしまいました。
気持ち良い南岸へ。

05 06 07 Motosu
40分程で回って来ましたが、今日は松風には寄りません。
往路を戻り県境まで。
富士ヶ嶺方面へ。

08 09
JAの交差点までは行かずに、途中で裏道へ。
むか~し、裏道へ逸れたら、その先で警察の装甲車が。
サリンを精製していた、サティアンの警備でした。
テロに使われる物資が造られた所は、国際機関が調査するまで、勝手に壊す事が出来ないのです。

裏道ですが、至る所で分岐道が有り、しかもアップダウン多数。
今日は素直に、県71号に出れるように東へ。
県71号も舗装工事中箇所が有り、こちらは土埃が舞い上がりました。
鼻の中まで、吸い込んだでしょう。
人穴へ下り、登り返します。
国139号を横切り、往路に寄った猪之頭公園へ。
トイレ休憩ですね。

10
白糸へ下り、自転車乗りに密かにブームとなりつつ有る白糸庵へ。
午後1時半になろうとしていますが、今日はお客さんが多いようです。
30分ほど待ってから、そば定食大盛です。
その間に、相席となった富士宮の自転車乗りと自転車談義でした。

11
シルク(絹)。

12
水田を下り、柚野までご一緒に。
私は桜峠ですので、ここでお別れします。

13
桜峠は、草刈が済んでいました。

14
稲子へ下りてからも、夏の日差しが強くなって来ました。
富士川橋を渡り帰還。午後4時5分。
家に帰れば、首の後ろが痛いです。
日焼け対策万全でしたが、なかなかうまく行きません。

|

« 夕方大代峠、その8 | トップページ | 夕方大代峠、その9 »

コメント

業務多忙
日本のⅤ字回復の為、お疲れ様ですm(、、)m
写真、全て夏色に見えます。

投稿: S木 | 2010.07.18 19時23分

S木さんへ
夏 夏 夏 でした。
山奥にも行きたいが、豪雨の後は注意が必要です。
私が頑張っても、日本復活は有りません。
ちなみに、明日も仕事です。

投稿: 三振王 | 2010.07.18 20時17分

今日は、私の方が少しだけ先行して走っていたようですね。

SILKはvientoにあったフレームのような気がします。
チェーンステイのBB近くにvientoと思われる黄色シール
も見えます。

明日も仕事ですか。無理せずテキトーに頑張ってください。

投稿: ハナカミオヤジ | 2010.07.18 20時54分

ハナカミさんへ
本栖湖からは、下りない様に言い聞かせています。
SILKはピンポンです。
個人情報は書けないので、店主に聞いて見て下さい。
明日は、テキトーに頑張って来ます。

投稿: 三振王 | 2010.07.18 21時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 夕方大代峠、その8 | トップページ | 夕方大代峠、その9 »