« 六感で涼を感じるポタ | トップページ | 避暑コース逆回り »

2010.07.27

庵原の山 野田山~かぎあな~大晦日

夏の夕方、庵原の山へ、走った距離は、38km。
GoogleMapsのコース。
休みでした。
猛暑が和らいで来ましたが、これからは自転車ハイキングがメインです。
雷雨の心配も無く、日差しも弱く、近場の山登りには最適な気候です。
もちろん暑いので、ボトルには満杯の水を入れます。
午後2時50分、富士川橋を渡ります。
富士川楽座裏の吉津川沿いから登りです。
浄水塔から、さらに登ります。
このコース、ずっと10%近くの勾配が続きます。
歩くような感じで、ペダルを漕ぎます。
だから自転車ハイキングです。
川坂からの合流点。
さらに、一登りすれば野田山緑地公園入り口です。

01
富士山が、見えないので寄りません。
毎度書きますが、野田山とは、国土地理院地図では金丸山が正解です
小塚線入り口から、今コース最高地点(560m)へ。3時40分

02
下れば、野田山線の展望地点へ。
下界には、山肌に集落の集まりが見えます。
海岸線からは、車なら1時間も掛からない場所なのに、こんな場所に集落が点在しています。

03
かぎあなへの、分岐点へ下ります。
結構急坂です。
書き忘れましたが、自転車ハイキングはTREKのクロスバイクです。
Vブレーキが頼りです。
かぎあなへ下ります。
ここも激坂を下ります。

04
かぎあなの集落を過ぎて、釜が沢渓谷沿いに下ります。
県76号線の合流点。

05
そこに、かぎあなの看板。4時15分
由比側に下り、銚子の口滝方面へ。
大晦日へ登ります。
野田山より勾配は緩めですが、キツイ坂が続きます。

06
途中で槍野(うつぎの)入り口。
ここを登ると、槍野イロハ坂が有ります。
その先からは、多少ダートも有りますが、浜石岳まで行けます。
桜野沢沿いは、冷たい風が吹いて気持ち良いです。
だんだんと踏ん張らないと、登れなくなります。
それに、アブが顔の周りを飛び交います。

07
薄暗い杉林の中を登り、ケカチ峠へ。4時55分
この先は、旧芝川町。
こちらも、Vブレーキの恩恵を受けて下ります。
路面は、決してロード向きでは有りません。

08 09
芭蕉天神宮。

10
大晦日入り口の、ひょうたん島。
大晦日の集落には寄らずに、さらに下りのみ。
内房の廻り沢橋へ。5時20分
帰りは、内房橋を渡り県10号で富士川橋へ。
午後5時50分帰還。

|

« 六感で涼を感じるポタ | トップページ | 避暑コース逆回り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 六感で涼を感じるポタ | トップページ | 避暑コース逆回り »