« 鉄ネタと茶畑富士 | トップページ | 炭焼平山線 平山~黒川~高山 »

2010.01.03

10年正月 炭焼平山線

景色を見に走った距離は、87kmsun
GoogleMapsのコース。
10年正月も三日目です。
前夜の予報では、雲が多いですが暖かそうです。
朝起きて富士山が出ていれば、行き先は炭焼平山線と決めていました。
そんな訳で、朝食を済ませて、出発は西へ。
朝9時10分、富士川橋を渡ります。
ちょっと向かい風ですが、たいした風では有りません。
五見坂を下ると、強めとなります。
由比のコンビニ(7)で、補給しておきます。
由比の集落へ入り、サッタ峠を越えて行きます。
暖かな陽射しです。
でも、激坂には変わりません。

01
26×28で、無事到着。

Satta
ところで以前は、車道の峠越えは、右側に残る部分を乗り越えていました。
昔は、ここを越えるのに、押した方が早かったです。
興津川沿いに、立花へ。
向かい風が容赦なかったです。

02
立花橋には、何故か灯りが見えます。
正月用でしょうか。
国52号に出て、車道を一走り。
まだ、車が少なかったです。
但沼から、興津川沿いに入ると、路面が濡れています。
それも結構、濡れています。
露でしょうか。
気温は、稲子を思わせるほど、体が引き締まります。

03
もくもくと、黒川の笑味の家へ。11時丁度
トイレ休憩後に、自販機でホットします。
コンビニで補給した、ドラ焼きも頂きます。
さて、出掛けます。
登り一辺倒ですので、フロントは26。
リアを、こまめに変えて登ります。
路面には、小石や落ち葉が沢山です。
たまに、法面から小石がパラパラと。
もくもくと。
もくもくと。
ペダルを漕げば、落葉した木々からは陽射しが明るいです。
やがて向こうに、富士山が見え始めます。

04 12 05
ここで、休憩を兼ねてデジカメ撮影会です。
この先も、まだ登りが続きます。
たまに、車が登ったり、下って来たり。

06
龍爪穂積神社へ。午後0時15分
鳥居には、日の丸が。
道に戻り、下り基調のアップダウンです。
富士山見晴台に、入り口を見逃さないように。
ガードレールに、赤丸が付いている所です。
自転車を置いて、尾根へ。

07 Dai1
雲が多いですが、まあ良いでしょう。
もう一箇所の、見晴台へ。

08 09 Dai2
こちらへは、自転車を持ち込んで一枚。
こちらは、富士山が正面に、見えて好きです。
だいぶ、時間を潰したので、ここからは一気に平山へ。
路面は、ゴツゴツとした所も有ります。
今日のTREKは、28Cですので体に優しいです。
瀬名の国一号BPの交差点へ。
ここまで下りだったですが、向かい風の為ペダルを漕いでも30km/h。
ここからは、側道を余裕を持ってペダルを漕いで35km/h。
西風が嬉しいです。
天王町から清水駅方面へ。
毎度のコースです。
横砂、興津、由比と西風が嬉しい。

11
由比港で正月模様を一枚。
蒲原は、庵原高校横から新富士川橋へ。
家には、午後2時30分帰還。
何とか、高校サッカーの中継に間に合いました。

|

« 鉄ネタと茶畑富士 | トップページ | 炭焼平山線 平山~黒川~高山 »

コメント

今年もよろしくお願いします。

正月早々の3日連続走行ですね。
私にはマネができません。
実は冬用のウエアが1セットしかないので、
2日が限度かと。冬物は嵩張るので購入も
躊躇しています。

投稿: ハナカミオヤジ | 2010.01.03 20時36分

ハナカミさんへ
3日間で145km。
ハナカミさんだと、半日コースですよ。
今年の副題は、「景色を見に走った距離」です。
ので、宜しくです。
ウエアは、暖房の効いた部屋に干しておけば、次の日も大丈夫です。
今年も宜しくお願いします。

投稿: 三振王 | 2010.01.03 21時33分

三振王さん、
あけましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いします。

連日の風をものともせず、流石です。
3日の東部(の午後)は、残念ながら
頂のみの富士山でのスタートとなりました。

投稿: 三島の苔丸 | 2010.01.04 04時52分

三振王さん こんにちは
昨日は爆風でしたので私は駅伝をテレビ観戦でした。
炭焼平山林道からの富士も良いですね。

今年も宜しくお願いします。
TA

投稿: TA | 2010.01.04 12時36分

苔丸さんへ
今年も宜しくお願いします。
庵原の山は、風も無くて、自転車ハイキングには最適です。
眺めも良いですよ。

TAさんへ
風向きを考えて、興津から登って追い風で帰って来ました。
炭焼線からの富士山。
なかなか、良いのが撮れません。
また、宜しくお願いします。

投稿: 三振王 | 2010.01.04 14時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 鉄ネタと茶畑富士 | トップページ | 炭焼平山線 平山~黒川~高山 »