« 09年初冬 広域富士愛鷹線走破 | トップページ | 2009年今年一番の »

2009.12.13

インターバル撮影を動画ファイルにする

私のメモです。
先日導入のws80で、インターバルを1分、枚数を180枚(3時間)に設定。
勢子辻の林道入り口から、第二東名の上で3時間でした。
しっかり、180枚撮れていました。
電池残量も、フルを表示しています。
ところで、デジカメを2台で撮っていました。
画像データを、同じフォルダーに入れて名前(日付)ソートしても、機種別に別れてファイルが並びます。
そうすると、後で作成する動画ファイルで、順番が前後した物になります。
これを解決する為に、画像ファイルのExifの日付情報を、ファイル名に変更するようにします。
これですと、機種が違ってもファイル名が日付時間名となり、名前ソートで撮影順番通りにファイルを並べられます。
ソフトは、JPEG Renamerを使わせて頂きました。
ロボさんの、D&D YMDRenamerも機能は同じですが、日付の前にIMG0001等の機種データファイル名が付くようなので見送りました。
これで、時間順に並べられた画像を動画に変換します。
動画ソフトは、ピクポワを採用。
FFmpegを使っている人も多いようですが、ピクポワの方がダウンロードも作成もビギナー向きです。(要するに簡単)
1)写真を選ぶ
  新しく選ぶで、日付変換したファイルを開く その後に名前ソート
2)スライド設定
  320×240 出力画像に内接 フレームレート15fps
  静止フレーム 20フレームぐらい 切り替えフレーム 0フレーム
  フレーム数が大きいとファイルサイズが多きくなるので注意
3)トランジションはデフォルトのクロスフェード
4)コーデック
  Chinepak Codec by Radius を推奨
    コーデックの種類によっては再生されない事が有る
  種類によっては画像が荒くなる
5)動画作成
  ファイル名を入力する

広域富士愛鷹線走破を、HPの表紙からダウンロードできます。
保存してから、WMP等で見れます。
ただし、ファイルサイズが大きいので期間限定のアップとなります。

|

« 09年初冬 広域富士愛鷹線走破 | トップページ | 2009年今年一番の »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 09年初冬 広域富士愛鷹線走破 | トップページ | 2009年今年一番の »