« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009.06.29

プロ技でした

先日、TREK 7500FXのクランクを外したらBBはISISでした。
これを外したいですが。

01
ところが、よくよく見ると、留め金具がリング状になっています。
ネットで検索しても、良い工具がヒットしません。
一見、ホローテックⅡの工具で外せそうですが。
どうでしょう。
仕事が終わってから、車にフレームを積んで、いつもの佐野自転車屋さんへ。
BBを眺めてから、「こんなので外れるかな?」。
フックスパナの数々を、凹に引っ掛けますが、ぐるりんぱです。
しかも、ロックリングは、アルミですので削れてしまいます。
TREKを扱っている店に、持って行こうかと思いましたが。
サイクル工房さんが店を閉めたので、キッズさんかワタナベさんです。
私、「う~ん、とりあえず置いておくから、暇みていじって見て」。
佐野さん、「フレームが潰れても良いなら、タガネで開けて見たい」。
私、「それで、やって見てください」。
その一声を聞いたら、左手にタガネ。
右手にトンカチ。
私は、フレームを持ちます。
狭いロックリングを狙い、トンカチを振り落とします。
左側から始めましたが、こちら側が苦戦でした。
何回目かにトンカチを振り落としてから、フックスパナを引っ掛ければ回りました。
次は、さらに固い筈の右側です。
再び容赦無く、トンカチを振り落として見れば、こちらは案外簡単に回りました。
ちょうど、お客さんが来店です。
手間賃は要らないと。
佐野さん、ありがとうございました。
これも、顔馴染みになった、おかげでしょうか。

04 
付いていたBBは、truvativの文字が見えました。

02
左のロックリング。

03
BBの右側です。

05_2
BBの中はこちらですが、これ以上はお風呂に入ったのでしません。
購入した店へ行けよと云う、ツッコミはしないで下さい。
清水のサイクル工房さんは、店を閉めてしまい、TREK取扱店は三島市か静岡市となってしまうので、遠路を行くメリットが有るかどうかです。
とりあえず、外れて満足でした。
[追記]
truvativのBBで検索したら、BBT-18Cで外せそうです。

| | コメント (2)

2009.06.27

人穴避暑コース

昨夜は、送別会でした。
実は、昨年からお酒を止めています。
ただし、お付き合いだけ、少々頂く事にしています。
昨夜は、ジョッキー3杯ぐらい飲んだかも。
そんな訳で、今日はアルコールを抜く為に走ります。
コースは、避暑コースのVer2です。
GooglaMapsのコース。
入山瀬駅横の踏切を渡り、国139号を横切り、村山道で村山浅間神社へ。
ここは、同じです。

01 02
村山浅間神社の山本商店で、自販機給水です。
そうです。
今日は、7月中頃の気温です。
県72号で白糸の滝方面へ。
途中で、HKSの看板で、右折へ。
ダラダラと登りが続きます。
道を間違った事に気が付きますが、車も通らないヒルクライム向きの道が、何処まで行くか登って行きます。

03
ここまで登って、引き返します。
左はゴルフ場へ。
まっすぐは、デンジャラスな予感がします。
ここは、ハナカミさんのレポを待ちましょう。
引き返します。
あっと云う間に下り、その先で新しい寄り道ポイントへ。
30年振りに、来ました。

04 05
こんな物が有るので、昨年はニュースでも紹介されていました。
人穴の交差点から、県71号へ。
心地よい登りが続き、富士ヶ峰への分岐では、真っ直ぐに県75号へ。

06 07
人穴浅間神社。
富士講の遺跡が有ります。
題目塔は石碑が傾いているので、何が有っても自己責任との案内が見えます。

09
穴の中も自己責任で、ちょとだけ入れば、写した画像には亡霊が。
いや~ぁ、ヤラセです。
気温が低くて、息が白くなっただけです。
心身共に、避暑コースでしょか。
もちやまで登り、国139号を横切り猪之頭公園へ。
猪之頭の陣場の滝、小田貫湿原、田貫湖へ。
内野から半野へ。

11
雌橋への下りを終えて、水田の上条の桜。
国469号で芝川町柚野へ。
気持ち良い下りが続きます。
桜峠は寄りません。

12
三澤寺の紫陽花
県75号で、芝川駅へ。
水田が途切れると、気温も上がります。
県10号で松野、馬坂経由、富士川橋です。
午後1時50分帰還、74km。
走った距離の割には、ちょっとへばりました。
暑さの所為でしょうか。

| | コメント (4)

2009.06.21

TREKはISIS

先日ばらした、GTのBBはスクエアでした。
今日は、TREK7500FX(95年)のクランクを外します。
クランクボルトを、外すのに難儀しましたが、だんだコツが分かりました。
いつものように、クランクをタオルでフレームと縛り、30cm以上のスパナをアーレンキーに引っ掛けて回すと緩みます。(30cm以上とタオルが重要です)

01
右側ですが、クランク外す小物(TL-FC15)が被さっています。
左側には、何やら文字が。

02
68mmはOリングを、73mmはOリングは要らないと。
ところで、事前に準備した、シマノのオクタリンクのBBですが。
使えません。

03
外した、クランクの刻印を見ると、ISIS DRIVe(eだけ小文字)。
ここで、作業中止。
これから、ISISのBBを注文するか、悩んでいます。

| | コメント (4)

2009.06.20

夏風薫る本栖湖へ

今月は、土曜休みが続いています。
明日は、雨模様ですので、今日走りましょう。
静岡方面の峠と思い支度を済ませば、かみさんの「暑いから気を付けてね」の一声。
これは、朝霧方面ですね。
最終地は、登りながら決めましょう。
GoogleMapsのコース。
朝8時20分出発。
鷹岡経由富士宮へ。
その後は、青木坂、雌橋と坂が続きます。
白糸から県414号へ。
ここで、アンパンでエネ補給。
ポカ(500ml)を飲み干します。
内野から猪之頭へと、じわじわと登りです。
国139号線は歩道で。
後から、背中を押す追い風です。
根原の県境まで来れば、風も気持ち良くなります。
県境の先から、車道へ。
本栖湖橋から、一気に下ります。
本栖湖入り口から湖へ。11時15分
ぐるっと半時計回りで。

01 02
途中の富士山ポイントで。
陽射しは有りますが、夏風が気持ち良いです。
ぐるっと南岸へと。

03 04
冬は雪が積もりますが、夏は緑のトンネルです。
1周回り、再び国139号へ。
如何しようかと思いつつ、来た道を戻ります。
県境から、富士ヶ峰へ。
ここの区間は、陽射しが有ると、ちょっとつらいです。

05 06
富士ヶ峰のJA交差点。午後0時20分
先程より、富士山も綺麗に出て来ました。
う~ん、精進湖まで足を延ばすんだったね。
一気に下ります。
途中で、何台かのロードが登って来ます。
県75号の交差点から、もちやへ登り返します。
国139号を横切り、猪之頭公園へ。
往路を下り、半野へ。

07
狩宿へ左折して、まんぷくさんへ。
久しぶりに、そば飯を頂きました。
40分ほどでお暇して、柚野へ。
柚野支所から、桜峠へ。
今日は、自販機給水はしません。
桜峠への登りは、暑いです。
峠を越えて、稲子へ。
下れば、稲子川沿いは向かい風です。
陽射しも強くて、下部方面からのランでは参ってしまいそうです。
県10号で、芝川町、松野経由、馬坂越えで富士川橋でした。
午後3時35分、114km。

| | コメント (2)

2009.06.19

立花橋の灯り

トワイライトランです。
ニシナさんの立花橋夕景を見に、仕事が終わり家に帰ってから出掛けました。
久しぶりに、雨の心配も無く、気持ち良い夕方です。
コースは、国一号新富士川橋~蒲原海岸線~興津川河口~立花橋へ。
帰りも同じです。
が、暗くなるいっぽうで、歩行者や無灯火自転車に気を使いました。
午後5時25分出発、立花橋6時35分、家に7時55分帰還、48km。

02
立花橋東側は、午後6時40分過ぎに点灯します。

01
立花橋西側

03
由比の清水銀行

04
蒲原の宇宙基地
夏の夜のランがブームになるかも。
でも、強力ライトが必要です。
それから、歩行者が少ない道も重要です。
エスパルスドリプラの観覧車を、見に行くには、強力ライトか輪行で帰るかですね。

| | コメント (2)

2009.06.14

09年初 林道豊岡梅ヶ島線、安倍峠へ

今年初の安倍峠へです。
予報だと、昨日より天候が良い筈ですが。
GoogleMapsのコース。
富士川橋、朝6時35分に渡り、県10号で芝川町釜口橋経由万沢へ。
万沢から、国52号で道の駅とみさわです。
トイレ休憩、自販機で給水。
富栄橋を渡り、県10号に戻ります。
内船駅前を過ぎて、南部橋を渡り国52号へ。
榧の木トンネルは、上の隧道へ。
再び、国52号へ。
大城入り口まで快走です。(気分だけ)

02
コンビニローソンで、エネ補給です。8時30分
ここは店内に、テーブルが有り、一息付きます。
大城入り口の信号機から、安倍峠へ。8時45分
空気は重いですが、陽射しが無いので、それほど汗も掻きません。
大城の集落を過ぎれば、この先人家も有りません。
たまに、バイクや車が通ります。
赤岩橋。
この先から、勾配がキツメになります。
深緑の、木々の中を登ります。

04
グイグイとペダルを漕げば、豊岡側のゲートです。
1号から10号まで有る、水呑橋を撮りながら登ります。
水呑橋は、上のGoogleMapsで見れます。

05
山深くなり、青い篭掛沢橋が見えます。

06
向こうの谷に渡り、篭掛橋へ。
沢沿いが工事中です。
つづら折れが、続きます。

07
富士山ポイントへ。
もちろん、カメラマンは居ません。
さらに、登りです。

08
大崖沢(おおがれさわ)の、治山工事は終わっていました。
後から、何かの気配が。
挨拶がして、あっと云う間に登って行きました。
この辺から、勾配もキツクなる所です。

10
何とか、林道の安倍峠へ。11時30分
先ほどの、ローディーが待っていました。
聞けば、東京から中央線始発で来たようです。
大城入り口から、90分。
皆さん、これからは、90分が目標ですよ。
私は、2時間45分でした。
これから、富士見峠、井川方面へ。
その後に、静岡駅へ戻るようです。
お互いの、無事を祈って別れます。
ウィンドブレーカーを、着込んで下ります。
慣れないハンドルで、激坂を下ります。
指切り手袋では、握ったレバーが冷たいです。

11
谷樽橋

12 13
何とか、下り切り梅ヶ島温泉へ。
ここから、静岡駅まで46kmの標識が小さく有ります。
安倍川沿いは、向かい風です。
今日は、風も気持ち良いです。
それでも、ペダルは漕ぎます。
有東木坂入り口から、路面が濡れています。
雨粒は、それほど落ちて来ません。

15
走りますが、たまらずデジカメはビニル袋へ。
サドルバックも、レインカバーを付けます。
ハネを受けながら、走ります。
そろそろ、平野の真富士の里です。
路面が白くなります。
ところが、蕎麦屋さんが壊されています。
建て直すのでしょうか。
しょうが有りません。
次の候補地は、鯨ヶ池のお店です。
その前に、安倍こころでサドルバックの中に有る、魚肉ソーセージでエネ補給します。
車が多くなります。
桜峠へ左折。
お店の玄関には、張り紙が見えます。
お休みですね。
国一号BPの高架下を走り、東へ。
途中で、早く曲がってしまい、国一号へ。
何とか、清水市街へ。
興津川河口を渡り、由比の(ス)亭です。
ここで、450円の桜海老天蕎麦です。
蒲原の海岸線から、新富士川橋を渡り帰還です。
家には、午後3時45分、140km。

| | コメント (4)

2009.06.13

BBを外す

GTのBBを外しました。
先日に上手く行かずに、ネットで検索したら。
(1)お店でやって貰った
(2)556の吹きつけやドライヤーで暖めた
(3)お店に行ったら、BB工具が万力に付けて有り、フレームを水平にして外す
(4)ネジを電気溶接させて外す
(5)BB工具をクランク止めネジで止めて外す
この中で(5)番が当たりです。
私の持っていたBB工具は、ISISタイプだったので、シマノのTL-UN74Sを購入。(900円也)
さらに、32のメガネスパナも購入。(1980円)
手順です。

01
(1)TL-UN74Sとクランク止めネジと厚めのワッシャーを準備します。

02
BBにクランク止めネジで、BB工具を止めます。

03
(2)32のメガネスパナを、咬ませてタオルで縛って有ります。
左手はフレーム、右手はトンカチを持つ為です。
何回か、トンカチで叩いて、緩んだ後で撮りました。

04
(3)シェル巾73mmの軸長113mmのBBです。
スクエアBBです。
拭く前ですが、綺麗です。

05
(4)軽く拭きましたが、BBの中も綺麗でした。
注意ですが、夜は止めましょう。
昼間なら、トンカチも思い切り叩けます。

| | コメント (0)

2009.06.10

GTをバラス

JAMISが家に来てから、置き場所に困っていた、自転車初代のGTをバラシました。

01
一月ほど、外に置かれていて、雨粒も当たっていました。
見るに見かねえて、家に入れる為にバラシました。

02
シートクランプとBBが付いています。
BBは、固くて取れません。(556を吹いたり、ドライヤーで暖めたりしましたが)
お店でやって貰おうと思います。
これが、どうなるのか。
とりあえず、玄関の空間に漂っています。

| | コメント (0)

2009.06.07

再訪 山梨県早川町奈良田へ

先月、奈良田へ行きそびれた、ハナカミさん焼津のMさんが企画の、山梨県早川町奈良田へ再訪して来ました。
他の参加者は、TAさんはるさんニシナさんの6名。
楽座6時50分出発。
芝川町で、ハナカミさんが合流。
稲子から国469号で、十島駅へ。
県10号で、波高島駅を目指します。
途中の内船駅近くの、ヤマザキでエネ補給します。
今日は暑いので、水分補給は充分にします。

01
ハナカミさんの先導で、新富山橋へ。
波高島駅には寄らずに、新富山橋へ導かれます。
国52号を横切り、県37号へ。
車が少なくなり、走り易いです。
風は、追い風。
帰りは、向かい風です。

06 07
じわじわと登ります。
途中で、3箇所の工事現場で片側通行です。

09
トンネルも現れて、いよいよ青崖隧道へ。
入り口で、中を覗き込みます。
安全を確認して、中へ走ります。

11
途中で、撮影をしたりして。
トンネルを抜けると、道も狭くなります。

12
秘境の地奈良田の石碑の前で、順番を待ちながら撮影会です。

13
その向こうには、奈良田湖。
陽射しも強くて、湖面の青さが目立ちます。
さらに、先へ。
開運隧道へ。

14
広河原17km。
お昼は、ヘルシー美里へ。
かなり走りましたが、下り基調です。
木造校舎を利用した、宿泊も可能です。

17
何より感動だったのが、食堂です。
ここで、1時間ほど時間を潰しました。
帰りの、先導役は、ニシナさんです。
強い向かい風の中、皆を引いてくれます。
感謝感謝。
新富山橋へ戻り、身延駅前まで。
ここのコンビニで、アイス休憩です。
再び走り出せば、先導はハナカミさんに交代です。
空も雲って来て、陽射しが無くなり楽になります。
内船駅を過ぎて、富栄橋を渡り富士川右岸へ。
国52号を走り、万沢へ。
芝川町へ入り、ハナカミさんが離脱です。
残った5名で、馬坂を越えて楽座へ。
Mさん、ニシナさんが離脱。
富士川橋で、清水まで自走のはるさん、車輪行のTAさんと別れます。
午後5時5分に、富士川橋を渡り帰還です。
163kmほど。(サイコンが不調でした)
いつもながら向かい風の中、引いてくれる、ニシナさん、ハナカミさんに感謝です。
前回の奈良田行きより、はるかにハードな100マイルでした。

| | コメント (11)

2009.06.06

JAMISに28T

JAMIS SATELLITEのリアを28Tにしました。
SLXの11T~28Tを買って有ったので、交換しただけですが。
スプロケを外して、ハブの玉当たりを確認すると、ガリガリ感が有ります。
グリスも塗り直して、玉当たりを調整しました。

01
リアのカセット側は11個。
反対側は、9個。
使用スパナは、15と17。

02
フロントは、左右共に10個。
使用スパナは、13と17。

03
SLXのスプロケは、交換しただけです。
クランクを回しながら、リアディレーラーを90度調整しただけで、概ね大丈夫です。
本当は、13T~28Tにしようと思いましたが、うまくギア比が繋がりません。
フロント39Tで走れば、リア11Tも使われるでしょう。
ただし、スプロケを外すのに苦労しました。
良く言う、親の敵を取るつもり、何ていうくらい固かったです。
スパナをハンマーで叩いてから、再び回したら外れました。

04
夕方、田子の浦港から日軽金の放水路まで試走。(携帯画)
ツーリング車では、こんな物でしょう。24km
付いていた12T~26Tは、TREKに。
これでTREKは、1対1のギア比が確保されました。
Vブレーキの恩恵を、必要な峠越えはTREKです。

| | コメント (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »