« BBを外す | トップページ | 立花橋の灯り »

2009.06.14

09年初 林道豊岡梅ヶ島線、安倍峠へ

今年初の安倍峠へです。
予報だと、昨日より天候が良い筈ですが。
GoogleMapsのコース。
富士川橋、朝6時35分に渡り、県10号で芝川町釜口橋経由万沢へ。
万沢から、国52号で道の駅とみさわです。
トイレ休憩、自販機で給水。
富栄橋を渡り、県10号に戻ります。
内船駅前を過ぎて、南部橋を渡り国52号へ。
榧の木トンネルは、上の隧道へ。
再び、国52号へ。
大城入り口まで快走です。(気分だけ)

02
コンビニローソンで、エネ補給です。8時30分
ここは店内に、テーブルが有り、一息付きます。
大城入り口の信号機から、安倍峠へ。8時45分
空気は重いですが、陽射しが無いので、それほど汗も掻きません。
大城の集落を過ぎれば、この先人家も有りません。
たまに、バイクや車が通ります。
赤岩橋。
この先から、勾配がキツメになります。
深緑の、木々の中を登ります。

04
グイグイとペダルを漕げば、豊岡側のゲートです。
1号から10号まで有る、水呑橋を撮りながら登ります。
水呑橋は、上のGoogleMapsで見れます。

05
山深くなり、青い篭掛沢橋が見えます。

06
向こうの谷に渡り、篭掛橋へ。
沢沿いが工事中です。
つづら折れが、続きます。

07
富士山ポイントへ。
もちろん、カメラマンは居ません。
さらに、登りです。

08
大崖沢(おおがれさわ)の、治山工事は終わっていました。
後から、何かの気配が。
挨拶がして、あっと云う間に登って行きました。
この辺から、勾配もキツクなる所です。

10
何とか、林道の安倍峠へ。11時30分
先ほどの、ローディーが待っていました。
聞けば、東京から中央線始発で来たようです。
大城入り口から、90分。
皆さん、これからは、90分が目標ですよ。
私は、2時間45分でした。
これから、富士見峠、井川方面へ。
その後に、静岡駅へ戻るようです。
お互いの、無事を祈って別れます。
ウィンドブレーカーを、着込んで下ります。
慣れないハンドルで、激坂を下ります。
指切り手袋では、握ったレバーが冷たいです。

11
谷樽橋

12 13
何とか、下り切り梅ヶ島温泉へ。
ここから、静岡駅まで46kmの標識が小さく有ります。
安倍川沿いは、向かい風です。
今日は、風も気持ち良いです。
それでも、ペダルは漕ぎます。
有東木坂入り口から、路面が濡れています。
雨粒は、それほど落ちて来ません。

15
走りますが、たまらずデジカメはビニル袋へ。
サドルバックも、レインカバーを付けます。
ハネを受けながら、走ります。
そろそろ、平野の真富士の里です。
路面が白くなります。
ところが、蕎麦屋さんが壊されています。
建て直すのでしょうか。
しょうが有りません。
次の候補地は、鯨ヶ池のお店です。
その前に、安倍こころでサドルバックの中に有る、魚肉ソーセージでエネ補給します。
車が多くなります。
桜峠へ左折。
お店の玄関には、張り紙が見えます。
お休みですね。
国一号BPの高架下を走り、東へ。
途中で、早く曲がってしまい、国一号へ。
何とか、清水市街へ。
興津川河口を渡り、由比の(ス)亭です。
ここで、450円の桜海老天蕎麦です。
蒲原の海岸線から、新富士川橋を渡り帰還です。
家には、午後3時45分、140km。

|

« BBを外す | トップページ | 立花橋の灯り »

コメント

三振王さん、おばんです。

さらっと、安倍峠越え。
にわか自転車乗りにはなかなか真似ができません。

新バイクでの峠越えの具合はどんなでしたでしょうか。

投稿: ハナカミオヤジ | 2009.06.15 19時33分

ハナカミさんへ
何度と出掛けているので、景色で位置を把握出来るのが、唯一の利点です。
ただし、さらっとでは無くて、ボチボチです。
下りは、おっかなびっくりです。
Vブレーキ車の方が、速いです。
皆さんの目標は、90分。

投稿: 三振王 | 2009.06.15 21時18分

今日、決行しました。

5:00出発大城8:00 梅が島11:00
帰還PM5:00
大城ー安倍峠2:16
Dst 203,27km

投稿: S木 | 2009.06.20 17時24分

S木さんへ
お疲れ様でした。
全自走ですか。
大城から峠まで、2時16分ですか。
ま~ぁ、90分の人は、身延駅スタートですから、次に行く人は2時間16分を目標に。
私は、別途設定です。(2時間45分)
今日は西風が吹いていたので、帰りは追い風に乗れたようですね。

投稿: 三振王 | 2009.06.20 21時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« BBを外す | トップページ | 立花橋の灯り »