« 夕方大代峠へ、その2 | トップページ | 千本公園の浜冨士と大代峠 »

2010.06.06

薫風の本栖湖へ

本栖湖まで走った距離は、108km suncloud
GoogleMapsのコース。
朝起きて決めたコースは、本栖湖へ。
最近、朝のモチベーションが低いので峠が越えられません。
とりあえず、朝8時35分出発。
省エネコースは、鷹岡経由西富士宮駅前を通過。

01
青木坂を登れば、下條の定点。
田んぼが綺麗な所です。
雌橋は避けて、狩宿へ。
そのまま白糸です。
県414号で、内野、猪之頭。
国139号へ合流のコンビニ(K)で、アンパンのエネ補給します。
この辺りまで来ると、気温も下がって来ます。
国道の歩道を登ります。

03
県境の根原の集落は、お祭りのようです。
南風の追い風で来ました。
本栖橋から車道で入り口へ。

04 05
中之倉トンネルの前へ。11時35分
下部側から登って来たと思われる、ローディーが見えます。
南岸を走りながら、デジカメ撮影をしていると、先ほどのローディーが挨拶をして行きます。
国300号へ戻る手前で追い付き声を掛ければ、甲府市の方で六郷から登って来たと言います。
聞けば乗り始めて3年で17000km。
立ち話をしていると、赤いジャージーのハナカミさんが登場。
こちらも、下部オンとの事。
3人で、松風のカツ丼でした。

06
甲府ローディーの方の、自転車のメンテのアドバイスをして別れます。
ハナカミさんと富士ヶ峰経由上井出へ。
狩宿から柚野へ。
ここで、ハナカミさんと別れます。

07
私は、桜峠を越えます。
これを越えないと、100kmオーバーしませんので。
稲子から富士川橋へ。
とうぜん、向かい風でした。
午後3時40分帰還。

|

« 夕方大代峠へ、その2 | トップページ | 千本公園の浜冨士と大代峠 »

コメント

今日はありそうであった遭遇でした。

私はヘロヘロだったので顔見知りの方との遭遇は
ほっとするというか安心します。

甲府のおじさんは、メンテなし、パンク対応機材なし
ですごいと言えばすごい。

投稿: ハナカミオヤジ | 2010.06.06 19時29分

ハナカミさんへ
下部オンの本栖湖、お疲れ様でした。
甲府のおじさんは、恐いもの知らず状態ですね。
これから、自転車屋さんで教育されて、今までの自分のすごさに気が付くでしょう。
ところで、間 寛平ちゃんではなかったですよね。(笑)

投稿: 三振王 | 2010.06.06 20時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 夕方大代峠へ、その2 | トップページ | 千本公園の浜冨士と大代峠 »